2015年10月01日

お月見

9月27日の中秋の名月は、田んぼのネット張りの後だったから
もう疲れたなー、何にも作りたくないなー(特にお団子)、
そんな気持ちで夕焼けを見ていた。

しかし、相変わらず年中行事を大切にする夫は、
日中の疲れも何のそので、やる気満々。
長女にススキを採りに走らせた。


畑のバイオトイレ付近は、背の高いススキを意図的に残してあり
周囲からの目隠しになっている。

隣接する芝畑のご夫婦も、いつもは雑草憎しと
強烈な除草剤をこちら側にもかかるほど散布するのに
この日はうちの畑からススキを刈っていったそうな。


ススキは高さが2メートル半ほど。
悪戦苦闘したらしい長女が、やっとススキを5本持って戻ってきた。

夫はそれを受け取り、さらに田んぼの周囲に生やしてある雑草で
雑草屋風のお月見飾りを仕立てていった。
P1070744otsukimi_kazari.JPG
野趣あふれる感じ、夫そのもの!


お月見団子を作ろうにも白玉粉も団子粉もない。
夕方買い物に出ようと思っていたけど、もうヘトヘト。

夫が朝炊いてくれたごはんを搗いて
お餅団子にすることにした。

残りご飯をすり鉢とすりこ木で搗くと、
あっという間にお餅になった。

夫に訊いたところ、偶然にも
白米(ウルチ)3、自然農の緑米(モチ)2、自然農の赤米(モチ)1の
配合で炊いてあったから、半分はもち米なのだった。



長女に15個ぴったりに丸めてもらい、お月見の始まり。
数日前から折り紙で作ったと言うお月見団子&うさぎも飾った。
P1070749otsukimi_kazari.JPG

収穫に感謝するお月見。

ススキは、時期的に間に合わないお米の代わりだという。
確かに、うちはまだ稲の花がやっと咲き終えた頃。

でも慣行農なら、田植えや稲刈りが前倒しになっているおかげで
十分に稲穂をお供えできるということになる。


もちろん畑の作物も、ということで
きたあかりとアンデスレッドを蒸かして15個積み上げた。
P1070759odango_potato.JPG


私たちの身体は、間違いなくお月様とつながっているし
畑の野菜たちも、お日様だけじゃなくお月様の力も受けて育っている。

ぴかぴかと明るいお月様を眺めながら、
秋の虫たちの美しい声に耳を傾けながら、
家族でいろんな話をした。

平和に月を見上げられることも、
ありがたいことだと思いながら。


お月様にお供えしたあとは、食卓へ。
お餅団子は、夫特製のごまきなこをつけて食べる。
P1070760odango.JPG
白ごまをよくよく擂って、きなこたっぷり、塩少々、
それに「今日だけ特別だよ〜」とてんさい糖も加えた。

白すりごまを加えることで
香ばしさとジューシーさ、味の深みが加わって
今まで食べた中で一番おいしいきなこだったなぁ。


P1070762otsukimi_kazari.JPG

長女が折り紙に熟達しているのにも感心したし、
搗いたお餅を残すことなく、均等に15個に丸めたのも驚いた。

夫が行事を大切にするところも嬉しかったし、
しっとり静かにお月見の夜を過ごせたのは幸せだった。


うまく表現できないのだけど、
ハロウィンやクリスマスでは感じることのできない、
日本人の遺伝子が震えて懐かしがっているのを感じた。

深く呼吸をするような、瞑想するような、澄んだ心持ち。
つい毎日をせわしなく過ごしてしまう自分に訪れた、静謐な夜だった。


* * * まかない日記 * * *

庭のグリーンカーテンからとれるゴーヤも
そろそろ終盤。来年のために種採りも始めました。

P1070661dinner.JPG

肌寒くなってきたこの季節、きゅうりは煮て、あんかけに。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 20:51| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

梅の土用干し

夏の土用を迎えて、暑さやら曇りやらを理由に
なんだかんだとの土用干しを後回しにしていたら
いよいよ残り時間が少なくなってしまった。

きちんと晴天が続くわけでもないのに、7月末、
焦って庭へ梅を並べ始める。

・7月28日(1日目)
P1060186umeboshi.JPG
重い腰をあげて、というよりは、
夫が一緒にやってくれたので、この日からスタート。

今年漬けたものだけでなく、2年前の大豊作のものも
実は土用干しできていなかったので、この際干すことにした。

地道に並べていくと干しザルが足りない。
夫がささっと買いに走ってくれて、何とかザル4つに干し終えた。

P1060187umeboshi.JPG

この時点でとっくにお昼をまわっていた。
これから三日三晩干すというなら、日付では四日かかる。
なんというマイペース。

それでも夕方には塩を噴いていた。
なんとか梅干しになっておくれー。
P1060202umeboshi.JPG

夜、不穏な小雨予報で取り込む。
ああ、カンカン照りの一週間前にやればよかったと悔やむ。


・7月29日(2日目)

写真なし。朝起きてすぐに外に出す。

午後に梅をひっくり返そうとしたら、なんと!
完熟梅たちがザルにくっついてしまっていた。

そーっと、そぉーっとはがしてひっくり返す。
それでも何個かは皮が破れてしまった。無念。

強い陽射しに当たると、柔らかい梅は
すぐに汁が出て、そのまま乾いてしまって
皮が貼りついてしまうようだった。

来年からは、午前・午後に1回ずつ
梅のひとつひとつをそっとつまんで、動かしてあげようと思った。

今宵も雨がぱらつく予報。
あーあとため息をつきながら家に運び込む夕方。


・7月30日(3日目)

くっつきチェックをして、ひっくり返した梅を陽に当てる。
たぽたぽっとしたのは完熟梅、きゅっと締まっているのはやや青梅。
P1060255umeboshi.JPG

だんだん皮の破れに寛容になってくる。
午後に一度、両腕に大汗をにじませつつひっくり返す。

最近、ご近所で暗くなってからゴミを燃やしているようで
とても煙臭いので、結局この夜も梅を中に取り込んだ。
ゴミは燃やさず、ゴミの日にきちんと捨ててほしい・・・。


・7月31日(4日目)

これまでで一番の快晴。

もう土用干しにくたびれつつあったけど、
無事に干し上がった(ように見える)梅たちを見ると
気分が晴れやかになった。
P1060285umeboshi.JPG

梅と同じ期間、ずっと甕ごと陽にあててきた梅酢たち。
P1060286umeboshi.JPG
甕はアツアツ、中の梅酢もアッツアツ。

干した梅を、梅干しの種類ごとに慎重に確認しながら
それぞれの甕の梅酢へと漬けていく。

赤じそ入りのままの梅酢に梅を戻し入れ、
「あ、紫蘇で梅を覆えばいいかも」と素手を梅酢の中に突っ込んだら
火傷しそうなほどに熱かった。

半泣きで、でも今さら菜箸を取りに行くのも面倒で
手で熱い梅酢の中を探っては熱々の赤じそを掴み上げ、
梅の上にかぶせていった。
P1060292umeboshi.JPG

赤じそを干したものは、梅酢には梅だけを戻し入れた。
さっと赤みが増して綺麗。たぷんたぷんと気持ちよさそう。
P1060295umeboshi.JPG
干した赤じそは、そのまま保管しておき、
都度都度細かくして「ゆかり」にする。

完熟破れ梅を梅酢に戻してしまうと、
一気にふやけてしまうことに途中で気がついた。

急遽、梅酢に戻すのを中止して、
破れ梅たちはこちらの瓶へ。
P1060298umeboshi.JPG
半干し梅といったところ。

梅干しの作り方は本当に様々で、土用干しも様々。

梅酢に毎日漬けながら干す方法もあれば
最後に梅酢に戻し入れるだけの方法も、
そして梅酢は別保管して、梅は梅だけで保管する方法も。

そのどれが一番好みの仕上がりになるか、
来年はもうちょっと気持ちと時間に余裕をもって
挑戦してみたい、と今のところは思っている。


* * * お知らせ * * *

・【話す・聴く・気づきのワークショップ】
お金の話って赤裸々にしにくいところもあり、
ましてや人様のお宅の経済事情ってなかなか訊きにくい。

あんな暮らしをしてていいなー、お金はどうしてるんだろう。
こんな暮らしがしたいなー、お金もかからないんだろうなー。
などなど・・・

静かに思いを馳せる時間を持ちたいと考え、
次回のテーマはこちらに決めました。
150926WS_ban.jpg
あなたの暮らしは幸福ですか?
それは、どのくらいお金で左右されますか?


今回は試みとして参加費を設定せず、
ドネーション(寄付)方式で開催します。ドキドキ。

話す・聴く・気づきのワークショップ自体が
気になっているけど、なかなか腰があがらなかった方も
この機会にお気軽にご参加いただければ嬉しいです。


・【こぐま塾】7月集合日レポート アップしました。
 夏はひたすら草刈り、草刈り・・・
 自然農ならではのポイントもまとめていますので、
 振り返りにお役立てください。
ラベル: 常備薬 保存食
posted by miya at 21:47| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

梅仕事2015

20150624umeyuri.JPG

冬に大枝を切り過ぎてショックが大きかったのか、
今年は梅の実がほとんどつかなかった。

梅の剪定を夫に押しつけたのも、急かしたのも、
悪かったな、と思う。 夫に対しても、梅に対しても。

それでも梅干しの季節はやってきた。

6月下旬、つくいち仲間の浅野与五右衛門さんの梅を購入して
梅干しを漬けることにした。

つくば自然育児の会の有志で梅干しを作ったあと、
自宅でも、残りの梅や傷んだ梅を使って梅仕事を始める。

こちらは梅干し。
7月の赤紫蘇の季節まで漬けておく。
20150624umeboshi.JPG

傷み梅で、にごり梅酒を作ってみる。
20150624nigoriumeshu.JPG
傷んだところ、カビたところをすべて包丁で取り除き
きび砂糖に甜菜糖、玄米焼酎にホワイトリカーを
在庫が少ないのでごっちゃ混ぜにしてなんとか漬けこむ。


漬ける前日、梅関連の在庫を確認したら
かなりの種類があった。
20150623ume3.JPG
2年前の大豊作のものがメインだけど、
梅干し各種(青梅、完熟、白梅干し)、梅酢、黒糖梅、
梅日本酒、梅焼酎、カリカリ梅、梅味噌ドレッシング、
梅の果実酢、はちみつ梅など。

豊作の年は、毎年こんなに採れたら大変、と青くなっていたのに
不作になってみれば、なんて貴重な梅製品!

実際、常備薬だった梅肉エキスはほぼ使いきってしまい、
青梅の時期も過ぎたので今年は頼らずに一年過ごす覚悟。

万能の梅肉エキスがない分、色々と作ってみるかな〜。


そんなこんなで、6月の梅仕事を振り返ってみました。
さぁ、7月は何を作ろうか。


* * * お知らせ * * *

【つくば自然育児の会】
7月8日(水)「乳幼児とママの夏の過ごし方」
見学大歓迎です!託児も申し込めるのでお早めに♪
赤ちゃんに限らず、幼児〜小学生のお母さんにも役立つ
自然派子育て情報が満載ですよ。

【つくし農園】
田植え集合日&キャンドルナイトの様子
アップしました!本当の田植えの季節は今なんです。
キャンドルナイトも美味しくって楽しくって、よい夜でした!

7月集合日のお知らせ
気づけば今週末!ひゃー
植えて、蒔いて、刈って!楽しみましょう〜




ラベル: 保存食
posted by miya at 15:38| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする