2014年02月10日

2/16は佐藤 初女さん講演会

つくサスのサイト内でも掲載しているけれど
今日は「地球交響曲第二番」に出演されている佐藤初女さんについて。


私はいくつかの雑誌と本で
心病める人の憩いの場「森のイスキア」と
それを主宰する佐藤初女さんの丸い背中を知った。

食を通じた奉仕活動。
それだけではない何かを感じた。
居ていい場所。追いつめられない場所。緩む場所。

私が「森のイスキア」の存在に強く惹かれるのは
若い頃、こんな場所がほしかったからだと思う。



こんな場所を多くの人が探しているのかもしれない。
もっと増えるといい。なんで増えないんだろう。

でも、こうした居場所作りは
人間の器が問われるようで怖い。

気がついたら自然にそうなっていた、
そういう人こそが向いているのであって
さぁ作りましょう集まりましょうというものではない・・・


悶々としたこともあるけれど、
人生には色んなステージがある。

いま、30代をどう過ごすか。

自分にできることをめいいっぱいやりながら
学びながら、生きている。



そして週末に迫った
2/16(日)「佐藤初女さん講演会」in川越。

まだお席に余裕があるそうです。
kawasaki.jpg

「森のイスキアって気になっていたのよ」
「初女さんの講演、いつか行きたいと思っていたの」
というお声も聞かれます。

せっかくの関東での講演会。
この機会に初女さんのお話を聞きにいきませんか。

我が家は親子3人で行ってきます♪


ロビーでは初女さんの著書だけでなく、
初女さん流おにぎりの販売もあるとか。楽しみです!

お申込みページはこちら
May-Jin さん(川越まるごと養生カレッジ主催)の詳細案内はこちら




そうそう!
こんな本が出ているのを知りました!欲しいな〜

「粗食」のきほん 〜ごはんと味噌汁だけあればいい〜
佐藤 初女・幕内 秀夫・冨田 ただすけ
sosyoku-no-kihon.jpg

私のブログでも時々ご紹介している
粗食のすすめ」の幕内秀夫さんと、佐藤初女さんの対談集!

「白ごはん.com」で活躍される
冨田 ただすけさんのレシピも載っているそうです。



さてはて。
風邪をしっかり治して週末を迎えねば。

ラベル:レシピ本
posted by miya at 12:12| Comment(0) | つくサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

上映会&ワークショップ終了!

昨日はつくサス主催の映画上映会を朝と夜に
そして夫主催のワークショップを昼間にと
丸一日てんこ盛りでした。

ご来場いただいたみなさま、
ボランティアのみなさま、
近くや遠くで応援してくださったみなさま。
本当にありがとうございました!
お陰様で無事に全てを終えることができました!


これまで何度も不安に駆られ、眠れず、胃が痛く、
無気力やら無力感やら焦燥感やらが日々押し寄せながら
当日の朝を迎えた私たち。

多くの方に応援していただき、遠方からもご来場くださり
またつくばで上映してね!と激励していただいて・・・

なんだ!やって良かったじゃん(涙)!
と、夫と背中を叩きあったことでした。


このところほぼ不眠不休で走ってきましたが
やっとひと段落。
昨日は久しぶりに昏々と眠りました。

学ばせていただくことばかり、
反省することばかりですが
着実に、次につなげてゆきたいと思います。



今日は事務処理と後片付け。


夜はゆっくり野菜鍋で身体をいたわります。
140126_1917~01.jpg
つくいちで買った、浅野さんの自然農大根と
近江屋商店さんの自然農人参が際立って甘い♪

お汁があまりにおいしいスープになっていたので
ポン酢などをかけず、ゆず皮の醤油漬けを少しだけのせながら
大切にいただきました。

さあ、ちょっとずつ日常に戻っていこう。
ラベル:ゆず
posted by miya at 21:54| Comment(0) | つくサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

命を信じるということ

命を、生命力を、信じるということ。
そして、しっかり安心させてあげるということ。


子供が「この家にいていいんだ」「私は愛されているんだ」と思えること。

新入社員が「どんなに失敗してもこの上司が見守ってくれる、だから絶対に成長しよう」と思えること。

妻が“良き妻”を務め続けられなくても夫に嫌われないと、実感できていること。

自分の身体や心に耳を澄ませてあげること。向き合うこと。



つくサスのHPで野澤重雄さんの言葉の数々を詳しくご紹介していると、
自分の人生がフラッシュバックしてきて。
Shigeo Nozawa.jpg



命を信じていると、命をより尊ぶことにつながります。
慈しみの愛が湧き出てくるからではないでしょうか。

とはいえ、
愛されて安心できて、つまり自分が満たされてはじめて
他者への愛が惜しみなく与えられるようになります。

まずはここから。


posted by miya at 12:49| Comment(0) | つくサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする