2018年03月03日

タオルで布ナプキン生活(1)きっかけ、気持ちの変化

IMG_5347fukinotou.JPG

雑草屋の嫁になって以来、
次々と暮らしの「当たり前」をひっくり返して
試行錯誤を楽しんできました。

今回は、そんな中から
布ナプキンのことを書いてみようと思います〜。


◆布ナプキンを始めたきっかけ

若い頃から、生理にはずっと
「タンポン×超薄ナプキン」が黄金コンビと信じてきたのに、
次女を産んだ後の悪露(おろ)から、布ナプキンを開始しました。


産院で一緒になったKちゃんが
「布ナプキンにしたら第二子をすぐ授かった」と言ってたことと、

夫が、産後の世話をしたことにより、恐らく初めて(?)
ケミカルナプキンを直に手にして
「こんなの絶対使わないほうがいい・・・!」と
布を強く勧めてくれたのがきっかけでした。


痛む縫合痕(赤ちゃん産んだら裂けました)に
古タオルを折ったものをあてた瞬間、うっとり〜〜!

こんなにふ〜んわりと包まれるような気持ちよさ、
知らなかった〜!


すぐに実母に古タオルをハンカチサイズに縫ってもらい、
折って組み合わせての手作り布ナプ生活が始まりました。

IMG_5342fukinotou.JPG

◆生理だけでなく、おりもの用にも

ちょっとしたオリモノにも絶対これ。

それまでは体調が悪いときに長時間デニムで運転すると
すぐカンジダを患っていたのに、
布の面を変えながら数回使って取り替えていると、
気持ちいいし、治りが早くなりました。


とにもかくにもあのふんわり感!
もう二度とケミカルナプキンには戻れません〜。

IMG_5343fukinotou.JPG

◆生理のイメージが悪かった

大事な大事な女性の機能、月経(生理)。

ケミカルナプキンやタンポンを使うのが当たり前だった頃は

・痛い
・つらい
・わずらわしい
・汚い
・くさい

・・・そんなイメージしか持っていませんでした。

思えば、長時間つけたままだとそりゃニオイも気になりますわ。

トイレで汚いものとしてダストボックスに捨てるんですもん、
そりゃ汚いイメージしか持ちませんわ。

IMG_5344fukinotou.JPG

◆布ナプキンにしてから変わったこと

思春期から重かったひどい生理痛が1日だけになり、
生理自体もほぼ3日で終わり、
経血の多くはトイレでまとめて出せて、すごく気持ちいい。

それに、洗うと、とても綺麗な赤。
自分の身体の中を巡り巡って、ひと仕事終えて出てくる、
尊い貴い、赤。

大事なもの。体の一部。
そう思えるようになったのは、夫のおかげです。

・・・・・・・・・・・・・・
洗面器で捕らえきれなかった血の海(おそらくは羊水と子宮内膜の混合物?)を古バスタオルで拭い取った廊下は、翌日にはすっかりその跡もなく、また変わらぬ我が家に戻っていた。血の掃除も、タオルの洗濯も、全て自分でやった。愛する妻の体から、娘と共に出てきたそれらは、神聖でありこそすれ、決して汚れたモノには思えなかった。恐らくどうかしているのだろうけど、全ては「生命」の形を変えた姿なんだと、自然に腑に落ちている自分がいた。今では、布オムツに排泄された娘のウンチを洗うたびに、ああ、これは妻が食べたご飯が母乳になって、それを飲んだ娘の身体を育て、そしてその残りがここにあるんだと実感する。さらにさかのぼれば、このウンチは、畑の作物であり、虫や微生物の営みの果てであり、無限の食物連鎖を経て辿り着いた、このネッチョリなのだ。今更ながら、オムツを洗いながら、その旅路に思いを馳せる。
夫のBlog「毎日が自然農」手の中により
・・・・・・・・・・・・・・

そう、ケミカルなナプキンやおむつをやめ、布ナプキンや布おむつにすることは、
対象物を「捨てるもの」から「洗うもの」に変化させ、
触れても「汚くないもの」、身体から出る「当たり前のもの」へと、
認識が180度、変わってくるのです。

IMG_5354fukinotou.JPG

長くなるので、(2)に続きます〜。
洗濯のことや、タオルで作った布ナプキンの使い方などをまとめます。


関連記事:洗剤なし生活 電子レンジなし生活 ゴム紐なし生活



* * * お知らせ * * *

つくし農園が、自然農サークルとして新たな一歩を踏み出します。
2018年度最初の集合日は3月10日(土)です。
IMG_6224shizennou_kansatsu.JPG
つくし農園 大事なお知らせ


2018年度の募集ページもまだ作れていなくてすみません〜

もしも新たな参加希望の方がいらっしゃったら、
つくし農園ブログ内「見学・体験について」の記事よりお問合せください。



* * * まかない日記 * * *

夫は今日は自然体研究所のラボ合宿に行って留守、
長女もご近所のホームスクール仲間のおうちに出かけて留守。

風もなく、ぽかぽか陽気だったので
下の子ども2人と一緒にお庭でフキノトウを摘みました。
IMG_5359fukinotou_yukinoshita.JPG
次女がハサミでユキノシタを収穫してしまっていたので(汗)
せっせと集め、一緒に使うことに。

自然農八百屋の近江屋商店さんで、奥さんが
「ふきのとうをジェノベーゼにしたら美味しかったわよ〜♪」
と仰っていたのを思い出し、今夜はふきのとうジェノベーゼに決定!

洗って刻んだふきのとうをオリーブオイルで炒め、
刻んだくるみ(ふきのとうとほぼ同量)、塩、刻んだユキノシタを加え
味を見て白ワイン、手作りじゅうねん味噌(エゴマ味噌)で調味。
じゅうねん味噌がなくても、味噌とみりんでいけると思います。

お友達にいただいた、おいしいパスタで♪
IMG_5361fukinotou_yukinoshita_pasta.JPG
ひっさしぶりに、意地と根性で、アルデンテ状態で食べることができました。
(↑いつもは子どもの準備でわーわーして、どうしてもアルデンテが消えちゃう)

もう春ですね! ごちそうさまでした〜^^
posted by miya at 23:57| Comment(3) | 身体を整える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

十全(じゅうぜん) 〜まるごと認められる安心感〜

IMG_7181spring_family.JPG

先週のことですが・・・
副業で1週間出張していた夫から、メールが届きました。

人って、そのままで価値があるなぁと感じていた
ちょうど同じ日に、夫からの、とある提案。


夢と理想がたっぷりかもしれませんし、
現実的なツッコミを入れたらキリがありませんが、

嬉しかったのと、忘れないために、
了解を得てこちらに記録しておきます。


※事前に補足情報:

 長女が毎日の日課として担っているのが、ヤギの餌やり。
 でもついつい後回しにしたり、指摘すると怒り出したり。
 それが家族で悪循環に陥っていました。

 また、スキーに行くための体力作りとして
 長女自ら始めたお庭マラソンも、途中から自然消滅ぎみ。
 スキーどうすんねん!とついつい親はヤキモキしていました。


では、そんな我が家を遠く離れた夫からのメール、
ご覧ください。

IMG_6673koguma_no_mori.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はちょっとのんびり。

さて、ちー(長女)ですが、
マラソンは、やるやらないでちーを評価するのはやめよう!

やる=エライ!
やらない=エライ! だ♪

駄目なちー ⇒ 素敵なちー
になるんじゃなくて、

最初から素敵なちー ⇒ いつも素敵なちー
だよね。

駄目な自分 ⇒ いつか素敵な自分へ
は、やめよう♪

IMG_7191spring_family.JPG

自分に課してる、成長理論があるんだね、我々。

今で十全、完璧。

そして変化しながら
できることが増え、できることが減り、

変化した後も十全。

自然界は、魂の世界は、きっとそう。

IMG_7199spring_family.JPG

学校に植えつけられた「成長理論」から自由になれば、
ちーをまるごと認められるよね。

なおかつ、今そう思ってる自分も十全で完璧。
なりたいと願いつつすでに十全。
なってもならなくても十全。

マラソン走っても十全。走らなくても十全。
餌あげても十全。餌あげなくても十全。

だからこそ、願うようにしてあげたい。
でも願うだけで十全。

かなっても十全。かなわなくても十全。

miyaも俺も子ども達も、みんな完璧に十全。
今までもこれからも完璧に十全。

そしてまさに今この瞬間こそ完璧で十全。

IMG_7190spring_family.JPG

今日の発見!

×「このままじゃ駄目だからよりよい明日を願う」
 ↓
◎「このままで完璧で十全だから、好きなだけよりよい明日を願う」


自然農の畑と一緒だった!

チガヤの畑もマラソンやらないちーも、
大豆畑も本好きなちーも、

スナック菓子の俺もカレーのmiyaも
ぐずぐず&おっぱいのチビたちも

ニコニコちーも
エンカウンターな俺も
薬草miyaも

天水田も
こぐまの森も

自然は宇宙は魂は全存在は
最初から最後まで完璧で十全!

だから心配しながら恐れながら未来を願うのではなく、
安心と幸福と(慈しみと慈愛と)で未来を願えばいいんだね。

IMG_7200spring_family.JPG
(今回の写真は1年前の春、息子が0歳8ヶ月の時のものでした〜)

・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも家族と同じ空間で暮らしていると、
目先の小さいささくれや衝突についとらわれてしまいます。

子どもが寝静まった夜も、夫婦でじっくり語るよりも
ついウサ晴らし的な晩酌に流れてしまうことが多かった最近。

家族のあり方を見つめなおすことができるのは、
案外、離れているときなのかもしれません。


もちろん一瞬、
「事件は現場で起きてるんだ!!」と叫びそうになりましたが(笑)


起きているそのままの感情を、変化を、事象を、
まずは受け止める。

そんなはじめの一歩、
大前提としての「十全」という見方。


折々に振り返りながら、また進んでいこうと思います。


関連記事:幸福は砂のように 世のお父さんたちに告ぐ 大きな愛



* * * お知らせ * * *

花粉症や肩こり・腰痛、鼻炎や湿疹などの
慢性症状のための勉強会、つくばで開催です♪

お店では自然派のドリンクも注文できるので、
くつろいだ雰囲気になりそうです〜
oumiya.jpg
3月11日 マインドボディヒーリング出前講座
〜花粉症や腰痛など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

Blogはこちら。このお申し込みは近江屋商店さんに直接お願いします。


そして、申し込み締め切りが迫ってまいりましたこちら。
特別公開ラボ合宿〜。
3月3日〜4日 身体と心を味わいつくす! 〜ヨガ、瞑想、心身治癒法、プチ断食etc〜
Blogはこちら。お申し込みは直接、記載の連絡先(夫)にお願いします^^



* * * まかない日記 * * *

先週は私の誕生日が、夫の出張最終日でした。
那須まで迎えにいき、そのまま日帰り温泉へ。

ゆっくりお風呂に入りたかったんです!!
でも気づけば子ども3人がわらわらと集まって・・・(笑)

帰りは遅くなったので、
翌日にあらためてお誕生日祝いをすることにしました。
IMG_5124miya_birthday.JPG
自分の誕生日祝いぐらい、料理は手抜きしたいなーと思いつつ
なんとなーく残り物で作り始めたタコ焼き(タコなしですが)。

あれ?焼いた分を入れたお皿が見当たらない・・・
と思っていたら、夫と長女でロウソク立てていました^^
IMG_5115miya_birthday.JPG

日帰り温泉をプレゼント代わりにしてもらったつもりでいたら、
娘たちと夫、それぞれからちゃーんとプレゼントをもらって感激。。。
IMG_5119miya_birthday.JPG
長女はお手伝いカレンダー(お手伝い券と併用できるらしい)、
次女は色とりどりのお野菜の絵、
そして夫は、織機!!きゃー♪♪ ありがとう!!

35歳も楽しく生きていきます!
posted by miya at 19:40| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

もったいない14 揚げ物の衣が残ったら(&こんにゃくの鶏皮風唐揚げ)

久しぶりの「もったいないシリーズ」です。
今日は、揚げ物の衣が残ったとき。

衣を使う揚げ物といえば、うちでは天ぷらor唐揚げです。
残った衣は冷蔵庫に入れ、翌日のメニューに使いまわしています。


 だって、もし洗い流してしまったら
 排水が汚れるじゃないですか〜 > <;

 ぬぐってゴミに捨ててしまったら
 わざわざ買った調味料と粉が、もったいないじゃないですか〜〜!


ということで、例えば以下のような使い方。

 <天ぷらの衣>
 ・残りの衣に粉と水分を足してパンケーキに
 ・野菜に絡めてフライパンでピカタ風に焼く
 ・粉と塩胡椒を足してホワイトソース

 <唐揚げの衣>
 ・ベトベト ⇒ゴムべらでぬぐい、炒め物の味付け&とろみ付けに
 ・サラサラ ⇒薄切り野菜にまぶして揚げ炒め
       (面積多いと粉がいっきに減るのです)


先日は、こんにゃくで鶏皮風の唐揚げを作りまして。

スライスしたこんにゃくを冷凍しておいて、
解凍してぎゅーっと水気を絞ってから
IMG_5167koori_konnyaku.JPG
(↑ここでよく拭いておけばよかった〜)

にんにく・生姜・塩・胡椒・醤油で濃い目にガッツーン!と味付け。

味つけしたボウルに片栗粉を加え、油を多めにひいたフライパンで揚げます。
拭いてないと結構油がはねるので、ネットやフタなどあると助かります。

あんまりカリッカリにしすぎず、
外はカラリと、中は弾力があるくらいで引き上げます。
IMG_5170koori_konnyaku_karaage.JPG
これが!!
もうね、鶏皮そのもの!!!

じゅわーっとジューシーで、カリッと揚がって、味付けガッツリ(笑)
脂がしつこくない鶏皮、とでも言いましょうか。

ビールが進みましたー。雑草屋の殿堂入りですー。

パンチのきいたこんにゃく唐揚げのほかは、
うちのお米&里芋(オーブン焼き)と、いただきものの手作り沢庵、お味噌汁。
IMG_5171koori_konnyaku_karaage.JPG
見た目は質素ですが、何せ唐揚げがジューシーなので
これくらいでちょうどいいバランスでした♪



さて、前置きが長くなりましたがこの「唐揚げの衣」。
粉っぽい衣が結構残ってしまいまして。

畑でとれた里芋をしっかり洗って皮ごと厚めの短冊切りにし、
残った唐揚げ衣にザッザーッと絡めました。

弱火のフライパンでじっくり揚げ炒めにしながら、
隣のコンロではうどんつゆを作り、刻んだノビルとすりごまを入れて・・・

春はすぐそこ♪ ノビルと白ごまのうどん〜!
IMG_5189nobiru_udon.JPG
すり鉢に残るごまがもったいないので、丼代わりにして、スープで溶かしつつ・・・(笑)

ラーメンにチャーシューのイメージで、うどんに揚げ里芋をのっけました。
IMG_5188nobiru_udon.JPG
いつぞやの三升漬けもちょこんと添えて、大人は辛さをプラス。
大人も子どもも、ウマイウマイと食べてくれました^^

お庭のノビル、息子が収穫を手伝ったんです。はじめて。

どうも普段から外遊びで次女とつまみ食いしてきたらしく、
あちこちでちぎられた跡を発見(汗)

白髪ネギ的な臭気にも平気な顔で平らげておりました〜。


「もったいない料理」関連記事:
米ぬか 麺の茹で汁 漬け汁 甘酢漬けの汁 ピクルス液 揚げ浸しの汁 揚げ油



* * * お知らせ * * *

「ハートオブヨガ」「マインドフルネス瞑想」
「半断食」「インディアンの感覚瞑想」
「心身治癒法(マインドボディヒーリング)」
「ベーシックエンカウンター(全人的対話)」などなど・・・

自然体研究所のメンバーがやりたいことをぎゅーっと詰め込んだ
特別公開ラボ合宿、3月に開催されます〜。
180303-04open_labo.JPG
3月3日〜4日 身体と心を味わいつくす! 〜ヨガ、瞑想、心身治癒法、プチ断食etc〜

Blogはこちら。お申し込みは直接、夫にお願いします^^

あと、花粉症で大変な人や、
年度末で肩こり腰痛、鼻炎など悪化が心配な人に。
3月11日 マインドボディヒーリング出前講座
〜花粉症や腰痛など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

Blogはこちら。このお申し込みは近江屋商店さんに直接お願いします^^


* * * まかない日記 * * *

昨日は息子の1才半健診で、昼前からバタバタと出発。

家族には、卵×豆乳×塩でフレンチトーストの仕込みをしておき、
適当に焼いてね〜と言い置きましたら、
IMG_5178niwa_lunch.JPG
なんかお庭で食べてる!?

電ドラ出してホットプレート(にしているお下がりの鍋)で焼いてる〜!!
IMG_5185niwa_lunch.JPG
にんじんは少ない水分でまるっと小鍋で下茹でして旨みを閉じ込め、グラッセにしたそうです。
夫、マメですなぁ〜

娘二人によると、お庭でフレンチトースト、すごーく楽しかったそうです。
ありがとう!
posted by miya at 13:04| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする