2015年02月09日

暖房なし生活のコツ

立春を過ぎ、だんだんと陽射しに春を感じるようになってきましたね。

我が家はこの冬、暖房機器をほとんど使わず過ごしました。
石油ストーブを使っていた昨年からしたら、信じられない変化です。


来客時はお客様のためにエアコンをつけましたが、それ以外は
エアコンもストーブもコタツもホットカーペットもなし。

深夜のパソコン仕事の傍らに、時たま
小さい電気ストーブやオイルヒーターが使われるのみ、でした。

ちなみに住まいは、茨城県つくば市です。
東京よりは寒いと言われますが、雪国よりは断然温かいです。


いつか、我が家に続いて
暖房なしの冬を楽しむご家庭が増える日のために(?)
ここで過ごし方のコツをまとめてみます。

150125_1117~01.jpg

【暖房なし生活のコツ】

(1)とにかく厚着しまくる!
 ・足元から靴下の重ね履きなど、冷え取りスタイルをする
 ・手持ちのインナーを重ね着する
 ・外出時と同じレベルで防寒する

(2)食事は温まるものを、ほどほどに
 ・根菜類、生姜、にんにく、唐辛子などを工夫して献立に
 ・生野菜、夏野菜、緑茶、果物などを極力食べない
 ・味噌汁、鍋、スープ、煮物を食卓に
 ・炊きたてごはんのお茶碗だって貴重な熱源(手があったまるぅ〜)
 ・大食は胃に血が集まり過ぎて冷えるので、腹八分目に

(3)雨戸と日光を最大限に活用する
 ・夜は雨戸で冷気を遮断
 ・朝日が出たら窓から日光を入れる
 ・陽の当らない部屋も換気をして温かい空気を取り込む
 ・外気が温かいときは窓を開けて過ごす

(4)夕食はお風呂上がりに
 ・入浴前に食事の準備をしておく
 ・お風呂を出たら仕上げに温めて盛り付けるだけ!
 ・ぽかぽかの身体に厚着をして、食べたらすぐ寝る

(5)布団たっぷり、寝巻きたっぷり
 ・寒がりの人は寝巻きも厚着、毛布やタオルケットも何枚も重ねる
 ※ただし子どもは別(代謝がいいので)

 ※※数年後の追記(訂正)!※※
  布団に入る時は全裸か、せめてゴム紐なし状態だと体温がもっと上がりました!
  詳しくはこちら⇒ 夜だけ『ゴム紐なし』生活 -暖房なし生活 発展編-

(6)暖房に身体を慣れさせない
 ・暖房を使うと、急に寒さを感じるようになる
 ・寒さには慣れる!特に子どもが変わる
 ・車でも暖房を使わない
 ・暖房の効いた空間で過ごすときは思い切り薄着に

(7)「寒いと風邪をひく」という思い込みを捨てる
 ・風邪の原因は寒さじゃない
 ・免疫力、代謝をあげる意識で生活を見直す
 (抗生物質は飲まない、歯磨き粉は使わない、
  日本古来の発酵食品を毎日適量食べる、など)

【汎用的ではない密かなコツ】
(8)お風呂は家族全員で入る(帰宅が早いご家庭のみ)
(9)夜早く寝て、朝遅く起きる(自由な暮らしの方のみ)


いやー、これで
室内を改造してロケットストーブ屋内用を仕込んだり、
薪ストーブを設置したり、火鉢を運び入れたり、
カーテンをつけたり、壁に断熱材を仕込んだりといった
常々考えていた「あとひと手間」が、ぜーんぶなくなりました。

コロンブスの卵。

こともあろうに寒〜い冬に、薄着で過ごそうとするから
たくさんのエネルギー資源を費やすことになるのでした。

半纏にセーター、箪笥に眠っている衣類をフル活用して
ご家庭それぞれの暖房なし生活を試してみませんか。


※コツに続いて、メリットも後日まとめました!
 ⇒暖房なし生活のメリット

「寒さ対策」関連記事:
我が家の暖房事情 [2014/12/15]
厚着で暖房いらず [2014/03/01]

「エコな暮らし」関連記事:
ほうきでお掃除 [2013/11/30]
暑さ対策あれこれ [2014/08/02]



* * * お知らせ * * *

エコでロハスなセレブ、
なんてフレーズが雑誌に登場し始める昨今。

より耳触りのよい言葉、目にして美しいビジュアルだけが
私たちの前に並びがちですが、それでいいのでしょうか。

身体へのインプットもアウトプットも含めて
全部を事実として向き合う、
そんなきっかけになればと思います。

150221TKSS_ban.jpg
伊沢正名氏をゲストに迎え、「自然環境」をテーマに
自然と人間との関わりを深く考える1日。



* * * まかない日記 * * *

いつもは中華鍋で作っていた「カブのじっくり焼き」を
油を使わず、オーブンで焼いてみました。
150209_1749~02.jpg
天板に切ったカブを並べ、塩をぱらりと振って
190度で30分ほど焼きました。

あ、あ、甘ーい!これまでのカブに申し訳ない・・・

これからはオーブンでじっくり焼きを堪能しようと思います。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 19:58| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

カタログの山に挑む

届いたらすぐ、ゴミに直行となっていた通販カタログ。

数社から送られてくるのを、ほとんど開くこともなく
紙ゴミとして積み上げていたのですが、
そもそも輸送コスト(エネルギー含めて)をかけて
届けていただいておきながら、捨てるというのがよくない。

と(やっと)気づいたのが11月。


大掃除の前にカタログ送付の停止をしよう、
しようしよう、できるときにしよう、、、

で、気づけば1月も終わり!あれっ。

カタログも3ヶ月分たっぷり積み上がりました。


そして今日。

土曜のつくし農園集合日も、日曜の直売ワークショップ
全部終わって、ぼぉーっとPC周りを見回したら
開封すらできていない通販カタログが、そこかしこに。
150125_2159~01.jpg

いーやーだぁーーー

いい加減、無駄な送付は停止しておこうと
今し方、各社の通販サイトにログインして、
ぽちぽちーの、ぽちっ。


・・・3社のカタログ停止が、5分で終わりました。


毎月ずっしりと重たいあのゴミの山が!カタログの山が!
こんなに簡単になくなるとは。

印刷されるカタログの量が減る、とは決して思いませんが
通販会社から我が家まで届けるエネルギーと
我が家が資源ごみを出す&出してからのエネルギーは減るはず。

反映されるまで1〜2ヶ月かかるとしても
4月頃にはカタログが届かない快適さを手にしていることでしょう。
わーいわーい。


タグ「エコな暮らし」関連記事:
我が家の暖房事情 [2014/12/15]
油汚れに新聞紙を [2014/09/15]
古着を捨てる前に [2014/04/15]
厚着で暖房いらず [2014/03/01]
ほうきでお掃除 [2013/11/30]



* * * お知らせ * * *

環境問題つながりで、
こちらのご案内をしようと思います。

150221TKSS_ban.jpg
伊沢正名氏をゲストに迎え、「自然環境」をテーマに
自然と人間との関わりを深く考える1日。


午前中はお子様(小学生〜)も参加可能!
伊沢正名氏の絵本「うんこはごちそう」を読んで
衝撃を受けた方は特におすすめですよ〜。

もちろん大人の方も大歓迎!
午後の部は定員が10名と少なめですので、
全日程参加を希望される方はお早めにどうぞ!


ではまた♪
posted by miya at 22:24| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

山積み VS 袋詰め

昨日は2ヶ所で直売でした!
写真は対面販売をさせていただいているコーヒーファクトリーさんにて。

今回の試食も3種。
141210_1229~02.jpg
「里芋のおかか醤油」
 蒸した里芋が熱いうちに皮をむき、醤油・鰹節をからめる
「里芋のからあげ」
 今日はオリーブオイルで揚げ、塩・胡椒・ローズマリー
「ジャーマン菊芋」
 蒸した菊芋をにんにくオイルで炒め、塩・胡椒・オレガノ

・・・おつまみっ!という味に仕上がりました(笑)


雑草屋(夫)としては、石油資源になるべく頼らずに
量り売りスタイル&新聞紙の紙袋(枝豆の頃を参照)を
できれば推し進めたいのですが・・・

スーパーでお馴染み「ビニール袋入り」の売れ行きが
勝ってしまうこともしばしば。

自分の(広めたい)スタイルを固持するか、
売りやすいビニール袋に走るか。

新聞紙の袋は、折る時間も結構かかるし。
新聞紙でぐるぐるっと包んでテープでとめるっていうのはどうかなぁ。
乾燥を嫌う野菜はビニール袋がそりゃ便利だけども。

などなど、直売前夜にはよく話します。


で、昨日。
菊芋は山積みでドーン!
141210_1228~01.jpg
(時間がなかったとも言えます)

でも、ごろんごろん積み上がった菊芋はよく目立ち
色んなお客様が足をとめてくださって、
量り売りも好評で、良かったです。

みなさま、ありがとうございました!


昔の八百屋さんみたいにザル盛で並べてみたいなぁ。
カゴ作ろうっと。


* * * お知らせ * * *

今週になって、ドドッとお問い合わせにお申込み、
ありがとうございます!

引き続き、参加者募集中です♪
141220WS_ban.jpg
話す・聴く・気づきのワークショップ
12/20(土)「家族(親子・夫婦・一番近い他人)」



* * * まかない日記 * * *

高菜とりんごの中華炒め。カシューナッツがほしかったー
141209_1751~01.jpg
ジューシーな豚肉が合いそうな高菜を、買い物に行かずになんとか近い料理にならんもんかと思案した挙句、まさかのりんごチョイス。

スライスりんごに片栗粉をまぶして軽く揚げて取り出し、生姜・玉ねぎ・高菜の順に炒めたところに戻し入れました。香酢と五香粉、黒胡椒で完成。あぁ、ナッツがほしい。

食べた夫が「給食で酢豚にパイナップルが入ってた衝撃と同レベル」にのけぞっていました。ははは。
posted by miya at 12:02| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする