2019年01月13日

母の寝不足と二人目以降の出産について

二人目がほしいけど、寝不足だし体力が・・・
というコメントをいただきましたので、

出産に絡めて、お母さんの寝不足や身体の回復などについて
あれこれ書いてみようと思います。

IMG_9462dakko.JPG

◆子どもは何歳差が楽なんだろう?

これ、すごく気になって、
つくば自然育児の会の会報で特集テーマにしたっけな〜(笑)

年子がきついのは言わずもがな。

私も姉と年子なんですが、
母いわく「双子育てたみたいなもん」で「大変すぎて記憶がない」そう。
真面目さが災いして、長いこと育児ノイローゼになってたしなぁ。。。

で、2歳差でもなんとかかんとか、やっとこさ、まぁ大変ですよね。

6歳くらい離れてくるとすごく楽なうえ、癒されるらしいです。
ピュアな可愛さが一家に戻ってくるというか・・・^^;


私の個人的な感想を言えば、2歳差出産はきつい!
5〜6歳差だと本当に本当に楽です!

おねしょもおむつも赤ちゃんだけで手一杯ですから。


でも母体の年齢とか、復職とか、ほかの様々な事情もあって、
2〜3歳差で産む人が多いのかなぁ、という印象。

IMG_9463dakko.JPG

◆本来のヒトは?サルは?何歳差で産んでいるの?

自然育児の会で教わった内容によると、
母体の栄養が豊富な状態でないと、生理は再開しません。

伝統的な狩猟採集生活を営む民族(と、ひいては動物本来のヒト)は
食事も質素ですから、母乳をあげていると
子どもの自然卒乳が3〜4歳頃で、そこから生理再開。

結果、だいたい4年おきの妊娠になるのだそうです。


コミュニティでの子育てがなされる分、
母親の苦労も分散するわけで。いいなぁー。

つまり現代日本の、
知り合いもいない街で、核家族で密室子育てなんて、
人類史上初の異常事態、緊急事態なんですってー。 イライラする訳だ!


ちなみに専門家によると、オランウータンの出産は6年おき!

子どもがすっかり自立する頃に
無理なく次の子育てを始めるんですね。


なお、狩猟採集社会のヒトでも、サルの仲間でも、
男性(オス)が育児に協力的な民族・種族ほど
長命だったり、子沢山だったりするそうです。納得〜。


まぁおむつを使うのも先進国の人間だけと思うと、
おむつなし育児で赤ちゃんのお世話が楽になるのって、
動物としても本質的なことだし、重要ですね。

IMG_9590daigo_kouyou.JPG
(もう季節はずれですが、ここからは、秋の奥久慈に行った時の写真)


◆私が続々と産む理由

別に子沢山を目指したわけではないのですが、
どんどん産んでいく理由は2つありまして。


・無事なうちに産みたい

私は20代前半(独身時代)、卵巣血腫を左右1回ずつと、
卵巣腫瘍、子宮内膜症などを経験しています。

そして家系的に、姉も母もおばも、卵巣だの子宮だの
手術で切除してしまっていて(姉は30歳の時に卵巣切除!)
昔はそれに潜在的に怯えていました。

子宮や卵巣が無事なうちに、
産めるだけ産んどこかー!みたいな。

ただし、今なら何か患っても、自然療法で
どこも切除せずに完治させる自信はあります。

IMG_9608daigo_kouyou.JPG

・自然育児を知ったら楽になった

二人目を妊娠中につくば自然育児の会を知りまして
出産後、入会してみましたらば。

まー自然な子育て、母乳育児のハウツーが
会の歴史(25年以上!)の分だけ山盛りで!!


それまでも夫と結婚して以来
かなり自然派ではありましたが、

自然育児や母乳育児の世界のことを
知れば知るほど、実践すればするほど、

赤子のお世話も育児も、楽になっていったのです。
まさしく水を得た魚のように。

で、自分も周りもですが
「うちは二人以上は絶対無理」と言ってたはずが
気づけば三人、四人・・・と増えていく(笑)。


子育てで大変なのは常に、
パイオニア的存在の一人目だけ!

二人目以降は大概のことを(こちらが)経験済みなので
あーハイハイ、わーこんなんだっけ、えっこらせ、
とそれなりに乗り切れちゃうわけです。

IMG_9597daigo_kouyou.JPG

◆母の睡眠不足について

添い寝・添い乳はもう当然。

「お昼寝の時間はお母さんも寝ること!」と、
自然育児の会で教わりました。

また、母乳をあげている期間は
お母さんが午前と午後の補完食として
おにぎりを食べることをおすすめされました。

それでやっと寝不足も解消でき、
母体の栄養が足りるみたいです。


実体験としては、寝かしつけから朝まで
子どもと一緒に寝てしまうのって、本当に大事です。

旦那さんと夜にゆっくり話したり、
帰りが遅いからたくさん料理を用意して付き合ったりと
実際のジレンマは尽きないのですが、
夜中の子育ても母乳も、ずーっと休みなしですから。

二日に一回くらいは寝かしつけで寝ちゃったほうが
結果的には家庭のためかなと思います。

楽しく晩酌して夜更かしして、あー楽しんだわ!って思っても
朝ダークな気分になると家全体がギスギスして、
まるきり本末転倒ですし(あ、最近の私のことです)。

IMG_9603daigo_kouyou.JPG

◆子どもの世話を焼きすぎない

二番目、三番目の子たちを見ていて思うこと、それは・・・

干渉されすぎないで育った子は、遊び上手!
適度に放っておいて、よかったー(笑)!


児童館などで、ずーっと絶え間なく子どもに声をかけるお母さんと
あまり声をかけず、目だけで見守っているお母さんと、いますよね。

私、長女のときは前者でした。

早期教育か何かの本で、
お母さんからの言葉がけが多いほうが
子どもの知能が伸びるとか、言葉が早いとか・・・。

だからやたらと遊びに介入してましたし、
子どもの相手をしなきゃ!って気負っていました。

IMG_9617daigo_kouyou.JPG

でも人数増えてくると、こちらの手も口も足りない。

それによく観察したら、幼いなりに、
それぞれの考えや発見や試みがあるらしい。


料理洗濯などの家事は本来、
赤ちゃんが起きている時間に、
目の前で日常的にやっていくのがいいみたいです。

子ども自身のひとり遊びや空想遊びも伸びますし^^

家事は、遊びや学びの延長線上にあると、
モンテッソーリやシュタイナーも言ってます。

なので、切り離さず、
一緒に過ごしているけど、別のことをしている。
家事をしている傍らで、子どもが遊んでいる。

それぐらいだと、用事はちょっとずつ済ませられるので
乳幼児のお昼寝で一緒に寝ることも、可能になってきます。

IMG_9592daigo_kouyou.JPG

◆妊娠したということは

三人目(長男)の自宅出産でお世話になった
80歳の白井先生は、
昔ながらのお産の知識が豊富な方でした。

一度、自然育児の会にお招きして
自宅出産のこと、自然分娩のことなど
お話していただいたんです。

高齢出産の不安について質問が出たとき、
いいことをおっしゃってました。

IMG_9623daigo_kouyou.JPG

「わたくしね、思うんですけども。
 妊娠したということは、産めるということだ、と。

 だからあれこれ心配するよりも、
 安心なさって、出産を迎えられるのが、
 いいんじゃないでしょうか。」

天命の話も踏まえたうえでのお話ですが、
信じて受け入れて臨む、その姿勢が大切なのですね。

IMG_9628daigo_kouyou.JPG

好きな本に、沖縄のおばあの言葉で

「産んだら、育てられないってことはないからさー」

というのもあり、これも折々に思い出しています。


母親の私が育てられる子しか、やってこない。

と思うと、大変さにばかり目がいきがちな子育ても
ちょっと気楽になるのです。

(だからうちの子は育てやすいのか?私が至らないから? ありがたやー)


IMG_9615daigo_kouyou.JPG

わぁ。長くなってすみません!
話は尽きませんが、ひとまずここまで〜。


関連記事:
 おむつなし育児 ・・・他にも月齢ごとにいろいろ記録してます〜
 自然療法 ・・・末尾に症状別さくいんがあります
 余白と英才教育 ・・・干渉しすぎない子育てについて
 お産について思うこと ・・・天命の話



* * * お知らせ * * *

私がすごーくあこがれている場所のひとつ、
東京の稲城市にある素敵な古民家カフェ「いな暮らし」さん。

来週、夫がストレスケアの勉強会をさせていただくそうです。いいなぁー!

・1月15日(火)
 出張マインドボディヒーリング講座
 〜腰痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

腰痛に苦しんでいる方、頭痛に悩まされている方、
花粉症を恨めしく感じている皆さんにおすすめです。



* * * まかない日記 * * *

さすらいの雑草屋ファミリー、茨城〜福島方面で用事が続くときには
特につくば・守谷方面の友人ご家族に宿泊させていただくことがしばしば。

みなさんご家庭のこと、お仕事、盛りだくさんな中で
一家5人の襲来を受け入れてくださり、本当にありがとうございます。

そんな中でのホームパーティー。
IMG_9701party.JPG
初めて食べたニジェール料理の美味しさが忘れられません〜!

うちは旅支度だけでバタバタしてしまい、
あまり素敵なお料理は持っていけなかったのですが。

持ち寄りパーティーってどれを食べても美味しいなぁー ありがたいなぁーー
IMG_9709party.JPG

M家のみなさま、そして何度となく泊めていただいてるN家のみなさま。
IMG_9704party.JPG
おいしいご馳走と楽しい時間と、暖かい寝床をありがとうございました〜!
posted by miya at 14:49| Comment(4) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

もったいない15 おせち作りで余るもの

まだおせちネタを引っ張って恐縮ですが、
日々「もったいない料理」のオンパレードの我が家。

おせちの裏側で、あれこれ活用して美味しく食べてきたので
メモ代わりに残そうと思います。

なお現在、赤子により胃袋が押し上げられて調理意欲が激減しているため
料理はほぼ夫が作っていると思ってください^^;


< 野菜編 > ※皮や葉っぱなどは安心できるお野菜のときだけ活用しています

・里芋の皮 ⇒「里芋の皮の素揚げ」
IMG_0122satoimo_no_kawa.JPG
これが食べたくて、里芋を全力でタワシで洗い、丁寧に皮むきしてたんです〜
塩・胡椒でいただきました♪

サクッ、ジュワッの食感のためには、食べる直前に揚げるのが一番!

でもそんなに揚げ物を大量には食べられないので、
2回にわけて食卓に登場しました。むふ。


・人参の葉っぱ ⇒「人参の葉っぱの炊き込みご飯」
IMG_0132ninjin_happa.JPG
刻んで、白米(+少しの玄米)と一緒に炊きます。入れる調味料は塩だけ。
風味がよくて子ども達も大好きなんです。夫の得意料理。

葉っぱなので、玄米だけで炊くときは不向きかなぁと思います。



< 煮汁編 > うちで煮汁を捨てることはまずないのです。

・年越しラーメン(ゆずしょうが鍋)の煮汁 ⇒「おでんのつゆ」

下拵えしたおでんの具をどんどん入れ、醤油やみりんも少し足し、
日々減るおでんつゆは、また作り足していきました。


・お煮〆の煮汁 ⇒「お雑煮」

お雑煮用にお野菜を加え、醤油やみりんなどで味を足して
おいしいお雑煮にしてくれました。


・昆布巻きの煮汁 ⇒「高野豆腐の卵とじ」

おせち明け、しばらく質素に暮らしたあと(まさに今日!)
昆布巻きの煮汁に高野豆腐と白菜・玉ねぎを入れて煮て、
卵とじにしていただきました。


・里芋の白煮の煮汁 ⇒「ホワイトソース」
IMG_0189satoimo_nijiru_bechamel sauce.JPG
ローリエと刻んだ白菜を入れて加熱、
煮えたら小麦粉をグルグル混ぜて豆乳もたっぷり入れます。

塩麹で味わい深くしましたが、塩だけでもいいと思います。
和風のおせちのあと、3〜4日頃に出すと大喜びされました^^

パスタにのせたり(写真はトマトソースとホワイトソースのハーフ&ハーフ)、
大人が夜食でドリアにしたり、ラザニア風にしたりと大活躍でした。

しかも、最後に少し残ったものが現在、
大根葉のグリーンカレーに活用されています。
どこまでも食べきりますなぁ〜〜!


・黒豆の煮汁 ⇒「黒ごまみたらし」
IMG_0226kuromame_nijiru_kurogomadare.JPG
黒ごまを擂って混ぜ、焼いたお餅にのっけ、
おぜんざいと並べてデザートにいただきました。


・煮豚の汁 ⇒「焼きうどん」

味が濃いのを利用して、焼きうどんの調味料に。
ガラムマサラと鰹節、青海苔でいっきに焼きそば寄りの仕上がり!夫すごいです。
動物系の煮汁の参考にはこちら!:しりとり料理:煮汁編


で、色々食べつくしてまいりまして、
いま台所で残っているのはひとつだけ。

・大根のゆず漬けの汁 ⇒ 炒め物の味付けに使います!



振り返れば、生活全般において省エネモードの私を尻目に
夫は子ども達とせっせと門松や注連縄を作ってくれました・・・!
IMG_0050kadomatsu2018-2019.JPG

自分の庭がないって、南天みたいな飾りもなかなか手に入らないってこと。
ヤギを置かせてもらっている道場から、竹と笹くらいは持ってこれたけど。
IMG_0054kadomatsu2018-2019.JPG

ひそやかに、怠惰に、マイペースに過ごしたお正月。
IMG_0180kadomatsu2018-2019.JPG
夫あってこその日々なのでした。 ありがとう!



* * * お知らせ * * *

身体と心の自然体研究所より。
久々につくばで心身治癒法の勉強会、やるみたいです^^

・2月15日 第32回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
     〜花粉も腰もまとめて体質改善!

夫婦ともに悩まされた花粉症ですが
ストレスチェックだけでピタリと治って、拍子抜け。

まだ花粉症の方がいたらぜひぜひ〜。


あと、1月の新月カフェが決まったそうです。
生きづらさを抱える方、ひきこもり経験者のみの穏やかな場です。

・1月25日 新月カフェVol.29


私の妊婦健診と合わせて、夫は11日の森の新月カフェに行くそうです。
私と子ども達は、つくば・守谷方面でうろうろしまーす♪



* * * まかない日記 * * *

大晦日、年越しそば代わりと言って
美味しい美味しい「ゆずしょうが鍋ラーメン」を食べておきながら・・・

大車輪の深夜のおせち作りの合間に
ガツーンと食べましたよ、ラーメン第二弾!天かすドーン!
IMG_0100yashoku.JPG
めんつゆなんかも足しちゃって。みずみずしいワケギも刻んじゃって。

天かす効果で、中学生のころ流行ったカップ麺「緑のたぬき」そのものでした(笑)

満足!ごちそうさまでした!
posted by miya at 22:47| Comment(4) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

おせち2019

あけましておめでとうございます。
今年も雑草屋をよろしくお願いいたします。

雑草屋の年末年始は、どっぷりデジタル・デトックス

結婚当初からテレビもない我が家ですが
年末年始はwi-fiを切ってパソコンもタブレットも触らず、
のんびりゆったり、家族5人だけで過ごしておりました。

しかも、夫が暴露しちゃったとおりの寝正月
来客も約束もない、超ゆるゆるスケジュールで、満足満足〜。

さて、恒例のおせち記録を残そうと思います。


まずはおせちの前に、年越しそば。
IMG_0058toshikoshi_yuzu_ramen.JPG
子どもが小さいうちはおそばは出せないので
例年はうどんですが、今回は中華そば(笑)

ゆずしょうが鍋を作って、ラーメン風に楽しみました。
IMG_0061toshikoshi_yuzuramen.JPG
ちょっとお肉が食べたいモードの私、鶏肉入りにさせてもらいました。

子ども達を寝かしつけた後は、せっせとおせち作り。
でもお腹も大きいし眠いし、なーんか無理しなくていっか〜と品数少なめに。
(しかも料理の半分以上は主夫モードにギアの入った夫が作ってくれました)

・お煮〆
お鍋もタッパーも数がないうえに、傷みが心配なので今年は煮汁多めで!
冷蔵庫なし・レンジなし生活でも、煮汁さえ多ければ温めなおしできるからです。
具ごと別々に作らず、ざっくり2つの鍋に分けて作りました。
IMG_0062onishime.JPG
炒めない人参・椎茸・高野豆腐グループと、炒める大根・蒟蒻・ごぼう・蓮根グループ。
後者は中華鍋で作ったため、黒く仕上がりました(涙)

・里芋の白煮
ホームスクール仲間のおうちからいただいた自然栽培の里芋は
大切に、里芋の白煮にさせてもらいました。
IMG_0063satoimo_shironi.JPG

・黒豆
数年前に収穫してあった自然農の黒豆。
故郷から届いた、どなたかの手作り黒糖(サトウキビ栽培から!)で。
IMG_0064kuromame_shizennou.JPG

・栗茶巾
実母が栗ごはんにと送ってくれた、茹でて冷凍してあった栗は
弱火にかけた鍋で潰しながらじっくり水分を飛ばして塩のみを加え、栗100%の茶巾絞りに。
IMG_0067kuri_chakin.JPG

ゆずしょうが鍋の残り汁を活用しておでんも仕込み、就寝。


明けてお正月。

お重はアパートに持ってきてないので、お皿にあれこれちょっと盛り。
IMG_0070osechi.JPG

・煮豚
老酒がなかったのですが、なんとか夫アレンジ(黒豆の煮汁とブラックニッカと純米酒)で。
作るときは鼻についてたまらなかった八角が翌朝には馴染んでいて驚きました。

干支のイノシシのイメージ?
いや、お酒のつまみにしたかったんですホントは・・・。

・さつまいもの塩蒸し
これもお友達が育てた立派なもの。美味しかったですー!!

・凍み大根の煮物
実家からの冷凍便に入っていた茹で大根、溶けたら凍み大根そのもの。
軽くごま油で炒め、酒・醤油・みりんなどで煮詰めました。

・大根のゆず漬け
適当に切った大根を塩と混ぜて重石をし、日々混ぜていたものの
汁気を軽く切って酒・醤油・ゆず皮などで漬け直しました。
IMG_0104daikon_yuzuduke.JPG
大根は動物性の食品の毒消しになると言います。
例年より今年のおせちは動物多めだったので、いい組み合わせとなりました。

・葉にんにくのぬた(わかめ、長芋、地ダコ)
IMG_0072nuta_haninniku.JPG
これまた冷凍便から。母手作りのぬた(高知は葉にんにくで作る)を送ってくれたので、
豪勢にお正月から食べまくり。日本酒がグイグイ進んで困りました〜。

・おでん
数年前から我が家のお正月に欠かせない存在となった、おでん!
(漆を買おう塗ろうと思い続けるうちにどんどん剥げてきましたお汁椀)
IMG_0073oden.JPG
年越しそばの残り汁を使うって、なかなかいいアイデアでした〜。
大根、蒟蒻、結び昆布、茹で卵、厚揚げ、無添加さつまあげなど。

そうそう、爪楊枝や割り箸って漂白剤がずっと気になっていて。
夫が指摘してくれたので、今年から餅巾着は折ったパスタ2本で!
IMG_0119oden_mochikinchaku_pasta.JPG
巾着の口を水面に出し、おでんを温め、
時折おたまで汁をかけてあげながら火を通すとバッチリでした^^

食後には黒豆と栗茶巾でデザート♪


大晦日に頑張らなかった分、正月以降は
大人が晩酌を楽しみながらちょこちょこと作り足すことに。

とはいえ、普段飲んでなかったお酒を
お正月はついつい飲んでしまい・・・私、役割をほぼ放棄(汗)。

新年二日目の新しいメニューがこちら。

・昆布巻き
お煮〆作りの時点で昆布だしが要るので、
一石二鳥とばかり、昆布はたっぷり戻してありまして。
IMG_0103kobumaki.JPG
私の現実逃避も定番となってきたため、夫の昆布巻き作りも3回目。かなり上手!!

・小豆ご飯
IMG_0097osekihan_azuki_shizennou.JPG
これも数年前の自然農小豆で。豆系はもう完全に夫主導です。

・蓮根ステーキ
IMG_0099renkon_steak.JPG
おせちに洋風のものがあると嬉しかった記憶、ありませんか?
夫がさささーっと焼いてくれました。サクッ、もちっ、じゅわ〜っ。

いくら暖房なしで暮らしているとはいえ、冷蔵庫なしだと、
三日目にはさすがに味付けの薄いものを食べきらないといけなくなり・・・

夫が栗茶巾&塩蒸しさつまいもをグリルでじっくり焼いてくれて、嬉しいおやつタイム。
(長女はさっさと食べ切って読書に没頭しておりました)
IMG_0112kids_oyatsu.JPG
さつまいもには薄く米油を塗ったそうで、ほぼスイーツでした!

新しく加わったメニューは、

・紅白なます
大根・人参を軽く塩して水気を切り、
つくば時代に作った干し柿と共に、ゆず果汁・自家製柿酢・米酢で漬けました。
IMG_0163kouhaku_namasu.JPG
甘みは干し柿から。
いや〜、カラッカラに乾燥させた干し柿は長持ちして便利!

・玄米もち
守谷の西辻弥さんで買った、玄米のし餅!
粒々がもっちり残っていて、食べごたえがあって、おいしーい^^
IMG_0164genmai_mochi.JPG
夫に「そんだけお餅好きなんだから、もち米植えればいいのに」と言われました。ハイ・・・
自給用の田んぼと畑、場所さえ見つかれば、再開したいねぇ〜。

・おぜんざい
自家製小豆を夫がことこと煮てくれました。
黒豆や小豆の調理は、懐かしの雑草屋本舗レシピで。
IMG_0179ozenzai_azuki_shizennou.JPG
去年、りんごや蜂蜜で甘みをつけたのをすっかり忘れてました。。。

まぁ普段がお砂糖なしだし、他のメニューはお砂糖なしだし、
黒豆とおぜんざいだけ、お正月くらい、いっか。


重箱がないと、なんだかお正月っぽさが少ないですが
毎日「おいしい、おいしい」と舌鼓を打ちながら
みんなでのんびり寝正月を過ごせたこと、ありがたいな〜と思います。


「おせち」関連記事:
 2018年は各記事の末尾「まかない日記」にちょこちょこと、
 おせちおせちアレンジりんごで炊いたおぜんざいなど。
 2017年夫のおせち作り、2016年おせち熱、2015年雑草屋の初おせち
 

おせちの記録をつけることが毎年の備忘録にもなっているのに
今年はパソコン休眠後におせち作りを設計してしまいました。

来年は、年末からデジタルデトックスをするにしても、
その前に自分の記事でおせちのおさらいしようと思いまーす。



* * * お知らせ * * *

休眠中の雑草屋からのお知らせではなく、
夫やみなさんでバリバリ活動中の新月カフェ関連の予定をば。

生きづらさを感じている方、ひきこもり中の方などなど、
よかったらいらしてください。

・1月11日(金) 第15回 森の新月カフェ

・1月14日(月) 自分らしい生き方シンポジウムin関東 夫も出まーす

・2月14日〜15日 第16回 森の新月カフェ「お泊り!」


では、今年の嫁Blogもよろしくお願いします^^
posted by miya at 14:21| Comment(2) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする