2016年01月08日

正月飾りとお年玉

思えば冬至の日は、私が体調を崩して寝込み、夫は出張で
長女の大好きなゆず湯も、冬至かぼちゃもなし。

その日が冬至とは知らないままに
近所へ遊びに行った長女は、帰るなり寝室へ寄って

「あのね、今日はかぼちゃを煮て食べて、
 ゆずのお風呂に入る日なんだって。
 裏の畑のおばあちゃんが言ってたよ・・・」

とぽつりと呟いて、
あぁ、ショックだったんだなぁ、と思って聞いていた。


それもあって夫は年末、体調を崩したにも関わらず
長女と一緒に門松をこしらえたんじゃないかな。
P1100464kadomatsu.JPG

即興で、お月見飾りのときと同様にワイルドな夫の飾り付け。
P1100508kadomatsu.JPG
夫はこうしたことへの思い入れを
明確に言葉にして表現できる人なので、羨ましい。(→「手で祝う」)

あったかい春みたいな陽気でひとつだけ咲いた梅の花が
ほのかに香る。
P1100465ume.JPG


そうして迎えたお正月。

おせちとおでんをゆっくり食べて、
届いた年賀状をみんなで読んで過ごした。
P1100496nengajo.JPG

もう年賀状が迷惑だろうか、と遠慮した人たちから
思いがけず結婚・出産・転居のお知らせなどが届いて
嬉しくなり、いそいそと筆を取る。

再婚の際、人によってはいろいろと言われて苦しんで、
それだけが理由ではないにしろ、
FacebookなどのSNSを個人的にはやめてしまった。
(仕事では使っているけど。)

友達やお世話になっている方々とのご縁というものが、
手軽に、簡単に、常に等しく共有されている状態から脱することで
一度明確にクリアになって、すごく楽になった。

もちろん年賀状は、
そのやりとりがしたいタイプの人と、そうでない人がいる。

気持ちよく年賀状を交わせる人や、それでも便りを走らせたい人に、
私は相変わらず、でもちょっと自信なく、送っている。
夫曰く「気にしすぎ・考えすぎ」らしいけども。うーん。


さて。
ネクラな自分から目線を変えて、お年玉の話をば。

うちのお年玉。
P1100497otoshidama.JPG

夫が書斎でゴソゴソやってるなーと思っていたら
しっかりお年玉の用意をしてくれていたのだった。

P1100500otoshidama.JPG

こまめに古本屋でいい絵本を見つけてはストックしている夫。
長女にはお年玉を機会に、シリーズものをどどーんと進呈した。
P1100502otoshidama.JPG

3歳〜5歳の頃は、伝記も図鑑もあまり興味が持続しなくて、
好きじゃないんだなぁーという印象だったのに
6歳の今、意外なほどに大ヒット。

明けても暮れても伝記、伝記。
何か気になれば図鑑、図鑑。

茨城の民話シリーズも、暮らしの中で目にする地名に
関心が向き始めた今、なかなか楽しんでいる。


その子に必要なタイミングってのが、あるんだね。
またひとつ学ばせてもらった父と母でした。



* * * お知らせ * * *

明日はつくし農園の1月集合日ですよ〜〜^^
体力もつかなー!?

プレーヤー&聴講生のみなさん、畑でお会いしましょう♪

2月からの新年度お申し込みもお待ちしております!
16tsukushi_ban1.jpg
自然農のある暮らし、始めませんか?
2016年度プレーヤー募集開始!




* * * まかない日記 * * *

まかなっていませんけども。
美味しい外食@ナチュカフェの思い出を。
P1100570nachucafe.JPG

写真は大人用だけど、
「お子様ランチ」もきちんとしたお料理なのが
ナチュカフェの素晴らしいところ。

多くの飲食店では「残されると困るから」と、
揚げ物(冷凍食品含む)3種&パスタ&プリンやゼリー、
あるいはホットケーキプレートランチ、
といった非常に残念なお子様ランチが溢れている。

脂と油と砂糖と化学調味料で
どーだ!子どもたち大好きでしょ!みたいな・・・。

だから、子どもにまともなものを食べさせたい親としては
きちんとした食事を出してくれるお店って、尊敬します。

さすがナチュカフェさん、新年早々大賑わい。
(というか、大勢で押し掛けて申し訳ありませんでした・・・)

とっても美味しかったです!ごちそうさまでした!!
posted by miya at 13:33| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

トマトの終わりの季節には

秋の冷たい空気に、トマトの終わりのスイッチが入った。
ぽろり、ぽろり、熟し度合いに関わりなく実が落ちる。
P1080690tomato.JPG

1歳半の次女は、トマト収穫に夢中。
枯れモードに入ったトマトは、面白いほど簡単に取れる。
P1080689tomato.JPG

畑に行くたびに、せっせと親子で収穫する。
根元に落ちている青いトマトも拾い集める。
P1090067tomato.JPG

わぁー。きれいやねぇー。
P1090068tomato.JPG
熟しきれないトマトは、青いトマトもオレンジ色のトマトも
全部チャツネにしよう。


初めてのチャツネ。作ってみれば案外簡単でびっくり。

立派なスパイス類は揃っていないけど、
クミンシード、黒胡椒、ペッパーミックス、
冷蔵庫にあった粒マスタード。
あとはなたね油とトマト、塩、ハチミツ。

圧力鍋に、油とマスタードとスパイスを入れたら
弱火でグツグツして香りを出して、
そこに未熟なトマトたちをどどーんと入れて、
少しの塩と、そこそこのハチミツを加えて加圧。

後は煮詰めるためにフタをあけて木べらでかき混ぜながら
弱火でコトコト、フツフツ。台所はカレー専門店の香り。

P1090347tomato_chutney.JPG
我が家のカレーライフがまた一段、ランクアップしそう。

ちなみに、鍋にこびりついたチャツネがもったいないので
そのまま野菜を放り込んで、カレーを作っています。
チャツネも添えて楽しもうかな〜。むふふふふ。


とっても素晴らしいイベントの後、一気に脱力して、
しかも雨が続いたから、家の中でゆるゆる過ごしています。

自由な教育ワークショップの感想は、またゆっくりと。


* * * お知らせ * * *

ひっそりのんびり、マイペースに準備中。
気になる方はどうぞご一緒に♪

meguru_kitchen_ban.jpg
捨てられる食べ物に向き合う「めぐるキッチン」、
11月13日(金)開催です。



* * * まかない日記 * * *

大鍋に、カボチャやキャベツや玉ねぎを入れて
水を入れて、沸騰したところへショートパスタ1袋全部。

そうやって次女でも食べやすい野菜入りパスタを量産しておき、
あとから色んな味付けで楽しむことが多いです。

これは・・・カレー味(笑)
P1090147dinner.JPG
右側のはカボチャとトマトのじっくり炒めを、ゴマだれで。

授乳の回数が減ってきたことだし、
そろそろ私は食べる量を落ち着かせようかな。

では、また^^
posted by miya at 17:46| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

お月見

9月27日の中秋の名月は、田んぼのネット張りの後だったから
もう疲れたなー、何にも作りたくないなー(特にお団子)、
そんな気持ちで夕焼けを見ていた。

しかし、相変わらず年中行事を大切にする夫は、
日中の疲れも何のそので、やる気満々。
長女にススキを採りに走らせた。


畑のバイオトイレ付近は、背の高いススキを意図的に残してあり
周囲からの目隠しになっている。

隣接する芝畑のご夫婦も、いつもは雑草憎しと
強烈な除草剤をこちら側にもかかるほど散布するのに
この日はうちの畑からススキを刈っていったそうな。


ススキは高さが2メートル半ほど。
悪戦苦闘したらしい長女が、やっとススキを5本持って戻ってきた。

夫はそれを受け取り、さらに田んぼの周囲に生やしてある雑草で
雑草屋風のお月見飾りを仕立てていった。
P1070744otsukimi_kazari.JPG
野趣あふれる感じ、夫そのもの!


お月見団子を作ろうにも白玉粉も団子粉もない。
夕方買い物に出ようと思っていたけど、もうヘトヘト。

夫が朝炊いてくれたごはんを搗いて
お餅団子にすることにした。

残りご飯をすり鉢とすりこ木で搗くと、
あっという間にお餅になった。

夫に訊いたところ、偶然にも
白米(ウルチ)3、自然農の緑米(モチ)2、自然農の赤米(モチ)1の
配合で炊いてあったから、半分はもち米なのだった。



長女に15個ぴったりに丸めてもらい、お月見の始まり。
数日前から折り紙で作ったと言うお月見団子&うさぎも飾った。
P1070749otsukimi_kazari.JPG

収穫に感謝するお月見。

ススキは、時期的に間に合わないお米の代わりだという。
確かに、うちはまだ稲の花がやっと咲き終えた頃。

でも慣行農なら、田植えや稲刈りが前倒しになっているおかげで
十分に稲穂をお供えできるということになる。


もちろん畑の作物も、ということで
きたあかりとアンデスレッドを蒸かして15個積み上げた。
P1070759odango_potato.JPG


私たちの身体は、間違いなくお月様とつながっているし
畑の野菜たちも、お日様だけじゃなくお月様の力も受けて育っている。

ぴかぴかと明るいお月様を眺めながら、
秋の虫たちの美しい声に耳を傾けながら、
家族でいろんな話をした。

平和に月を見上げられることも、
ありがたいことだと思いながら。


お月様にお供えしたあとは、食卓へ。
お餅団子は、夫特製のごまきなこをつけて食べる。
P1070760odango.JPG
白ごまをよくよく擂って、きなこたっぷり、塩少々、
それに「今日だけ特別だよ〜」とてんさい糖も加えた。

白すりごまを加えることで
香ばしさとジューシーさ、味の深みが加わって
今まで食べた中で一番おいしいきなこだったなぁ。


P1070762otsukimi_kazari.JPG

長女が折り紙に熟達しているのにも感心したし、
搗いたお餅を残すことなく、均等に15個に丸めたのも驚いた。

夫が行事を大切にするところも嬉しかったし、
しっとり静かにお月見の夜を過ごせたのは幸せだった。


うまく表現できないのだけど、
ハロウィンやクリスマスでは感じることのできない、
日本人の遺伝子が震えて懐かしがっているのを感じた。

深く呼吸をするような、瞑想するような、澄んだ心持ち。
つい毎日をせわしなく過ごしてしまう自分に訪れた、静謐な夜だった。


* * * まかない日記 * * *

庭のグリーンカーテンからとれるゴーヤも
そろそろ終盤。来年のために種採りも始めました。

P1070661dinner.JPG

肌寒くなってきたこの季節、きゅうりは煮て、あんかけに。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 20:51| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする