2016年02月09日

腰痛・頭痛・歯痛・花粉症etc.を治す(2)

(1)の続きです。


私は左の太ももに急に強い痛みが走ることがある。
包丁でブスリと刺されたような激しい痛みで、転げ回る。

一度は救急病院に駆け込んだが、原因不明で帰された。

これも考えてみれば、結婚(再婚)パーティー前日とか、
引越し前日など、ストレスの高まった時期と合致していて
TMSだったなー、と今になって思う。


P1010155momo_touch.JPG

例えば12月のこと。
また義実家にのんびり楽しく滞在していた時。

右上の奥歯に激痛が走った。
最近、ここを脳が狙う。

学生の頃もここが痛くて歯医者に走り、
レントゲンで何もなかったのに、「掘ってみよう」と
無駄に穴を掘られ、埋められ、その都度お金をとられた。

結局、肩こりからくる歯痛だと、のちに整体院で指摘された。


10数年ぶりの歯痛。

腰痛や肩こりを私が克服し始めたから
別のネタを探してきたな!脳、なんて賢い奴!

脳は痛みが解消されると別の場所を狙って痛みを起こすのだ。

P1100661iwaki_hatsumoude.JPG

折悪しく、暗くした部屋で次女に添い乳しながら
寝かしつけをしていたタイミングで、奥歯に激痛。


 ぐあああぁぁぁ!!!気が狂いそうだ!
 こんにゃろー、奥歯、抜いたろかーっ!!

無言で悶絶し、乳を吸わせながら奥歯をひっつかむ。

するとますます痛みが高まり、死ぬ〜!!!頭割れそう!!


完全に脳の策略にはまっていた私。

でもでも、ここまで熟成させた次女の
入眠を壊すのはもったいない!

という意地だけで、やっとストレスリストに着手した。

P1100621iwaki_niwa.JPG

暗闇で、心の中でストレスをあげていく。
20。まだまだ痛い。30。少し軽くなった?またぶり返す。

 外食疲れた、外出疲れた、道がわかんない、義実家の
 食事が化学調味料たっぷりでつらい・・・

もう普段ならわざわざ言わないこともあげていく。


 義父母がすぐ口喧嘩する、夫が不機嫌になる、
 だからいつも以上にうちは家族仲良くしなきゃならん、
 ってそんなの無理だよ!あたしも我慢してんだ!
 いい夫婦やるの疲れた!いい親子なんてなれない!

P1110106iwaki_onsen.JPG

おぉ、痛みがどんどん減ってきた。あと一歩。

 次女、添い乳だと全然寝ないじゃん!
 長女、最近すぐ口ごたえするからきらい!
 学さん、お酒飲んで片付けないからきらい!

もう暗闇で思い浮かぶ家族を指差しまくって
サイレントに絶叫していく。どや!


ここで効果的だったのは、日頃の「ちょっとイラッ」
「少しムカッ」を、ちょっと程度の認識で放っておかず、
「きらい」「むかつく」「ゆるせない」など
はっきり、キッパリした言葉にして出してあげたこと。


日常で家族を嫌いとまでは思っていなかったけど
義実家で楽しく盛りだくさんで過ごしていた手前、
より円滑に過ごすべく、いつものイラ・ムカに蓋をしていたせいで
反動が大きかったんだと思う。


日常のこと、過去のこと、未来のこと、
目の前のこと、家族への不満までも明確に(心の中で)
放出した結果、歯痛は完全に消え去った。


力いっぱいストレスリストを心で叫んだからか、
脇の下にはじっとりと汗。でも次女は寝た!やったね!

P1090710zizyo.JPG

こうして何かとTMS理論に助けられている我が家。

最近は夫を中心に、緊急の、または慢性の腰痛や
肩こり、頭痛や歯痛、花粉症ほか各種症状について
認識療法(TMS)の観点からお役に立てないか、
方法を模索しているところです。



* * * お知らせ * * *

来週土曜日は、2016年度つくし農園の共同作業日です♪

「集合日」から「共同作業日」に名称を変えたのは、
「集合しなきゃ」感をなくしたかったそうで・・・

でもみなさまにお会いできれば嬉しいです^^

2月共同作業日【立春】のご案内



* * * まかない日記 * * *

このところの体調不良で1月末から2月上旬まで、
再び義実家に(夫抜きで)転がり込んでお世話になっていました。
で、たまには恩返し・・・のランチ。

長女と近所のパン屋さんまで手をつないでお散歩して、
食パンをサンドイッチ用にスライスしてもらいました。
P1110078iwaki_lunch.JPG
つくばから持参したみたらい農園さんのクレソンは、
スクランブルエッグに混ぜ込んでサンドの具に。

オリーブオイルとレモン、塩胡椒で味付けした
シンプルなポテトサラダは、レタスと一緒に挟みました。

パンの耳にはトマトとモッツァレラを薄くスライスして並べ、
オリーブオイルとオレガノ、塩をかけてこんがりピザ風に。
喜んでいただけました〜。

居心地の良い義実家、大好きなのです。
歯痛も克服できたことだし、また泊りに行きたいなー♪

posted by miya at 16:59| Comment(0) | 身体を整える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

腰痛・頭痛・歯痛・花粉症etc.を治す(1)

P1100042oyako.JPG

一昨年の夏、ジャガイモの収穫もピークを迎えるという頃
夫がいきなりのギックリ腰に見舞われた。

束の間の帰省中で、このままではつくばに帰ることも難しい。

さすがにギックリ腰はしばらく治らんだろうな〜と思って
一夜明けると、夫は倒れたままで、何かを検索している。


スマホで調べ当てた、とある本を家族が図書館へ借りに走り
夫はその本を熟読していた。

そして読み終わるなり
「俺、もう治ったよ、歩ける」と立ち上がる夫! ええー!


読んだ本は『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』。
HealingBackpain.jpg


腰痛や肩こり、頭痛などの痛みは、
脳が過剰なストレスをかわすために身体に引き起こしたもの、
そのストレスを認識することで脳の戦略に打ち勝てば
痛みは消える、というのがその本のだいたいの主旨である。

これを認識療法(TMS理論)と呼ぶらしい。

方法は、ただひたすら、ストレスを数え上げて行くだけ。



義実家と私の誰もが信じられなかったが、
現に動けなかったはずの夫がギックリ腰から復活している。

ただ、さすがに魔女の一撃と呼ばれるギックリ腰では
筋肉に引き起こした強烈な痛みの余韻がしばらく残る。

数日安静に過ごし、つくばに戻った夫は、自分を実験台に
あらゆる症状をTMS理論に基づいて克服していった。

P1110071yuki_iwaki.JPG

まず、ヘルペス。

夫は仕事が立て込んで疲れがたまると、口の周りに
口唇ヘルペスを発症する。いつもは塗り薬を常用していた。

これも発症のごく初期に、自分の中にあるストレスリストを
30だか50だか書き連ねていって(心の中でもよい)、

「いいんだよ、お前はよく頑張ってる。
 そんな症状で気を紛らわせなくても大丈夫。
 ちゃんとストレスは認識したからね〜」

と脳に語りかけると、ヘルペス発症の前兆は消えてしまう。

P1110070yukidaruma_iwaki.JPG

次に、花粉症。

夫は私よりも重い花粉症で、
いつもスギをうらめしく見あげていた。

春先の畑には防塵マスクにゴーグル、帽子と、
ナウシカのユパ様みたいな出で立ちが定番だった。
(過去記事参照:「ふんがー」)


ところがどっこい。

1月頃から自分に語りかけ、ストレスを認識し、
2月、3月と暦が進むにつれて、

花粉症に特徴的な目のかゆみ、鼻水などは、
ふわっと発生しかけるものの、

ストレスリストの羅列と脳への語りかけ
「大丈夫だよー、そんなことしなくてもいいんだよー」
で、ふわっと症状が消えていったのだった。


ポイントは、痛みやかゆみなどの症状が出たときに

「あー!痛い!かゆい!」

と、その症状にとらわれてしまわないこと。

症状にとらわれると、ストレスから気をそらせるという
脳の巧妙な策略にまんまとはまってしまっており、
ますます痛い・かゆいなどが増長していくのだそう。

P1100592oyako.JPG

こうして、偏頭痛、肩こり、腰痛などなど
日常の色んな痛みから次々に解放されていった夫。

私にも手ほどきしてはくれるのだけど、
「倒れて眠りたい私」「痛くて労わってほしい私」は
つい症状に身を委ねてしまい、きちんとできない。


でも少しずつ、ストレスリストの列挙はうまくなった。

例えば家族で車に乗っているとき、腰が痛くなってきて
「腰が痛い・・・」と呟く。

すると夫が
「TMSだよ、はい、ストレス20個あげてごらん」と促す。


 出発前に洗濯全部終わらなかった、掃除できてない、
 お弁当作り大変だった、髪切りたい、メール返してない、
 夜中のおむつ換え多くて疲れた、母に電話してない、
 友達に返信してない、ブログ書きたい、庭散らかってる、
 美味しいもの食べたい、料理したくない・・・

「あと8個!どんどんどうぞ〜」

 来週のイベントやだ、お向かいさんに嫌なこと言われた、
 畑のじーさんに意地悪された、次女の爪切れてない、
 長女のズボン直してない、ネズミ嫌い、ゴキブリ嫌い、
 野良犬だいっきらい。


「こんなんでいいのか?」と思う些細なこと、
くだらないこと、子どもには聞かせられないことも、
心の中でいいから片っ端からあげていくと、実は50くらい
あっという間に見つかるのだった。


※長くなるので(2)に続きます〜。



* * * お知らせ * * *

こぐま塾アグリコースでは、田んぼのお米と畑の大豆が
お味噌に向かって着々と進んでおります〜。

いろいろアップしているので良かったら覗きにきてください^^
子ども達も奮闘しております!

大豆の収穫からお米の精米までの様子
大豆の脱穀と選別について


また、つくし農園の1月の様子もまとめてアップしています。
実は夜明け前から芋の皮むきしまくった、
嫁渾身のけんちん汁も登場します。

1月集合日および1月臨時集合日の様子



* * * まかない日記 * * *

P1100986dinner.JPG
新巻鮭のアラで濃厚スープをとって、じゃがいもスープに仕立てました。
かぶの葉を散らして。

黒い器は、この夏のグリーンカーテンで1つだけ実った冬瓜。
種取りしたから、来年はもうちょっと育てたいな〜。

posted by miya at 23:55| Comment(0) | 身体を整える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

冷えとり3年物語(3)

前回(1)(2)からの続きです。

(3)靴下がボロボロに

五本指の冷え取り靴下を絹、綿、絹、綿・・・
の順番で重ね履きした結果、半年も経たぬうちに穴が!

冷え取り1年目に重宝していた安物五本指。
140409_1925~01.jpg

冷え取りでは、穴があくのは「毒出し」と言って
身体の不調を絹が吸い出してくれていると考えるようです。

冷え取りを始めた頃の私は、病気のデパート状態で
色んな病院にかかって薬もたくさん処方されていました。
絹の五本指靴下のあちこちが数か月ですぅっと薄くなり、
ぽっかりと破れてゆきました。

靴下を買ってくれ、同時に冷え取りを始めた姉が
「あんたどんだけ身体悪いのー!」と驚くくらい。
不調が少ない人は、穴があくのもゆっくりなのでしょうか。

こちらはお高い、無印良品の冷え取り靴下。
140519_1926~01.jpg

2年目は、全くといっていいほど穴があかず
購入後、しばらく無傷だったのです。

1年目に相当の毒出しがされたのでしょう。
それに、つくばに越してきてから
食生活や精神面がずいぶん安定したことも大きいかと。

急に穴があいたのは、昨年の流産のとき。
あれ?ぽっかり穴があいた・・・と思った翌日に流産がわかりました。

そして、今回の5月の出産のあと
久々にたくさんのお薬が打たれ、飲んで、としていたら
10日間ほどでぼっかぼっかと穴があいていったのでした。

穴があいたくらいで捨てるわけにはいきません。
足の裏と甲とをひっくり返し、または裏返して左右を変えて
最後の最後まで履き倒します。

今一番重宝している冷え取りシリーズ→ シルク生活.com
140701_1039~01.jpg
(2)でご紹介したようにわかりやすい刺繍があって便利だし、
上下、裏表、どう裏返しても困らないよう
かかとがない作りなんです。これは大助かり。

ただそうやって履き倒していると、大きな穴が上下で貫通!
ここまできたら・・・いえ、まだ捨てません。
しっかり繕ってまだまだ履き倒します。


靴下のどこに穴があくかで、身体の不調がわかるそうです。
詳しく書いてあるページがありました→ こちら
私は腎臓・消化器・脾臓に該当するようです。

これは自然療法で自分の不調を調べると決まって
「腎臓・脾臓の手当てをすること」「胃腸が悪い」
と書いてあることに関連しているように感じます。

私の場合は薬を飲んでいる時期に
てきめんに穴があいてしまうようで、
“具合が悪いから薬が処方され、靴下にも穴があく”
と考えていたのですが、もしかしたら
“薬(=異物)を排出するために臓器が疲弊し、靴下に穴があく”
ということもあるのかもしれません。


長くなったので今回はこのあたりで。
毒出しの結果、改善された不調の数々はまた次回ご報告しますね。

posted by miya at 17:42| Comment(0) | 身体を整える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする