2020年04月15日

畑デビューと種まきの日々

※お知らせ欄にコロナ対策の自然療法リンク集があります※


3月から4月にかけて、
雑草屋の畑仕事、ゆるやかに始動しております。

IMG_7911sumire.JPG

イノシシに壊滅的にやられた昨年の反省をいかして
今年こそは、電気柵を設置することにしました。

IMG_7889densaku.JPG

ひとつ残らず食べつくされたジャガイモも
今年は電柵に守ってもらいながら、早めの収穫を目指します。

IMG_7908potato_taneimo.JPG

この家に一年暮らしてみて、
地形の特徴もだいたい分かってきたから、

山からの水を流すための溝をきちんと掘り直して
畝の高さもあれこれ工夫しながら植えてみました。

IMG_7933potato_uetsuke.JPG

小さい子たちの楽しみを、と思って
5歳と3歳の畝を決めて、植えてもらいました。

IMG_7935potato_uetsuke.JPG

お世話してくれるかなぁ〜。


3月で1才になった次男坊は
ついにお庭デビュー、そのまま畑デビュー。

IMG_8034hatake_debut_doronko.JPG

土をモグモグ食べてしまいます・・・
腸内細菌は家族の中でも最強なんじゃないでしょうか。

裸足でアーシングして、もはや自然体リトリートだね。

IMG_8036potato_uetsuke.JPG


つくばでも、大子でも、古い家を借りて暮らす私たち。

木々は季節の巡りに合わせて
次々と花が咲くように考えて植えられていて、感心します。

シナレンギョウに、
IMG_7913shina_rengyou.JPG

シデコブシ。
IMG_7914shite_kobushi.JPG

名前を調べて名札をつけていこうと、図鑑とにらめっこ。
剪定のことも勉強しながら、うまく管理していけたらな。


「畑とイノシシ」関連記事:野草を食べればいいじゃない 秋冬野菜とイノシシの話



* * * お知らせ * * *

新学期がはじまったと思ったらすぐまた休校で、
ホームスクール生活が再スタートしたような気分。

長女も穏やかで朗らかで、楽しく過ごせているのでホッとします。

で、コロナにかかってもかからなくても、
やっぱりちょっとした風邪症状からきちんと家で手当てできれば一番いいと思うのです。

自然療法は穏やかな印象ですが、こと「肺炎」に関しては
西洋医学よりも積極的に治しにかかるので、家で早く治すに越したことはないはず。

何度もご紹介して恐縮ですが、気管支炎や肺炎のお手当てについての記事です。
「里芋粉」は一家にひと袋、買っておいて損はないと思いますよー!

⇒ 気管支炎を自然療法で治す

あとは、このご時勢、ドキッとしちゃう症状のあれこれに。
病院にかかるのも慎重になるからこそ、自然療法を知っておくと安心です。

⇒ 咳のお薬&煎じ方の基本
⇒ 喘息(ぜんそく)の治し方
⇒ 子どもの急な発熱は



* * * まかない日記 * * *

つくしが山ほど採れて幸せ〜。

子ども達がいっぱい摘んで、
はかま取りも済ませた状態で持って帰ってくれるので
母さん大助かりですよ。

よく洗って切ったつくしはお鍋にごま油をひいて炒めて、
くったりしてきたところへお醤油、みりん。
水分を飛ばしながらくつくつ煮詰めて、ときどきかき混ぜます。

汁の味はちょうど、でもつくしがまだちょっと苦いかなってくらいで火からおろして休ませて、
すっかり冷めて味がしみた状態で味見をしたら、またグツグツ温めて瓶詰めに。

IMG_7858tsukushi_tsukudani.JPG

どっさり作った「つくしの佃煮」。
小さい瓶に小分けして、しばらく楽しめそうです。

春の野草に感謝して。ごちそうさまでした♪
posted by miya at 14:54| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

子ヤギ登場&ヤギ小屋DIY

IMG_8144koyagi_mugita.JPG

2月15日。

お世話になっている方から
「今朝、子ヤギが二頭産まれました」と連絡が入った。

夭折してしまったキビ太の子だ。


先方がキビ太の埋葬を終えてのやりとりで
「もしも種付けがうまくいっていたら、
 春には子ヤギが産まれるかもしれません」
と言われていたけれど、

不妊症のアワ子をずっと飼ってきたこともあり
あまり期待もせずに春を待っていた、そんな矢先の吉報だった。

5月くらいに一頭もらってこようかと話していたのに、
3月の下旬には
「早くも離乳が完了し、エサを巡って大人ヤギに角で突かれ、
 遠慮しいしい暮らしている、可能なら迎えにきてください」との連絡。

ちょうど、夫と子ども達が茨城・千葉間を車で移動するときだったので
ついでに子ヤギをもらって帰ってくることにした。

DSC05358koyagi_mugita.JPG

わずか生後1ヶ月半の子ヤギが、大雪の大子町に到着した。
ぷるぷる震えながら、ひたすら不安げに啼いている。

気づけば夫がヤギ声で「ベェェェェェ」と話しかけている。
誘われて私も母ヤギ声で「メェェェェ ベェェェェ」と声をかける。
どうも、子ヤギが早く懐いてくれる秘訣らしい。

なるほど確かに、
「助けて!お母さんはどこ!?」って感じの鳴き声だったのが、
「あれ?お母さん?おうち?あれ?」という顔になって、
鳴き声も甘えるような声に変わった。

DSC05399koyagi_mugita.JPG

名前は「麦太(ムギ太)」に決めた。
うちのヤギは穀物シリーズだから。

3月末だというのにこの冬一番の大雪で、しばらくは毎朝零下2〜3度。

体調が心配で二晩は玄関に寝かせたけれど、
家族が縁側からの出入りではどうしても不便。
いつまでも玄関を塞いでもいられない。

IMG_8140koyagi_mugita.JPG

雪が溶けて気温も高くなってきたので
ヤギ小屋を用意することにした。

農作業が目白押しな上に、急に早まった子ヤギ受け入れで
ゼロから作る余裕はなかったので、
限りなく廃屋に近い納屋の外側を、改装することにした。

IMG_8146koyagi_mugita_koya_before.JPG

写真を載せられないくらいの粗大ゴミや廃棄資材で
越してきた当初から、気持ちよくはなかったこの空間。

外の小部屋だけでも片付けてみると、結構広い。

IMG_8147koyagi_mugita_koya_before.JPG

壁面には錆びきった蹄鉄が掛けてあって
どうも馬か何かをここにつないでいたんじゃないかと思われた。

IMG_8148koyagi_mugita_koya_before.JPG

近所の製材業者さんの端材が山積みになっていたので、
家族みんなでもらいに行った。

IMG_8079hazai_choutatsu.JPG

しっかし、これだけあれば小さい小屋とか作れちゃうよね。

IMG_8082hazai_choutatsu.JPG

持ち帰った材で幅の広いものを打ち付けて
寒風が吹き込まないように仕上げ、古い雨戸やコーヒー袋をつけて完成。
夫がぱぱーっと作ってくれた。

IMG_8152koyagi_mugita_koya_after.JPG

せっかく作ったのに、寂しがって玄関に駆け込む麦太。可愛すぎる。
結局、もうひと晩だけ玄関で寝かせてから、小屋に移ってもらった。

IMG_8154koyagi_mugita.JPG

家族にも家にもすっかり慣れ、庭を中心に過ごしている麦太。

IMG_8158koyagi_mugita.JPG

3才児も5才児もなるべく毎日お散歩してもらい、
雄ヤギの力強さについていけるようにしようと思う。

IMG_8157koyagi_mugita.JPG

ヤギ関連記事:キビ太の夭逝 アワ子の天寿



* * * お知らせ * * *

ぎっくり腰になりかけたその瞬間、
脳に語りかけて、回避する。

というのがここ数年、
夫婦の「ぎっくり回避法」になっています。

夫の個人blogから、研究所blogにも転記しました〜。

⇒ ぎっくり腰の治し方



* * * まかない日記 * * *

5歳の次女が上手に野草を摘んでくるんです。
IMG_8016fukinotou_tanpopo_yomogi_tsukushi.JPG
きちんと柔らかくて美味しいところだけ。
種類ごとにちゃんと分けてあって、洗いやすい〜

天ぷらにしました。うーん最高!!!
IMG_8020yasou_tenpura.JPG
この春は野草の図鑑にあったレシピを参考に、
小麦粉3:くず粉(or片栗粉)1、そこへ塩と酢を少々加えて水で溶いて。

今までで一番のサクッと具合に感動!お酢ってすごいなぁ〜!

でも、気を抜くとどんどん野草を摘んできて
揚げ物が続いてしまうので「週に1回だけね!」と言い渡してます^^;


そして、雑草屋イチ推しのノンアルビールがこれ!
IMG_8023non_al_beer.JPG
日本ビールの龍馬1865(右:国内用)とNINJA LAGER(左:輸出用?)。どっちも同じ中身かな。添加物なし、材料はビールと全く同じ。美味しいですよ〜〜♪

そうそう、天ぷらは、ちょっと余った衣も揚げておいて、翌朝「たぬきうどん」に。
IMG_8024tanuki_udon.JPG
ごちそうさまでした!
posted by miya at 17:25| Comment(0) | 生き物のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

重ね煮さえあれば

DSC05337yuki_daigo_20200329.JPG

暖冬だと思っていたら、3月29日はすごい雪になりました。
大子に移住してきて初めての大雪。

ズズズー、ドン!バン!ドォォ!
屋根から雪のかたまりがなだれ落ちる音が平屋に響き渡り、
私は生まれて初めて聞く音にビクビク。いや〜迫力満点でした><;

DSC05375yuki_daigo_20200329.JPG

さて本題。

この冬はひたすら大鍋で「重ね煮」を作ってきました。

後追いの激しい次男坊を世話する日々のなかで
栄養満点、使い回しのきく「重ね煮」にはとても助けられたので、
写真とともにご紹介したいと思います。

ーーー 目次 ーーーーーーーーーーーーー

■ 一度台所に立つだけで、何日もラク
■ 「重ね煮」の基本
■ 「デトックス・ベジスープ」も便利
■ とにかくメモどおりに、あるものをどんどん
■ 野菜のうまみと塩だけで
■ 定番のお味噌汁も
■ ポタージュやポトフ風も
■ 具だくさんだから、おかずに麺に、アレンジ自在

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_7105kasaneni.JPG

■ 一度台所に立つだけで、何日もラク

数種類の食材をどんどん切ってお鍋に敷き詰めるだけの「重ね煮」。

うちは大きい蒸し器の下段を使ってどぉーんと作って、
だいたい4〜5日は楽をさせてもらっています。

お鍋は大きければ何でもいいんでしょうけど、
今年は薪ストーブを使っていて、薪も自転車操業で貴重なため
なるべく熱効率が高い(すぐ温まる)お鍋を使うことが増えました。

IMG_7090maki_stove.JPG

すぐ作りたいときや薪が少ないときは
熱しやすい、底が平たい、薄い鍋がいいんですよ〜

時間のあるときは土鍋でコトコトも素敵ですけどね。

量が多ければ多いほどいいので、
次の冬までには、ステンレスの寸胴鍋を手に入れたいです^^;


エネルギーがもったいないから、食べる分だけを小鍋に移し、
食事前にあたためて、折々の味付けで楽しみます。

秋や春は、大鍋も2〜3日に1回くらいで火を入れますが
冬は寒い寒い台所に置いておけば、4日は大丈夫でした。

ほとんど水を入れずに作ればそれだけ長持ちするようです。
冷蔵庫を使うご家庭では、鍋ごと冷蔵庫に入れれば安心ですね。

IMG_7823kasaneni.JPG

■ 「重ね煮」の基本

探せばいろいろな「重ね煮」レシピ本があるようですが、
私は身体を壊した際、今の夫が紹介してくれた
こちらの本を基準に作ってきました。
waranogohan.jpg
わらのごはん

船越 康弘・船越 かおり (著)

食材の陰陽とか、
上に伸びる野菜は下層、下に伸びる野菜は上層、
エネルギーが相互に働きあって・・・

みたいな話は横に置いても、とにかく美味しい。
ただ私、細かい決まりごとは覚えられないんです〜。

で、いちいち本を開かなくてもいいように、
台所に書き写した表がこちら。

IMG_7380kasaneni_memo.JPG
※私はアレンジが限定されちゃうので、魚介は入れません。

はじめは銀杏切りや短冊切りなど、薄さを均一にすると失敗が少ないです。
慣れてきて、歯応え、ボリュームを出したいときは、厚くゴロゴロに。

下の段から順に、切ったそばからお鍋に敷いていくので、台所が狭くても大丈夫。

最後に上部に少しの塩をふり(重ね塩と呼ぶようです)、
手をそえて「おいしくなってね」と念じてから火にかけるようにしています。

できれば弱火でくつくつと・・・。
薪ストーブでは思いがけず強火(!)になっているときもありますが、
まぁ、だいたい美味しくできるので、神経質にならず、適当に^^

メモの右上に「野菜の水分だけで調理」とありますけれど
下層に乾物が多いときや、火が強くなっちゃった、焦げが心配、といった場合は
数cmの高さまで水を入れるとうまく作れます♪


■ 「デトックス・ベジスープ」も便利

私の姉が身体を壊したとき、このスープが気に入って
私にも薦めてくれたのですが、味付け自在で美味しく、便利でした。
detoxvegesoup.jpg
デトックス・ベジスープ

庄司 いずみ (著)

味付けのバリエーションが詳しく載っているので
重ね煮を活用する土台を培うことができました。

で、せっかくならこの材料も「重ね煮」ルールで作ろうと思い
「デトックス・ベジスープ」の「重ね煮バージョン」を台所に貼ってあります。

IMG_7382detox_vege_soup_kasaneni_memo.JPG

こちらはもともとスープを作る目的なので、
具が浸るくらいの水を入れて火にかけるレシピ。

絵に描けてないですが、もちろんフタをします。
そして旨み・甘みを引き出すためやはり弱火で。

「重ね煮」だと何種類入れていいか、何があれば美味しいのか不安なときは
材料の少ない、こちらのメモだけ見ながら作っています。

もちろん臨機応変に、季節や体調、在庫に応じて

 しいたけ = きのこ
 トマト = 果菜
 キャベツ = 葉菜(味の優しいもの)
 大根 ≒ カブ
 玉ねぎ ≒ 長ねぎ

といった読み替えをしています。

IMG_7106colorful.JPG

■ とにかくメモどおりに、あるものをどんどん

そのとき台所にあるものを順番に入れていけばいいだけなので、案外カンタン。
私の定番は、

・昆布
・きのこ
・果菜(実家から届くトマトや干しパプリカなど)
・葉菜(キャベツか白菜)
・いも類(じゃがいも、さつまいも、菊芋など)
・大根かカブ(切り干し大根でも)
・玉ねぎ
・人参

これを順に切ってはお鍋に入れ、塩をふって、
2〜3cmくらいの水を足して蒸し煮。

人参や大根、いも類は有機や自然栽培のお野菜を購入しているので、
皮むきをしなくていいのが気軽に作れるポイントかもしれません。

顔見知りの方々から買わせていただいているので
お野菜を切るだけでもその方たちを思い出し、あったかい気持ちになります。

IMG_7824midori_daikon.JPG

■ 野菜のうまみと塩だけで

いろんな素材が渾然一体となって旨みを出してくれているので
塩を足すだけで美味しいスープになります。

うちではパスタの茹で汁(=塩&とろみ)で薄めて使うことも多いです。
IMG_7412kasaneni_soup_pasta_yudejiru.JPG

塩、胡椒、たまにはオリーブオイルやごま油をひと垂らし。
メニューに応じてあっさり、こってりの調整も自在です。
IMG_7410kasaneni_soup_pasta_yudejiru.JPG

■ 定番のお味噌汁も

小鍋に重ね煮を煮汁ごと取って、お水を足して温め、お味噌を溶くだけでお味噌汁に。
好みで椎茸粉末やいりこ粉末、かつおぶしなどを加えます。
IMG_6822kasaneni_misoshiru.JPG
授乳中の私のは汁気たっぷりです^^;

さらに食卓で、刻んだおネギや水菜、三つ葉、
おろし生姜やすりゴマ、七味などを散らすことで
雰囲気を変えることができて楽しいですよ。
IMG_6819kasaneni_misoshiru.JPG

■ ポタージュやポトフ風も

ずっと具だくさんスープで飽きてきたら、ミキサーなどでポタージュに。
IMG_8040kasaneni_potage_soup.JPG
お芋が入っているとほっこり味に仕上がります。
玄米ごはんを加えて作るのもいいですね。

食べる分だけ小鍋に取って、セロリやイタリアンパセリを散らして温め、
塩と胡椒で味付けると、ポトフ風に仕上がります。


■ 具だくさんだから、おかずに麺に、アレンジ自在

具だけ取り出して、ササッとごまあえ、あんかけ、卵とじなど・・・
「もう切ってある」「もう火が通っている」野菜の集まりだから、とっても便利です。

例えば、出来上がった重ね煮の鍋から、上の人参だけ取り出して
黒ねりごま&お醤油で和えました(写真左端)。
IMG_7827kasaneni_soup.JPG
重ね煮からお味噌汁も作っています(写真右)。

また、重ね煮スープにカレー味をつけると、煮込まなくてもすぐカレー。
IMG_6720kasaneni_curry.JPG
重ね煮カレーは、煮込んで味がしみ込んだのもとびきり美味しいです。

この秋にとれた生姜で自家製ジンジャーカレールーを作ってあるので
大人はルーを追加して、味の濃さを調節。
IMG_6723kasaneni_curry.JPG

また、麺類の具にも便利です。

・重ね煮にだし+醤油、または自家製めんつゆを加えて、
 具だくさんのうどんやそうめんに。

・ナンプラーや柑橘果汁、ごま油でアジアン麺に。

・白ねりごまと味噌を溶いて、ラーメンに。

・豆乳とオリーブオイル、塩胡椒でパスタにしたり。
IMG_6732kasaneni_nudle.JPG


我が家では、たった一度の重ね煮から、
ここまでのすべてのアレンジを展開して
4〜5日分の食事を楽にまかなうことができています。

食事のたびにゼロから作ることが減ってとっても助かっているので
温めなおしの必要がある暖かい季節になっても、夏が来ても、
やはり2日分くらいは作りたいなと思っています。


以上、「重ね煮」のお話でした〜^^


関連記事:
 冷凍食品作り …まだ冷蔵庫を使っていた頃の記録。
 おいしくないかぼちゃの調理法 -塩蒸しかぼちゃ- …大鍋でドーン。
 炊飯器なし生活 …お鍋で炊くと美味しい。



* * * お知らせ * * *

ますます加速する新型コロナ。
何度かご紹介していますが、参考になりそうなものを。

気管支炎や肺炎も、自然療法で。
 ⇒気管支炎を自然療法で治す
トイレットペーパーがなくなっても大丈夫。
 ⇒講演「うんこはごちそう」&災害トイレ術のご報告

里山のしだれ桜が満開を迎えています。
いずれは地方、田舎に分散する暮らし方が人気になるやもしれませんね。

種まきの季節を迎え、食べ物を育てている安心感を噛み締めています。


そうそう、エイプリルフールにちなんで、大昔の夫の記事も。
 ⇒エイプリル

初心忘るべからず。さー、今年の春もがんばりまっせ〜。



* * * まかない日記 * * *

最近のお気に入り、「エリンギベーコン」!
IMG_7985eringi_bacon.JPG
手で平たく裂いたエリンギにオイルをふってグリルでこんがり。
ちょっと端がカリカリになってきたら取り出し、塩を振って。

まるでベーコンです。カルボナーラやサンドイッチにも使えそう。
ごちそうさまでした♪
posted by miya at 14:50| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする