2017年03月29日

寒い日は布団の中で

3月27日は、びっくりするぐらい寒かった。
真冬に逆戻りしたかのような、しんしんと迫る寒さ。

朝食後、なんだか次女がぐずぐず泣くなぁと思っていたら
「今日はさっみーなぁー」と言いながら夫が布団に直行して、
そのうち羨ましくなった私も布団にもぐりこみ
息子に授乳しながら二度寝。

長女と次女はリビングで遊んでいると思ったけど
次女は一人でとてとて歩いて寝室に向かい
夫の布団で一緒に眠り始めたらしい。

私は、息子のおむつ替えや授乳で時々起きるものの
あまりの寒さに布団に再びもぐりこんで
ぬくぬくと息子の体温でまどろみ始める始末。

結局この寒い日は、たまたま予定が何もなかったこともあって
長女を除く全員が寝室でこんこんと眠り倒し、
起きたらもう、夕方だった。

IMG_7012samuihiniha.JPG

どうして、あんなに眠かったんだろうね。

IMG_6874samuihiniha.JPG

夕闇の気配で花弁を閉じる
春の草花のように。

IMG_6882samuihiniha.JPG

重さでじっとうつむいた、椿の花のように。

IMG_6741samuihiniha.JPG

薄暗くて、寒かったから
霜でしおれる新芽のような気分だったな。


起きてみたらもう夕方で、一応は母親らしく
「あーあ、今日なんにもしてない」
とため息をついてみせたけれど、

夫からは
「なんて幸せなんだ!
 みんなでずっと寝ていられたんだよ!」
と満面の笑顔が返ってきた。


この寒かった日について、後日いろんな友人が
眠くてたまらなかった、気だるかった、と話していたので
きっと、そんな日だったんじゃないかな。

新月の前日ってことも関係があったのかもしれないけど。


春に向かって弛みはじめていた身体が、
急な寒さに萎れるあの感じ、布団にこもっていたいあの感覚。

ずっと眠っていた我が家は、身体にとても正直だった、ということにしよう。


翌日からは、また春らしい暖かさが戻ってきて
庭のムラサキハナナが、今年も美しいお花畑になりつつある。
IMG_6722samuihiniha.JPG

一年で最も花の溢れるこの時期。
うちに遊びにきて、ひなたぼっこでもしていらっしゃいな。
IMG_6730samuihiniha.JPG


関連記事:
原始のリズム 雪見と暖房なし生活



* * * お知らせ * * *

のんびり暮らしの雑草屋とはいえ、
いよいよジャガイモの植え付けラッシュが始まりました。

明日から2日間、LONOFerさんが滞在予定。
畑で語らいながらの自然農体験、みなさんもいかがでしょう♪
lonof_ban.jpg
自然農の農作業体験LONOF(ロノフ)、絶賛大募集です!




* * * まかない日記 * * *

つくし農園の集合日だった18日土曜日。
娘たちに最後のふきのとうをかき集めてもらい、天ぷらにしました。
IMG_6762yasou_kakiage.JPG
奥から、ふきのとう、ごぼう、次女が摘んできた雑草のスイバ。
スイバはアカザ科だっけな、ほうれん草の仲間みたいなもんで、
春先の若芽はとっても食べやすいのです。

IMG_6887tendon.JPG
翌日は長女に庭のミツバをたっぷり摘んでもらい、
田んぼで集めたセリと、2種類をかき揚げにして、天丼。

他の野菜も具も一切なし。
セリのみ、ミツバのみの天ぷらをごはんにのっけて、
簡単にかえし(みりん+醤油+水+塩少々)を煮立てて天つゆに。
いい具合に発酵が進んだ白菜漬けをつまみつつ、天丼をハフハフ。

小さい子にはハードな内容ですが、さすが我が子たち、大喜びで食べてました。
食べ物に、春の恵みに、感謝感謝。
posted by miya at 23:42| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ゆるゆる期

しんどいなー、眠たいなー。
何もしたくないなー、身体が重いなー。

そう思っていたら、今日は満月でした。

IMG_6682yuruyuru.JPG

満月だから、という言い方をしたいわけではないのですが、
大きなうねりの上下をイメージしたら、
ゆっくり休みたいのもうなずける。


朝は夫が起きられず、昼は私が起きられず。
だってもう、布団で泥のように眠りたい。

あー、そっか、満月なのね今日は。
と気付いたのは、お昼もとうに過ぎたころ。

潮の満ち引きに身体を委ねるような気持ちで
午後は私がゆるっと、夜は夫がゆるっと、
なんとなく交替でゆるみながら過ごしています。

IMG_6659yuruyuru.JPG

昼と夜とがあるように、
冬と夏とがあるように。

身体や心、物事の変化なども含めて、
ゆったりとしたうねりの中に生きているのだなぁ、
と思います。


何でもやる気に満ちて、意欲満々であれこれ頑張るイケイケ期と、
なーんにもやりたくなくて、ずっと布団にいたいユルユル期。

どんどん人に会いたい外向的な時期と、
誰にも会いたくない内向的な時期。

前者を「ポジティブで意欲的な時期」と言ってしまうと
反対の状態が「ネガティブで無気力」みたいになってしまうので
ちょっと違う表現を考えてみましょう。

外に枝葉を広げる時期と、
じっと蓄えて根を張る時期。

自分を休める、癒す、熟成させる・・・
うんうん、そんな感じ。

だから、非生産的とか、無意味とかではなくて、
繭の中にいるような、必要な時間なのです、きっと。

IMG_6626yuruyuru.JPG

海から生まれたわたしたち。

太古のうねりは誰の中にも息づいていて、
うねりに敏感(正直)な人もいるけど、

鈍感な人もかなりいる現代では
正直者は、暮らしにくいのかもしれません。

IMG_6685yuruyuru.JPG
(手作りカレンダーについては夫がこちらの記事で語っています)


今日の雑草屋は、
夫婦が交代で布団にこもり、

ううぅぅ、とか、はぁあぁぁぁ、とか言いながら
何とか子どもたちの世話をし、用事をし、

でも本当はずっと布団にいたーい!という心の叫びを
それぞれが胸の中で許容してあげている、

そんな1日を過ごしました(笑)。

IMG_6683yuruyuru.JPG

1日の中で、1週間の中で、1ヶ月の中で、
もしかしたら数年単位で、一生の中でも。

イケイケ期とゆるゆる期があって、
それでちょうどいいんじゃないかな。

ゆるゆるな自分を許せるようになってきた、34歳の春です。






* * * お知らせ * * *

えー、ゆるゆる期のため、仕事はあまり進んでいませんが
昨日はこぐま塾の小麦の部でちゃんと集合日を開催できました!

そして、ゆるゆる期のため、ぜんぜん宣伝していませんが
明日はマインドボディヒーリング講座の平日赤ちゃん連れOKの日です!

170313MBH.png
花粉も腰もまとめて体質改善・マインドボディヒーリング講座F


さらに、ゆるゆる期のため、ぜんぜん宣(以下略)、
WSyotei_ban.jpg
3月29日(水) 特別企画「自然体リトリート 〜身体と大地が溶け合う時間〜」
4月1日(土)「身体と心」
 ※詳細はそのうちお知らせします^^;



* * * まかない日記 * * *

白菜1個を四つ割りにして、塩・柚子・唐辛子・水で白菜漬けに。
IMG_6379hakusaiduke.JPG

3〜4日で食べごろを迎えたら、いっきに食べまくります。
IMG_6453hakusaiduke.JPG
おかずに、お弁当に、おもてなしに、おつまみに。
あまり日持ちはしないけれど、あるだけで嬉しくなる、ちょっとした発酵食品です。


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 23:30| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

何もしなくてもいいんだよ

sugiyukuhibiIMG_4815.JPG

あれを書こう、これも書こうと思っているのに
昼間に時間が取れず、夜は赤子が起き、
なんだかじわじわと時間が無くなってきました。

冬に家にこもっていると、気分が塞ぎがちで
何をしたらいいのかわからなくて
何もかもが嫌になって、
自己嫌悪の日々を送ることがあります。

sugiyukuhibiIMG_4827.JPG

でも本当は簡単で、
畑や庭に出て、陽に当たって、
植物に触れて過ごすと、元気を取り戻します。

sugiyukuhibiIMG_4874.JPG

赤子がいる今は、時間が限られるものの、
自分ひとりになれる、特別の場所に行くのも大事。

sugiyukuhibiIMG_2560.JPG

とりあえず、
子育てで分断されると困るような、
集中しないといけない仕事は諦めて。

娘たちと一緒に豆の選別をしたり、
長女と料理したり。

いや、スッパリ諦めきれないからこそ
決意表明というか、
現状を肯定する記事を書いているのかもしれないのですが。


sugiyukuhibiIMG_4755.JPG

気付けば息子はもう5ヶ月で、
お座りや寝返りに挑戦中。


sugiyukuhibiIMG_4959.JPG

2歳8ヶ月の次女は、
高いところに上がるのが上手になるなど、
日々、色んな能力がめきめき音を立てて開花中。


sugiyukuhibiIMG_4366.JPG

7歳の長女はぐっとお姉さん度が増して
妹弟の世話や家事は割と気持ちよくやってくれるし、
料理や焚き火、和太鼓など、いろんなものに夢中になっています。


sugiyukuhibiIMG_4414.JPG

夫はお金を目的としない色んな活動を楽しんでいて、
それぞれが実りつつある感じ。


私は・・・

何かしなきゃいけない気がして、
でも家事と育児で何もできてないフラストレーションがたまって、
堂々巡りに陥っていたけれど、

「何かしてもいいし、
 何もしなくてもいいんだよ」

と夫がたびたび声をかけてくれたので
2週間くらいかけて、
やっと負のループから抜け出せそうです。


何もしたくないときは、何もしない。
しなくても誰にも責められない。
(責めていたのは、自分だったな・・・)
 
sugiyukuhibiIMG_4771.JPG

夫の昔のワークショップの記事に、こんな言葉がありました。


 何か有意義なこと、何か生産的なこと、
 何か、何か、何か、なんでもいいから、
 価値のあるものに人生を費やしたいと思うかもしれません。

 それではいったいあなたにとって、
 何が有意義で、何が生産的で、何が価値があるのでしょう。

 あなたが過ごそうとしているその余暇は、遊びは、体験は、
 あなたにとって本当に、必要なものなのでしょうか。


最近の私、まさにこの状態だったなと思います。
ううむ。


まだまだ低空飛行かもしれないけれど、
1日1日を、ゆるりと暮らそう。

動く元気がちょっと出てきたら、
やりたいこと、わくわくすることだけをやろう。



* * * お知らせ * * *

つくし農園にこぐま塾、
なかなかレポート記事も書けておりませんが。

今週末はつくしの今年度最終日となります!
つくし農園: 1月共同作業日【大寒】のお知らせ



* * * まかない日記 * * *

ごはんが少しだけ残ったときに夫が作ってくれるライスサラダ。
sugiyukuhibiIMG_4937.JPG
ザワークラウト、刻んだピクルス、黒すりごまとごはんを混ぜて、
刻んだコリアンダーを散らして完成。
使い切れないピクルスのアレンジレシピとしてもおすすめです。

お米をおかずに回して、この日は・・・
大好きなトレイルベーカリーさんのパンで朝ごはん♪
sugiyukuhibiIMG_4943.JPG
娘たちはパンは個人のお店で買うものだと思っているので
スーパーに連れて行っても、山積みになってるメーカー製の
菓子パンなどをねだってこなくて、助かってます^^

そして農園の共同作業で掘り出した菊芋♪
皮ごと丸ごと、水から煮たところに
作り置きのトマトソースを加えて、お手軽トマトスープ。
sugiyukuhibiIMG_4940.JPG
トマトの酸味を菊芋の甘みが包んでくれて、優しい美味しさでした!
ごちそうさまでした♪



※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 22:06| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする