2016年09月03日

出産顛末 〜自宅出産のために準備したこと〜

“子どもが三人になると手が足りなくなる”、を実感しています。
なかなかパソコンに向かえません・・・

P1150180ninnpu_kensin.JPG

さて、前回(次女出産時)は、一応病院で産む予定にはしていて
偶然ではありますが、自宅で出産してから病院に向かいました。
※病院を選んだ経緯はこちら ⇒お産にじっくり向き合う


【前回の良かった点】
・自宅で家族が揃っているときに出産できた
・身体をよく動かした翌日に産まれてきた
・自前のお産セット(古バスタオル、洗面器、ビニール袋など)を用意してあったのが大いに役に立った
・つかまるもの(子どもの踏み台)が近くにあり、四つん這いで産みやすかった
※前回の自宅出産の様子 ⇒自宅編


大前提として、夫がヤギ牧場で働いたことがあるため
お産の扱いに慣れている(血が怖くない)というのも大きかったです。
P1150584yagi.JPG

そして今回、自宅でのお産を取り扱う助産院に巡り合い、
専門家のバックアップという安心のもと、自宅出産を選択します。

とはいえ、何か問題があると総合病院へ搬送されてしまうので、
前回のお産でのトラブルを振り返って
できる範囲で予防していこうと考えていました。


【前回(次女出産時)の反省点】
・出血が多く、後で脳貧血を起こした
・お腹に内膜などが残り、病院ですごく痛い処置を受けた
・出生後、赤ちゃんが低体温になってしまった
・数日後、赤ちゃんが黄疸になった
※産後大変だった様子 ⇒病院編

P1020174jijo_HP.JPG
(産後の入院中、低体温と黄疸のために次女には1日半しか会えなかった)


【今回の希望】
・出血の少ないお産をする
・産後の痛い処置を最小限に
・胎盤を食べる(産後の母体回復のため)
・赤子を低体温にしない(産んだら素肌で抱く)
※黄疸のことはすっかり忘れていて、考えてなかったです・・・

それぞれについて、詳しく補足します。


・出血の少ないお産をする

助産院の先生に聞いたところ、出血については、
後産(胎盤が身体から出る)のあとに
どれだけ早く子宮を収縮させられるかが鍵だそうです。

胎盤は子宮の内側と無数の血管でつながっており
胎盤を外に出すとき、当然それが剥がされるわけで。

子宮の壁からはジャアジャアと血が出るのだけれど、
早く子宮が小さくなれば、血管がキュッと縮こめられて血が止まる。
という理屈なのだそうです。

そこで、お腹(子宮底)を包むように、丸めるように(?)
ぎゅうぎゅうさすって刺激し、子宮の収縮を促す
“輪状(りんじょう)マッサージ”というものを教わりました。
それでも出血が収まらないときは、アイスノンをお腹に乗せるそう。

お産の痛みがすごすぎて自分ではできる気がしないので、
このあたりの処置は夫にしっかり覚えてもらいました。

P1140627rinjou_massage.JPG

・産後の痛い処置を最小限に

前回のお産では産後、手を突っ込まれて子宮内膜?の残りを
掻き出され、死ぬかと思ったのですが
それは病院でも産婆さんでも同じことらしく。

残っていたら手で掻き出さなきゃいけないからね、
と言われて震え上がりました・・・。
なんとかするっと綺麗に出し切りたい、それを願うのみ。


あともうひとつ、会陰(えいん)の傷についても。

病院だとハサミでバチーンと会陰切開するのが当たり前。
ハサミで切った傷は、傷口が厚くて産後の縫合がめちゃくちゃ痛い。

一方、助産師さんは切りません。

自然に伸びた結果として会陰が裂けたとしても、
一番皮膚の薄いところが裂けるので、傷は最も浅くなるのだと
前回のお産で、助産師さんがこっそりなぐさめてくれました。

なので、とにかく裂けないよう、せめて傷が最小になるよう
ゆっくり時間をかけて、伸びるように、ゆっくり産みたい。

陣痛の痛み、大絶叫のなかで、どこまでこらえられるかなぁ・・・


・胎盤を食べる(産後の母体回復のため)

ヒトとラクダとクジラ、イルカを除くすべての哺乳類が、
産後に自分の胎盤を食べるといいます。

それはもう、産後の母体に必要なものが詰まっているに違いない。

自分の血肉でできている胎盤だもの、
スーパーで売ってる肉より絶対に安心。

ということで、胎盤は夫に調理してもらう約束をしました。
感染症などの問題があるので、自分以外の人には食べさせませんが。

P1020204sinseiji_kurumu.JPG
(退院直後の次女)


・赤子を低体温にしない(産んだら素肌で抱く)

前回の次女のお産で特に悔やまれたのが、これです。

自宅で次女を産んだあと、
電話の指示に従いながら病院に向かったのですが、

「赤ちゃんはしっかりタオルでくるんでね!」
「してますしてます〜」・・・これが失敗だったのです。

5月、羊水でびしょ濡れの赤子をささっと拭いて
タオルでくるんだところで、本人が体温を保てるはずもなく
病院についたら低体温で保育器に2日入れられてしまいました。

本当はどうすべきだったのか、と助産院で聞いたところ
拭いた赤子を母親の肌にくっつけて胸に抱き、
母子を上からタオルでくるむ、が正解だそうで。

今度は忘れずに、産んだら肌にくっつけて抱いていよう、
と心に誓ったのでした。


黄疸についてはまたいつか個別に記事にしたいと思います。


自分の備忘録として書いているもので、
話がごちゃごちゃしてしまいすみません。

いよいよ次回、お産本番のことを振り返る予定です。


お産の考察: お産にじっくり向き合う お産について思うこと
今回の出産顛末シリーズ: 出産顛末 〜助走〜 出産顛末 〜自宅出産のために準備したこと〜 出産顛末 〜お産前編〜 出産顛末 〜お産後編〜 出産顛末 〜産後〜 胎盤を食べる 〜レシピと感想〜 産後の余談 〜後腹(アトバラ)の苦しみ〜




* * * まかない日記 * * *

ホルモンの関係で、産後1〜2日は母乳が出にくいらしいのですが
暑さで赤ちゃんが心配になり、なんとか早く母乳を飲ませてやりたくて。

で、産後二日目に食べたよもぎ団子がこちら。
P1150423yomogi_dango.JPG
田んぼの近くで摘んであったよもぎと、有機玄米粉、中の餡は有機くるみ&レーズンで。きなこをたっぷりまぶして戴きました。

よもぎ餅やよもぎ団子は、自然療法の本でよく出てきます。
食べた後はやはり、母乳がよく出てくれました^^


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 23:54| Comment(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

出産顛末 〜助走〜

ご無沙汰しておりました。雑草屋の嫁です。
お陰様でずいぶん回復してきました^^

恒例の(?)出産顛末、記しておこうと思います。


【前駆陣痛が2週間】

今回も予定日の半月前から前駆陣痛が始まり、2週間続きました。

一日に2〜3回、1回あたり1時間半程度の弱い陣痛で
痛みと張りをせっせとメモしては、遠のいて・・・の繰り返し。

何をするにも億劫になり、運動不足になりやすいのが
この時期の私のいつものパターン。

助産院の先生曰く、すごく時間をかけて
硬い子宮口を柔らかくしているのかもしれない、とのこと。
私のお産はそういうリズムらしいです。

子宮口はこの2週間でじわじわと開いていって
3cm開き、4.5cmになり、6cmになり・・・

赤ちゃんの頭もぐっと下に下がってきて、
スムーズにお産まで突き進むだろうと思っていました。

P1150169fumidai_syoukou.JPG
(予定日当日、踏み台昇降をやってみる。付け焼刃の運動で筋肉痛に・・・)


【前駆陣痛が遠のき、子宮口が狭まる】

娘二人を出産した経験から、
前駆陣痛が1〜2週間続いたら出産!と予測していたのですが・・・
P1150172ninnpu_kensin.JPG
予定日当日の診察では、どうも先生の様子がおかしい。

「あら・・・? 上に戻っちゃったみたいね・・・?」

さらに内診をして、

「子宮口も3cmに縮んでるわよ? こういうこともあるのねぇ・・・」

まさかの、進行逆走。

赤ちゃんの心拍などは問題ないとのことで
「今日明日では産まれないわよ^^ どんどん運動してらっしゃい!」
と言われたのでした。

P1150202sanpo.JPG
(診察後、一念発起して東大通りを1時間歩く)


【大満足の外出】

付け焼刃の運動を色々と試したものの、
すぐには出産とはならず・・・。

出産予定日を2日過ぎた頃、家族全員で
つくばから上野駅までお出かけしました。

P1150222densya.JPG

実家の母(子ども達にとってはばーば)が
もうすぐ7歳になる長女を連れて
秋田(母の実家)に里帰りしてくれることになっていたのです。

P1150225eki.JPG

予定では私の出産後、大変な時期に頭数を減らす作戦でしたが
まだまだ出産していないまま、それどころか、
赤子の位置が高いから遠出も大丈夫そうだと判断して
お留守番のつもりだった私も、上野駅へ。

P1150230ueno_syuppatsu.JPG

新幹線で秋田へ向かうばーば&長女を見送ってから、
にわか一人っ子状態の次女と、上野駅でランチ。

P1150235ueno_lunch.JPG
Soup Stock Tokyoは化学調味料や保存料なしのお店なので
都内の駅で食事するとき、とってもありがたい存在です。

ゆったり本屋さんで本を買い、のんびりつくばへ戻りました。
P1150247densya.JPG
長女は10日ほど秋田に滞在予定なので、
「産まれるまでは一人っ子だね!こんなの初めてだね♪」
なんて言いながら、次女と電車の旅を楽しみました。
P1150260densya.JPG

マタニティ服の真似をしたい次女。伸びるねぇ。
P1150266densya.JPG

つくばに着いてからも、
図書館やコーヒーファクトリーさんに行って
産前の楽しいお出かけを満喫したのでした♪

そして・・・
この日の深夜に陣痛がきて、出産。

次女の一日天下、そして私のお出かけ欲求が
ひと通り満たされるのを待って、産まれてきてくれました。


赤ちゃんは、本当に一番いいタイミングで出てきてくれるなぁ、
と感謝の気持ちでいっぱいです。

産まれたときのことは、また次回^^


お産の考察: お産にじっくり向き合う お産について思うこと
今回の出産顛末シリーズ: 出産顛末 〜助走〜 出産顛末 〜自宅出産のために準備したこと〜 出産顛末 〜お産前編〜 出産顛末 〜お産後編〜 出産顛末 〜産後〜 胎盤を食べる 〜レシピと感想〜 産後の余談 〜後腹(アトバラ)の苦しみ〜




* * * まかない日記 * * *

可憐な白い花の正体は・・・
P1150096piment_flower.JPG

ピーマン! 種を蒔いて、しっかり実ったのは初めて。
P1150095piment.JPG
私が滅多矢鱈に買った種を、夫がきっちり育ててくれてました。

上野にお出かけした日の晩ごはんは、あっさりと「素麺の冷やし中華風」。畑のピーマンを始め、色んな野菜とスープ煮のツナを乗っけて。
P1150288hiyashi_tyuuka.JPG
タレは我が家の定番配合(自家製めんつゆ×生姜の甘酢はちみつ漬け)に、大人はお好みでごま油やラー油を追加しています。


ほぼ1ヶ月ぶりのPC作業は、
ブラインドタッチが覚束なくなっていてビックリ。

なんだか文章もまとまりなくてすみません〜
読んでくださりありがとうございました^^


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 22:58| Comment(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

第三子、産まれました

160803_1510~01.jpg
お陰様で7月末、自宅にて男の子を出産致しました。

母子共に元気です。落ち着いたらゆっくりとご報告したいと思います。

夫が家事育児など全て担っている都合上、各方面にご迷惑をおかけしているかもしれませんが、どうかご容赦下さい。

これからも雑草屋をよろしくお願いします。

それでは、また。
posted by miya at 15:12| Comment(4) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする