2020年06月03日

気分が落ち込んでつらいときは

IMG_9095sanshou.JPG

ここ数ヶ月、緊迫した社会の流れとはまた別に
私たち夫婦もそれなりに気分の浮き沈みを(いつも通り)経てきました。

気分が塞いでいるとき、落ちきっているときは
室内でじーっとしたり、ウロウロしたり、パソコンいじったり、
布団を頭からかぶってみたり、ジメジメと過ごします。

でも、その状態が決して嬉しいわけではなく、苦しいのです。

自分で自分を許し、盛大に休息を謳歌するというのならまだしも、
何かから逃げよう避けようとする心持ちでいると、ジメジメがしんどい。

IMG_7272forest.JPG

気持ちは振り子のように数日のスパンで揺れるのですが、
家の中が停滞した空気で淀んでくると
他の家族もしんどく、ギスギスしてくるので、
気持ちいい日々が増えるといいなぁと、いろいろ試行錯誤しています。


例えば私は、朝日を浴びると元気に一日を過ごせるようです。

IMG_9311asahi.JPG

うまいこと次男を起こさずに布団から抜け出せて、朝一番に外に出て、
ついでにささっと、野菜が埋もれている場所だけ草刈りをして、
野菜の育ち具合にウキウキして家に戻る、という日なんか、とても調子がいい。

IMG_9317asatsuyu.JPG

結局は動物なので、人間だって
「光」や「草木」、「土」や「風」に触れることが大事なようです。

家にいて、パソコンばかりしていると
ついつい指先で思い通りの情報やものが手に入ると錯覚してしまうんですが、
外に出たとき、無数の生き物に囲まれると、
固まった芯がほぐれていくような感覚になるのです。

IMG_9174sky.JPG

東京で死ぬほど働いていた頃は、
通勤路も含めて目にする植物は駅前の低い植え込みだけで、
食事はほぼコンビニおにぎり、
それもデスクでキーボードを叩きながら詰め込んでいました。

たまにマンションの狭い台所で野菜を洗うと
野菜という生き物に触れただけで、
萎びていた心がじゅわっと潤ったことに驚いたものでした。

IMG_9185flower.JPG

それは窓から緑ばかり眺める田舎暮らしをしていても同じことで、
室内にずっといると、何もしたくない率が高くなるような気がします。

やはり動物としてお日様にあたり、風に吹かれ、草木に触れ、土を踏んで過ごす時間は
生き物としての生命力がみなぎるようなのです。

とはいえ、夫が外に出ると、見るもの全てがタスクの山に見えて
リフレッシュにならないみたいで、それは気の毒なんだけども・・・(涙)

IMG_9177sky.JPG

苦しいときは、
「人と人」や「お金」の世界だけを意識していることが多い。

そこからひょいと連れ出してくれるのが、
動植物や微生物など、あまたの生命たち。

IMG_9329tsutsuji.JPG

「たくさんの存在のなかの私」が、「自然のなかの私」が、
草や木や虫と同じように生きているんだなぁ、と感じる時間があると、

それまで息苦しさ、生きづらさにフォーカスしていたのが
ひゅぅーん、とズームアウトできるように感じます。

IMG_9176forest.JPG

満ちたり欠けたり、揺れ動いたり、心は波打つものですが。
ニュートラルな時期、凪の時間が増えると、楽なことも多い。

もしも、ずっと心が苦しいままで辛かったら、
自然に自分を丸ごと預けて、抜け出せばいい。

そう思うのです。

IMG_9011moon.JPG


後日追記:
 夫も思いを綴っています ⇒ 完全なる自由

関連記事:
 何もしなくてもいいんだよ ゆるゆる期 がんばらない たまには寝っ転がって
 十全(じゅうぜん) 〜まるごと認められる安心感〜


5月は小学校が週2日、午前登校になって
それでもまだ楽しく遊び暮らしていた長女10歳も、6月からいよいよ毎日登校。
宿題宿題とイライラしておりまーす><; あー気の毒!
IMG_9150C_cooking.JPG
白崎さんのお菓子の本のうち、材料が少ないものを選んで繰り返し練習しています。
「なぜそうするのか」の解説が極めて明確で、私も娘も大満足の一冊。


今日は半日ずっと泥団子を磨いておりました次女5歳。
ワンピースを片っ端から着て舞踏会をしてみたり、お花屋さんをしてみたり。
IMG_9146Y_hanakanmuri_one-piece.JPG

秩序期の傾向が著しい長男3歳は、
急な予定変更や見通しの立たないことに泣き崩れる日々。
お父さんみたいに甚平メインで過ごしていくらしいです。
IMG_9143A_zinbei.JPG

「こんなかわいい赤ちゃん、ほかにいないよねっ♪」と次女が絶賛する、笑顔全開の次男1歳。
お母さんにべったりで大変なときも、外に出してあげるとお互い開放的な気分になれます。
IMG_9497T_tanpopo_watage.JPG
男が産まれたら厳しく育てるんだ、甘やかさないんだと豪語していた夫ですが
長男、次男とまるで孫のように溺愛しています(笑)。

家庭保育と次女のホームスクールを充実させるべく
おうち周辺ワンダーランド計画、始動しました。

また少しずつご報告していきますね〜。



* * * お知らせ * * *

ひきこもり当事者および、元当事者、
人間関係など悩みを持つ方限定の「ただ居るだけでいい場所」、新月カフェ。
4ヶ月ぶりの開催です^^

6月14日 新月カフェVol.37 in つくば

これから少しずつ、各地でまた企画していけますように!



* * * まかない日記 * * *

雑草屋が例年以上に雑草を食べております(笑)。
春は最も雑草率が高いです。
IMG_9518zassou_teishoku.JPG
雑草定食!ごはんの上には常備菜の「つくしとよもぎの佃煮」。

「タンポポの葉っぱの炒め物」。
IMG_9521zassou_teishoku_tanpopo_itame.JPG
濃い目にオイスターソースやナンプラーで味付けしてみました。

同じくタンポポの葉っぱで、ゴマ和え。
IMG_9520zassou_teishoku_tanpopo_gomaae.JPG
自家製めんつゆに練りゴマを混ぜて、下茹でしたタンポポの葉を和えて出来上がり。

大量に自生するセリは刻んで卵とじに。
これまた大量に自生するミツバはお味噌汁に。
IMG_9519zassou_teishoku.JPG
お米も玉ねぎも、卵ももらいもの。
調味料と海藻しかお金のかかっていない、驚きの晩ご飯でした〜。ごちそうさま!
posted by miya at 23:41| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

畑デビューと種まきの日々

※お知らせ欄にコロナ対策の自然療法リンク集があります※


3月から4月にかけて、
雑草屋の畑仕事、ゆるやかに始動しております。

IMG_7911sumire.JPG

イノシシに壊滅的にやられた昨年の反省をいかして
今年こそは、電気柵を設置することにしました。

IMG_7889densaku.JPG

ひとつ残らず食べつくされたジャガイモも
今年は電柵に守ってもらいながら、早めの収穫を目指します。

IMG_7908potato_taneimo.JPG

この家に一年暮らしてみて、
地形の特徴もだいたい分かってきたから、

山からの水を流すための溝をきちんと掘り直して
畝の高さもあれこれ工夫しながら植えてみました。

IMG_7933potato_uetsuke.JPG

小さい子たちの楽しみを、と思って
5歳と3歳の畝を決めて、植えてもらいました。

IMG_7935potato_uetsuke.JPG

お世話してくれるかなぁ〜。


3月で1才になった次男坊は
ついにお庭デビュー、そのまま畑デビュー。

IMG_8034hatake_debut_doronko.JPG

土をモグモグ食べてしまいます・・・
腸内細菌は家族の中でも最強なんじゃないでしょうか。

裸足でアーシングして、もはや自然体リトリートだね。

IMG_8036potato_uetsuke.JPG


つくばでも、大子でも、古い家を借りて暮らす私たち。

木々は季節の巡りに合わせて
次々と花が咲くように考えて植えられていて、感心します。

シナレンギョウに、
IMG_7913shina_rengyou.JPG

シデコブシ。
IMG_7914shite_kobushi.JPG

名前を調べて名札をつけていこうと、図鑑とにらめっこ。
剪定のことも勉強しながら、うまく管理していけたらな。


「畑とイノシシ」関連記事:野草を食べればいいじゃない 秋冬野菜とイノシシの話



* * * お知らせ * * *

新学期がはじまったと思ったらすぐまた休校で、
ホームスクール生活が再スタートしたような気分。

長女も穏やかで朗らかで、楽しく過ごせているのでホッとします。

で、コロナにかかってもかからなくても、
やっぱりちょっとした風邪症状からきちんと家で手当てできれば一番いいと思うのです。

自然療法は穏やかな印象ですが、こと「肺炎」に関しては
西洋医学よりも積極的に治しにかかるので、家で早く治すに越したことはないはず。

何度もご紹介して恐縮ですが、気管支炎や肺炎のお手当てについての記事です。
「里芋粉」は一家にひと袋、買っておいて損はないと思いますよー!

⇒ 気管支炎を自然療法で治す

あとは、このご時勢、ドキッとしちゃう症状のあれこれに。
病院にかかるのも慎重になるからこそ、自然療法を知っておくと安心です。

⇒ 咳のお薬&煎じ方の基本
⇒ 喘息(ぜんそく)の治し方
⇒ 子どもの急な発熱は



* * * まかない日記 * * *

つくしが山ほど採れて幸せ〜。

子ども達がいっぱい摘んで、
はかま取りも済ませた状態で持って帰ってくれるので
母さん大助かりですよ。

よく洗って切ったつくしはお鍋にごま油をひいて炒めて、
くったりしてきたところへお醤油、みりん。
水分を飛ばしながらくつくつ煮詰めて、ときどきかき混ぜます。

汁の味はちょうど、でもつくしがまだちょっと苦いかなってくらいで火からおろして休ませて、
すっかり冷めて味がしみた状態で味見をしたら、またグツグツ温めて瓶詰めに。

IMG_7858tsukushi_tsukudani.JPG

どっさり作った「つくしの佃煮」。
小さい瓶に小分けして、しばらく楽しめそうです。

春の野草に感謝して。ごちそうさまでした♪
posted by miya at 14:54| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

幸せの達人

IMG_6419baby-T_standing.JPG

朝起きた瞬間から

冬の寒さをものともせず

ワクワクした顔で布団を飛び出し

家族みんなに笑顔で声をかけ

IMG_5621baby-T_kitchen.JPG

何かみつけるとすぐウキウキ

いいもの拾ったよーフムフム

何でも興味津々で

ひらめいた!とまた笑顔

IMG_5847baby-T_tsukuba_hatake.JPG

じっくりたっぷり堪能して

くよくよ引きずることはなく

ワーンと泣いたら気分スッキリ


意欲満々 歩むよ進む

やりたいことが いっぱいだ

一瞬一瞬 しあわせだ

毎日毎日 しあわせだ

IMG_5950baby-T_nunoomutsu_sentaku.JPG

赤ちゃんを見ていると、尊敬するほど幸せを見つける達人なんです。

余計な思考が自分を不幸にさせているんですよね。
あーーー 達人を見習って、私も幸せを満喫しよう。

合言葉は「赤ちゃんのような気持ちで」!


関連記事:今を愛しむ 小さいころみたいに 幼子のように



* * * お知らせ * * *

ひきこもり経験者、生きづらさを抱える方限定の
「ただそこに居るだけでいい」居場所、新月カフェ。

2月は大子町での開催!
茨城県北、福島県南、栃木県北の方々、お気軽にいらしてください。

⇒2月29日(土)新月カフェVol.36 in 大子町


そして、花粉症でお悩みの方向けに
「心身治癒法(マインドボディヒーリング)講座」を開催します(夫が)!

断言します、花粉症なんてただのストレスです!

気軽にワンコインで花粉症とお別れしましょう〜
自分のところで開催してほしい!という方、ご連絡くださいね。

出張開催について



* * * まかない日記 * * *

パン、いつもは自分でダダーッと作ってしまうんですが
扱いやすい生地ができたので、家庭保育の5才&3才にも成形してもらいました。
IMG_6351kids_kitchen.JPG

生地を全て均等に割ってから、それぞれ色んな形に。
こうすると見た目に関わらず量が絶対同じなので、ケンカになりにくい(笑)
IMG_6354breads.JPG
でもこんな小さいのはおやつ程度にしかならず・・・

本気でお食事パンのときは、もう天板いっぱいのフォカッチャなどを焼きます。
IMG_6370focaccia.JPG
地粉で600gくらい使うかな。これで5人前です。

同じ量でも型に入れるとこんな感じ。
IMG_6554naganegi_focaccia.JPG
薪ストーブで焼いた長ネギのフォカッチャ!塩もきかせて、美味しくできました。
ただ、ストーブ庫内に入れるにはパウンド型くらい細長くて高さのあるほうがいいな〜

地粉590gに小麦ふすま10gで、ほんのーり茶色っぽい生地です。
長ネギは甘さが出て大満足!でも1本じゃ少なかったな、贅沢に2〜3本練り込みたい。
IMG_6559naganegi_focaccia.JPG
実はこれも「もったいない料理」のひとつ。

薪ストーブの上にグリルパンを置いて、
(油をひく&垂らすやり方で)揚げ物→揚げ焼き→ソテー と、
三食くらいかけて使っていって、
最後にフォカッチャ生地を入れ、オーブンや薪ストーブ内で焼くんですよ〜。

油を排水に流さないのと、野菜のうまみ汁を活用しまくる「しりとり料理」なんです。
あー楽しかった♪ ごちそうさまでした!
posted by miya at 14:37| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする