2019年07月17日

食べ方の美しい人

子どものころ、
二言目には「お嫁に行ったときに恥をかくから」と
暮らしの中のあれやこれやを
厳しくしつこく、ああしろこうしろと叱られた。

今思えば、まっとうな「しつけ」。
書いて字のごとく、身を美しくする躾(しつけ)だったのだけれど
常に怒られていた私には、それが窮屈で仕方がなかった。

IMG_2192omiyamairi.JPG

小学校低学年のとき、
ふと、テレビドラマに出ている人の手元が目に入った。

お箸の扱いが優雅で、つい見とれた。
流れるように食べ物を運ぶ仕草の、美しいこと。


その瞬間から、
私もお箸を美しく持ちたい、美しく操りたいと
やる気が出てきた。

そうなると上達が早く、箸使いは注意されなくなった。

IMG_2182T_omiyamairi.JPG

中高生のとき、
食べ方のうつくしい友達がいた。

とても幸せそうに、美味しそうにいただく。
もぐもぐと、幸せいっぱい、真剣に、食べている。

その姿が見ていて気持ちよく、かわいらしく、
こちらまで美味しくなってしまう。

しかも箸使いが丁寧で、お弁当のときは気づかなかったけれど
お店などで向かい合えばお茶碗を持ってさりげなくおかずを迎えにゆき
見事な三角食べでおかずとお米、汁物を順に味わっていることに気がつく。

 ねぇ、卵焼き取りかえっこしよー。
 miyaんちの卵焼きは、甘くておいしいねぇ。

ニコニコ、もぐもぐ。

古めかしい校舎の窓際で、
うちの母の卵焼きをほおばる姿を思い出す。

IMG_2191omiyamairi.JPG

社会人になってから、先輩などに

 本当に美味しそうに食べるねぇ。
 ホラもっとお食べ。

なんてずいぶん言われたけれど、
あの友達の影響だったように思う。

IMG_2184T_omiyamairi.JPG

今の私がどんな食べ方をしているのかは、わからない。

日々必死すぎて、
きっと猫背になっていたり、暗い顔をしていたりするし、
食事を味わうとか丁寧に食べるとかを、忘れてしまっている。

IMG_2190omiyamairi.JPG

それでも、子ども達を連れてお弁当を持って出かけると
子どもらの食べている様子をほめられることは多い。

 丁寧だ、昭和のようだ、
 佇まいがいい、所作がいい・・・

そう声をかけてくださる人はやはり、
私がかつて憧れたような、食べ方の美しい人が多い。

IMG_3196seiza.JPG

関連記事:
幼児のお箸に思うこと 子どもの偏食(好き嫌い)対応をやめた結果 「やりたがる時」が「やらせ時」


今回は、次男坊のお宮参りの写真でしたー。
生後1ヶ月の頃が、すでに懐かしい・・・
IMG_2226T_omiyamairi.JPG

姉二人、あんなに抱っこの取り合いだったのにね。
IMG_2215T_omiyamairi.JPG

今ではもう4ヶ月、どぉーんと重くなった次男は
姉のどちらも抱っこしたがらなくなって、寂しそうです〜。



* * * お知らせ * * *

東京の稲城市から、茨城の大子町まで
4時間半の電車に揺られて夫がさきほど帰宅しましたー。

いな暮らしさんでのマインドボディヒーリング出張講座、お陰様で盛況だったそうです。
終了後にさっそく腰痛が消えたとの声も聞かれ、嬉しいですね^^

気になる慢性症状を治してしまいたい方、
出張開催もできますのでご相談くださいね。

今後のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会について



* * * まかない日記 * * *

自然派のお友達とお話していて、よく挙がるテーマが「甘いもの」。

小さいうちはなるべく甘いお菓子をあげない人が多いのですが、
果物はどう考えたらいいのか、たくさんいただいた時はどうするか。悩ましいですよね〜〜

うちは、果物は買いません。普段のおやつにも登場しません。
そのぶん、いただきものの果物は超プレミアム(笑)!

大事に大事に、食後のデザート(朝や昼)にしたり、おやつ(普段はおやつなし)にしたり。
果物でハイテンションになると寝つきが悪くなるので、夕方や夜にはあげません。

で、できればカロリーとしては食事に組み込んでしまいたいので
朝や昼にこんな組み合わせで食べることも多いです。
IMG_2231ichigo.JPG

生のまま、あるいは少量の塩と煮詰めてコンフィチュールにして
パンやパンケーキ、スコーンなどに添え、果物込みでひとつの献立にして、いただきます。
IMG_2232ichigo.JPG
ご近所の方にいただいた苺、甘くて美味しかったなぁ〜。
長女か夫が焼いてくれた、ぶ厚いパンケーキと一緒に。
苺は5人分で、このあとめいめいのお皿に配布しました。

ご近所の方々には何かとよくしていただいており、
少しずつご恩返ししていきたいものです。

ごちそうさまでした!!
posted by miya at 22:53| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

梅仕事2019

今年は赤ちゃんがいて余裕がないから、梅仕事はしない!
と決めていたのに、庭の梅の木からポトポトと青梅が落ちてきて。

IMG_2809umeshigoto2019.JPG

でも梅干しを作るのはちょっと休みたいな〜と思って
子ども達とせっせと拾った分で、梅酵素ジュースを作りました。

いすみにいたとき、ブラウンズフィールドで教わった作り方ですが
それでも酵素ジュースってお砂糖どっさりで・・・(汗)

子どもにあげる気になれないまま飲み頃を過ぎ、
放っておきすぎて発酵し、ポン!とフタがあく始末。

もったいないので初めての天然酵母パンを焼きました。

IMG_3039umeshigoto2019.JPG

どちらかというとみっちりぎっちり、の焼き上がりでしたが
まぁ初めてだし、気にしない気にしない。

IMG_3043umeshigoto2019.JPG

たまたま、この本を読み返していたら
「梅シロップが発酵したのでパンを焼いた」
みたいな記述があり、レシピもあったので、そのまんま参考にしました。

kazoku_de_tanoshimu_zikyuuzisoku.jpg
家族で楽しむ自給自足

新田穂高

田舎暮らしに憧れる人には、夢が広がりすぎてたまらない一冊。
田畑のことから調理、染物や編みカゴ作りまで幅広く網羅されているので、
自然派で、好奇心旺盛で、あれこれ試してみたい人向き。
うちにLONOFで滞在する方たちにも人気の本です。


さて、もう梅仕事はやりきった、もう今年はやらないよ〜と思っていたら
子ども達、お隣のおじいちゃんからたくさん梅をもらってきちゃった。

ツヤツヤと光る、小粒の青梅。
丁寧に木からもいで、ボウル2杯ほども持たせてくれまして。

青梅は磁器のおろし器ですりおろして煮詰め、
梅肉エキスにするのがいいんですが、
小梅はおろしにくいし、前にどっさり作ってあるし。

ということで、
2〜3日追熟させて、だいたい黄色くなってきてから
梅干し作りをスタート。

あぁ、今年もやるのね(笑)!


傷み梅は、水と少しのきび砂糖で、梅酵母をおこしてみることに。
パン作りもゆるゆると再開ですわ〜

IMG_3053umeshigoto2019.JPG

天然酵母なんて、老後にならないと手が出せないと思っていたのに
つくば時代のたれかそさんの影響、今になってじわじわ効いてきました。。。
(「え〜簡単ですよ〜^^」とにこやかに言ってのけた双子ママでした)

IMG_3054umeshigoto2019.JPG
左の2つは梅酵母、右端が梅干しの塩漬け段階。

梅干しは年々ずぼらになってきて、去年、道場でせっせと漬けたときは
重しをせずに塩漬けにしてもうまくいったので、今年も重しなしで。

さて、どうなりますやらー。

関連記事: 梅仕事2015 梅仕事2016 


そして、雑草屋一家の近況。

長女は6月前半を、千葉のいすみ市で国内留学。
4月の引越しのときも、一緒に越さずに半月留まったんだよね。
201906_isumi_C.jpg
羨ましいほどに楽しく過ごしております。

残りのメンバーはこんな感じでもみくちゃに・・・
IMG_2883family.JPG

生後1ヶ月半から笑うようになった4番目、
大きさといい発達といい、何かと早め早めで頑張っているようです。
IMG_3052baby.JPG
うちの子はみんな、乳幼児時代はくまさん寄り。

大きくなーれ!



* * * お知らせ * * *

今週末は、再び千葉県いすみ市へ。

パーマカルチャーと平和道場にて、アースオーブン作りを手伝ったあと
マインドボディヒーリング講座をやります!(夫が。)

6月15日
マインドボディヒーリング(心身治癒法) in 道場
〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!


facebookはやってないわという方は、
こちらのページからでもお申込みできます^^



* * * まかない日記 * * *

ほぼ無限によもぎが取れる環境なので、日々おいしくいただいております。
伸びてきたらダメとか、春を過ぎたらダメとか、厳しい人は食べないかもですが。

摘んだあとに伸びてきた新芽を、食べたい体調のときに食べる。
ハーブ全般が好きなので、香りをかいで、体に聞いて、決めています〜。

雑穀米を炊く直前に、生のよもぎを切ってちらし
塩も振って、よもぎごはん。
IMG_3035yomogi_gohan.JPG
炊きたてはこんな感じですが、
混ぜるとちょうどよいよもぎ濃度です。
IMG_2707premium_yomogi_gohan.JPG

もしもよもぎを入れすぎて、苦いな〜と感じる仕上がりのときは
ごま油と塩、焼き海苔に白すりごまを混ぜ込んで「プレミアムよもぎご飯」!
IMG_2705premium_yomogi_gohan.JPG

ぜいたくですわ〜〜
IMG_2706premium_yomogi_gohan.JPG
お味噌汁の大根はあれね、トウ立ち大根の比較的みずみずしいのを薄切りで。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 16:43| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

おせち2019

あけましておめでとうございます。
今年も雑草屋をよろしくお願いいたします。

雑草屋の年末年始は、どっぷりデジタル・デトックス

結婚当初からテレビもない我が家ですが
年末年始はwi-fiを切ってパソコンもタブレットも触らず、
のんびりゆったり、家族5人だけで過ごしておりました。

しかも、夫が暴露しちゃったとおりの寝正月
来客も約束もない、超ゆるゆるスケジュールで、満足満足〜。

さて、恒例のおせち記録を残そうと思います。


まずはおせちの前に、年越しそば。
IMG_0058toshikoshi_yuzu_ramen.JPG
子どもが小さいうちはおそばは出せないので
例年はうどんですが、今回は中華そば(笑)

ゆずしょうが鍋を作って、ラーメン風に楽しみました。
IMG_0061toshikoshi_yuzuramen.JPG
ちょっとお肉が食べたいモードの私、鶏肉入りにさせてもらいました。

子ども達を寝かしつけた後は、せっせとおせち作り。
でもお腹も大きいし眠いし、なーんか無理しなくていっか〜と品数少なめに。
(しかも料理の半分以上は主夫モードにギアの入った夫が作ってくれました)

・お煮〆
お鍋もタッパーも数がないうえに、傷みが心配なので今年は煮汁多めで!
冷蔵庫なし・レンジなし生活でも、煮汁さえ多ければ温めなおしできるからです。
具ごと別々に作らず、ざっくり2つの鍋に分けて作りました。
IMG_0062onishime.JPG
炒めない人参・椎茸・高野豆腐グループと、炒める大根・蒟蒻・ごぼう・蓮根グループ。
後者は中華鍋で作ったため、黒く仕上がりました(涙)

・里芋の白煮
ホームスクール仲間のおうちからいただいた自然栽培の里芋は
大切に、里芋の白煮にさせてもらいました。
IMG_0063satoimo_shironi.JPG

・黒豆
数年前に収穫してあった自然農の黒豆。
故郷から届いた、どなたかの手作り黒糖(サトウキビ栽培から!)で。
IMG_0064kuromame_shizennou.JPG

・栗茶巾
実母が栗ごはんにと送ってくれた、茹でて冷凍してあった栗は
弱火にかけた鍋で潰しながらじっくり水分を飛ばして塩のみを加え、栗100%の茶巾絞りに。
IMG_0067kuri_chakin.JPG

ゆずしょうが鍋の残り汁を活用しておでんも仕込み、就寝。


明けてお正月。

お重はアパートに持ってきてないので、お皿にあれこれちょっと盛り。
IMG_0070osechi.JPG

・煮豚
老酒がなかったのですが、なんとか夫アレンジ(黒豆の煮汁とブラックニッカと純米酒)で。
作るときは鼻についてたまらなかった八角が翌朝には馴染んでいて驚きました。

干支のイノシシのイメージ?
いや、お酒のつまみにしたかったんですホントは・・・。

・さつまいもの塩蒸し
これもお友達が育てた立派なもの。美味しかったですー!!

・凍み大根の煮物
実家からの冷凍便に入っていた茹で大根、溶けたら凍み大根そのもの。
軽くごま油で炒め、酒・醤油・みりんなどで煮詰めました。

・大根のゆず漬け
適当に切った大根を塩と混ぜて重石をし、日々混ぜていたものの
汁気を軽く切って酒・醤油・ゆず皮などで漬け直しました。
IMG_0104daikon_yuzuduke.JPG
大根は動物性の食品の毒消しになると言います。
例年より今年のおせちは動物多めだったので、いい組み合わせとなりました。

・葉にんにくのぬた(わかめ、長芋、地ダコ)
IMG_0072nuta_haninniku.JPG
これまた冷凍便から。母手作りのぬた(高知は葉にんにくで作る)を送ってくれたので、
豪勢にお正月から食べまくり。日本酒がグイグイ進んで困りました〜。

・おでん
数年前から我が家のお正月に欠かせない存在となった、おでん!
(漆を買おう塗ろうと思い続けるうちにどんどん剥げてきましたお汁椀)
IMG_0073oden.JPG
年越しそばの残り汁を使うって、なかなかいいアイデアでした〜。
大根、蒟蒻、結び昆布、茹で卵、厚揚げ、無添加さつまあげなど。

そうそう、爪楊枝や割り箸って漂白剤がずっと気になっていて。
夫が指摘してくれたので、今年から餅巾着は折ったパスタ2本で!
IMG_0119oden_mochikinchaku_pasta.JPG
巾着の口を水面に出し、おでんを温め、
時折おたまで汁をかけてあげながら火を通すとバッチリでした^^

食後には黒豆と栗茶巾でデザート♪


大晦日に頑張らなかった分、正月以降は
大人が晩酌を楽しみながらちょこちょこと作り足すことに。

とはいえ、普段飲んでなかったお酒を
お正月はついつい飲んでしまい・・・私、役割をほぼ放棄(汗)。

新年二日目の新しいメニューがこちら。

・昆布巻き
お煮〆作りの時点で昆布だしが要るので、
一石二鳥とばかり、昆布はたっぷり戻してありまして。
IMG_0103kobumaki.JPG
私の現実逃避も定番となってきたため、夫の昆布巻き作りも3回目。かなり上手!!

・小豆ご飯
IMG_0097osekihan_azuki_shizennou.JPG
これも数年前の自然農小豆で。豆系はもう完全に夫主導です。

・蓮根ステーキ
IMG_0099renkon_steak.JPG
おせちに洋風のものがあると嬉しかった記憶、ありませんか?
夫がさささーっと焼いてくれました。サクッ、もちっ、じゅわ〜っ。

いくら暖房なしで暮らしているとはいえ、冷蔵庫なしだと、
三日目にはさすがに味付けの薄いものを食べきらないといけなくなり・・・

夫が栗茶巾&塩蒸しさつまいもをグリルでじっくり焼いてくれて、嬉しいおやつタイム。
(長女はさっさと食べ切って読書に没頭しておりました)
IMG_0112kids_oyatsu.JPG
さつまいもには薄く米油を塗ったそうで、ほぼスイーツでした!

新しく加わったメニューは、

・紅白なます
大根・人参を軽く塩して水気を切り、
つくば時代に作った干し柿と共に、ゆず果汁・自家製柿酢・米酢で漬けました。
IMG_0163kouhaku_namasu.JPG
甘みは干し柿から。
いや〜、カラッカラに乾燥させた干し柿は長持ちして便利!

・玄米もち
守谷の西辻弥さんで買った、玄米のし餅!
粒々がもっちり残っていて、食べごたえがあって、おいしーい^^
IMG_0164genmai_mochi.JPG
夫に「そんだけお餅好きなんだから、もち米植えればいいのに」と言われました。ハイ・・・
自給用の田んぼと畑、場所さえ見つかれば、再開したいねぇ〜。

・おぜんざい
自家製小豆を夫がことこと煮てくれました。
黒豆や小豆の調理は、懐かしの雑草屋本舗レシピで。
IMG_0179ozenzai_azuki_shizennou.JPG
去年、りんごや蜂蜜で甘みをつけたのをすっかり忘れてました。。。

まぁ普段がお砂糖なしだし、他のメニューはお砂糖なしだし、
黒豆とおぜんざいだけ、お正月くらい、いっか。


重箱がないと、なんだかお正月っぽさが少ないですが
毎日「おいしい、おいしい」と舌鼓を打ちながら
みんなでのんびり寝正月を過ごせたこと、ありがたいな〜と思います。


「おせち」関連記事:
 2018年は各記事の末尾「まかない日記」にちょこちょこと、
 おせちおせちアレンジりんごで炊いたおぜんざいなど。
 2017年夫のおせち作り、2016年おせち熱、2015年雑草屋の初おせち
 

おせちの記録をつけることが毎年の備忘録にもなっているのに
今年はパソコン休眠後におせち作りを設計してしまいました。

来年は、年末からデジタルデトックスをするにしても、
その前に自分の記事でおせちのおさらいしようと思いまーす。



* * * お知らせ * * *

休眠中の雑草屋からのお知らせではなく、
夫やみなさんでバリバリ活動中の新月カフェ関連の予定をば。

生きづらさを感じている方、ひきこもり中の方などなど、
よかったらいらしてください。

・1月11日(金) 第15回 森の新月カフェ

・1月14日(月) 自分らしい生き方シンポジウムin関東 夫も出まーす

・2月14日〜15日 第16回 森の新月カフェ「お泊り!」


では、今年の嫁Blogもよろしくお願いします^^
posted by miya at 14:21| Comment(2) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする