2019年11月17日

稲刈り2019

つくばで田植えをしたのが、6〜7月。

子連れ大所帯での移動はなかなかに大変なので、
夫は単独で何度も、車中泊しながら草刈りをしてきた。

IMG_3892shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

基本は相変わらずの一本植え。

例年は20cm間隔の列を40cmごとに植えてきたけど、
どうせなら楽しみまくろうと、

 20cm × 40cm
 40cm × 40cm
 60cm × 60cm

の3通りの植え方を試すことにした。

IMG_3893shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

たったひと粒のお米からどこまで育つか、ドキドキ。

IMG_3894shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

 実力以上の広さに植えてしまったんじゃ?
 お米のすごさを出し切るには私たち、まだ未熟だったか?

IMG_3896shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

夫婦であれこれと言葉を交わし、揺れ動きつつも、
お米は夏、秋と順調に育ってくれた。

子ども達もお友達と遊んだり、静かに過ごしたり、
やっと雑草屋らしい田んぼのペースが戻ってきた。

IMG_3899kokage.JPG

鳥よけネット張りは、夫とホームスクールの友人一家で。

協力隊の仕事も忙しい中、
茨城県北の大子町から県南のつくば市まで、
夫はかなり無理して通ったように思う。


そうして迎えた、11月の稲刈り。

IMG_4896inekari2019.JPG

枯れ色は思ったより進んでおらず、スズメの害もなかったので
夫は「早すぎたか・・・」と落ち込んでいたけれど。

この二日間しか休めず、泊まりの都合もつけ、軽トラまでレンタルしたので
腹を括って、すべて刈り終えることにした。


ませてきた上の娘二人は、ちょっと手伝った程度で
「稲刈り、したくなぁ〜い」なんて言い出してガックリ。でもこれが現実。


食べたい人がやる。
・・・これだと、脅しになっちゃうなぁ。

やりたい人がやる。
うん、それでいいか。

滅多に会えないホームスクール仲間と遊びたいのが強いし、
天水田は満々と水をたたえ、子どもが稲刈りをするにはハードルが高い。

IMG_4913shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

十年以上、自然農を続けてきたこの田んぼ。

ちょっと背伸びをして
広い間隔での一本植えにもチャレンジした結果は。

一本植えの苗の植え付け間隔ごとに
稔りの結果をまとめると・・・

 20cm × 40cm →分けつ35本(うち太め20本、稲穂ありが18本)
 40cm × 40cm →分けつ55本(うち太め40本、稲穂ありが28本)
 60cm × 60cm →分けつ70本(うち太め60本、稲穂ありが35本)

ほぉー!

IMG_4932shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

単位面積あたり収量で言えば、
密に植えてたっぷり収穫、が一番。

だけど、お米のポテンシャルを知るという意味では、
広い間隔で植えたのはとっても意義深いことだったな〜。

自宅から車で3時間。
遠く離れた場所での田んぼ作業を、なるべく楽に、面白く。

IMG_4915shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

たったひと粒のお米から、
茎が70本も分けつしたのもすごいけど、
さらに、稲穂が35本もあったなんて!

お米ひと粒で、
お茶碗一杯をゆうに超える実り。

すごいなぁ。
お米って、すごいなぁー。

IMG_4916shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG

数年前、農水省に勤める大学の先輩や
生協に勤める友達がこの田んぼに来てくれて、

「すっげーなー!
 自然農でここまで育つんだなーー!」

って感動してくれたけど。

今年こそ、彼らにこの、
たくましい稲穂の姿を見せたかったな〜^^

お米2粒が、それぞれ、こうよ〜!?

IMG_4933shizennou_tanbo_ipponue_tensuiden2019.JPG
(もうちょっと詳しい考察は、後のほうでガガガッとメモしますね)


さて、田んぼでの子ども達はというと。
IMG_4905homeschool.JPG

ジュズダマやらイヌタデやらで、
こーんな素敵なデコレーションクッキー屋さんを開いておりました。
IMG_4907homeschool.JPG

お友達と合流した、稲刈り二日目は
年齢に応じてますます遊びが展開してゆき。
IMG_4925homeschool.JPG

田植えのときに掘った大きな穴からは
澄んだ水がこんこんと湧き出ていて、みんな大喜び。
IMG_4928homeschool.JPG

達人Mさんの田んぼには、モズの早贄(はやにえ)が!
つくし農園、秋の風物詩だったなぁ。
IMG_4919mozu_no_hayanie.JPG

つくしの田んぼ、こぐまの森でめいっぱい遊ぶ子どもたちと、
着々と稲刈りを進めていく大人たち。
IMG_4929inekari2019.JPG

めっちゃ丸見えだけど、秘密基地だそうです。
「この部屋は私のー。こっちがちーちゃんのー」って、楽しそうだなぁ^^
IMG_4939homeschool.JPG

では、田植えの間隔についての考察を
自分たちのためにメモしておきまーす。


・田植えの手間(楽かどうか)
⇒間隔が広いほど早く終わった。

・草取りの手間(簡単かどうか(例年20×40では狭かった))
⇒60×60では作業はしやすいが、広くて雑草が増える。
 40×40では株間の草刈りがしやすく、草も生えにくい。
 20×40では足場が限られている上、株間20cmが鎌で刈りにくい。

・鳥よけの手間
⇒面積が増えると、ネット張りが必要な面積も増える。
(ただし今年はスズメ被害がまったくなかった。
 大開発の末、ついに姿を消してしまった?)

・稲刈りの手間
⇒60×60ではひと株あたりが通年の2〜3倍になったが、
 すぐ積むため、置き場への移動が増えた印象。
 40×40では20×40とあまり変わりない移動距離だった。

・単位面積あたり収量
⇒実は、稲刈り時点までしか区別して計測していないので
 稲穂の充実ぶりを比較しないと、正しい収量の結論は出ない。

 仮に20×40と60×60で実入りが同じだったなら、
 もちろん狭い間隔で植えてたくさん収穫するのがよいことになるが、
 今回は干す時点で混ざってしまったので、厳密な収量比較は持ち越し。

・結論
⇒来年も同じ田んぼ(つくば)でやるならば、40×60でやってみたい。
 ただ、通う負担を考えると難しい。

 大子町で田んぼが借りられるか次第だし、
 天水田への未練もあるけれど。
・・・・・・・・

IMG_4952odagake2019.JPG

お米は軽トラックをレンタルして、
夫が一人でつくばから大子まで運びました。
(きつかっただろうな〜><;)


干すのは大子の借家の、玄関先で。

イノシシも届かない高さにオダがけして、
ハトやハクビシンの動向をチェックしながら干しています。

IMG_4960odagake2019.JPG

一年を通して、一家でいろんな方に泊めていただきながら
なんとか収穫までこぎつけたお米づくり。

お忙しいなか私たちを泊めて下さったみなさま、
本当に本当にありがとうございました!


関連記事:スズメ警察24時 マイペース 天水田での稲刈り 一緒に植えたい



* * * まかない日記 * * *

いつもは得意の適当スコーンだの適当パンケーキだの、
目分量でしか作らないのですが。

ごくたまーに、お菓子の本を見ながらお菓子を焼くことがあります。
IMG_4707cookie.JPG
なかしましほさんのクッキーの本を参考に、それでもかなり甘すぎるので
ハチミツやお砂糖は半分以下〜3分の1くらい、ドライフルーツも半分以下で作るようにしています。

レーズンサンドクッキーを作りました。
IMG_4708cookie.JPG
長女は放っておくと粉を500g以上使って大量のパンケーキにしてしまうので
たった100gでクッキーが作れるなら、こういうおやつを覚えてもらうのがいいかも〜。

ごちそうさまでした!
posted by miya at 13:45| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

【お気楽自然育児Vol.2】気軽に試そう「布おむつ」

つくば自然育児の会の会報で連載してきた原稿を、こちらでもアップしておきます。
1ヶ月ほどで執筆した時期に日付を移動しようと思っています。
(今回も2018年の原稿で、内容は1年半ほど前のものです。)


・・・・・・


(2018/06/19執筆 会報no.242 7月分)

【お気楽自然育児Vol.2】気軽に試そう「布おむつ」


miya: 8歳・4歳・1歳の母
千葉県いすみ市で自然暮らし中


 千葉県いすみ市での共同生活も早や3ヶ月。「自然」は得意だけど「育児」は苦手なわたくし、今日は屁理屈全開の長女と大喧嘩してしまい、カフェにこもって原稿を書いております。あぁ、1人目って、何もかもが初めてで難しい〜(泣)。そして2人目3人目、赤ちゃんのお世話だけは何度も経験しているのでまだ気楽〜(笑)。
 長女への対応は、木村先生(※)の過去会報を読み漁って自己反省会をしつつ(育児の会ありがとう!)、今回は大好きな『布おむつ』のお話を書かせていただきます。

※木村先生 …東関東子育てサポートセンターを主催。保育園運営と並行して関東各地で親子の心身を育てる父子遊び講座を開催。つくば自然育児の会も大変お世話になっている先生です。

P1080936nuno_omutsu.JPG

 布おむつと私のつきあいは、11年前にさかのぼります。甥っ子が産まれ、姉を手伝って布おむつを交換し、2人目の甥っ子も布おむつでお世話して、2年間ほど布おむつに親しんでからの長女出産でした。おちんちんがない分、噴水のハラハラも少なく、楽に感じましたが、復職と保育園の都合で、布から紙にトホホ逆戻り〜。
 紙おむつは確かに便利で、初めての子育てや働きながらの子育てを大いにサポートしてくれる存在でした。ただ、おむつが外れるまで4〜5年分のおむつ代がかかること、実は紙じゃなくて石油製であること、お母さんがつい長時間放置したくなること、ずっとゴミになることなどから、少しずつお別れできたらいいなぁ〜とも。

P5022255oikko.JPG

●まずは数枚から試してみよう

 去年や一昨年の育児の会で『布おむつ座談会』をやったときは、「家にいるときで、気持ちに余裕のあるとき、手持ちの布おむつがなくなったらおしまい!」という気負わないスタイルの人がいて、素敵だなぁ!と思いました。可愛いアニマル柄のおむつカバーで「気分をアゲて楽しんでます^^」とか、いらないマイバッグとおまけでもらった膝掛け毛布を組み合わせて手縫いのカバーを作った人、100均のヘアバンドでふんどし育児をしている人などなど、みんなそれぞれのペースで楽しみを見出しながら布おむつを実践していて、情報交換したり見せっこしたり、いい時間でした〜。

 布おむつ、わざわざ買うのもねぇ?というアナタ。自然育児の会でもらう。地域の母親クラブで聞いてみる。買わなくたって、古いクタクタのタオルでも、着なくなった綿のTシャツ(お腹の部分)でもいいんです。おむつカバーはサイズがどんどん変わるから、布おむつ派のお母さんに相談して、4〜5枚だけ、今必要なサイズを借りたらいいし、手作り布おむつカバーを分科会で作ったりもしてましたね。『ふんどし育児』という方法では、カバーすらいらない(!)。「これってどうしてました?」って、育児の会のメーリングリストで相談したらいいですよ。

 汚れたおむつが溜まるのがイヤ、ニオイも気になるって人は、おむつを替えるたびにササッと洗面所で洗って干しちゃうのも手。私もよくやります。乾いたおしめからすぐ使えば、畳む&しまう手間も減って一石二鳥!

140714_0603_01nunoomutsu.jpg

●2人目にして初の「布おむつ外出」

 次女が生後1ヶ月でおむつかぶれになって以来、こまめに布おむつの交換をするようになり、本人も、おむつが濡れるとすぐに教えてくれるようになりました。「普段は布おむつ、外出時は紙おむつ」で、普段のおしりはいつもサラサラ。
 しかし生後2ヶ月の頃、外出が続いたら紙おむつの部分だけあせもになってしまいました。紙おむつは、長時間吸収できるとはいえ、尿を保水するので蒸れやすいそう。真夏日だったからか、私も同じ日に母乳パッドであせもになってしまいました。
 紙おむつも、母乳パッドも、長時間つけっぱなしは考えものだなぁ。せめて畑には、布おむつで行けないものか。…そこで、秋田のおばあちゃんに電話で相談しました。

 家族の食べるものをほぼ自給自足してきたおばあちゃん。戦後、国鉄の鉄道員だったおじいちゃんの単身赴任が続くなか、おばあちゃんは娘二人を育てながら、ずっと田畑で働いてきたのです。当時は当然、布おむつ(おしめ)しかありません。
「赤ちゃんのおむつはどうしてた?」
「背中にいっっぱい、おむつ背負って田んぼさ行くのよ」
「汚れたおむつはどうするの?」
「じゃーんじゃん取り替えて汚れものの袋に入れるの。
うちさ帰ってからぜーんぶ洗うの、それしかないもの」

 丸一日分の布おむつを、二種類の袋(うんち用とおしっこ用)と共に。実際にやってきたおばあちゃんの話を聞くと、そんなに難しいことではなさそうに思えてきました。

 おばあちゃんとの電話の翌日、つくばから我孫子のお宅にお呼ばれしていたので、思い切って布おむつで外出することにしました。次女は布おむつの上から、万一の横モレ防止に紙おむつを装着。まだ生後2カ月なので便が緩く、紙おむつの立体ギャザーは結構助かるのです。ここはちゃっかり活用。手荷物は以下のものを。

布おむつ、おむつカバーをありったけ全部
   ←心配性だったので…
コットン&水(ドレッシング入れに入れてある)
   ←今ならペットボトルの水と、薄手の雑巾や手拭いかな〜
・厚手のチラシ15枚くらいとゴミ用ビニール袋(うんちおむつ交換時に活躍)
   ←出先でおむつのうんちを拭うのに。固形ウンチだといらなくなる
・大き目のビニール袋2枚(うんち用とおしっこ用で、色の違うもの)
   ←夫に頼むときも、色で言えるから間違えない!
・おむつ替え用の防水シート
   ←語りかけながらおむつ替えしていればいらなくなる
   ←ホーローおまるを使えばますますいらなくなる
・紙おむつ2枚(予備)
   ←度胸がつくといらなくなる

 外出先では頻繁におむつを替え、どんどんビニール袋へ入れていきました。一度だけうんちをしたのですが、そのまま持ち帰るとえらいことになりそうで、使用済みのティッシュやら、持参したチラシやらでざぁっと拭きました。おむつの汚れ箇所にチラシをあてて、さらにチラシでくるんで汚れの拡大防止。それから別のビニール袋に入れました。これがすごく良くて!移動中にチラシがウンチ成分をたっぷり吸着してくれるので、帰宅後におむつを洗う時、普段よりずっと楽だったのです〜。以来、外出の布おむつ率が少しずつあがっていきました。

 そうそう、おばあちゃんが田んぼ仕事の最中に、赤ちゃん(私の母)をどうしていたかというと。「親戚の5歳の女の子が一人で手伝いにきてねぇ。ずーっとおんぶして待ってたよ」 おおおぉぉぉ!えらいー!
※暑い時の母乳パット問題は、ハンドタオルに切り替えて解決しました。布って素晴らしい♪


●紙おむつとの別れ

 さて、次女が一歳二ヶ月の頃。離乳食をしない方針で、まだ母乳100%で育てており、当然べっちょりウンチ。秋田へ車で旅立った時点で、紙おむつの予備はゼロでした。ある程度の布おむつは携えていたものの、旅先では紙おむつという発想だった私たち夫婦は、「道中で買えばいいよね」と気楽に出発しました。
10時間後、秋田の祖母宅に到着。夜中の高速を走り、田んぼの中を抜け、気づけば紙おむつを買いそびれてしまったのです。そして秋田での滞在中も、秋田からの帰りも、結局、布おむつだけで過ごせてしまいました。
あの旅以来、紙おむつは必需品ではなくなりました。買いそびれがきっかけとなった、紙おむつとの別れでしたが、なければ案外いらないもので、ビックリ。「布さえあれば、なんとかなる!」って、心強いです。

P1070428oshime.JPG

●洗い方はさまざま

 次女が赤ちゃんの頃、まず、漂白剤を使わなくなりました。お日様にあてればよかろう、と思えるようになり、それから洗剤(洗濯せっけん)も卒業。試しにせっけんなしで洗濯して干したところ、お日様の香りは変わりなかったし、何より、洗濯槽のカビ(きくらげ状の黒いアレ!)がなくなったのです!カビは、洗剤などを栄養にして増えていたんですねぇー。

 ここで、布おむつをどう洗うか?ですが、つくば自然育児の会では、「バケツの水につけておいて、そのまま洗濯機で洗っちゃう♪」「ダンナの汗よりも、可愛い赤ちゃんのオシッコのほうが抵抗ないわ〜(笑)」なんて人が多かったように思います。しゃかりき下洗いしてきた私は何だったの〜!?と目からウロコでした。

 お風呂場ではある程度まで布おむつを溜める。もちろん、うんち汚れは即座に下洗いで汚れを落とす。で、もうバケツから溢れるーって頃に、一気に下洗いをして、お洗濯。…そう、かつて潔癖症だった私は、お風呂場で何ラウンドか手洗いをしないと、洗濯機に入れることができなかったんです。
 次女はハイハイできるようになってから、お母さんのいるお風呂場に来たがって大泣きで、大変でした。大人が二人いるときしか洗いたくない、って時期も。思えば洗剤なしとはいえ、下洗いに真面目すぎました。

 三人目からは、おしっこオムツは水を張ったバケツにためていき、水を捨ててから洗濯機におむつを入れ、脱水。そこから下洗い(すすぎ&脱水)をして、本洗い(フルコース)。全部洗濯機におまかせです。洗剤や重曹を使う人なら、シンプルに洗濯機にまるっとお任せでも大丈夫と思います。


●うんちの簡単な洗い方

 布おむつも3人目、うんちのおむつもドンと来い!…とは言え、放っておいたり数枚たまったりするとゲンナリするし、夫が「後でやるから」と丸一日ためた日にはブチ切れ(笑)。ウンチおむつ、すぐ洗えば気楽です!

★べっちょりウンチ★
固形食をまだ食べないAll母乳ベビーの場合、ねっちょりべっちょりウンチですよね。おむつなし育児(前回記事参照)をするのが一番おすすめですが、布おむつにウンチをしたって大丈夫。

(1)洗面所に移動し、衣服が垂れないようロンパースは首元で固定(洗濯ばさみでとめても)。おむつをそっと外し(ウンチおむつは踏まない場所へ)、洗面所やお風呂場でお尻を優しく洗います。お尻拭き不要!ゴミなし! あまり熱いお湯よりも、ぬるま湯のほうが母子ともに皮膚ダメージが少なくておすすめ。春夏は水でOK。

(2)赤ちゃんに新しいおむつ(洗面所にも常備してると楽)を装着、リリース。泣くようなら洗面所付近に。

(3)さぁ本丸のウンチおむつ!蛇口から一定の水流で滑らかに水を出しておき、打たせ湯のイメージでべっちょりウンチの上端を水に当てます(布おむつは汚れ範囲が拡大しないよう、なるべく汚れの面だけが水を受けるように持ちます)。ぺろりんちょ〜とはがれる楽しさ!洗面器でウンチを受けつつ、お水でぺろんぺろんと大まかに剥がしてもらいます。急いでるときや、どうしてもはがれないときは古歯ブラシで上部から剥がすとうまくいきやすいです。洗面器の水をそっと排水口に流し、ウンチはトイレやコンポスト等へ。洗面所に薄手の雑巾があると、洗面器の底をさっと拭えて便利です。   ※洋式トイレの水につっこんで洗っちゃう!って人も。すご〜い。

(4)まだウンチ色に染まってる布おむつ。流水の下、古歯ブラシで上から下にこすったり、両手でもみ洗いしたりして、ウンチ成分をほとんど落とします。最後に石鹸をこすりつけ、ウンチ面を下にして洗面器に入れ、ひたひたの水に浸け置き(色がよく落ちます)。洗濯の前にザブっと手ですすぎ、おしっこオムツと共に洗濯機へ。


★固形ウンチ★
固形食をあげる比率が高くなると、ウンチも固形になって、母乳育児もほっとひと息。

(1)・(2)同上。ウンチはトイレやコンポスト等へ。

(3)布おむつにまだついてる汚れは上記(4)のとおり洗い、落ちきらなければ浸け置き。おしまい♪

※下半身スッポンポンでお庭で過ごすと「立ちウン」するので、おむつ洗いの負担が減ってすごく楽になりました〜


IMG_0101baby.JPG

●帰省でも旅行でも

 三人目の長男を自宅出産してからは、紙おむつもおしり拭きも全く買わず使わず、お尻も布おむつもジャブジャブつるーん!と洗って育ててきました。おむつなし育児(前号参照)もしているおかげでおしめが汚れることは少なく、とりあえず布と水さえあれば大丈夫。車内や旅館に広げておけば、カラッカラに乾いて大助かりです。

おむつ愛がありすぎてなんだか収拾つきませんが、そろそろ終了。
布さえあれば始められる布おむつ生活、よければお試しください〜。


※暮らしのトライ&エラーを時々、blog『雑草屋の嫁日記』に綴っています。「布おむつ」のタグをつけた記事に、おむつかぶれのこと、布おむつの日々などを記録しているので、何かご参考になれば嬉しいです。

・・・・・・


関連記事:布おむつ
posted by miya at 01:03| Comment(0) | 自然育児の会連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

なんとかかんとか

大変ご無沙汰しております。雑草屋の嫁です。

IMG_4728typhoon.JPG

台風19号で被害が大きかった、茨城県大子町。

IMG_4852typhoon.JPG

なかなかブログを書く気になれず、
10月の終わりになってやっと近況報告です。


我が家は、子ども4人と私の計5人が
街にある大きな施設に早めの自主避難をしました。
(夫は家の雨漏り対策などで家に残りました)

IMG_4729typhoon.JPG
(台風のあとで次女が描いた絵は、水に浸かった町)

しかしだんだん周囲が冠水していき、夜中に移動の指示が出て、
車のある人はより高いところの避難所へ、
車のない人(私たちも)は、1階から2階へ。

IMG_4637hinanzyo.JPG

最悪の事態も考え、2週間分の食料と荷物を持ってきていた私。

荷物も寝具も子どももすべてを、
寝ている子ども達を起こさぬよう次々と運んだとき、
火事場の馬鹿力というものを感じました。


幸い、避難した私と子ども達も、家を守った夫も、それぞれ無事でしたが
大子町はかなりの水害(※まとめサイトに飛びます)がありました。

積み上げてきた暮らしが丸ごと流されたような光景が多々あり、胸が痛いです。
普通の暮らしができることも、気が引けるほどに・・・。

IMG_4695kids.JPG

夫は地域おこし協力隊なのもあって
災害ボランティアセンターの業務にかかりきりに。

復旧に関わる多くの方々がこの半月ほど、
心身をすり減らしつつ頑張ってこられたように思います。

IMG_4698kids.JPG

少しずつ少しずつ・・・

復旧してきた場所、まだまだ手が足りない場所、
さまざまで・・・

義援金の受付も始まりました。
ふるさと納税からの支援もできるそうです。

災害ボランティアも継続して受け入れています。

IMG_4727typhoon.JPG

しかし、その一方で。

秋の大子町は、紅葉にりんご狩りにと
観光の一番盛り上がる季節。

「被災地」であると同時に「観光地」なのです。

自営業率がとても高いので、
観光に来てくださることが町の元気に直結すると感じます。

IMG_4758ringo_gari.JPG

我が家も、夫は仕事を休めませんでしたが
いわきの義実家のみなさんと集まって、りんご狩りを楽しんでみました。

IMG_4781ringo_gari.JPG
(実はあるんですよ、自然派のりんご園が)

明るい陽射しの中、絵本の世界みたいに輝く
りんご、りんご、りんご・・・!!!

IMG_4773ringo_gari.JPG

ずっと仕事が大変な夫、後追いが激しい次男、ますます滞る家事。

鬱々として負のスパイラルが加速していた私ですが
夢のようなりんご園の光景に、ずいぶん明るい気持ちになれたのでした。

IMG_4753apple.JPG

これから少しずつ、生活と気持ちのペースを整えてゆきたいです。



* * * まかない日記 * * *

長女が小学校に行くようになってほぼ半年。
なんと、虫歯がいくつもできていました(涙)。

給食にかなりお砂糖が入っているため(お米と牛乳以外ほぼすべて!)、
歯医者さんの治療と共に、2週間ほどお弁当生活をしていました。
IMG_4337non_sugar_obento.JPG
お米だけは給食のをもらって、おかずを持参。
うどんやパンのときは手作りのものを持参。

献立表を見て、ちょっと似た雰囲気のおかずを作って凌ぎました。
アジの南蛮漬けの献立だった日は、大豆ミートと長ネギの南蛮漬けを。
IMG_4338non_sugar_obento.JPG
大豆ミートはぬるま湯で戻してきゅっと絞り、
甘酒と醤油、おろしにんにくなどで作る白崎さんの万能ダレで味付けしました。(この本です)

それからこんがり、長ネギと共に両面を油で焼いて、漬けダレ(醤油・酢・みりん・水)に漬けました。
これ、、、殿堂入りです。じゅわっとジューシーで、味もボリューム満点。


後追いが激しい上におんぶ紐を嫌がる次男坊のため、
なかなか台所に立てなくなってきましたが、
ちょこちょこ作り置きの調味料や常備菜を繰り回してなんとか暮らしています。

では、また^^
posted by miya at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする