2017年01月19日

お空から、びゅーんって

from_the_skyIMG_1511.JPG

次女が私のお腹にやってきた夜のことは、
よく覚えている。


眠っていたら、私の枕元に
小さい子どもがたたたっと駆け寄ってきて
左上のあたりからしゃがんで私をのぞきこんだ。

と思った次の瞬間に、その影は
プールサイドから飛び込むみたいに
勢いよく、びゅん!と私のほうへ駆け込んだ。

 ぶつかる!

と、思わず目をぎゅっとつぶったら、
自分の中にしゅーんと入ってきた。


 ああ、もしかしたら、
 赤ちゃんが来たのかも。

そう考えたら安心して、また深い眠りに落ちた。


3人の子どもたちのうち、
こんな体験をしたのは次女のときだけ。

しかも、駆けてきた勢いが甥っ子にそっくりで
産むまでずっと、男の子だと信じて疑わなかったっけな。

from_the_skyIMG_4846.JPG


それから、現在。

2歳半になった次女が昨日、
起き抜けに布団の中で「お空のこと」を話し始めた。

from_the_skyIMG_4823.JPG

 お空の上からね、ゆいーちゃんが、
 おめめで、わわわあぁ〜〜〜!って、見てね〜。

 おたーちゃんのところに、びゅうーん!
 って、きたの〜。きたんだ〜♪

from_the_skyP1020281.JPG

眠りとの境界にいるとき、
こういうことを話すとは聞いていたけど
まさか自分の娘から聞けるなんて。

知り合いに、お腹の中にいたときの記憶を話す子がいたから
いつか子どもを産むようなことがあれば、
胎内記憶なんかを3歳までに聞き出そうと思っていたけど。

長女は残念ながら「ぜーんぜん!おぼえてない!」と答えたから
それっきり、すっかり忘れていた。

from_the_skyIMG_1516.JPG

それから、ちょっと脱線するけれど。

甥っ子(兄)は3歳のとき、
新幹線から沈む夕日を眺めてうとうとしかけたタイミングで
いきなり「前の話」をしたそうな。

from_the_skyP1000257.JPG

 おかあさんのところに来る前はな、
 おにいちゃんがおってん。

 てっぽうで、みんな、バンバンバン!ってやるねん。
 おとうさんもおかあさんも、
 家にきた人に、バンバンバン!って、殺されてん。

 あの沈んでくおひさまみたいにな、
 大きい川に、おかあさんの体が
 ゆっくり、ゆっくり、沈んでいってん。

 川はな、ずうっと向こうまで、
 みんな死んでてん。

 でも、おにいちゃんがおったから、平気やってん。
 てっぽうもってな、おにいちゃんと逃げて、戦ってん。

 今はな、おかあさんがおるから、うれしいねん。

from_the_skyIMG_3119.JPG

姉からすぐに連絡をもらって、
その内容を聞いた私は、涙が出た。

憶測でしかないけど、
内戦の激しいような場所にいた子が、
ゆっくりお母さんと生きるために、
姉のところに来たんやろうなとか、
だから甘えん坊で泣き虫なのかなとか。

前のその子と、今のその子を思って、泣いた。


でも、この話はこのとき1回きりで、
本人が大きくなってからは「ぜんぜん覚えてない!」という。

from_the_skyIMG_3092.JPG

さて。

ポエマー調スピリチュアル系は好きじゃないし、
綺麗事は書きたくないので、さっくり終わろう。


語る子も、語らない子も、
どこかからわざわざ来てくれたんだと思うと
大切に一緒に生きていかねば、と気持ちが改まる。

毎日ドタバタで、すぐ忘れちゃうんだけど。
来てくれて、ありがとう。



* * * お知らせ * * *

2月スタートなのに全然宣伝してなかった・・・!という、
のんびり告知のつくし農園。 畑で待ってまーす^^
17tsukushi_ban.jpg
自然農のある暮らし、始めませんか?
2017年度プレーヤー&聴講生、募集開始!


こちらは親子で楽しめるお米と大豆作り。
作物が決まっていて、作業しやすいのでハードル低めです♪
17agri_miso_ban.jpg
こぐま塾アグリコース 〜2017年度 味噌の部〜




* * * まかない日記 * * *

夫が無添加の竹輪を買って、「木の葉丼」を作ってくれました。
車麩も入っててジューシー、豪華!
konoha_donIMG_4745.JPG
毎朝の霜にもめげずに、庭ではミツバが少しずつ成長してきました。
少しもらって、散らしてみたら、おいしい〜。

「え!ちくわに車麩に、卵まで!ぜいたくぅー!!」
と娘たちに喜ばれました^^ 作ってくれて、ありがとう。


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 15:22| Comment(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

産後の余談 〜後腹(アトバラ)の苦しみ〜

IMG_1402.JPG

出産から、3ヶ月が経とうとしています。

あの産後のわちゃわちゃな日々からは、もうすっかり遠ざかり
毎日ずいぶん穏やかに暮らせるようになりました。

IMG_1400.JPG

今日は、すっかり埋もれていたお産シリーズの余談を
引っ張り出してアップします^^

本日は後腹(アトバラ)の苦しみ編です。

P1150371jitaku_shussan.JPG
(お産のあと、夜が明けて、次女はひとり朝ごはん)


出産はスムーズにいき、産後の処置も先生方がテキパキしてくださり、
何もかもいい感じで終わったー!と思ったのに、今回はここからがキツかった。

すっかり忘れていたけど、出産したあとは
子宮がどんどん元に戻ろうとして、強烈な痛みがあるのだった。

P1150374jitaku_shussan.JPG
(助産院の先生をうちわで応援)


◆アトバラの痛みを噛みしめる

子宮復古の痛み、すなわち後陣痛(後腹)。

今回、三人目のお産で初めて、
産後に痛みどめのお薬を飲まなかった。

痛みどめにはときどきアレルギーが出るから、
何となく身体が欲しがっていない気がして断ったのだ。


でもね。

三人目を産むまで全く知らなかったけど、
『 人数産めば産むほど痛い 』 のだそうで。

エッ!?
聞いてないよー(涙)!!

といくら心で叫んでも無駄で、
とにかくとにかく、陣痛と等しいレベル(!)の痛みと苦しみが

・産後3日くらいまで30分おき
・そこから産後5日までは1時間おき
・産後6〜7日になっても2〜3時間おき
・産後10日目くらいまでは1日4〜6回

ずーっと続いたのだった。

P1150464jitaku_shussan.JPG
(沐浴を羨ましがってたら、先生が頭を洗ってくれたよ!感激!)


こんなに痛いなんて!
せっかくお産終わったのに!!

油汗をたらしながら歯を食いしばり、痛みに翻弄された。


「10ヶ月かけて大きくなったお腹を
 ほんの数日で戻してるんだから、そりゃ痛いよね・・・」

夫が気の毒そうに言ってくれた。
うん、痛いよー。ほめてー。


◆お産の痛みはトータルで一緒

助っ人で来て下さった、もうひとつの助産院の先生が
「お産の痛みって、総量は一緒だと思うの」
って声をかけてくださって、ハイもうその通り・・・。


私は陣痛が短い分、すごーく痛いし、前駆陣痛が長いし、
産んだあとの後腹は長く続くしで、
あぁ、結局痛みからは逃げきれないんだなぁ、と思う。

もちろん欧米風に麻酔で無痛分娩、という方法もあるけれど
母性が少ない自覚のある私は、
せめて“お腹を痛めて産んだ”実感が欲しいから、
どんなに痛くっても、文句ブーブー言いながらでも、
やっぱりお産の痛みにギャーッってなるのがいいみたい。


陣痛の痛みも、産後の後腹の痛みも、
「きちんと痛い」ってことは、「動けない」ってことで、
「きちんと休む」につながるんだろうな。
そうしたら「きちんと戻る」のかも。

動物として、ね。

P1150473jitaku_shussan.JPG
(本物でお医者さんごっこ・・・)


◆野性的な顔にビックリ

ひたすら痛いし、赤ちゃんの世話もあるしで、
この期間はもう、モデル並みにゲッソリ痩せていた。

で、不思議なことにこの時期は
鏡で顔を見るたびに、ドキリとするほど野性的で
自分が自分じゃないみたいだった。

夫も「前回と産後の顔がぜんぜん違うね」と驚いていた。


空調の整った病院のベッドで、汗ひとつかくことなく
痛みどめのお陰で、後腹もそこそこの痛みで済んでいた前回。

顔がぶよっとむくんで、そんなに写真を撮りたくはない顔だった。

今回、痛みどめを飲まず、冷房も扇風機も使わない自宅で
痛みにウンウン唸り続け、暑さでダラッダラに汗をかいて・・・

産後2週間をそんなふうに過ごしてみたら、
無駄なものが一切削ぎ落されて、初めて見るくらい
すっきりした顔になっていたのだった。


普段、余計なものをいっぱい蓄えてるのかなー。
あの顔、あの野性味を忘れずに、また試行錯誤して暮らしていこう。

IMG_0037shinseiji.JPG

お産の考察: お産にじっくり向き合う お産について思うこと
今回の出産顛末シリーズ: 出産顛末 〜助走〜 出産顛末 〜自宅出産のために準備したこと〜 出産顛末 〜お産前編〜 出産顛末 〜お産後編〜 出産顛末 〜産後〜




* * * お知らせ * * *

早速のお申込み、お問合せ、ありがとうございます!
麦をまいて、パンになるまでを一緒に体験しませんか^^

16-17aguri_komugi_ban.jpg
アグリコース 小麦の部 〜ひと粒の麦がパンになるまで〜 募集開始!




* * * まかない日記 * * *

まかなってないですが。
先月、ホームパーティーにお邪魔したときの写真。手巻き寿司!
IMG_1056temakizushi_party.JPG
美味しかったなぁ〜。うちからは塩蒸しかぼちゃと、高野豆腐の煮物の2つを持っていったかな。

子供たちは遊んでてくれて、大人はゆっくりお話して。
IMG_1063party.JPG
幸福なキスをたくさんいただいて目をぱちくりさせている息子(笑)

DさんNさんご夫妻、Mさん&Mさんご夫妻、
その節は急に参加させてくださり、ありがとうございました!!
ごちそうさまでしたー♪


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 05:28| Comment(2) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

胎盤を食べる 〜レシピと感想〜

自宅出産をしたら、絶対に胎盤を食べようと思っていました。
産後の回復にいいと聞くし、ほとんどの哺乳類は食べると言うし。

で、実際に食べたらめちゃくちゃおいしかったよ!
という記事です。

P1150516family.JPG

今回はテーマが胎盤ということで
写真はさすがに公開を控えます。ご安心ください^^

(代わりに、記録が後回しになってしまった
 8月の季節行事や家族のイベント写真でお送りします)



◆胎盤を意識するきっかけ

私が「胎盤を食べる」ということを耳にしたのは
今から10年ほど前・・・社会人になったばかりの頃。

都内のセレブ御用達の産院で出産したカリスマ女性社員が

「私が出産した病院はね〜、
 自分の胎盤をね、胎盤ステーキにしてくれるの!

 それで産んだ日はフレンチのフルコースになるのよぉー
 すっごくおいしいの!いつか食べてごらん♪」

と興奮気味に話してくれたのが最初でした。


そして、中島デコさんの本を読んでも
自宅で出産して胎盤を食べていて、
生姜醤油でぺろっと・・・なんて、ずいぶん美味しそう。

調べてみれば、ヒトとラクダ以外の陸上に住む哺乳類は
みーんな、出産直後に胎盤をぺろりと平らげるという。

・・・胎盤って、
産後の母体に必要なものが満載なんじゃない?

だんだん、好奇心から確信に変わっていったのでした。

IMG_0287tanabata.JPG
(旧暦の七夕。長女がたくさんの七夕飾りをせっせと作ってた)


◆自宅出産ではよくあること?

今回の出産が自宅出産と決まった時点で
「やったー!胎盤を食べてみよう!」とウキウキ。

恐る恐る助産院の先生に確認すると、

「時々そういう方いらっしゃいますよ。
 じゃあ重さを量ったらご主人にお渡ししますから^^」

あー良かった〜。叱られたりしなくて〜。


ちなみに病院で産んだ場合、胎盤は
産業廃棄物として廃棄処理されるか、
美容成分(プラセンタ)のために企業に回されるそうですが・・・

捨てるなんて!
他人の美容に使われるなんて! と思いません?

IMG_0495tanabata.JPG
(産後で寂しい思いをさせたようで、願い事はこのとおり)


◆胎盤メニューあれこれ

胎盤メニューは「生で、生姜醤油で」と考えていたけど
噂の「胎盤ステーキ」も気になるし、
WEBで見かけた「胎盤の煮付け」も捨てがたい。

そうやってあれこれと胎盤の味わいを妄想しながら
妊娠生活を送り、予定日を迎え、予定日を超過し・・・

ずっと気になっていた本を上野で買いました。
「この鶏もつ煮のレシピで胎盤を煮付けてもらおう!」と。
P1150326.JPG

こんな目的でこの本を買う人はおらんと思います(笑)。


◆胎盤の下処理

料理本を買ったその日の深夜2時すぎに、出産。

後産で胎盤を産んだのが3時前で、
胎盤は夫によってチルドルームに保管されました。

先生方が4時半頃に帰っていかれると
夫はそこから、胎盤の調理開始。

こまめに写真を撮りながら作業してくれたようで
カメラには胎盤の処理の過程が事細かに記録されています。

夫の写真によると胎盤は、
へその緒から細かい血管が無数に張りついた状態で
全体が厚手のビニール袋かシリコンシートのような
薄い膜で包まれているようでした。

台所の一番大きなタライに水を張って、
胎盤表面の太い血管などを丁寧に引きはがしていき、
次に薄い膜と内側の胎盤(ぴったりくっついている)を
手で丁寧に引きはがして、やっとこさ胎盤のメイン部分が登場。

見た目はいかにも生肉といった感じですが
レバーの要領で水を換えながら包丁で切り、水洗いしてしまえば
見た目は鶏もも肉みたいです。

IMG_0532birthday_cake.JPG
(8月末には長女の誕生日祝いでケーキを焼いた!産後1ヶ月の頃)


◆胎盤料理(1) 胎盤のお刺身 生姜醤油で

出産から3時間ほど経過した朝5時半、
最初の胎盤メニュー「胎盤のお刺身 生姜醤油添え」をいただきました。

夫が枕元に運んでくれ、小さく切った生の胎盤を
ちょんちょんと生姜醤油につけて、横になった私に食べさせてくれます。

お味は・・・おいしーい!!!

例えるなら、鶏ささ身の生肉をお刺身で食べる感じ。
血生臭くもなく、脂っこさもなく、さっぱりしていて歯応えプリプリ。
ヒラメの縁側を分厚くして、脂を差し引いたような味わいです。

さすが私の胎盤(笑)!
スーパーで売っている生肉みたいに薬品臭くもなく、
想像していたレバーのような血の味もなく、美味しかったです!

馬刺しのイメージでごま油&塩の組み合わせも試しましたが
胎盤がサッパリ淡泊なので、合いませんでした。
生の胎盤は、生姜醤油にサッとつけるのが一番おいしかったです。

産後ぐったりしているはずなのに、あんまり美味しくてやめられず、
何度も「おかわり!」「もっと!」と追加で持ってきてもらい・・・
胎盤の半分近くをお刺身で食べて、大満足でした。

私は溶連菌持ちで、夫が感染して倒れたら困りますから
夫が食べたそうにしていましたが、厳重にお断りしました。

IMG_0543birthday_card.JPG
(夫の誕生日は産後1週間頃。大変すぎて8月末に長女と合同開催)


◆胎盤料理(2) 胎盤の煮付け

残り半分は甘辛い煮付けにしてもらいました。
これまた、すっごーく美味しかったのです〜^^

千切り生姜、醤油、みりん、酒を小鍋に入れて煮立て、
ひとくち大に切って水洗いした胎盤を加えて煮詰めるレシピ。

刺身の時は全くレバーっぽくなかったのに、
煮付けにすると鶏レバーの煮物そっくりになるから不思議です。

有機玄米を炒って柔らかく炊いてくれたので、
ごはんに煮付けをのっけて、はふはふモグモグ・・・止まらない〜

結局、作ってくれた煮付けはその日のうちに全部食べてしまいました。
思いがけず、胎盤をまるごと食べきったのです。


お腹がすいて何でも食べたい、という状況ではないのに
胎盤を食べると、何だか身体の奥から
「これだー!」という感覚が突き上げてきて、
どんどん食べ進んでしまったのですよ・・・。不思議です。

IMG_0621omiyamairi.JPG
(お宮参りには義実家のみなさんも来てくれた)


◆胎盤の味を振り返って

胎盤は、生でも煮付けでも、すっごく美味しかったです。

食品添加物を身体に入れない、薬を飲まないなど
日頃の生活が良かったんだろうなぁ。

胎盤はいわば、自分の血肉なので、どんなお肉やお魚よりも
ずっとずっと、身体にフィットするんでしょうね。

産後は貧血もなく、おまけに、これまでで一番回復が早かった!

胎盤を丸ごと食べた、その栄養価だけでなく
母体が「胎盤を食べたぞ!回復するぞ!」と動物スイッチが入り、
生命力が高まったからじゃないかなぁ〜、と思っています。


産後3日目に義実家からカツオの刺身をいただいたのですが
こちらは食べた途端に胃が気持ち悪くなり、
頑張って食べたらお腹を下してしまいました。
生魚はいらん!って身体が主張するのを感じたことでした・・・

IMG_0623omiyamairi.JPG
(ベビードレスを紛失して息子は肌着!娘たちは義姉にいただいたお揃いワンピ)


自分の胎盤なんて、
一生にそう何度も食べられるものではありません。

また出産する機会に恵まれたら、再び胎盤を食べたいと思います♪

あんな血のかたまりみたいなものを果敢にも調理してくれた夫、
本当に本当にありがとう!!!ごちそうさまでした!


お産の考察: お産にじっくり向き合う お産について思うこと
今回の出産顛末シリーズ: 出産顛末 〜助走〜 出産顛末 〜自宅出産のために準備したこと〜 出産顛末 〜お産前編〜 出産顛末 〜お産後編〜 出産顛末 〜産後〜




* * * お知らせ * * *

笑顔がとっても優しく、素敵なみたらいさん。
彼女に会いに行くというだけでも、子供たちは大喜び。

161020homeschool_sk_ban.jpg
ハッピーなニワトリに会いに行こう!


ホームスクールや家庭保育をしているみなさま、
ぜひいらしてくださいね〜。



* * * まかない日記 * * *

つくば自然育児の会のお友達5名にお世話になった、
産後1ヶ月のおかずサポート。

お願いした条件は「添加物なし」「乳製品なし」の2つだけ。

安心な手作りの家庭の味を、週に3回かそれ以上
自宅まで届けてもらって、本当に助かりました!

・高野豆腐の揚げ煮  ・サバ味噌
IMG_0484okazu_support.JPG
高野豆腐は水で戻して絞り、煮汁に浸してまた絞って、油で揚げたあとに煮汁に戻すのだそうです。いつもの高野豆腐がとびっきりのごちそうメニューに!! これは作らねば〜〜

・小松菜とささみのお浸し
IMG_0485okazu_support.JPG
みんな、お肉を使うにしても、脂こくない部位を選ぶなど、色々とありがたいメニュー構成で、嬉しい&美味しい日々でした〜。
K子ちゃん、ありがとう!!また料理教えてね!

5名のおかずの紹介は以上です^^
次回からはまた雑草屋の地味なまかない日記に戻りまーす。


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 17:43| Comment(4) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする