2020年06月03日

気分が落ち込んでつらいときは

IMG_9095sanshou.JPG

ここ数ヶ月、緊迫した社会の流れとはまた別に
私たち夫婦もそれなりに気分の浮き沈みを(いつも通り)経てきました。

気分が塞いでいるとき、落ちきっているときは
室内でじーっとしたり、ウロウロしたり、パソコンいじったり、
布団を頭からかぶってみたり、ジメジメと過ごします。

でも、その状態が決して嬉しいわけではなく、苦しいのです。

自分で自分を許し、盛大に休息を謳歌するというのならまだしも、
何かから逃げよう避けようとする心持ちでいると、ジメジメがしんどい。

IMG_7272forest.JPG

気持ちは振り子のように数日のスパンで揺れるのですが、
家の中が停滞した空気で淀んでくると
他の家族もしんどく、ギスギスしてくるので、
気持ちいい日々が増えるといいなぁと、いろいろ試行錯誤しています。


例えば私は、朝日を浴びると元気に一日を過ごせるようです。

IMG_9311asahi.JPG

うまいこと次男を起こさずに布団から抜け出せて、朝一番に外に出て、
ついでにささっと、野菜が埋もれている場所だけ草刈りをして、
野菜の育ち具合にウキウキして家に戻る、という日なんか、とても調子がいい。

IMG_9317asatsuyu.JPG

結局は動物なので、人間だって
「光」や「草木」、「土」や「風」に触れることが大事なようです。

家にいて、パソコンばかりしていると
ついつい指先で思い通りの情報やものが手に入ると錯覚してしまうんですが、
外に出たとき、無数の生き物に囲まれると、
固まった芯がほぐれていくような感覚になるのです。

IMG_9174sky.JPG

東京で死ぬほど働いていた頃は、
通勤路も含めて目にする植物は駅前の低い植え込みだけで、
食事はほぼコンビニおにぎり、
それもデスクでキーボードを叩きながら詰め込んでいました。

たまにマンションの狭い台所で野菜を洗うと
野菜という生き物に触れただけで、
萎びていた心がじゅわっと潤ったことに驚いたものでした。

IMG_9185flower.JPG

それは窓から緑ばかり眺める田舎暮らしをしていても同じことで、
室内にずっといると、何もしたくない率が高くなるような気がします。

やはり動物としてお日様にあたり、風に吹かれ、草木に触れ、土を踏んで過ごす時間は
生き物としての生命力がみなぎるようなのです。

とはいえ、夫が外に出ると、見るもの全てがタスクの山に見えて
リフレッシュにならないみたいで、それは気の毒なんだけども・・・(涙)

IMG_9177sky.JPG

苦しいときは、
「人と人」や「お金」の世界だけを意識していることが多い。

そこからひょいと連れ出してくれるのが、
動植物や微生物など、あまたの生命たち。

IMG_9329tsutsuji.JPG

「たくさんの存在のなかの私」が、「自然のなかの私」が、
草や木や虫と同じように生きているんだなぁ、と感じる時間があると、

それまで息苦しさ、生きづらさにフォーカスしていたのが
ひゅぅーん、とズームアウトできるように感じます。

IMG_9176forest.JPG

満ちたり欠けたり、揺れ動いたり、心は波打つものですが。
ニュートラルな時期、凪の時間が増えると、楽なことも多い。

もしも、ずっと心が苦しいままで辛かったら、
自然に自分を丸ごと預けて、抜け出せばいい。

そう思うのです。

IMG_9011moon.JPG


後日追記:
 夫も思いを綴っています ⇒ 完全なる自由

関連記事:
 何もしなくてもいいんだよ ゆるゆる期 がんばらない たまには寝っ転がって
 十全(じゅうぜん) 〜まるごと認められる安心感〜


5月は小学校が週2日、午前登校になって
それでもまだ楽しく遊び暮らしていた長女10歳も、6月からいよいよ毎日登校。
宿題宿題とイライラしておりまーす><; あー気の毒!
IMG_9150C_cooking.JPG
白崎さんのお菓子の本のうち、材料が少ないものを選んで繰り返し練習しています。
「なぜそうするのか」の解説が極めて明確で、私も娘も大満足の一冊。


今日は半日ずっと泥団子を磨いておりました次女5歳。
ワンピースを片っ端から着て舞踏会をしてみたり、お花屋さんをしてみたり。
IMG_9146Y_hanakanmuri_one-piece.JPG

秩序期の傾向が著しい長男3歳は、
急な予定変更や見通しの立たないことに泣き崩れる日々。
お父さんみたいに甚平メインで過ごしていくらしいです。
IMG_9143A_zinbei.JPG

「こんなかわいい赤ちゃん、ほかにいないよねっ♪」と次女が絶賛する、笑顔全開の次男1歳。
お母さんにべったりで大変なときも、外に出してあげるとお互い開放的な気分になれます。
IMG_9497T_tanpopo_watage.JPG
男が産まれたら厳しく育てるんだ、甘やかさないんだと豪語していた夫ですが
長男、次男とまるで孫のように溺愛しています(笑)。

家庭保育と次女のホームスクールを充実させるべく
おうち周辺ワンダーランド計画、始動しました。

また少しずつご報告していきますね〜。



* * * お知らせ * * *

ひきこもり当事者および、元当事者、
人間関係など悩みを持つ方限定の「ただ居るだけでいい場所」、新月カフェ。
4ヶ月ぶりの開催です^^

6月14日 新月カフェVol.37 in つくば

これから少しずつ、各地でまた企画していけますように!



* * * まかない日記 * * *

雑草屋が例年以上に雑草を食べております(笑)。
春は最も雑草率が高いです。
IMG_9518zassou_teishoku.JPG
雑草定食!ごはんの上には常備菜の「つくしとよもぎの佃煮」。

「タンポポの葉っぱの炒め物」。
IMG_9521zassou_teishoku_tanpopo_itame.JPG
濃い目にオイスターソースやナンプラーで味付けしてみました。

同じくタンポポの葉っぱで、ゴマ和え。
IMG_9520zassou_teishoku_tanpopo_gomaae.JPG
自家製めんつゆに練りゴマを混ぜて、下茹でしたタンポポの葉を和えて出来上がり。

大量に自生するセリは刻んで卵とじに。
これまた大量に自生するミツバはお味噌汁に。
IMG_9519zassou_teishoku.JPG
お米も玉ねぎも、卵ももらいもの。
調味料と海藻しかお金のかかっていない、驚きの晩ご飯でした〜。ごちそうさま!
posted by miya at 23:41| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

新聞紙で作る苗ポット 〜作り方とポイント〜

IMG_8932shinbunshi_nae_pot.JPG

新聞紙でポット苗 の記事に対して、コメント欄やFBなどで
「作り方を教えて」と言ってくださった方々、ありがとうございました。

作り方を書いてみましたのでご覧いただければ嬉しいです^^
今回特に写真が多くて恐縮です。

1歳児との果て無き攻防(涙)の最中に作りながら撮っているので
ちょっと分かりにくいところもあるかもしれませんが、
そこはテキストで補足していきます><;

手順はわずか6ステップ!! では、いきま〜す^^


(1)新聞紙を縦に4つに裂く
IMG_8535shinbunshi_nae_pot.JPG
新聞紙は繊維が縦方向なので、ハサミ不要な「縦ビリビリ裂き」がおすすめ。
重ねても簡単なので、慣れると一日分の新聞紙を15秒で裂き終えます。

(2)細長い帯状に折る
ここ、あまり写真が撮れてないので先ほどの写真を加工して説明します><; 笑わんでねー
IMG_8535orikata_shinbunshi_nae_pot.JPG

実際に帯状に折ったあとがこちら。
「不揃いな辺を片面にすべて持ってくる」のがポイントで、これを内側にします。
IMG_8536orikata_shinbunshi_nae_pot.JPG
種まき後、水やりなどしていると「ポットの外側がツルツルしていること」が大事だと感じます。
ビロビロと不揃いな辺や破れが外側にあると、雨や水に弱くなりやすいのです。

(3)型にするコップやガラス瓶を決める
IMG_8511cup_shinbunshi_nae_pot.JPG
もらいもののコップがちょうどいいサイズなので使っています。
高さ7cm、直径は底が5cm、上は6.5cmでした。

全然脱プラじゃないじゃーんとかつっこまないで〜
(だって1歳児が瞬殺で奪って放り投げるんですよ・・・)

で、型となるコップや瓶を横に倒して新聞紙にあて、巻きつけていきます。
巻き始めに大事なのが、底面の半径よりやや長くスペースを取ること。
IMG_8512shinbunshi_nae_pot.JPG
底を折りこむときにうまくいく・いかないを分けるのはココです。

IMG_8532shinbunshi_nae_pot.JPG
苗ポットの背を高くしたいときや、
作ってみて底がうまく折れなかったときなどは、この(3)まで戻って

・型となるコップや瓶を見直す(もうちょっと小さいものを選ぶ)
・帯を幅広に折る(端を揃えずに広めにずらして折る)

などすると、うまく出来ます。
まずは1個作ってみると実感していただけるかと。

(4)型に合わせて巻きつける
IMG_8513shinbunshi_nae_pot.JPG
不揃いな辺を片面にすべて持ってきていましたので
そこがポットの底になるよう、内側になるように、巻いていきます。

折り目でツルンとしている「わ」の部分がポットのふちになることで
水への耐久性を強めることができるんです。

そのため、新聞紙の帯の畳み方によっては
コップの向き、巻きつける向きが逆になります。気をつけてください。

少しだけ斜めに巻いていってください。最後、こんな風に耳が残るように。
IMG_8514makiowari_shinbunshi_nae_pot.JPG

巻いただけではどうしても開いてしまいやすいので、
この耳をあとで、ひっかけるようにして使うんです〜。
IMG_8538makiowari_shinbunshi_nae_pot.JPG

巻き終わりました。底はこんな風になっています。
IMG_8515soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

(5)底を折り込む
写真のように、巻き終わりが手前にくるように持ち、手前を倒します。
IMG_8516soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

そしてココがポイント!!
巻き終わりのラインから少しだけずれた場所で、また折ります。
IMG_8517soko_shinbunshi_nae_pot.JPG
こうすることで巻き終わり箇所が固定され、開かなくなります。

底面にバツ印ができるイメージで、次々としっかり折っていきます。
IMG_8518soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

IMG_8519soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

最後はむぎゅっと先端を折り込んでもいいし(線が5本できます)、
IMG_8520soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

中に大きく折りこむようにしてもいいです(線が4本できます)。
IMG_8533soko_shinbunshi_nae_pot.JPG
状態を見ながら、臨機応変に。

出来上がった底面をチェックしてみます。
IMG_8530soko_shinbunshi_nae_pot.JPG
正面から見て穴がなければOKです。

きちんと排水はできるのでご安心を。
IMG_8531soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

(6)型から外し、形を整えて完成!
底をしっかりさせるため、上向けに戻して型ごと下へ押しつけます。ぎゅぎゅ〜〜〜
IMG_8521soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

型のコップを外します。
IMG_8524shinbunshi_nae_pot.JPG

耳のところを折り込みます。
IMG_8525mimi_shinbunshi_nae_pot.JPG

ぎゅっと折ります。こんな仕上がりです。
IMG_8526mimi_orikomi_shinbunshi_nae_pot.JPG
戻りにくくするため、耳の周囲もちょっと一緒に折ることが多いです。

はい、完成でーす!! お疲れ様でした!
IMG_8529shinbunshi_nae_pot.JPG

新聞紙で作る苗ポット、作り方は以上です^^
あとは土を入れて苗箱に並べ、種まきへと移ります。

土を入れた後にあちこち移動すると底の部分に負荷がかかるのと、
水やりなどで多少の変形や傾きが出てしまうので
土入れ時点で、苗箱にキッチキチに詰めて並べるのがおすすめ。

苗箱が足りないので、ダンボールをポットの高さに切って使っています。
IMG_8933shinbunshi_nae_pot.JPG
ただしダンボール箱は雨シーズンになると水の排出が間に合わずプール状態となり、
新聞紙の苗ポットがドロドロに溶ける危険性もあります。去年やらかしました。

雨ざらしにならない場所で管理するか、
箱の底にきちんと開いた穴を複数あける必要があります><;

持ち運びしやすい、小さめのダンボールがいいですね。
IMG_8934shinbunshi_nae_pot.JPG
箱を全く動かさないのであれば、大きなダンボールでも。
お世話すると決めた場所に箱を置いて
そこにどんどん、土を入れた苗ポットを詰めていけば大丈夫です。(あぁ、木製の苗箱が欲しい)


さて、新聞紙の苗ポットに話を戻します。

実際に使ってお世話してみて、サイズや強度などがわかってきたら量産も。
IMG_8585matomete_shinbunshi_nae_pot.JPG
私は帯状に折るだけ折っておいて、隙を見てコップで巻き巻きしています。

底より口が広くなっているコップで型を取ると、重ねて保管できます。
IMG_8614shinbun_pot.JPG
それでも重ねるのは4つが限度。こんな状態で出番を待ちます。
気づけば6月の豆ラッシュが目前!もっと作っておかねば・・・。

苗を育てて畑に定植するときは、
乾いていれば土ごとパコッと取り出してポットの再利用も可能。
濡れていればくるくるーっと破いて定植し、新聞紙は乾かして焚き付けに使います。
焚き火ができないおうちなら、土に還すのもいいですね。

あと、植える頃には新聞紙が弱くなっているので、
ポットの土ごと優しくしっかり持って動かしてください。


5月は驚くほど暑い日もあり、子ども達は大喜びで草履&半袖半ズボン。
IMG_8842kids.JPG
かと思えば寒くて半纏を着る朝も続き、なかなか侮れません。

梅雨寒を予感させる冷え込みが続いています。
動きやすい気温でもあるので、どんどん苗の定植を進めたいです^^


関連記事:
新聞紙でポット苗 ホームセンターに頼らないキッチンガーデン作り 庭の草刈りに思うこと



* * * お知らせ * * *

コロナで特にイベントも企画できていないので、
この季節にまつわる過去記事をいくつか。

IMG_3140tanpopo.JPG
タンポポを食べる2

これから梅雨になると、雨でふんわり柔らかい葉っぱがたくさん伸びてきます。
お日様が弱い時期だからこそ、しっとりみずみずしいタンポポが楽しめます♪

P1130545karasunoendou_cooking.JPG
カラスノエンドウの豆・莢を食べる

童心に戻ってひたすら摘み取り、豆を取り出すのもいい時間です^^

IMG_8764ninjin_hone.JPG
にんじんの骨

畑でトウ立ちしたにんじんも、食べてみると発見がありますよ〜
(もちろん種採りも大事!!)



* * * まかない日記 * * *

この春から、夫も天然酵母のパンを焼いてくれるようになり
夫の甘酒酵母と、私のトマト酵母とで賑やかな台所です。

写真がなかったので去年の酵母たちを。
IMG_3361koubo.JPG

水分多めの生地が好き、だけど成形でベトベトは困る(小さい子のピンチは急にやってくる)、
というわけで、お鍋にシートを敷いて焼くことが多いです。
IMG_3243tennenkoubo.JPG
冷蔵庫なし生活での天然酵母との付き合い方も、
だんだん見えてきたような気がします。

酵母さん、夫、おいしいパンを作ってくれてありがとう!
posted by miya at 16:24| Comment(2) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

スギナを食べる 〜スギナベーグルやスイーツのレシピ〜

前回のまかない日記でもご紹介したとおり、この春はスギナを食べています。

IMG_8685sugina_bagel.JPG

◆基本のスギナペースト

乾燥粉末を作り置き、というのも憧れますが
なかなか手が回りそうになく、乾燥不足でカビても悲しいので
今年は「スギナを生のまま使う」ルール。

4人目の乳児のお世話でどうもヘトヘト気味な私、
包丁もまな板も使わず気楽にいっぱい作りたいから、
今までずっと使わなかったミキサーにお世話になることにしました。


【基本のスギナペーストの作り方】

1.春、ぐんぐん生えてくるスギナを摘む。(もちろん除草剤等の心配がない場所で!)
  春先〜梅雨頃まではみずみずしく柔らかいので、そのままミキサーにかけやすい。

  手でつまんでプチッとちぎれる程度の、筋張っていない部分を摘む。
  ボウルにもりっと摘んできたら、大きなゴミ、土の詰まったはかま等を取り除く。

2.スギナをザルに入れ、ボウルに入れて水を張り、振り洗いする。
  数回水を替えて洗い、汚れがなくなったら水気を切る。

 ※ザルに入れることでスギナの葉が流出しにくく、扱いやすいです。
  ザルのふちが水面から出ているよう気をつけてください。

IMG_8768sugina_bagel.JPG

3.ミキサーにスギナを9分目まで詰め、スギナのかさの半分まで水を注ぐ。
  数回に分けて攪拌し、全体がスムーズに回ってどろどろになったらペーストの完成。

 ※フタの空気穴から少し飛び散るので、軽く手をかぶせて回します。

IMG_8688sugina_bagel.JPG

上の写真のボウルは、ベーグルに使ったあとの残りのようです。
冷蔵庫があれば、余りを小分け冷凍しても便利ですね。


で、本題のスギナベーグルについて。
IMG_8690sugina_bagel.JPG

◆「スギナベーグル」のレシピ

このレシピは2ラウンド分です。
初めてのときや多すぎるときは、半分(6個分)にしてください。

【スギナベーグルの材料】(12個分)
・地粉 470g
・小麦ふすま 30g  ※地粉440g+全粒粉60gの配合でも。
・イースト 8g
・スギナペースト 330g
・油 20g ※湯洗いなたね油、太白ごま油などさっぱりしたもので。
・白すりごま 20g〜 お好み量
・塩 8g

【作り方】
1.ボウルに地粉と小麦ふすま、イーストを入れ、スプーンでよく混ぜておく。

2.1の中央を窪ませてスギナペースト、油を量り入れ、同様に素早く混ぜる。

3.粉気がなくなってまとまってきたら手で数回こね、
  均質になったら白すりごまを加え、さらに数回こねる。

4.ボウルにフタをするなど、乾燥しないようにして15分おく。

5.塩を少し高いところからパラパラと加え、全体にゆきわたるよう優しく数回こねる。
  表面がなめらかになったらこね終わり。

IMG_8672sugina_bagel.JPG

6.生地を取り出してスケッパーで半分にする。
  半分の生地を6分割して丸め直し、手で平たく伸ばす。
  ※残り半分は乾燥しないように保管しておく。

IMG_8680sugina_bagel.JPG

7.端からきつめに巻いて手のひらで転がしながら太さを均一にし、
  両端を軽くつぶしてからくるりと輪にして端を閉じる。

IMG_8681sugina_bagel.JPG

8.オーブンシートに並べて室温で約40分〜1時間、
  生地が1.2倍の大きさになるまで発酵させる。

  乾燥が気になるときは触れないようにビニールやラップをかけてください。
IMG_8754sugina_bagel.JPG

  発酵後はちょっとふっくら。
IMG_8786sugina_bagel.JPG

9.オーブンを200℃に予熱開始。平たい鍋などに水1リットルを入れ、
  蜂蜜大さじ1(分量外、きび砂糖などでも可)を加えたお湯を沸かす。

10.予熱完了後にベーグルの生地をそっと鍋に入れ、両面を30秒ずつゆでる。
  ゆでるときは静かにゆらぐ程度の火加減で、ぐらぐらさせない。
  穴の空いたフライ返しでそっと返し、オーブンシートをしいた天板に取り出す。

11.200℃のオーブンで約15分焼く。
  焼いている間に、残り半分の生地についても手順6〜11を繰り返す。


ツヤッとパリッと焼けました^^
IMG_8783sugina_bagel.JPG
この日はこのレシピで3回、つまり6ラウンド(36個)焼きました。
人数多いし、私は授乳中でとにかくお腹が空くので、2日でなくなりました。

むちむちぷりぷり、栄養価満点のスギナベーグル。
IMG_8691sugina_bagel.JPG
スギナの素晴らしい薬効についてはご紹介しきれないので
ぜひ『家庭でできる 自然療法』(東城百合子 著)をお読みいただければと思います。

むぎゅっと詰まった仕上がりですが、ふんわり食感のベーグルにするなら
こね終わったとき(分割成形の前)に冷蔵庫の野菜室でひと晩寝かせるといいようです。
IMG_8692sugina_bagel.JPG

この春ずっと生スギナを使ってきた印象では、どうも繊維の保水力がとても高いようで・・・
パンもスイーツも、みっちり・もっちりとした仕上がりになります。
IMG_8694sugina_bagel.JPG

子ども達3人とも、大喜びで食べてくれました。夫もかなり気に入っております^^
IMG_8698sugina_bagel.JPG


◆スギナ&ヨモギのパンケーキ各種

ベーグルはさておき、普段のスイーツには
「スギナ&ヨモギ」の組み合わせでペーストを作っています。

ヨモギの良い香りに、スギナの抹茶風味が加わって、お互いを高め合うといいますか、
それぞれがいい部分を引き出し合い、補い合ってくれるんです。

何より、スギナが入ると不思議なことに、ほんのり「甘み」が増すんです!!

生のヨモギだけだと特有の渋さが前面に出るのに、
スギナとヨモギを半々か、スギナを多めにして作ると
お砂糖などの甘み材料ゼロでもほわーんと甘くて、滋味深〜い仕上がりに。

ふだん作っているパンケーキやマフィンなどの生地に
まずは水分の代わりにスギナ&ヨモギペーストを流し込み、
あとは様子を見て水や豆乳を足すだけなんですが、美味しいですよ。

IMG_8466sugina_yomogi_panc ake.JPG

【野草パンケーキのレシピ】(4〜5人分)

・地粉 400g(1割は全粒粉やふすまでも)
・白すりごま お好み量
・片栗粉 大4
・塩 4つまみ
・ベーキングパウダー 小4
・スギナ&ヨモギペースト ミキサー1回分から適当に

※小麦やごま、野草の旨み・甘みを噛み締める、お砂糖なしのレシピです。
 もっと甘くしたい場合は適宜、お好みの甘いものを足してください^^;


粉類を全てボウルに入れ、泡立て器でよくよくかき混ぜたところに
スギナペーストを適っっ当〜に加える、だけ(汗)。

しかもミキサーのすすぎ掃除も兼ね、使った後のミキサーに水を少量入れてひと回しし、
その洗った水(うすーい野草ジュース状態)も加えています。もったいないですから。

白すりごまはスギナとの相性抜群! コクと香ばしさをプラスしてくれます。


生地の様子を見ながら、水を足したり粉を足したり調整すれば、
抹茶に似た風味の、スギナスイーツの出来上がり〜。

色も、ヨモギだけのときより鮮やかな緑が出て、嬉しい。
IMG_8468sugina_yomogi_panc ake.JPG

コロナ休校のおかげで、長女はスギナスイーツを研究しまくり・・・
IMG_8469sugina_yomogi_panc ake.JPG
スギナの生態、おやつ算数、レシピの工夫などなど、自主学習にいっぱい役立てていました。

タコ焼き器で焼くのもお気に入り。
IMG_8503sugina_yomogi_panc ake.JPG
オーブン、フライパン、たこ焼き器、ホットサンドメーカーなどなど
焼き方ごとにメリット・デメリットまで比較して表にしたようです。

もっっ ち〜り 弾力がたまりません。
IMG_8504sugina_yomogi_panc ake.JPG


◆スギナのあんこロール

スギナペーストに水を加え、地粉を少しずつふるいながら溶かし、
とろっとしたら塩をひとつまみ。

フライパンでうすくしっとり焼き上げて・・・
IMG_8481sugina_usuyaki.JPG

ちょうど炊いてあった我が家の小豆を
甘酒と塩少々と合わせてあんこに仕立て、巻き巻き。
IMG_8483sugina_usuyaki_anko.JPG

和菓子風のおやつに歓声があがりました♪ うっふっふ。
IMG_8485sugina_usuyaki_anmaki.JPG

生のスギナはその保水力ゆえに、
もっちり・しっとり系は得意なんですが
ザクザク・ホロホロはちょっと難しいようです。

パン、パンケーキのほかは
マフィン、シフォンケーキ、パウンドケーキ、
もしかしたらフィナンシェもギリギリいけるかな?

スギナを乾燥させて粉末にすると、もっともっと活用範囲が増えると思うので
いつか余裕ができたら、試してみたいなぁ〜。

今日もマニアックな記事にお付き合いくださり、ありがとうございました^^;


「野草」関連記事:
よもぎを食べよう、育てよう
  まだ二人姉妹で余裕があった頃。ミキサーなんか使わずあれこれ作っていたっけな。。。
ギシギシを食べる
  毎年、食べられる野草を1〜2種類ずつ増やしています。覚えられないから、ゆっくり。



* * * お知らせ * * *

前回に続いて嫁ブログの過去記事から、この時期おすすめのテーマをご紹介〜。

IMG_6907zarigani_cooking.JPG
ザリガニとジャンボタニシを食べる


春のザリガニは柔らかいのです♪
自然農や自然栽培の田んぼがある方は、ぜひお試しくださーい。



* * * まかない日記 * * *

5歳&3歳がせっせと摘んできてくれたカラスノエンドウ。
莢が大きくなって、確かに食べごろ。
IMG_9295karasunoendou.JPG

豆を食べるのと、莢を食べるのと、選別しまして。
IMG_9304karasunoendou.JPG

カブをウォーターソテーして、途中からカラスノエンドウも追加。
塩だけでシンプルに味付けしました。
IMG_9307karasunoendou.JPG
甘くて美味しかったです。また採ってきてもらおう♪
ごちそうさまでした!
posted by miya at 23:06| Comment(0) | 自然をいただく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする