2020年10月28日

ヘビの抜け殻と、土に還らない農業資材

IMG_4606hebinukegara.JPG

家の前の斜面では、見事なヘビの抜け殻に出逢う。

感嘆するほど美しい、新しい、ツヤツヤの抜け殻。
IMG_4603hebinukegara.JPG

発掘気分で丁寧に持ち上げ、坂道にまっすぐ伸ばして置いてみた。
IMG_4600hebinukegara.JPG
(写真は去年のもの。おそろいスモックで「こぐま組ごっこ」の最中だった)

この写真のとき、なんと長さは2m30cm。
夫の背丈よりもはるかに長い。

図書館で宮沢賢治の「竜のはなし」を読んだ直後だったから、
子ども達は「すごいねぇ、竜みたいだねぇ」「へびも痛いのかなぁ」なんて興奮していたっけな。

ryuu_no_hanashi.jpg
竜のはなし

宮沢賢治

自分の有害さを憂いて何もしないと決めた竜。
生きたまま皮を剥がれてもじっとしているその自己犠牲の心は、
死後、天上でお釈迦様になるのでした。



そういえば今年の春、崩れかけた納屋の周辺を片付けたときのこと。
IMG_8546totan.JPG
山になったトタン板を持ち上げるたびに
大小さまざまなシマヘビが棲んでいて

「ひゃあぁぁ〜〜〜
 ヘビのアパートだったのね、
 ごめんなさいね、どいてくださいな・・・」

と頼み込んで、ちょっとずつ退去していただいたっけな。


ヘビを見ると、種類に関わらずとにかく退治してしまう人が結構、多いのだけれど。

見分け方をよくよく知っておけば、
殺し合いなどしなくてもいいのにと思う。
(そしていまいち分からなければ近づかないこと)

IMG_8548hebi.JPG
(おめめパッチリ)

あのシマヘビたちが今年も、うちの茂みに隠れて、
長い身体をくねらせて脱いだんだなぁ〜。


つくばで住んでいた古い平屋でも、
大子町(だいごまち)の今の古民家でも、
畑や家の周りにはヘビが出るもので。

IMG_20160605_094618hebi_kyuuzyo.jpg
昔の写真を見ていると、2016年のヘビ救出の写真が出てきた。
(どうもシマヘビの子どもの模様のようだけど確信は持てない)

農業資材のネット(緑色)の切れ端を通り抜けた形のまま
大きく育ってしまったヘビ。

身体にネットが食い込み、ずいぶんぐったりしていたようで、
ノコギリでネットを切ることに。
IMG_20160605_094717hebi_kyuuzyo.jpg
(この過程でレーキか何かでヘビの頭を押さえた聞いたような?)


自然農の畑では基本的に、
「土に還る」自然素材のものだけを使うのだけど。

ここ数年は、お米や雑穀の苗代などで
スズメ対策としてネットを張るしかない状況になり
ホームセンターの目の細かいネットを使ってきた。

よその畑のネットのゴミが朽ちて紛れ込んだか、
自分達の畑のどこかに落ちていたのか、それは定かではないが
こうして生き物の命を脅かしているのを目の当たりにすると、気持ちが暗くなる。

IMG_20160605_095306hebi_kyuuzyo.jpg
(ネットがやっと切れたところ)


去年の秋は、まだつくばに通って田んぼをやっていたのだけど
遠距離移動の関係で、鳥除けネットの片付けを中断したことがあった。

張ったネットの回収はなんとかやって、畳んで丸めて紐でしばったのに、
そこから大雨に見舞われ、あちこち家族の送迎などしていたら
丸めたネットを車に乗せられず真っ暗闇になり・・・

物陰に置いてあるからまぁ大丈夫だろうと、
ネットを取りに行けないまま、土砂降りの夜を大子まで帰った。

その後、一ヶ月以上つくばに行けずにいたら
そのネットに鳥が数羽、絡まって死んでしまったと
現地のプレーヤーさんから知らされた。

今思い出しても、苦い記憶だ。


ヘビに話を戻すと、救助後のヘビには痛々しい跡があって
成長の過程でどんどん身体に食い込んでいっただろうことが想像できた。
IMG_20160605_095656hebi_kyuuzyo.jpg
その後、このヘビはゆっくり茂みへと消えていったそうな。


うちでは麻紐と篠竹、セイタカアワダチソウの枯れた茎などで
たいていの資材はまかなえているのだけれども。

農業資材のほとんどがプラスチックになった今、
特にネットの類は自分で編まない限り、土に還るものを用意できない。

だからこそ、
 農業資材を畑に放置しない、
 繰り返し使うように綺麗なうちに保管する、
を気をつけていきたい。


関連記事:
 これからの世界 ホームセンターに頼らないキッチンガーデン作り
 新聞紙で作る苗ポット 〜作り方とポイント〜 秋のスズメバチへの対処法

参考:
 身近なヘビの見分け方(外部リンク)
 この画像をデスクトップに保管してちょくちょく照会しています

IMG_4597hebinukegara.JPG

苗ポットは板製の苗箱と、新聞紙製の苗ポットに移行したいし
そもそも、移植に強い野菜は苗床を作ってのびのび苗を育てたらいい。

ネットをタコ糸で編む!というのにも憧れます。

ハンモックの要領で、ひたすら編み編み、なのかなぁ。
漁村の年配の人ならいい技術が残されているのかもしれないけど。

年に2回くらいしか使わない苗床用のネットなら、
一年あれば、スキマ時間に編める・・・のか・・・!?


理想と現実のはざまでゆらゆらしながらですが、
「土に還る」を軸に、色んなものを選んでいきたいものです。

IMG_2147kiiro__chiisai_hana.JPG



* * * お知らせ * * *

お手軽に、ワンコインで気になる症状を改善する勉強会。
リアル開催から、オンライン開催に切り替えました!

腰痛、四十肩、五十肩、ガサガサ指先、ヒリヒリ肌荒れ、
遠方の方、海外の方も、お気軽にどうぞー^^

10月31日(土)9時〜12時半
第3回マインドボディヒーリングWeb講座(心身治癒法)
〜腰も頭痛も花粉症も!まとめて体質改善!〜


そして、ひきこもり経験者・当事者の方、生きづらさを感じる方限定の
「ただそこに居るだけでいい空間」、新月カフェも。

10月31日(土)13時〜17時 新月カフェVol.40 in つくば
11月18日(水)13時15分〜17時 新月カフェVol.41 in 水戸

気になってはいるけど、心配で・・・という方は、
参加を迷われている方へ もお読みください^^



* * * まかない日記 * * *

ヨモギご飯、タンポポとマイクロトマトのサラダ、枝豆、ミツバと車麩のお味噌汁。
10月の実りがぎゅっと詰まった晩ご飯。
IMG_2205yasou_to_hatake_no_gohan.JPG

草が伸びっぱなしの場所ではなく、
草刈りしたりヤギが食べたりした場所だと、秋は、春とだいたい同じ。
野草が美味しい季節なのです。ミツバも勝手に茂ってくるし。

5月からずらし蒔きをした大豆たち、
特に早くから苗を育てた分は、ジャングルのようにツルぼけしてしまい、
莢は夏のあいだじゅう膨らまず、全滅かなと諦めていたのですが。

心配していたよりもたくさんの株が、
秋になるとみっちりプリプリに充実してくれました。
IMG_2470edamame.JPG
種が、自ら実りに達するのだなぁ。
ありがたいです。ごちそうさまでした!
posted by miya at 23:04| Comment(0) | 生き物のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

メスの子ヤギ登場&ヤギ運動場DIY -竹藪の改善も兼ねて-

嫁ブログでのご紹介が遅れに遅れましたが・・・

5月31日、
女優の中谷美紀さんみたいな子ヤギが来ました。
IMG_9647mesuyagi_mameko.JPG
魅惑のアイラインが印象的なメスの子ヤギ、豆子(まめこ)です。
どうぞよろしくお願いします^^


大所帯で暮らしていたのが一転、我が家にもらわれてきてからは
オスの麦太との二人暮らしになって心細いのか、くっついて離れません。

どうも人間が怖いようで、ぴょんこらぴょんこら逃げ回る〜!
なるべく抱っこして慣れてもらおうね、と家族で頑張っています。
IMG_9577mesuyagi_mameko.JPG
ですが、捕まった瞬間、唐突に大声で「メエーエ!!!」と叫ぶのは
2ヶ月経っても変わりません・・・(汗)慣れてくれよぉぉぉ

麦太のときみたいに、私たちが親代わりだよ〜、家族だよ〜、
としっかり伝えてから飼い始めたら良かったのでしょうか。うーん。


麦太にぴったりついて過ごさないと不安がり、大きな声で啼くため、
二頭が自由に動き回れる運動場を数箇所作ることにしました。

狙うは、篠竹の竹藪で覆われたエリア。
元が畑だったとは到底信じられない、高さ2mほどの竹藪でした。

竹は、春夏に刈るとどんどん新芽が出てきてしまうのですが
特に冬にしっかり刈っておくと、勢いが衰え、ぐっと管理しやすくなるのです。

夫が猛然と刈り払い機を振るって
秋冬に篠竹を地ぎわから刈ってあった場所は、
春になって、雑草がたくさん茂ってきていました。


ヤギは竹の新芽を食べてくれるので、一年〜二年で竹は生えなくなります。

篠竹のヤブを改善したいエリアにあちこち小さめの運動場を作っていくことで、
ヤブ刈りの労力を減らし、かつヤギたちのQOLも向上する・・・

まさに、パーマカルチャーで言うところの
「スタッキングファンクション(多機能性)」♪

IMG_8084.JPG

近所の材木屋さんから廃材をたくさんもらってきて、
杭を打ち、交互に材をわたして、とりあえず運動場がひとつ完成!
あとで日除けのタープもつけてあげました。
IMG_9637koyagi_playground_DIY.JPG
簡易の作りなので横棒が多めです。
いずれは縦棒が多めの高い柵を作らなければと思っています。

ヤギは高いところが好きなので、お立ち台も設置しました。
IMG_9645koyagi_playground_DIY.JPG
このくらいの面積だと数日で草をぜんぶ食べ尽くすので、
また別の場所に運動場を作ってローテーションしていきたいと思います。

雑草にまぎれてちらほらと生えてくる竹の新芽もしっかり食べてもらえそうです。


豆子はぴょんぴょんと飛び跳ねて逃げ回るので
小屋に戻すときのために、首輪&鎖をつけたまま入れていました。
IMG_9649mesuyagi_mameko.JPG
今は私たちが捕まえ慣れてきたので、放つときは放ち、
捕まえたいときは麦太を移動させて、自分でついてきてもらうようにしています。

麦太は人懐っこくて寄ってきてくれるので、本当に楽。
IMG_9653osuyagi_mugita.JPG
麦太が大きくなると、この高さも駆け上ってしまうのですが、まずは時間稼ぎ!
子ヤギのうちはこれでよしとしましょう。

夏になっても豆子は懐かなくて、まだまだみんな苦戦中。
IMG_9679mesuyagi_mameko.JPG
もうちょっと仲良くしてね〜><;


「ヤギ」関連記事:キビ太の夭逝 アワ子の天寿 子ヤギ登場&ヤギ小屋DIY


おまけ。
豆子そのものみたいな、子ヤギの絵本です。

koyagigameemee.jpg
こやぎが めえめえ

田島 征三 作・絵

この絵本を初めて読んだ頃は、私はまだ子ヤギの生態を知らず
「こやぎがぴょん」って、そんな跳ねることないでしょ、って思っていましたが。
跳ねるんです、本当に、高く、ぴょんって!!!




* * * お知らせ * * *

最近の更新情報をまとめてご案内します。

-毎日が「自然農」-
  完全なる自由
  笑う門には

-マインドボディヒーリング講座-
  参加後の感想15(腰痛、ドライアイ)

-森と川、田んぼと畑の「こぐま学舎」-
  「こぐま塾」が「こぐま学舎」に変わります

つまりは、常識に縛られず、医者や学校に丸投げせず、
自然の素晴らしさに寄り添って楽しく生きていこう!っていうこと。



* * * まかない日記 * * *

4月に植えまくったじゃがいもを
掘りまくり、洗いまくり、食べまくっております。
IMG_0055potato.JPG
フライドポテトはお庭のオレガノと塩、胡椒が鉄板の組み合わせ。

時にはカレー粉でスパイシーに。
IMG_0306potato.JPG

ズッキーニはジューシーなので、ごちそうおかず扱い。
IMG_0307zucchini.JPG
グリルして、塩、胡椒、イタリアンパセリを散らして。
IMG_0303potato_and_zucchini.JPG
トマト煮の赤、ポテトの黄、ズッキーニの緑に歓声が上がった夜。

外食チェーンに行かないし、お菓子は買わないので
子ども達はフライドポテトもポテトチップスも、本で読むだけの存在でしたが
この夏は続々、ごはんのおかずとして登場〜。
IMG_0311potato.JPG
油が美味しいからいくら食べてももたれなーい^^
廃業してしまった平出油屋さんの低温圧搾なたね油を買い集め、大事に使っています。

良い職人さん、良い企業が続かないことが本当に悔しいですが
こんな廃業が続かないよう、よい作り手さんから買い続けることを心がけています。

さまざまな方に感謝して。。。ごちそうさまでした!
posted by miya at 22:38| Comment(0) | 生き物のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

アリとの共存

このたびの九州の豪雨被害、心からお見舞い申し上げます。

九州には何人かお友達がいるので、どうしているかなと・・・
でもこんなときは連絡も殺到しているだろうし、連絡も憚られます。

全国でこれ以上の被害拡大が出ないことを祈るばかりです。

IMG_0159ari_no_sudukuri.JPG

※テーマがアリですが、苦手な人のために、
 虫の写真は載せませんのでご安心ください。

 その代わり、写真は6月の結婚記念日のお出かけから。

IMG_0120kuwanomi_cookingschool.JPG

春夏になってくると、台所にアリが出ます。

ちょっと前は洗面所を偵察していたけれど、
今はシンク周りにご熱心です。


以前の私は潔癖症だったので、家にアリが出ると
「アリがぁぁぁ」と嫌な気持ちになって、
アリの巣コロリのような薬剤を設置することも多かったなぁ。

実家も義実家も、もれなくそうだし、
屋内のアリを放置する人は少ないのではないでしょうか。

特にいつぞやのヒアリ騒ぎを商機とばかりに
ホームセンターやドラッグストアには
これまでよりも大きなアリ駆除剤コーナーが作られ、
以来アリの駆除はますます盛んになったように感じます。

IMG_0122kuwanomi_cookingschool.JPG
(大子町に移住してからの結婚記念日は、桑の実さんという料理教室を訪れることにしています)


さて。

雑草屋の嫁となってからの私は、
スズメバチだのシロアリだのカメムシだの、
さまざまな虫との共存や回避方法を毎年、
出現シーズンごとに、試行錯誤を重ねてきました。

IMG_6964kiirosuzumebachi_su.JPG
(冬にはキイロスズメバチの巣は空になって落ち、2月にはサッカーボール代わりに蹴られていた)


そしてアリについても、「共存」という対応が見えてきました!

無限に存在するアリを、敵視することなく
心穏やかに暮らせる人が増えることを願って、共存のコツをまとめます。

IMG_0128kuwanomi_cookingschool.JPG
(ピカピカのブルーベリーを一緒に収穫させていただき、大喜び!)


◆家中がアリだらけになることはない

アリへの嫌悪感や恐怖心に支配されないことが大切です。
だって、アリは家の中に巣を作る訳ではないのですから。

ただし、甘いものを家中に撒き散らしてある場合は別。
家をそこそこ心地よく保つキッカケを与えてくれる存在だと思います。

IMG_0124kuwanomi_cookingschool.JPG
(見事な桑の木から、おいしい桑の実を子ども達に採ってくださる素敵なご主人)


◆アリのエサを放置しない

甘いもの、油もの、チーズ等を放置せず、密封するのがポイントです。
柔らかい炊きたてご飯の甘さも集客力があるので、子どものエプロンなどは要注意。

ドライフルーツや切った果物が乗ったままのお皿があれば、密閉容器へ。
砂糖や蜂蜜、油のビン、粉チーズの容器なんかはフタを布でキュッと拭いて締め直す。

また、新生児が飲む母乳(初乳)をはじめ、
新生児期は特に飲める量が少ない分、濃厚で甘い特別な母乳が分泌されるため
赤ちゃんの顔まわり、お母さんの胸元などは濡れ布巾で授乳のたびに拭くのがおすすめ。

うちの歴代の赤ちゃん4人、いずれも春夏生まれのため、
もれなくアリがやってきましたよー><;
母子の服や寝具のタオルもこまめに替えていくと安心です。

IMG_0080kuwanomi_cookingschool.JPG

◆偵察部隊を見かけたら

「あら〜、ご苦労様です〜」と声をかけ、ポジティブスイッチをON。
アリが好むものがオープンになっていないかを即座にチェック。

偵察部隊の来訪は、片付けのチャンス。
袋が開いたままの甘いもの、香りのいいものもきちんとしまって。
家もなんだかすっきり、ありがとうアリさん。

ちなみに夜勤の偵察アリもいるので(シフト制?)、
晩酌後のお片づけもしっかりと。

IMG_0099kuwanomi_cookingschool.JPG
(子ども達が夢中になったちびっこBar。机も椅子も丈夫で可愛い!こんなの作りたいなぁ〜)


◆アリの行列ができてしまったら

運悪く、偵察部隊にオイシイものを見つけられてしまうと
アリの巣まで道しるべをつけ、大勢で行列をなしてご訪問されてしまいます。

行列の目的地(ターゲット)が今すぐ使う必要がないものだったら
1〜2日そっとしておけば、運び尽くして行列は自然に解消します。

今すぐ使いたかったのに!!という場合は
覚悟を決めて、ターゲット物品を外へ。

外に出したターゲット上では帰り道を見失い、
屋内の行列はターゲットを見失い、それぞれ混乱が生じるので
隊列が崩れたところからいらない布で水拭きして道しるべを消します。

アリが散り散りになったターゲット物品は
残りのアリをぱっぱとはたき落として水拭きをしたらOK。
それも嫌なら、外に2日も置けば、一匹もいなくなります。

IMG_0131Daigo_kawa.JPG
(冒頭のアリの巣の写真は、この砂利敷きの道に無数にありました)


ただし砂糖や粉チーズなど、粉末の中に
ぎゅうぎゅうにアリが詰まっていたら・・・諦めるほうが得策(涙)。

実家にいた頃、どうしても粉チーズが使いたいのに
容器の中までアリが詰め掛けていたのを見つけたときは悪夢でした〜

乾いたタライに中身を全部出して、アリをお箸で取り除いて外へ出し、
異常な執念でカルボナーラを作って食べましたが!
家族には嫌がられ、一人で食べました^^;

IMG_0094kuwanomi_cookingschool.JPG
(長男のとろける笑顔!桑の実さんのお料理に夢心地でした〜)


◆薬剤で殺すことはより大きな害虫を招く

アリを見つけるたび、アリの巣を見つけるたびに
薬剤のワナをしかけたり、薬剤を巣に注ぎ込んだりする人もいるけれど
それは「絶対にやめたほうがいい」と断言します。

まず、その薬剤を
誤ってペットや家族(お孫さん)が食べたらどうなるか。

そのアリがいるおかげで駆除してもらっていた、
シロアリなどのさまざまな虫が急増するけれど、いいのか。

より噛む力の強いアリが縄張りを広げてきても、いいのか。

アリがいなくなることで、アリだけでなく
さまざまな不快害虫を捕食してくれていたクモや爬虫類が減ってしまい、
結果、害虫遭遇率が上がるけれど、いいのか。

私は、毒でもって何かを殲滅し、生態系のバランスを崩すことは、
本来する必要のないことで、別の方法がきっとある、と考えます。

IMG_0117A_oekaki.JPG
(長男が描いた、お父さんの絵。いつも下から見上げているから、こんなにヒゲだらけなんだね)


◆他者を排除する発想そのものを変えていこう

人類の長い長い歴史上で、これほど人間中心な思考で
他の生物を追いやる経済活動を展開する時代はなかったでしょう。

スイッチひとつ、蛇口ひとつ、指先スイスイっと、で
全てを管理できるかのように錯覚してしまうほど便利な暮らしのせいで、
ついつい忘れてしまいそうになる、大事なことがあります。

豊かな生態系、多様な植物相なしには、人の暮らしも維持できないのですから・・・
他者を排除し続けると、最終的には人類が困窮することになるのです。

IMG_0116Y_oekaki.JPG

最後にはなんだか話が大きくなってしまいましたが!
アリとの共存について、でした〜。


ちなみに、虫や草を敵としない自然農を営む雑草屋ではありますが、
虫を一匹も殺さない暮らしではありません。

蚊とかブヨ、ムカデへの対応はもうちょっと普通です。

まーそれもだんだん寛容になってきて、
いつも5月には作る虫除けスプレーを、
ついに7月になるまで作り忘れましたけれど。ふふ。

IMG_0146yuugao.JPG


「害虫」関連記事:アリは何の害もないんですけどね〜^^;
 秋のスズメバチへの対処法 小さな隣人たち(&秋の草花メモ)

子ども達と虫の交流記事はこちら:
 小さなおともだち 壊れやすいもの2



* * * お知らせ * * *

茨城県つくば市で6年にわたり、
自然派の親子が集まって過ごしてきた「こぐま塾」。

大子町(だいごまち)への移住によるお休み期間を経て、
名前もちょっと変わって、
のんびりマイペースに再開しまーす。
IMG_0136koguma_gakusha.JPG
「こぐま塾」が「こぐま学舎」に変わります  -森と川、田んぼと畑の「こぐま学舎」-




* * * まかない日記 * * *

まかなってませんが(笑)、桑の実料理教室さんでのお料理〜^^
IMG_0085kuwanomi_cookingschool.JPG
毎月、テーマごとのお勉強会が開催されています。

持って帰ったレシピでなんとか近いものを再現・・・できるかな・・・!?

あんまり美味しいのと、ご夫婦がとっても仲睦まじく素敵なので、
もう、毎月通おうか〜!と話しています。

桑の実さん、いつもありがとうございます。
ごちそうさまでした♪

IMG_0115kuwanomi_cookingschool.JPG
posted by miya at 14:34| Comment(0) | 生き物のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする