2015年03月18日

誰のための漂白か

この冬、塩素系漂白剤をやめました。
時々使っていたのです。

特に布おむつの黄ばみを白くするために
どうしても1週間に1回くらいは漂白が必要でした。

お風呂場で漂白剤に漬け置きしているときは
換気をして、長女には近づかないように言い渡して・・・


でも、これをずーっと繰り返すの?

環境のために粉せっけんで洗濯してるのに
この漂白剤を、生活排水に流すの?

よかれと思って布おむつにしてるのに
漂白剤で真っ白にする布おむつって?
毎日子供の粘膜に触れていいのかな?


違和感を感じて、さらに考えてみました。


『 誰のために漂白するのか? 』


かつての私の場合は、「白いと気持ちいいから」でした。

でも、つくばのこの家は井戸水で、鉱物系の成分が多いようで
ふきん類が必ず黒ずんでくるのです。

2年くらい過ごした頃にはもう諦めもついてきて
「白いと気持ちいいから」の感覚がなくなってきました。


もうひとつ、保育園に通っていた頃は
「他の人(特に先生)から“汚い”と思われないため。」
もありました。

黄ばみのある衣類で登園させると
先生に「漂白してあげてください」「ちーちゃんが可哀想」
なんて言われることがあるのでした。

これも、1年前に保育園をやめてからは
なーんにも気にしなくてよくなりました。


こうなると、布おむつをせっせと漂白しているのは
いったい何のためやら・・・

「 黄ばみ = 汚い 」の思い込みを捨てれば
漂白剤は、案外簡単に手放せるのでした。


それに、おむつなし育児のおかげで
うんちのおむつが格段に減って、黄ばみの原因がなくなったしね。


150228_1110~02.jpg

そんな経緯で、うちのおむつは少し黄ばみがあります。

「あら!布おむつを使う人はほとんど漂白剤を使わないわよ」
と思う方もいるかもしれません。

でも、私の知っている布おむつライフは
母から教わったとおり、ピカッピカに白くする洗濯で
何の疑問も持たずにやってきたため
こうしてじっくりと直視して変えたことは、とても大きいのです。


ちなみに・・・
塩素系漂白剤をやめる、と決めたとき、夫が
シャボン玉石鹸の会社が作っている酸素系漂白剤を買ってくれました。

夫はときどき布おむつに使ってくれています。
でもパワーが緩やかなので、落ちたか落ちてないかよくわからない(笑)
使わなくてもいいかも、というのが私の印象です。


「環境」カテゴリの関連記事:
カタログの山に挑む 自然環境を考える絵本 暖房なし生活のメリット



* * * お知らせ * * *

平日ワークショップ、好評です♪
託児も個別にご相談ください。
150326WS_ban.jpg
子育てをしているあなたは、どんな顔をしていますか?
3/26(木)のテーマは「子供と私」。



いつも新鮮な気持ちにさせていただく
LONOFER(ロノファー)さんの来訪。ありがとうございます。
いつも、夜のごはん&トークが楽しいです。
lonof_ban.jpg
自然農の農作業体験 「LONOF(ロノフ)」やってます。



* * * まかない日記 * * *

何度かLONOFで来てくださる方と、わいわい晩ごはん。
150315_1931~01.jpg
庭のノビル、ムラサキハナナをお味噌汁に。
里芋とハヤトウリのエビあんかけ。お豆腐とキムチの卵とじ。
持参してくださったしいたけのソテー、美味しかったです!

お祝いにいただいた日本酒、
つくし農園の懇親会で集まった日本酒、
さらにLONOFERさんの手土産が加わって記念撮影。
150315_1939~01.jpg
いいお酒は、翌日に残らなくていいですねー。
農園のみなさんも、LONOFERさんも、ありがとうございました!




posted by miya at 21:28| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

暖房なし生活のメリット

2月末には春一番が吹いて、
3月、いよいよ冬とお別れでしょうか。

暖房なし生活を楽しんだこの冬、
コツはまとめたものの(⇒暖房なし生活のコツ
そのメリットをまとめていなかったので
冬のおしまいに、書きとめておきたいと思います。

P1030653.JPG

【暖房なし生活のメリット】

(1)地球に優しい

人間の快適さ(暖かさ)のために石油、電気、ガスを使わない。


(2)お財布に優しい

暖房に関して、石油、電気、ガスに使うお金が発生しません。

手持ちの衣服を重ね着するだけなので
暖房なし生活のために新たな消費も発生しません。


(3)体に優しい

エアコンで空気を乾燥させて、
必要以上に粘膜の抵抗力を下げることがない。

暖房による冬の熱中症ももちろんなし。


(4)体が丈夫になる・抵抗力がつく

人間は、飢えや寒さにさらされた時に
生命力をフル稼働させて全細胞をスキャンするのだそう。

ある程度の寒さで暮らしていると
力がピンとみなぎるのを感じます。

外的環境として、外気温と室内の温度差もなく、乾燥も少なく、
内的環境として、動物本来の生命力が高まっていることで
抵抗力が高まるように思いました。

(※同時に抗生物質は飲まない、歯磨き粉は使わない、
  日本古来の発酵食品を毎日適量食べる、などが必要)


(5)結露しない

毎朝の窓拭きも、窓の結露対策グッズも不要。
カーテンや窓枠が結露でカビることもありません。


(6)冷蔵庫がいらない

冷蔵庫のほうが温度が高い、なんて日もよくあり
おかずや鍋は台所に出したままで楽ちんでした。

冷蔵庫から出し入れする手間が減ったのは
主婦としてはありがたかったです。


(7)外出が楽しくなる

丸一日、公園や野山で過ごすような休日も
お日様にあたって嬉しい!と感じるため
冬のお出かけが楽しくなりました。

個人的には、つくいちなどで直売するにも
寒さがぐっと軽く感じるようになりました。


(8)感謝や感動が増える

お味噌汁椀の温かさ、炊きたてごはんの温かさ。
親の半纏に手を入れてあたためてもらう子供の幸福。

縁側の陽だまり、台所の火のまわり、
湯船のお風呂、お布団の中。

快適さが当たり前でないことによって
「わー!あったかーい♪」と感激する、
小さな幸せがいっぱい増えたと思います。

P1030275.JPG

デメリットは本当に少ないので(「それなりに寒い」くらい)、
書きあげるほどではありませんでした。


3月が始まり、次第に暖かくなってきましたね。
そろそろみなさんも、暖房なし生活、いかがですかー♪


* * * お知らせ * * *

こぐま塾がお届けする「いのちの授業」、
残り1組で開催となります。

お申込みいただいてるみなさんは、
上は小学生から、下は赤ちゃんまで!
楽しい1年が始まりますよ〜

agri-top-image.jpg
こぐま塾 2015年度アグリコース -いのちの田畑- 塾生募集中!



* * * まかない日記 * * *

ちょっと前の献立から、生姜の甘酢漬けとカブのカレー。
150213_0834~01.jpg

古くなって味が変わってきた甘酢漬けを何とか活かしたくて、
細かく刻んでカレーにしました。

にんにく、生姜、クミンのホール、岩塩を油で炒めて、香りが出たらゴロゴロのカブも加え、火を止めて小麦粉とカレー粉、スパイス各種をよく混ぜます。再び火をつけて少し炒めたら水、ローリエ、無添加コンソメを入れ、かき混ぜながら煮込みました。

甘酢漬けは、生姜であると同時に、チャツネや蜂蜜のような仕事もしてくれ、なかなか美味しくできました!

甘酢漬けの残り汁は、日々の野菜炒めの調味液として使っています。
大切に大切に〜。
posted by miya at 10:49| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

自然環境を考える絵本

私のふるさとは、高校三年の夏、
ごみの埋め立て地にされることが決まった。

水道もなく、井戸水や谷水をひいて暮らしていた
私たちの静かな生活は、根幹から揺らいだ。
ごみの処分場から滲み出る水は、飲めない。

山々を売り払ったのは、田舎を捨てた人だった。
そこに住んでないから、山を簡単に売った。

人が少ないから、ここでいいでしょうと
行政に言われた形で、新聞に載った。

水道をひいてあげる。
民法のテレビも見えるようにしてあげる。
道路が広くなって便利だよ。
そうして、住民の説得が進んだ。

映像翻訳家を目指してひたすら語学の道を進んでいた私は
国の環境行政に物申すべく、高三の夏に理転した。
とはいえ理数系が全滅。激動の受験生だった。

人生はぐるっと回って、
今、自然農のある暮らしに身を置きつつ
持続可能な社会を考える企画などをやり始めた。

そんな私も、未だに、毎日ゴミを出して生きている。
毎日他の命をいただいて、排泄して、空気を汚して生きている。
その自覚をした上で、責任を持って、行動を選択したい。


ということで、自然環境を考える絵本をいくつかご紹介します。


こちらは、まさに我がふるさとのことを描いたような絵本。
左から読めば、逃げまどう動物たちの悲劇。
右から読めば、ごみをどんどん捨てる現代社会の私たちの暮らし。


読みながら泣けてきました。
あの高三の夏から、今まで、どれだけのことができただろうか。
あの憤りから、何ができただろうか。何を減らせただろうか。


こちらは動物の目から、人間の自分勝手さ、醜さを描きだした秀作。

子どもの頃にこの本が家にありました。
長女はこの静かなメッセージに、気づいているのかしら。


お馴染みバーバパパも、こんな名著があるのです。

人間が環境を破壊し、動物を捕まえ、
逃げてきた動物たちとバーバパパ一家、とうとう地球から脱出!
汚染の進んだ地球に残された人間たちは・・・?

我が家には英語のものしかありません。
日本語版は・・・あるのかな?

そうそう、この名作シリーズの第一作も。

実は、森の伐採によって住みかを追われた一家が
引越しをするところから物語が始まっているのです。


そして、これはまだ我が家になくって
ぜひ購入したい絵本。
unko.jpg
うんこはごちそう

伊沢 正名 文、山口 マオ 絵

週末のイベントでゲストにお招きする糞土師・伊沢さんの作品!
きれいごとだけの環境保護論ではない、体当たりの理論が楽しみ。


* * * お知らせ * * *

ということで、いよいよ週末に迫ったこちらのご案内です!

150221TKSS_ban.jpg
伊沢正名氏をゲストに迎え、「自然環境」をテーマに
自然と人間との関わりを深く考える1日。


午前中はお子様(小学生〜)も参加可能です!
親子で参加して、美味しいランチを食べて、
自然豊かな森で遊んで帰る・・・という過ごし方もおすすめ。

また、午後の部は定員が10名と少なめですので、
全日程参加を希望される方はお早めにどうぞ!

ではまた♪
posted by miya at 20:42| Comment(2) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする