2019年01月07日

おせち2019

あけましておめでとうございます。
今年も雑草屋をよろしくお願いいたします。

雑草屋の年末年始は、どっぷりデジタル・デトックス

結婚当初からテレビもない我が家ですが
年末年始はwi-fiを切ってパソコンもタブレットも触らず、
のんびりゆったり、家族5人だけで過ごしておりました。

しかも、夫が暴露しちゃったとおりの寝正月
来客も約束もない、超ゆるゆるスケジュールで、満足満足〜。

さて、恒例のおせち記録を残そうと思います。


まずはおせちの前に、年越しそば。
IMG_0058toshikoshi_yuzu_ramen.JPG
子どもが小さいうちはおそばは出せないので
例年はうどんですが、今回は中華そば(笑)

ゆずしょうが鍋を作って、ラーメン風に楽しみました。
IMG_0061toshikoshi_yuzuramen.JPG
ちょっとお肉が食べたいモードの私、鶏肉入りにさせてもらいました。

子ども達を寝かしつけた後は、せっせとおせち作り。
でもお腹も大きいし眠いし、なーんか無理しなくていっか〜と品数少なめに。
(しかも料理の半分以上は主夫モードにギアの入った夫が作ってくれました)

・お煮〆
お鍋もタッパーも数がないうえに、傷みが心配なので今年は煮汁多めで!
冷蔵庫なし・レンジなし生活でも、煮汁さえ多ければ温めなおしできるからです。
具ごと別々に作らず、ざっくり2つの鍋に分けて作りました。
IMG_0062onishime.JPG
炒めない人参・椎茸・高野豆腐グループと、炒める大根・蒟蒻・ごぼう・蓮根グループ。
後者は中華鍋で作ったため、黒く仕上がりました(涙)

・里芋の白煮
ホームスクール仲間のおうちからいただいた自然栽培の里芋は
大切に、里芋の白煮にさせてもらいました。
IMG_0063satoimo_shironi.JPG

・黒豆
数年前に収穫してあった自然農の黒豆。
故郷から届いた、どなたかの手作り黒糖(サトウキビ栽培から!)で。
IMG_0064kuromame_shizennou.JPG

・栗茶巾
実母が栗ごはんにと送ってくれた、茹でて冷凍してあった栗は
弱火にかけた鍋で潰しながらじっくり水分を飛ばして塩のみを加え、栗100%の茶巾絞りに。
IMG_0067kuri_chakin.JPG

ゆずしょうが鍋の残り汁を活用しておでんも仕込み、就寝。


明けてお正月。

お重はアパートに持ってきてないので、お皿にあれこれちょっと盛り。
IMG_0070osechi.JPG

・煮豚
老酒がなかったのですが、なんとか夫アレンジ(黒豆の煮汁とブラックニッカと純米酒)で。
作るときは鼻についてたまらなかった八角が翌朝には馴染んでいて驚きました。

干支のイノシシのイメージ?
いや、お酒のつまみにしたかったんですホントは・・・。

・さつまいもの塩蒸し
これもお友達が育てた立派なもの。美味しかったですー!!

・凍み大根の煮物
実家からの冷凍便に入っていた茹で大根、溶けたら凍み大根そのもの。
軽くごま油で炒め、酒・醤油・みりんなどで煮詰めました。

・大根のゆず漬け
適当に切った大根を塩と混ぜて重石をし、日々混ぜていたものの
汁気を軽く切って酒・醤油・ゆず皮などで漬け直しました。
IMG_0104daikon_yuzuduke.JPG
大根は動物性の食品の毒消しになると言います。
例年より今年のおせちは動物多めだったので、いい組み合わせとなりました。

・葉にんにくのぬた(わかめ、長芋、地ダコ)
IMG_0072nuta_haninniku.JPG
これまた冷凍便から。母手作りのぬた(高知は葉にんにくで作る)を送ってくれたので、
豪勢にお正月から食べまくり。日本酒がグイグイ進んで困りました〜。

・おでん
数年前から我が家のお正月に欠かせない存在となった、おでん!
(漆を買おう塗ろうと思い続けるうちにどんどん剥げてきましたお汁椀)
IMG_0073oden.JPG
年越しそばの残り汁を使うって、なかなかいいアイデアでした〜。
大根、蒟蒻、結び昆布、茹で卵、厚揚げ、無添加さつまあげなど。

そうそう、爪楊枝や割り箸って漂白剤がずっと気になっていて。
夫が指摘してくれたので、今年から餅巾着は折ったパスタ2本で!
IMG_0119oden_mochikinchaku_pasta.JPG
巾着の口を水面に出し、おでんを温め、
時折おたまで汁をかけてあげながら火を通すとバッチリでした^^

食後には黒豆と栗茶巾でデザート♪


大晦日に頑張らなかった分、正月以降は
大人が晩酌を楽しみながらちょこちょこと作り足すことに。

とはいえ、普段飲んでなかったお酒を
お正月はついつい飲んでしまい・・・私、役割をほぼ放棄(汗)。

新年二日目の新しいメニューがこちら。

・昆布巻き
お煮〆作りの時点で昆布だしが要るので、
一石二鳥とばかり、昆布はたっぷり戻してありまして。
IMG_0103kobumaki.JPG
私の現実逃避も定番となってきたため、夫の昆布巻き作りも3回目。かなり上手!!

・小豆ご飯
IMG_0097osekihan_azuki_shizennou.JPG
これも数年前の自然農小豆で。豆系はもう完全に夫主導です。

・蓮根ステーキ
IMG_0099renkon_steak.JPG
おせちに洋風のものがあると嬉しかった記憶、ありませんか?
夫がさささーっと焼いてくれました。サクッ、もちっ、じゅわ〜っ。

いくら暖房なしで暮らしているとはいえ、冷蔵庫なしだと、
三日目にはさすがに味付けの薄いものを食べきらないといけなくなり・・・

夫が栗茶巾&塩蒸しさつまいもをグリルでじっくり焼いてくれて、嬉しいおやつタイム。
(長女はさっさと食べ切って読書に没頭しておりました)
IMG_0112kids_oyatsu.JPG
さつまいもには薄く米油を塗ったそうで、ほぼスイーツでした!

新しく加わったメニューは、

・紅白なます
大根・人参を軽く塩して水気を切り、
つくば時代に作った干し柿と共に、ゆず果汁・自家製柿酢・米酢で漬けました。
IMG_0163kouhaku_namasu.JPG
甘みは干し柿から。
いや〜、カラッカラに乾燥させた干し柿は長持ちして便利!

・玄米もち
守谷の西辻弥さんで買った、玄米のし餅!
粒々がもっちり残っていて、食べごたえがあって、おいしーい^^
IMG_0164genmai_mochi.JPG
夫に「そんだけお餅好きなんだから、もち米植えればいいのに」と言われました。ハイ・・・
自給用の田んぼと畑、場所さえ見つかれば、再開したいねぇ〜。

・おぜんざい
自家製小豆を夫がことこと煮てくれました。
黒豆や小豆の調理は、懐かしの雑草屋本舗レシピで。
IMG_0179ozenzai_azuki_shizennou.JPG
去年、りんごや蜂蜜で甘みをつけたのをすっかり忘れてました。。。

まぁ普段がお砂糖なしだし、他のメニューはお砂糖なしだし、
黒豆とおぜんざいだけ、お正月くらい、いっか。


重箱がないと、なんだかお正月っぽさが少ないですが
毎日「おいしい、おいしい」と舌鼓を打ちながら
みんなでのんびり寝正月を過ごせたこと、ありがたいな〜と思います。


「おせち」関連記事:
 2018年は各記事の末尾「まかない日記」にちょこちょこと、
 おせちおせちアレンジりんごで炊いたおぜんざいなど。
 2017年夫のおせち作り、2016年おせち熱、2015年雑草屋の初おせち
 

おせちの記録をつけることが毎年の備忘録にもなっているのに
今年はパソコン休眠後におせち作りを設計してしまいました。

来年は、年末からデジタルデトックスをするにしても、
その前に自分の記事でおせちのおさらいしようと思いまーす。



* * * お知らせ * * *

休眠中の雑草屋からのお知らせではなく、
夫やみなさんでバリバリ活動中の新月カフェ関連の予定をば。

生きづらさを感じている方、ひきこもり中の方などなど、
よかったらいらしてください。

・1月11日(金) 第15回 森の新月カフェ

・1月14日(月) 自分らしい生き方シンポジウムin関東 夫も出まーす

・2月14日〜15日 第16回 森の新月カフェ「お泊り!」


では、今年の嫁Blogもよろしくお願いします^^
posted by miya at 14:21| Comment(2) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

書き初め&どんど焼き2017

「旧正月が明けたら、どんど焼きをしようね」と話していたのに、
2月は激しい強風が吹き荒れる日々が続き、
やっと家族が落ち着いてどんど焼きをやれたのは、3月1日。


うちのどんど焼きでは、ごはんを搗いて竹串にまとめ
きりたんぽや五平餅のように焚き火のそばで焼くのが恒例になっています。

飯盒炊爨が板についてきた長女は
「あたしが焚き火起こして、飯ごうでご飯炊いてお団子にして、
 それからどんど焼きしよう!」
と大張り切り。


時折の風に心が折れてびーびー泣く次女と
それに翻弄されてぐったりしている夫の喧騒をBGMに、
長女はお米を研いで浸水し、あちこちから小枝を拾い集めて大きさを揃え、
見事に焚き木を組んで火を点けました。
IMG_6460dondo_yaki.JPG

どんど焼きが楽しみすぎて、気が急いた様子でご飯を炊き(ちょっと生煮え)、
すり鉢で搗いて、せっせせっせとお団子に。
IMG_6489dondo_yaki.JPG
お米の炊き加減はともかく、
お団子作りがここまでやれるんなら、食い意地も立派な才能かもしれない。

ちなみにお米が生煮えになったのはですね、
長女が飯盒の沸騰具合を確かめるときに
ずいぶん早く「もうグツグツいってるから大丈夫〜」と言い張るのを
夫は「たまには失敗も勉強になるだろう」と放置してみたそうですよ^^


団子のお供は、前日に次女が採ってくれたふきのとう。
「ふきのうと、はしゃみでちょきちょき、したんだよー♪」
IMG_6580fukinotou.JPG
庭からリビングへ、ごろごろっと。

ふきのとう味噌に仕立てたら、食べ物の準備は万端。
IMG_6491fukimoso.JPG

自然農の田んぼで育った稲わらで手作りした
今年の門松や注連縄、それに節分のやいかがしまでわーっと積み上げて、
どんど焼きのはじまり、はじまり〜。
IMG_6469dondo_yaki.JPG
数年前、つくば市内で有名な小田城跡でのどんど焼きに行ったのだけど
プラスチックのお正月飾り、ゴミ袋に入ったいらないおもちゃ、ぬいぐるみ、
衣類や日用品のゴミなど、3割以上が「ゴミの山」で愕然としたのでした。

石油製品を燃やすから煙もすごい臭いだし、
その熾火でお餅を焼いて食べるのは、うーん。

ひとまずそのときは精一杯楽しんで帰ってきたものの、
翌年からは自然に還るものだけで、我が家なりのどんど焼きをすることにしたのでした。


今年は、絵本『ふうことどんど焼き』と同じように
“書き初め”を燃やすことができて、なんだか嬉しい。
IMG_6485dondo_yaki.JPG

実は1月初旬、長女が通わせてもらってる
和太鼓の「音遊塾」で書き初めの集まりがあって
夫と娘たちが大喜びで行ったのでした。
DSC00917kakizome.JPG

書き初めをして・・・
IMG_4593kakizome.JPG

合間に太鼓も打って・・・
DSC01066kakizome.JPG

心の向くままに、自由に、墨と筆と音を楽しみながら、
書きたいもの・描きたいものを書いたんだなぁ〜、っていう書き初め。
IMG_4598kakizome.JPG
書き初めに誘ってくれたよっちゃん、ありがとう。
(上手い・下手で評価されない書き初め、子どもの頃にやってみたかったなー)


楽しかった1月の書き初めを思い出しながら、
何枚もあるうち、とっておきは壁に飾っておいて。
残りは「字がうまくなりますように」「絵がうまくなりますように」と
どんど焼きの炎にくべて、
IMG_6480dondo_yaki.JPG
空高く舞い上がらせ・・・たかったけど、ふわふわ横に飛んでいったな〜。

炎がちょっと落ち着いたら、土に串を立ててお団子炙りタイム。
IMG_6498dondo_yaki.JPG

お米の“ちょい生”感に「うーん」と首をかしげつつも、
お団子をじっくり焼いてみればなかなか美味しくて、ふきのとう味噌も完売。
IMG_6504dondo_yaki_fukimiso.JPG

焚き火を二度起こすという、
大人から見たら非効率極まりないスケジュールだったけど
長女が自分で考えて、意欲と食欲で頑張ったどんど焼きは、とても良かったです。
IMG_6514dondo_yaki.JPG
生煮えの飯盒ご飯も、大人が干渉しなかったおかげで
癇癪を起こすでも落ち込むでもなく、
ふぅーむと考えながら食べていたから、良かったな。


毎年、どんど焼きの記事を書いてきたのに
今年は3月ずうーっと毎日予定が詰まっていてなかなか書けず、
やっと書けました〜。肩の荷がおりた感じ^^




* * * お知らせ * * *

色々と告知開始しました〜!

3月29日(水)自然体リトリート プレ開催♪
shizentai_retreat_ban.jpg
ヨガに瞑想、自然食にアーシング、そしてエンカウンターまで
まるっと一日に詰め込んだ、特別な一日。


4月1日(土)話す・聴く・気づきのワークショップ×心身治癒法!
170401WS_ban.jpg
健康の概念がガラリと変わる、
身体と心の本来のつながりを見つめる時間。




* * * まかない日記 * * *

いつかの朝の、雑草屋定食。うちの小豆で小豆ご飯。
IMG_6449kondate.JPG

車麩の揚げ煮。これは殿堂入り決定。
IMG_6451kurumabu.JPG
揚げる前に麹漬けの漬け床にじっと漬けておいて、うまみを吸わせました。片栗粉をまぶして揚げた後、自家製めんつゆにみりんを足して柔らかくなるまで煮て完成。

実家がハウスで夏野菜を作っては真冬に送ってくるので、食べるのにあれこれ工夫してきました。
ゴーヤはニンニクとしっっかり炒めて、スパイスと小麦粉をよく絡めてから豆乳を加え、クリームカレー風に。
IMG_6452nigauri.JPG

色んな人に会って会って会いまくって、楽しい反面、
自分の幼さ至らなさに後で憤死しそうになることばかりの3月。

台所でよよよと崩れ落ちたり、
タオルケットに顔をうずめて「わー!」言うてみたり、してます。
ああ、チューリップの球根になりたいー。

配慮が足りず嫌な思いをさせてしまった方、迷惑かけてしまった方、ごめんなさい。
そして、会ってくださったみなさまに感謝しております。
posted by miya at 22:27| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

2017味噌作りスタート!

この冬も、味噌作りが始まりました。

miso2017IMG_5323.JPG

雑草屋の味噌作り2017、第一弾はこぐま塾のみなさんと。
種まきからみんなで育ててきた大豆は、本当に甘くて毎年感動します。

miso2017IMG_5308.JPG

大豆の潰し方は本当にいろんな方法があるんだけど、
夫はすり鉢&すりこ木で丁寧に潰したいみたい。

確かに、大豆にあたる素材が優しいのは、作っていても気持ちがいい。
量が多くなるとまた考えないといけないけどね。

miso2017IMG_5327.JPG

長女は7歳になり、もう大人並みに戦力になっているんですが
2歳児はまだまだ・・・(汗)

散らかさなくなったのは本当にすごい進歩ですが、つまみ食いは健在。
去年の味噌作りでは相当食べていたなー)
半分くらいに減ってしまうので、少しずつ大豆を入れました。

miso2017IMG_5296.JPG

自然農で育てたお米は、きっちり精米して、筑波山麓の糀屋さんへ。

味噌作り前日に夫と娘たちが受取りにいったんですが、
テレビの影響か何かで、今まさに空前の甘酒作り大ブームらしく、
糀屋さんは大忙し!疲労困憊!だったようです。

仕上げていただいた米麹は、甘くて芳醇で、甘酒とチーズの間みたいなお味。
来年は自分ちで米麹を作るかなー。


10年前、この人と結婚する運びになろう予感も全くないころに
うわ!独身男が味噌作りを始めたよ!学さんはいったいどこへ行くんだ〜
当時の夫のブログを読んで半ば呆れていたものだけど、

結婚して一緒に作ってみれば、何ともシンプルな材料とシンプルな工程で
ずいぶん拍子抜けしたものでした。

miso2017IMG_5349.JPG

とはいえ昨日のこぐま塾では、いつもは屋外でのびのびと遊べる子どもたちが、
味噌作りのときだけは室内にいてね!と言われるもんだから、まー大変でした。

うちの子どもたち、「じっとお味噌作りに参加しててえらいねー」と言われましたが
日々が静かな暮らしなので、人が集まるとき、何かをみんなで作るときが
数少ない、非日常の、貴重なエンタメなんだと思います(笑)。

miso2017IMG_5362-2.JPG

てんやわんや、時間もかかりましたが、お母さんたちが大奮闘して、子どもたちもたまに参加して、無事にお味噌を仕込むことができました!パチパチ!

子どもたちを集めて味噌作りをやるのって、家がもう、えらいことになるんですが、
普段がズボラでがんばらないファミリーですので
大掃除のきっかけをいただいて本当にありがたい、とも思っています。


今日はほっとひと息、休息の日。
明日はまたこぐま塾の味噌作り、平日編です。ファイト〜!!!



* * * お知らせ * * *

4月から、2017年度のこぐま塾アグリコース「味噌の部」が始まります。
興味のある方はお気軽にお問合せください^^
17agri_miso.jpg
こぐま塾アグリコース 〜2017年度 味噌の部〜




* * * まかない日記 * * *

朝ごはんは、育児の会のお友達Aちゃんちの柚子を贅沢に使って、「ゆずうどん」!
yuzuudonIMG_5399.JPG
うどんはたっぷりのお湯で茹でて水洗いを二度やって水切り後、使ったお鍋に入れておきます。(ザルのままだと麺が食い込んでしまいますから。。。)
別で沸かしたお湯をお皿に注いで器を温めたあと、そのお湯をうどんの鍋に入れて、うどんを温め直します。(←釜揚げうどん状態)
うどんを手で器に盛り付け、めんつゆを回しかけ、柚子を並べて完成♪

めんつゆはお手軽に、醤油・日本酒・みりん・昆布・いりこ粉末を火にかけて沸騰直前でおろしました。つゆに柚子を浸しながら果汁をからませて食べました〜。
種はもちろんホワイトリカーに順次漬けこんでおりますよ^^
Aちゃん、柚子を本当にありがとうございました〜!
yuzuudonIMG_5400.JPG
常備菜のごぼうのごま酢和えと、残り物のカブと白菜のお味噌汁で簡単朝ごはん。
朝はめんつゆ作りながらうどんを茹でて、ゆず切っただけでした〜。

sio_satsumaimoIMG_5402.JPG
珍しく、食後のデザートもありましたよ。塩さつまいも。
今日もごちそうさまでした!


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 16:34| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする