2018年01月28日

焚き火の味

IMG_4603takibi.JPG

焚き火で作った料理は、なんで美味しいんだろう?

IMG_5095hangousuisan.JPG

IMG_5106mamegohan.JPG

焚き火のにおいがうつるからかなぁ。

IMG_5098hangousuisan.JPG

IMG_5101nigauri.JPG

燃える木が、火の質が、美味しくするのかなぁ。

IMG_5096hangousuisan.JPG

IMG_5159kenchinjiru.JPG

ぼんやりそう思っていましたが、

今日、  ハッ!!!  と気がつきました。

IMG_4578takibi.JPG

「 何十万年も焚き火の料理を食べてきたから 」



あ〜〜、スッキリ!!

IMG_4661okibi_pan.JPG

暮らしの中で
肌に触れるもの、口にするもの、
嗅ぐもの、見るもの。

動物として、私たちが本当に心地よいのは?本当に必要なものは?

ときどき、そんな目線で暮らしを見直すと楽しいだろうな〜。

IMG_4624okibi_pan.JPG

「動物として」関連記事:薄明かりのお風呂 寒い日は布団の中で 美女と次女と香水



* * * お知らせ * * *

昨日はこぐま塾、小麦の部の最終回!ピザ作りでした^^
レポートはまた後ほど書きますね。

そして、お味噌作りもいよいよ佳境です!
大豆の量や糀の希望など、ご連絡ください〜。
IMG_4580koguma_seimai.JPG
【味噌】糀を仕込む数量の確認



* * * まかない日記 * * *

今日は午前午後とこぐま塾の方々がお庭で脱穀・精米をされて、
ずっと焚き火をしていたので
お昼も夜も焚き火調理を楽しみました^^
IMG_4604okibi_pan.JPG
ありあわせの道具で、パンを焼いてみました。
ずっと試してみたかったんです。オーブンの天板を2枚使ったパン焼き。
IMG_4587okibi_pan.JPG
焼けるか心配になって火のついた薪を上にのっけた分、真ん中が焦げましたが・・・
あとはバッチリ!美味しく焼けました♪
IMG_4610okibi_pan.JPG
小麦はアグリコース小麦の部で育てた自然農の自家製小麦粉。美味しいです!

パンに添えたのは、次女がほぼ作ったみかんのコンポート(塩のみ)と、
畑の桑の実のジャム(はちみつ&レモン汁&塩)。
IMG_4609okibi_pan_jam.JPG
子ども達はちびちび大切に食べていました^^

夕方は選手交代、夫がお米を炊き、根菜汁を作り・・・
風がなかったので、日没後にランタンを灯して庭で食べました。

丸一日、焚き火を満喫したなー! ごちそうさまでした♪
posted by miya at 22:24| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

病気のデパート −心身治癒の記録−

IMG_4270takibi_koya.JPG

昔は“ 病気のデパート ”と呼ばれるほど、持病が多かった私。
さらに次から次へと、新たに患っていました。

 アレルギー性結膜炎、回転性めまい症、メニエール、突発性難聴。
 うつ病、寒冷じんましん、口角炎、肌荒れ、椎間板ヘルニア。

 事故によるむちうち症、
 花粉症、腰痛、頭痛、原因不明の筋肉の痛み、
 関節炎、腱鞘炎、肋間神経痛、胃炎、鼻炎、歯痛。

 慢性的な冷えや重い生理痛、卵巣血腫に子宮内膜症などなど・・・


病院の診察券は10枚以上。
薬も多いときは8種類処方されて、飲むのに胃薬がいる有様でした。

若い頃の多くの時間を
病院と薬局の待ち時間に費やしました。

そして、いつまで経っても、健康は手に入りませんでした。

IMG_4267takibi_koya.JPG

とにかく悪いところばかりでしたが、
いまは全くナシ。

あんなに病気のことに時間を割いて生きていたのが信じられません。

IMG_4272takibigoya.JPG
(この冬はじめての雪は1月22日。ちらつき始めた日中、子ども達は焚き火遊びをしてました)


ここ数年、我が家では
「心身治癒法」(マインドボディヒーリングと呼んでいます)を実践しています。

何かの症状が出たときも即座に
「それってストレスだよね?」と考えるようになりました。


※※※ 心身治癒法(マインドボディヒーリング)とは ※※※

 簡単に言うと「多くの症状は脳が引き起こしている」ということ。

 心の負担が大きくなりすぎたとき、
 脳は症状を起こして気をそらしてくれています。

 ほんの小さなムカ、イラ、プチッ、から、大きな深刻な悩みまで
 大小さまざまなストレスをリストアップして認めてあげると
 脳は症状を起こす必要がなくなる・・・ という理論です。

※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

もちろん、普段とは絶対に違う、重篤な症状というのもあり得るので
家族以外には

「いったん病院で診てもらって、
 それでも原因がはっきりしない場合に」 おすすめしています。

IMG_4289takibigoya.JPG
(この隠れ家っぽいのは、ファイヤーリフレクターの拡大版。夫が庭にあるものでささっと作りました)


でも・・・
こういう経験、ある人も多いんじゃないでしょうか。


 長い待ち時間を経て、診察され、
 念のためとレントゲンもして、後日MRIも撮って。

 結局画像では診断できませんけど恐らく・・・という推測で
 その「症状」に立派な「病名」がついて「投薬」され、
 それでも何度も繰り返す、なんてこと。


・・・そういう症状は、脳が起こしている場合がほとんど。

あれがいけなかったのかも、私はこの持病があるから、
という「紐付け」をしないことと、ストレスをリストアップすることで
どんな症状も、今では即座に消えるようになりました。

IMG_4295snowing.JPG

夫婦間では、もはや当たり前すぎて書く気がしなかったこと。
ですがせっかくの変化、ときどき書きとめていこうと思います。

今予定しているのは・・・
 ・痔と偏頭痛
 ・歯痛
 ・夫の口唇ヘルペス
 ・腰痛(椎間板ヘルニア)とぎっくり腰  など。

なるべく簡単に、かいつまんで、記録してみます〜。

IMG_4273takibigoya.JPG
(寒いだろうに、焚き火の前で昼ごはんも夕ごはんも食べた娘たちでした)


関連記事:
腰痛・頭痛・歯痛・花粉症etc.を治す(1)
 実際の症状発生時、どう治しているかを綴った記事です。
病フリーという生き方
 夫のブログより。本腰入れて、でもビジネスではなしに、心身治癒やっています。



* * * お知らせ * * *

みんなで病院いらず、医者いらずの暮らしにシフトチェンジしたいな〜
と思いながら、ひっそり展開している研究所がこちら。

身体と心の自然体研究所
facebookはこちら

とにかく花粉症とも、肩こり腰痛とも、お別れしたい!
本読むのは大変だから、かいつまんで話してほしい!

という方は、ご希望の日程でワンコイン勉強会を調整しますので
お気軽にご連絡くださいね^^



* * * まかない日記 * * *

夜の間に大雪が積もり、23日に起きたら一面真っ白!でしたね〜。
そして、晴れが続いているのにまだ庭の雪は溶けません・・・

雪遊びを満喫した23日は、夫がチキンラーメンを作ってくれました!
我が家にとってのレア食材、お肉(鶏むね肉)の登場。
IMG_4377ramen.JPG
前夜から鶏肉と昆布(にんにくも?)、塩などでじっくりとったスープに
甘さを引き出した炒めキャベツ、スライスして味つけしなおした鶏肉をのっけて。

残り物の玄米ごはんと大根葉で作ったチャーハンも添えられました。
IMG_4380genmai_cha-han.JPG

半チャンラーメンセット♪ すごーく美味しかったです。
IMG_4376hanchan_ramen.JPG
ありがとう夫!ごちそうさまでした!
posted by miya at 17:12| Comment(0) | 心身治癒法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

子どもと作る、簡単アップルパウンドケーキのレシピ

IMG_3260tsukubasan_sisters.JPG
筑波山をバックに、娘たちは・・・

IMG_3265sisters.JPG
りんごをむいて食べています^^


長女が果物の皮むきに挑戦したのは、5歳の頃。(⇒ 梨の皮むきに初挑戦

自分でむいたら、おやつに食べていいよ、
という誘導が彼女の食欲とマッチしたのでしょう。

どんどん上達し、8歳の冬はなんと!
秋田から届いたりんご1箱(2段)、ほぼ長女がむいてくれました。

そのままデザートにしたり、おやつにしたり、
時々は献立にも取り入れて・・・ずいぶん活躍してくれた、長女のりんご。
IMG_4180apple.JPG
(室内にちびっこを置いて引き戸を閉め、縁側で皮むきショー状態になってるところを隠し撮り)


ちょうど先日、つくば自然育児の会の例会
ご近所のTちゃんと話していたときに
子どもが作ってるおやつのレシピ教えて〜と言われたので・・・

IMG_4201apple_cake.JPG

小学生女子に作ってほしい、
冬におすすめのスイーツレシピをご紹介します。

台所仕事に慣れている子なら一人で作れますし、
そうでない子でも、粉をふるわず散らかりにくいので助かります♪

それに、お砂糖・乳製品なしなので、
チョコレート摂取過多になりやすいバレンタインにもいいですよ^^

IMG_4208apple_cake.JPG

◆簡単アップルパウンドケーキのレシピ◆

<材料と下準備>
パウンドケーキ型にうすく油を塗り、
型紙(またはオーブンシートを切ったもの)を敷いておく。

A(こなこな)
・地粉(薄力粉でも) 130g
・ベーキングパウダー(アルミフリー) 4g
・塩 4g
⇒ボウルA(大きめ)に入れ、泡立て器でよくかき混ぜておく。

B(どろどろ)
・卵 2個
・ハチミツ 30g
・油 55g(クセのない米油がおすすめ)
⇒上から順にボウルB(中くらい)に入れ、ひとつ入れるごとに
(Aで使ったあとの)泡立て器でよくかき混ぜておく。

C(ごろごろ)
・りんご 1個
・シナモン または ラム酒 少々
⇒皮をむいていちょう切り、または1cm角に切ってボウルC(中くらい)に入れ、
 シナモンかラム酒をまぶしてゴムべらで混ぜる。
⇒粉もののボウルAからゴムべらで粉をひとすくい入れ、りんごにからめておく。

<作り方>
1.液体のボウルBの中身を、粉もののボウルAに入れる(ゴムべらできれいにぬぐう)。
  大きめのフォークや菜箸でよく混ぜる。

2.ボウルCのりんごもボウルAに加え、ゴムべらで混ぜる。

3.オーブンを180℃に予熱開始。

4.紙を敷いたパウンド型に生地を入れ、両手で少し持ち上げて2〜3回落とす。
  真ん中に縦に線を引くようにゴムべらで表面を整え、オーブンで35〜40分焼く。

※予熱開始が手順の後の方なのは、子どもが生地を型に入れるのは時間がかかるからです。
 大人が作る場合は、手順1の頃に予熱を始めてしまって構いません。

※手順1でフォークが出てくるのは、泡立て器に生地がつくともったいないし、
 子どもが洗うのに大変だからです。ボウルが金属の場合、菜箸がおすすめです。


子どもにやらせてみて、大人の口数は少なめに、シンプルに。
手出しも極力控えて、困っていたら静かに手伝うくらいがいいです。

IMG_4188kids_at_kitchen.JPG
(長女の足元に群がる下2人に、ホンモノで割れない食器と風呂敷を与えて遊ばせる知恵もつきました)


イチョウ切りにすると、型にはちょっと入れにくくなりますが
りんご感が増して楽しい食感になります。
IMG_4211apple_cake.JPG

丸い型で焼くと、こんな雰囲気に。ばーばのお誕生日に焼いたっけな〜)
IMG_3790osechi_crepe.JPG


庭仕事のあと、西日に当たりながらのおやつタイム。
IMG_4215apple_cake.JPG
「おいしいケーキつくってくれて、ありがと♪」
「ふふふ、昨日ぜんぶ食べちゃわなくてよかったねぇ〜」

IMG_4218apple_cake.JPG
(息子は甘いものをまだ覚えてほしくないので、お餅をあげました)



案外簡単な材料でできる、ちょっとヘルシーなパウンドケーキ。
でも卵が2つも入るので、食感も香りもなかなか贅沢なんです。

生のりんごは食べ飽きてきちゃった、という方や、
子どもがおやつを作りたがって・・・という方、よかったらお試しください♪


関連記事:自分用に「りんごのレシピ」をまとめておきます。
 りんごの甘みだけで作る、自然派りんごケーキ ・・・生のりんごを3つも使います
 りんごの水煮(記事内) ・・・シンプルな蒸し煮
 りんごとキャベツのマリネサラダ(記事末尾) ・・・調味料と混ぜて1〜2時間置くとおいしい
 ゆずとりんごの砂糖漬け(記事内) ・・・まだお砂糖を使っていた頃。何かと活躍していました
 りんごのコンポート(記事内) ・・・赤ワインとクローブで大人の香り
 


* * * お知らせ * * *

雑草屋と並行して活動している、自然体研究所。
いつもの心身治癒法の勉強会にいただいたご感想を掲載しました!
IMG_2760mori_branco.JPG
参加後の感想5(背中の張り、ぎっくり腰)


ぎっくり腰が2日で治ったのは良かったですね〜^^

ちなみに自然体研究所の写真も全部、自前です。
季節を感じるアルバムみたいになればいいな、と思いながら選んでいます。

最近、自然から遠ざかっているなぁと思ったら、
写真を眺めにきてみてください♪  ⇒身体と心の自然体研究所



* * * まかない日記 * * *

大晦日はみんなで地粉をこねてうどんを打ち、次々に茹でて年越しうどんを楽しみました。
そして大鍋には大量の茹で汁。

そこで、元旦を過ぎたら茹で汁に粉を混ぜ、薄く焼いてクレープにしました。
「おせち×クレープ」でパーティー気分(笑)。
IMG_3789osechi_crepe.JPG

何を巻いたら美味しいか!?長女はクレープを小さくちぎって次々に試してました。
IMG_3790osechi_crepe.JPG
ジューシーさでは、れんこんフライを巻くと最高でした。バーガー系のおいしさ。
そしてスイーツ部門としては、黒豆や蒸かし芋がおいしかったな〜

私はシンプルに、ごぼうや人参、しいたけなどのお煮しめを巻いて楽しみました。
IMG_3799osechi_crepe.JPG

縁側に陽がさす10時頃から、のそのそ起き出してのんびりクレープを焼き、
日向ぼっこしながらゆーっくりおせちをつまむ・・・。なんて優雅(笑)!
IMG_3797osechi_crepe.JPG
このところ受注仕事でギッチギチなので、癒されるために振返ってみました。
いい正月休みだったな〜。ごちそうさまでした!
posted by miya at 18:03| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする