2019年01月19日

いただいたご質問へのお返事2

ありがたいことに、そして珍しく、ここ数ヶ月、コメント欄が活況でして
こまごまとしたご質問が溜まってしまったので、まとめて記事にさせていただきますね。

以前にご質問くださった、ぷりんさま、ゆりさま、こまさま。
これまでにお返事モレのあった部分、回答いたします〜。

<目次>
(1)どこまで親の考えや気持ちを子育てに反映していいのか?
(2)いただいた服の洗剤臭・柔軟剤臭
(3)水道と塩素対策について
(4)日常の食材をどう選ぶか

では、スタート!

P1000393_C_kochi_umi_20120816.JPG
(長女2才、怖がりでぜったいに海には入らなかったっけなー)


(1)「どこまで親の考えや気持ちを子育てに反映していいのか?」 >ぷりんさま

・子ども自身で遊んでほしい親、かまってほしい子

私は一人遊びのできる子になってほしいと思っていましたが
一方的に求めるとうまくいきませんでしたし
やはり構い過ぎて育てた長女ですので、結構そばにいました(笑)


つくば自然育児の会で出会った「抱っこ法」というものがありまして。

抱っこの仕方じゃないんですよ。
心を抱っこする、親子の心のやりとりを大事にするのが「抱っこ法」なんですが、
その教えとして、

 子どもは成長の過程で
 母から少し離れて遊び、ちらっと母を見る。
 母が、ちゃんと見てるよ、と目で返す。

 母に駆け寄って、
 抱っこしたりおっぱい飲んだりして安心したら、
 また離れて遊ぶ。

 それを積み重ねて、
 ひとり遊びと母との行き来の円が次第に大きくなり、
 でも帰ってきたらちゃんと母がいて、安心できる。

 その土台を元に、子どもは、世界を広げていく。

というお話があり、とても納得し、また実感しています。

思春期も青年期もずっと円は大きくなっていくのです。

P1000617_C_kobitonoie_20121008.JPG
(小人のおうちとか作って遊んだっけ)


独りで遊びなさい!お母さんは家事で忙しいの!
・・・と言いそうになりますが(笑)、
突き放せばそれだけ不安がってしがみつくので、逆効果でした。

直線右肩上がりの成長はまずなくて、
波線の成長、それもよく観察すると、
同心円をぐるぐる増幅させながらの成長。

そんなイメージで見ています。

P1040200_C_hakuchou_20150304.JPG
(無理に背中を押すとますます行かないのに、大人自身が面白がって挑むと自分もチャレンジ)


・親の暮らしの押し付けか?文句を後で言われたら?

自然になるべく寄り添って暮らしてみたり、
便利な家電が少ないことや、ホームスクールのことなどひっくるめて
子どもが大きくなったときに、どう思われるか・・・ですが。

P1030118_kurihiroi_20140902.JPG
(つくばの家では、裏庭で栗拾いができて楽しかったな〜)


私たちも親の環境下でしか育っていませんので、例えば

「どうしてお父さんもお母さんも仕事ばっかりで家にいなかったの?」
「よそのお母さんは専業主婦で家でニコニコ優しいのに
 なんで外で働いていつも疲れて不機嫌だったの?」

と、自分が親に言うかなぁ・・・と考えてみましたが、
言ってもしょうがないよな〜、という気がしました。

P1030137_baby_20140909.JPG
(次女が生まれ、ぐっとお姉さんになっていった頃)


まだ言われてないことを、後でこう言われないようにと思って先回りしても
無難で一般的なことだけ選べば誰からも文句が出ないわけでもなく。

そんな選択をしていても、誰のための人生かわかりませんので、、、
自分に悔いのないように生き方を選びたいなぁ、と思った次第です。

P1040567_C_kateihoiku_hatake_20150501.JPG
(畑で古い刈払い機の刃を楽器にして、オンステージ)


ちょっと話がずれるかもしれませんが、昔、
夫が家族(親)について考察していた記事があります。 ⇒ 家族

親が子(自分)のためにこうすべきだった、というよりも
親が好きなように生きてる姿を見て、子自身も好きなように生きる、
そんな結果になっているところが興味深いです〜。

P1030526_iwaki_sofubo_20150106.JPG
(長女5才、次女0才の頃。ずーっとイキイキしていてお元気な義実家のご両親)


(2)「いただいた服の洗剤臭・柔軟剤臭」 >ゆりさま

いただいた服の柔軟剤臭、人によってはすごい香りですよね〜。

洗って干したり風にあてたり、
ひどすぎる場合は重曹でつけおき洗いをしたり。

さすがに1年も経つと消えますが、
着せてないものを何度も洗濯するのも嫌だなぁ疲れるなぁという場合は
すっぱり諦めて他の方にお渡しする・・・というのもいいかと思います!

逆に、服のジャンルが好みだったり、
無臭ですごーくありがたかったり、という場合。

そのお礼を相手の方にしっかりお伝えするとその後につながっていきますし、
そういったお下がりルートが増えていくと、選択肢が増える分、
香りのきついものを他の方に回しやすくなり、いい循環になります。 ⇒ 服は買わない

IMG_9335_Y_osagari_20170616.JPG
(次女2才。気に入った服しか着なくなるので、繰り返し洗えばニオイも何とか大丈夫)


(3)「水道と塩素対策について」 >こまさま

実はつくば時代も、道場研修時代も、今のアパートも(!)、
偶然にも、すべて井戸水なんですよ・・・!!

なんという幸運。
井戸水は、夏冷たく、冬暖かく、塩素なしで、ありがたいです。

東京や高知で水道水だったときは、
やっぱり塩素が臭くて、浄水器をつけていました。
シャワーヘッドもカルキ対策のものを使って。

ただ、地域によっても塩素濃度が違うんですよね。

東京で肌がガザガザになってたのに、
高知の水道シャワーを浴びたあとはお肌うるプルでびっくりしました。

浄水器はご指摘の通り、
永遠に土に還らないゴミが出続けるのが悩みですね。
炭を使った浄水、やったことないですが、良さそうですね。覚えておきます。

そして何より、水質の良い井戸水や沢水のある暮らしがしたいものです。

P1000117_C_ogawa_suigen_kochi_20120428.JPG
(私が子どもの頃から遊んできた小川は、あちこちから水が湧き出る。長女2才)


ここ数年、全国各地の移住候補地を見てきましたが、
田舎でも洗剤や除草剤で川魚が全滅していたり、小川がヘドロだらけだったり。

ゴルフ場や慣行農の田畑から遠く離れていて、
水源の一番奥、一番上流、集落の一番奥・・・

いつか、そんな場所と巡り会えたらいいなぁ、なんて思っています。

IMG_9200_suigen_tanbo_20170605.JPG
(友人一家が再生中の、山奥の棚田。水が生まれる場所の美しさがありました)


(4)「日常の食材をどう選ぶか」 >こまさま

私が高知の実家や秋田の祖母から送ってもらう野菜は
無農薬なんだけど化学肥料を使って育てたものばかり。

ですが、せっかく丹精こめて育てて収穫し、
わざわざ手間をかけて送ってくれるものなので、ありがたく食べています。

P1030308_ba-ba_shucchou_20141222.JPG
(長女4才、ばーばが出張の合間につくばへ。今も激務の合間に野菜を送ってくれる)


食べ方は、スーパーの野菜と同じで
きっちり洗いますし、特に根菜類の皮は剥きます。

水に10〜20分つけるだけでもいくらか成分は出て行くとか。
でも精神的に疲れるので毎回そこまではやりません^^;

IMG_4673_iroiro_yasai_misoshiru_20170113.JPG
(こだわり抜くのも楽しいけど、疲れるならこだわりすぎない)

お米は・・・
そうですね、せめて無農薬なら玄米でもいいけど、
慣行農ならきっちり精米して、白米をがっつり研いで食べると思います。

もともと一年中お米を自給できていたわけではありませんし、今年は田んぼもないので、
白米は直売所で特別栽培米を、玄米は応援しているフリースクールの無農薬米を買っています。

せめて2〜3回に1回くらい、
自然農(無農薬・無化学肥料・不耕起)のお米を買えたらいいのですが。

IMG_4880_shizennou_okome_20170118.JPG
(農園の田んぼで育てたお米。輝いてるー!)

まずは生活圏内に信頼できる農法の生産者さんがいれば、
そこから定期的に買うのが一番いいかなと。応援する意味でも。

あと最近は、思いつめて選んで食べるより、
感謝しながらニコニコ食べるほうが健康にいいような気がしています。

IMG_5108_osoto_gohan_20170126.JPG
(長女7才、次女2才。飯ごうを楽しみまくったつくば時代。焚き火のできる暮らし、再開したい!)


ご質問へのお返事は以上です♪
長文にお付き合いくださり、ありがとうございました!


なお、最近コメント欄内で回答したご質問はこちら。
(ご質問くださったみなさま、ありがとうございました^^)


・助産院、自宅出産、プライベート出産について
・子どもの歯磨き、歯磨き粉について
 ⇒ クリスマス2018 コメント欄

・過食衝動、市販のお菓子が食べたいとき
 ⇒ 乳頭亀裂・乳口炎にユキノシタ コメント欄

・衣類の素材(木綿と化学繊維)について
・現代社会のレールから外れること
・気になる本、おすすめ映画など
 ⇒ 半纏(はんてん)を家で洗う方法 コメント欄

・子作り(妊活)のタイミングと、おすすめ本
 ⇒ 母の寝不足と二人目以降の出産について コメント欄

以前の回答まとめ記事はこちら。
 ⇒ いただいたご質問へのお返事


IMG_6335talking.JPG



* * * お知らせ * * *

腰痛に苦しんでいる方、頭痛に悩まされている方、
花粉症を恨めしく感じている皆さんにおすすめです。

来月はつくばで開催です。

・2月5日
 第2回 ひきこもりの為のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会
  〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月15日
 第32回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

・2月16日にも、女性限定・乳児連れ可で開催予定です〜^^

つくば方面でまだ参加できていなかった方、
これからの花粉症に怯えている方がいたら、ぜひ〜。


それから、生きづらさを抱える方、
ひきこもり経験者のみの穏やかな時間のご紹介です。

・1月25日 新月カフェVol.29

・2月14日〜15日 第16回 森の新月カフェ「お泊り!」



* * * まかない日記 * * *

夫定食。
IMG_0253otto_teishoku.JPG
左の白菜の卵とじは、確か昆布巻きの煮汁の残りを使ったもの。
右のマカロニは実母のトマトソースで。
奥のキャベツサラダはクミンがきいた中東系。夫の定番メニュー。
雑穀米も、夫のブレンド比率はいつも美味しいです。

IMG_0257otto_teishoku.JPG
いすみのご近所、自然栽培の棚原さんの畑から、採れたてのカブか大根をいただいてきた日。
葉っぱがおいしいうちにと、夜中に猛然とグリーンカレーを作ってくれました。

うちは、普通にめちゃめちゃ辛いカレーを作っておいて、
子どもは具だけ取り出して別鍋で豆乳で温め直すことが多いです。

豆乳や水の比率は幼い順に。
大きくなると「大人カレーと半々で」とか言い始めます(笑)。

夫定食、おいしかったなー♪
ごちそうさまでした!

posted by miya at 19:28| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ギフトカタログから封筒を作る(+ゆずしょうが鍋のレシピ)

曇りで寒ーい、とある冬の日。

IMG_9871oekaki.JPG

お絵かき、折り紙、ビー玉に粘土と
室内遊びに励む子どもたちを眺めているうちに
むくむくと工作意欲が沸き起こり、

チョキチョキ、ペタペタ、封筒を作りました。

IMG_9888catalog_fuutou.JPG

雑誌やカタログなんかを捨てる際、
ちょっといい感じの写真のページがあるとついつい保管してしまう私。

40代の夫と、30代半ばの私だと
周囲の結婚式ラッシュもとうに終わってしまい
引き出物のギフトカタログもめったに見なくなりましたが、

なにやら素敵な感じの写真がページの両面に大きく使われているのは
どうしても捨てるに忍びなく、いつか活用しようと取ってあったのです〜。

IMG_9885catalog.JPG

普段から、茶封筒は取っておいて切り開き
裏返したり余分な部分を切り貼りして
新しい茶封筒にリメイクしていましたし、

特に市役所などから届く大判カラー封筒は、色のバリエーションが案外役に立つので
取っておいて、ポチ袋を解体して型紙にし、無地カラーポチ袋を作っては
ちょっとしたお礼や会費を渡すのに使っていました。

P1140972pochi_bukuro.JPG
(第三子出産前に作ったポチ袋。つくば市役所からの各種カラー封筒で)


今回は写真が主役の封筒を作りたかったので、
ページのうち写真以外の余白を切り落とし
ゆったり曲げながら、表にくる部分の見当をつけ、
写真に合わせて封筒の形を微調整しながら作りました。

IMG_9889catalog_fuutou.JPG

ひたすら切り、折り、切り・・・
最後に片っ端からのりをつけて・・・

IMG_9890catalog_fuutou.JPG

色んな表情の封筒ができました♪

IMG_9891catalog_fuutou.JPG

荷物に同封するときや手渡しのときはそのままでいいし、
郵送するときはトレーシングペーパーをちょっとずらして重ねて貼って
宛名を書けばいいんじゃないかなぁ、と思っています。

IMG_9875oekaki.JPG

大人が子どもに付き合うお製作の時間もいいですが、
大人が夢中で何かを作るっていう時間も、やっぱり、いいなぁ。

IMG_9877oekaki.JPG

家族の破れた衣類の繕いをしたり、
いらないチラシを折ってミニごみ箱を折ったり、
裏紙に手で折り目をつけ、ハサミなしで切って、メモ帳にしたり。

そんな日々のあれこれを、
以前は「子どもが触ったら面倒だから」と
子どもから離れて、別の場所でやっていたものですが。

同じ室内で、私自身が作業に没頭していると
子ども達が集まってきて、手元をじーっと観察し
そのあと、ぽつぽつと自分たちでもやり始める、

そんな嬉しい連鎖反応を、
狭いアパートのおかげで日々、目の当たりにしています。


「小さな変革」関連記事:夜中のトイレでプチ発見 油汚れに新聞紙を 箱ティッシュをやめた結果 カタログの山に挑む ほうきでお掃除 

IMG_9881seiza_hadaka.JPG
ところで息子よ、なぜ寒いのにフルチンで正座なんだい?



* * * お知らせ * * *

今日の夕方から!
東京の稲城市にある素敵な古民家カフェ「いな暮らし」さんで
ストレスケアの勉強会、開催だそうです!

・1月15日(火)
 出張マインドボディヒーリング講座
 〜腰痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

腰痛に苦しんでいる方、頭痛に悩まされている方、
花粉症を恨めしく感じている皆さんにおすすめです。

来月はつくばでも開催します。

・2月5日
 第2回 ひきこもりの為のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会
  〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月15日
 第32回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

つくば方面でまだ参加できていなかった方、
これからの花粉症に怯えている方がいたら、ぜひ〜。


それから、生きづらさを抱える方、
ひきこもり経験者のみの穏やかな時間のご紹介です。

・1月25日 新月カフェVol.29

・2月14日〜15日 第16回 森の新月カフェ「お泊り!」

なんだか楽しそうですよ〜 よかったらいらしてください^^



* * * まかない日記 * * *

この冬に気に入った「ゆずしょうが鍋」のレシピを
来年の自分のために、メモしておきます。
IMG_9861yuzu_shouga_nabe.JPG

「ゆずしょうが鍋」 6〜8人分(親子で2食分くらい)
こちらのレシピを参考に、材料・分量を変えています

<下ごしらえ>
ゆず 4個・・・半分は輪切りにして種を取る。半分は果汁を絞り、皮の黄色いところを細かく刻む
生姜 2片 & 長ネギ 1本以上・・・みじん切り
鶏モモ肉 500g前後、水菜3〜4束、白菜1/2玉、しめじ2パック、豆腐1〜2丁・・・切る
中華麺(要る量だけ)・・・茹でて用意しておく

<調理>
鍋にごま油大さじ2、生姜、長ネギを入れ、弱火で焦がさないよう炒める。
水1.5L、昆布粉末大さじ2、塩小さじ2とゆず果汁を加え、ひと煮立ちさせる。
水菜以外の具を入れフタをして中火で5分。火が通ったら火を止め、水菜とゆずの輪切りをのせる。
※肉と豆腐以外の具は半分だけ使い、翌日、残り半分を足して火にかけて、2食楽しみます。

<〆のラーメン>
残りのスープを温め、中華麺を加える。ゆず皮、ねぎなどを散らして食べる。

IMG_9865yuzu_shouga_nabe.JPG
ゆずの果実はもうあまり回ってこないけど、
高知から柚の酢(ゆず果汁)は一升瓶で届いてるので、また作ろう〜!
posted by miya at 13:36| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

母の寝不足と二人目以降の出産について

二人目がほしいけど、寝不足だし体力が・・・
というコメントをいただきましたので、

出産に絡めて、お母さんの寝不足や身体の回復などについて
あれこれ書いてみようと思います。

IMG_9462dakko.JPG

◆子どもは何歳差が楽なんだろう?

これ、すごく気になって、
つくば自然育児の会の会報で特集テーマにしたっけな〜(笑)

年子がきついのは言わずもがな。

私も姉と年子なんですが、
母いわく「双子育てたみたいなもん」で「大変すぎて記憶がない」そう。
真面目さが災いして、長いこと育児ノイローゼになってたしなぁ。。。

で、2歳差でもなんとかかんとか、やっとこさ、まぁ大変ですよね。

6歳くらい離れてくるとすごく楽なうえ、癒されるらしいです。
ピュアな可愛さが一家に戻ってくるというか・・・^^;


私の個人的な感想を言えば、2歳差出産はきつい!
5〜6歳差だと本当に本当に楽です!

おねしょもおむつも赤ちゃんだけで手一杯ですから。


でも母体の年齢とか、復職とか、ほかの様々な事情もあって、
2〜3歳差で産む人が多いのかなぁ、という印象。

IMG_9463dakko.JPG

◆本来のヒトは?サルは?何歳差で産んでいるの?

自然育児の会で教わった内容によると、
母体の栄養が豊富な状態でないと、生理は再開しません。

伝統的な狩猟採集生活を営む民族(と、ひいては動物本来のヒト)は
食事も質素ですから、母乳をあげていると
子どもの自然卒乳が3〜4歳頃で、そこから生理再開。

結果、だいたい4年おきの妊娠になるのだそうです。


コミュニティでの子育てがなされる分、
母親の苦労も分散するわけで。いいなぁー。

つまり現代日本の、
知り合いもいない街で、核家族で密室子育てなんて、
人類史上初の異常事態、緊急事態なんですってー。 イライラする訳だ!


ちなみに専門家によると、オランウータンの出産は6年おき!

子どもがすっかり自立する頃に
無理なく次の子育てを始めるんですね。


なお、狩猟採集社会のヒトでも、サルの仲間でも、
男性(オス)が育児に協力的な民族・種族ほど
長命だったり、子沢山だったりするそうです。納得〜。


まぁおむつを使うのも先進国の人間だけと思うと、
おむつなし育児で赤ちゃんのお世話が楽になるのって、
動物としても本質的なことだし、重要ですね。

IMG_9590daigo_kouyou.JPG
(もう季節はずれですが、ここからは、秋の奥久慈に行った時の写真)


◆私が続々と産む理由

別に子沢山を目指したわけではないのですが、
どんどん産んでいく理由は2つありまして。


・無事なうちに産みたい

私は20代前半(独身時代)、卵巣血腫を左右1回ずつと、
卵巣腫瘍、子宮内膜症などを経験しています。

そして家系的に、姉も母もおばも、卵巣だの子宮だの
手術で切除してしまっていて(姉は30歳の時に卵巣切除!)
昔はそれに潜在的に怯えていました。

子宮や卵巣が無事なうちに、
産めるだけ産んどこかー!みたいな。

ただし、今なら何か患っても、自然療法で
どこも切除せずに完治させる自信はあります。

IMG_9608daigo_kouyou.JPG

・自然育児を知ったら楽になった

二人目を妊娠中につくば自然育児の会を知りまして
出産後、入会してみましたらば。

まー自然な子育て、母乳育児のハウツーが
会の歴史(25年以上!)の分だけ山盛りで!!


それまでも夫と結婚して以来
かなり自然派ではありましたが、

自然育児や母乳育児の世界のことを
知れば知るほど、実践すればするほど、

赤子のお世話も育児も、楽になっていったのです。
まさしく水を得た魚のように。

で、自分も周りもですが
「うちは二人以上は絶対無理」と言ってたはずが
気づけば三人、四人・・・と増えていく(笑)。


子育てで大変なのは常に、
パイオニア的存在の一人目だけ!

二人目以降は大概のことを(こちらが)経験済みなので
あーハイハイ、わーこんなんだっけ、えっこらせ、
とそれなりに乗り切れちゃうわけです。

IMG_9597daigo_kouyou.JPG

◆母の睡眠不足について

添い寝・添い乳はもう当然。

「お昼寝の時間はお母さんも寝ること!」と、
自然育児の会で教わりました。

また、母乳をあげている期間は
お母さんが午前と午後の補完食として
おにぎりを食べることをおすすめされました。

それでやっと寝不足も解消でき、
母体の栄養が足りるみたいです。


実体験としては、寝かしつけから朝まで
子どもと一緒に寝てしまうのって、本当に大事です。

旦那さんと夜にゆっくり話したり、
帰りが遅いからたくさん料理を用意して付き合ったりと
実際のジレンマは尽きないのですが、
夜中の子育ても母乳も、ずーっと休みなしですから。

二日に一回くらいは寝かしつけで寝ちゃったほうが
結果的には家庭のためかなと思います。

楽しく晩酌して夜更かしして、あー楽しんだわ!って思っても
朝ダークな気分になると家全体がギスギスして、
まるきり本末転倒ですし(あ、最近の私のことです)。

IMG_9603daigo_kouyou.JPG

◆子どもの世話を焼きすぎない

二番目、三番目の子たちを見ていて思うこと、それは・・・

干渉されすぎないで育った子は、遊び上手!
適度に放っておいて、よかったー(笑)!


児童館などで、ずーっと絶え間なく子どもに声をかけるお母さんと
あまり声をかけず、目だけで見守っているお母さんと、いますよね。

私、長女のときは前者でした。

早期教育か何かの本で、
お母さんからの言葉がけが多いほうが
子どもの知能が伸びるとか、言葉が早いとか・・・。

だからやたらと遊びに介入してましたし、
子どもの相手をしなきゃ!って気負っていました。

IMG_9617daigo_kouyou.JPG

でも人数増えてくると、こちらの手も口も足りない。

それによく観察したら、幼いなりに、
それぞれの考えや発見や試みがあるらしい。


料理洗濯などの家事は本来、
赤ちゃんが起きている時間に、
目の前で日常的にやっていくのがいいみたいです。

子ども自身のひとり遊びや空想遊びも伸びますし^^

家事は、遊びや学びの延長線上にあると、
モンテッソーリやシュタイナーも言ってます。

なので、切り離さず、
一緒に過ごしているけど、別のことをしている。
家事をしている傍らで、子どもが遊んでいる。

それぐらいだと、用事はちょっとずつ済ませられるので
乳幼児のお昼寝で一緒に寝ることも、可能になってきます。

IMG_9592daigo_kouyou.JPG

◆妊娠したということは

三人目(長男)の自宅出産でお世話になった
80歳の白井先生は、
昔ながらのお産の知識が豊富な方でした。

一度、自然育児の会にお招きして
自宅出産のこと、自然分娩のことなど
お話していただいたんです。

高齢出産の不安について質問が出たとき、
いいことをおっしゃってました。

IMG_9623daigo_kouyou.JPG

「わたくしね、思うんですけども。
 妊娠したということは、産めるということだ、と。

 だからあれこれ心配するよりも、
 安心なさって、出産を迎えられるのが、
 いいんじゃないでしょうか。」

天命の話も踏まえたうえでのお話ですが、
信じて受け入れて臨む、その姿勢が大切なのですね。

IMG_9628daigo_kouyou.JPG

好きな本に、沖縄のおばあの言葉で

「産んだら、育てられないってことはないからさー」

というのもあり、これも折々に思い出しています。


母親の私が育てられる子しか、やってこない。

と思うと、大変さにばかり目がいきがちな子育ても
ちょっと気楽になるのです。

(だからうちの子は育てやすいのか?私が至らないから? ありがたやー)


IMG_9615daigo_kouyou.JPG

わぁ。長くなってすみません!
話は尽きませんが、ひとまずここまで〜。


関連記事:
 おむつなし育児 ・・・他にも月齢ごとにいろいろ記録してます〜
 自然療法 ・・・末尾に症状別さくいんがあります
 余白と英才教育 ・・・干渉しすぎない子育てについて
 お産について思うこと ・・・天命の話



* * * お知らせ * * *

私がすごーくあこがれている場所のひとつ、
東京の稲城市にある素敵な古民家カフェ「いな暮らし」さん。

来週、夫がストレスケアの勉強会をさせていただくそうです。いいなぁー!

・1月15日(火)
 出張マインドボディヒーリング講座
 〜腰痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

腰痛に苦しんでいる方、頭痛に悩まされている方、
花粉症を恨めしく感じている皆さんにおすすめです。



* * * まかない日記 * * *

さすらいの雑草屋ファミリー、茨城〜福島方面で用事が続くときには
特につくば・守谷方面の友人ご家族に宿泊させていただくことがしばしば。

みなさんご家庭のこと、お仕事、盛りだくさんな中で
一家5人の襲来を受け入れてくださり、本当にありがとうございます。

そんな中でのホームパーティー。
IMG_9701party.JPG
初めて食べたニジェール料理の美味しさが忘れられません〜!

うちは旅支度だけでバタバタしてしまい、
あまり素敵なお料理は持っていけなかったのですが。

持ち寄りパーティーってどれを食べても美味しいなぁー ありがたいなぁーー
IMG_9709party.JPG

M家のみなさま、そして何度となく泊めていただいてるN家のみなさま。
IMG_9704party.JPG
おいしいご馳走と楽しい時間と、暖かい寝床をありがとうございました〜!
posted by miya at 14:49| Comment(4) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする