2020年02月13日

自由に、花開くように

今日は、家庭保育で過ごしている次女(5歳)の様子を振り返ってみます。
育児の記録として、ね^^

IMG_4418ohanabatake.JPG

5月で5歳になってから、急にメキメキと
文字を覚え、読み、書くようになっていった次女。

絵もいろいろ吸収力がアップしている時期で、
いろんな作風をあれこれ試す姿が見られました。
IMG_4456Y_oekaki.JPG
どうやら文字も、形を見よう見真似でとりあえず書いていって、
手本にした文字と見比べてはブラッシュアップしていってるみたいです。


そして秋。ある夕食の席にて、
「ごはんを食べたら私の手紙を読むから、聞いて!」と宣言。

みんなの前で読み上げた手紙がこちら。
IMG_4451Y_otegami.JPG

 だいすきだよ たのしくあそぼおね きょうはたのしくあそんだね
 みんなだいすきだよ あしたもたのしくあそぼうね
 きょうはたのしくあそんだね わたしもぼくもうれしかったね

なーんという、善なる言葉の数々!
見事な言祝ぎの手紙やわ〜 これは永久保存版だわ〜(反抗期に読み返そう)


次女に字を教えたことはないのでわからないけど、
秘密の練習ノートみたいなものは何度か見かけました。

どうも、「ひらがな」と「カタカナ」と「数字」があると気づいて
種類ごとに練習しようとしていて、
あれこれ絵本を引っ張り出しては書き写している様子。
漢字も、書きたい漢字は長女に繰り返し教わりに行ってるようでした。




幼児期、「身の回りの物事の秩序(決まり)を見出す」ことは
暮らしの中で日々、行われているようで、その発見が楽しいんですね。

文字以外にも、例えばスプーン。
IMG_5938.JPG
家にあるすべてのスプーンを種類とサイズで分析して
スプーンの進化の過程を考え、図にして熱く語る次女なのでした。ふふ。


最近は絵本を片っ端から読み上げ、弟にも読み聞かせしています。
IMG_6800yomikikase.JPG

花束作りも大好きで、取り合わせは私なんかより結構、センスがいい。
IMG_4744Y_hanataba.JPG

チョーク代わりになる石を拾っては
広い広ーいアスファルトに描くのにしばらく夢中になっていたっけ。
IMG_4872Y_oekaki.JPG
(でも集会所の駐車場だったから、注意されてオシマイ。ざんねーん・・・)


さて。
夏のある日、絵の具で描いて持ってきたのは・・・
IMG_4709Y_oekaki_nohara_takibi.JPG

え?火がなんか、絵本の挿絵みたいなんだけど!
IMG_4710Y_oekaki_takibi.JPG
炎の描き方、すごいなー!!
産まれた頃から焚き火を見て育っただけあるね。

⇒関連記事:焚き火の味 焚き火食堂


秋の台風後にはこんな絵も描いていました。
IMG_4728Y_tayhoon.JPG
台風で避難したことや、町の水害が、よほど印象に残ったんだろうなぁ。


一緒に過ごしている3歳の長男も・・・
IMG_6599oekaki_engawa.JPG

自由にのびのび、描いています。
IMG_4607A_oekaki.JPG

この年齢の自由な色使いには、目を見張るものがありますね。
IMG_6330A_oekaki.JPG
カチコチの頭になってしまった私には、このタッチは、できなーい。


赤ちゃんがいると大変だから、外で描くこともあります。
IMG_6326kids_oekaki.JPG

誰か、先生みたいな立場の人に「今日は○○の絵を描きましょう」と言われることもなく
自由に描く、描きたいことだけ描く、そんな日々。羨ましいぞ!!


家庭保育とはいえ、別に保母さんみたいな至れり尽くせりはしていません。
せいぜい、手の届かない場所にあるものを取ってあげるくらい。
(ひたすら家事育児に追われているだけとも言う・・・(笑))


赤ちゃんと共存しつつ、安全も確保しつつ。
次女や長男がやりたいことを、もっともっと存分にできる環境を作ってやりたいです。


自由に花開く、次女たちの様子を記録しておきたくて。
とりとめもない文章にお付き合いくださり、ありがとうございました。


「家庭保育」関連記事:余白と英才教育 家庭保育と社会性 「やりたがる時」が「やらせ時」 



* * * お知らせ * * *

ストレスをみつめて症状を解決する
心身治癒法(マインドボディヒーリング)講座の感想をアップしてあります。

イヤチェックのコツも書きましたので、ご参考になれば嬉しいです。

参加後の感想14(乾燥肌)


ひきこもり経験者、生きづらさを抱える方限定の
「ただそこに居るだけでいい」居場所、新月カフェ。

2月は大子町での開催!
茨城県北、福島県南、栃木県北の方々、お気軽にいらしてください。

⇒2月29日(土)新月カフェVol.36 in 大子町



* * * まかない日記 * * *

ある日の朝ごはん。前夜の残り物そのまんまなので品数多めです。
大根&里芋のフライ、白菜のお酢煮、キャベツのお味噌汁。
IMG_6511asagohan.JPG

大子町ではぜーんぜん畑ができていないので、
素敵な自然派の農家さん二軒(軍兵六農園さん、さより農園さん)から宅配してもらっています。
色合いも鮮やかでワクワクするような品揃え、すごいなぁ〜と、いつも感動。
IMG_6512.JPG
紅大根は、スライスして少し塩でもみ、そのまま塩麹とあえてお漬物に。
この冬は紅大根も塩麹も継ぎ足しながら、絶やさずにずーっと作ってあり、重宝しています。

庶民的フライを食べたくなって、里芋をお醤油と絡めてから、小麦粉、卵、パン粉(乳製品なし)をつけて揚げました。
少ない油で、グリルや薪ストーブで、少しずつ返しながら揚げ焼きにしています。
IMG_6513.JPG
里芋は、皮ごと蒸してから皮をむくと、無駄がありません^^
うちではいっきにたくさん蒸して、あれこれ使いまわします。

大根だって、一本まるまる、切って蒸しておくと便利。
ふろふき、ステーキと楽しんで、この日は醤油&カレー粉で下味をつけ、里芋と同様にフライに。

久々のフライ、美味しかったなぁ〜♪ ごちそうさまでした♪
posted by miya at 17:37| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

樹液ボンド

林業が盛んな、茨城県大子町(だいごまち)。

私たちが住んでいる家の裏山にもスギがたくさん植えられていて、
スギの枯れ枝や落ち葉はよく燃えるので、焚きつけに重宝しています。

ご近所の製材所からは端材や樹皮をいくらかもらってきて
軒下やガレージに積み、必要なときに使っています。

IMG_6432sugi_jueki.JPG

製材時にスギの皮は確実にいらなくなるので(“耳”と呼ばれていたっけな)
ロケットストーブや薪ストーブ、焚き火などに使うのにはうってつけ。

オフグリッド生活をしたい人には、
こんな“林業の町”で暮らすと、燃料が大助かりですね。


ある朝、気がつきました。
スギの皮にぷつりぷつり、樹液が輝いていることに。

IMG_6433sugi_jueki.JPG

触ってみると、夜間の冷気ですっかりべっこうのように固まっていて
樹液の粒が、ポロリと取れます。

しばらく指先につまんでいるうちに、
体温で柔らかくなって、プニプニに。面白いなぁ。

さらに温まると、なんと!
松脂(まつやに)のように粘着力が出てくるじゃありませんか〜。

よし決まり!ボンド遊び!!
子ども達を誘って、お庭でいろんなものをくっつけて遊びました。

IMG_6427jueki_bond.JPG

うちの子たち、何かをくっつけたいときに
安直に「セロテープ」だの「ボンド」と言ってくるんですが、
もうちょっと工夫してみ!と常々思っていたので、これは嬉しい。

気温が高いと固まらないので冬限定だけど、
外遊びのお楽しみがまたひとつ、増えたね〜。

IMG_6430jueki_bond.JPG

棒の先っちょに葉っぱをつけるのも簡単、簡単。

手指がベタベタになるから、棒切れで樹液を取るといいです。
(手について落ちない時は、お湯でゆっくり洗うと落ちました〜)

IMG_6428jueki_bond.JPG

樹液の接着力に見合う重さのものを見繕うバランス感覚も要求されまして
なかなか頭を使って楽しんでおりましたよ、5才と3才。

IMG_6429jueki_bond.JPG

粒をちょこちょこ集めておくのも便利だし、
必要なときにばーっと駆け回って樹液を取ってくるのも楽しい。

樹液ボンド、おすすめです。

IMG_6425sugi_jueki.JPG


関連記事:草花あそび 天然ビーズ 〜じゅずだま〜 山遊びと焚き火ケーキ



ついでに家庭保育3人の近況も記しておきます。

まず、次女5才。
庭に落ちている麻ひもと篠竹を使って「つりざおー^^」
IMG_6336tsurizao.JPG
細い紐をいくつも拾っては結び合わせているようです。

先述のようになんでもセロテープに頼りたがっていたのに対し、
私が断わり続けているうちに「結ぶ」スキルが上達しました。 パチパチ〜


そして、長男3才。
IMG_6387singing.JPG
毎日がミュージカルです。
朗々と歌い上げ、舞い踊っております。

次男0才10ヶ月。
IMG_6385omutsunashi_ikuji_omaru.JPG
布おむつ4人目、おむつなし育児3人目なのであまり記事にしていませんが
この子も毎日、布おむつ&ホーローおまるでやっております。

背が高くてあちこち届いちゃうから大変。
そして、もうトコトコ歩いてます。ひゃーーー


長女が早く帰宅したときなんかは、赤ちゃん以外の3人で犬棒かるた!
IMG_6436inubou_karuta.JPG
字が読めない3才児にも(たまに)絵でヒントをあげたりして、
なんとか一緒にやってるみたいです。
あーーー自然農かるた作りたーい(妄想)



この時期、庭や近所のあちこちで目を引く、この葉っぱ。
冬の陽に透けて虹色に輝くのがお気に入りです。
IMG_6397rainbow.JPG
なんだっけー 実家にもあったんだけどな。ポピュラーな庭木。
植物の名前にもうちょっと詳しくなりたいなぁ。



* * * お知らせ * * *

ストレスをみつめて症状を解決する
心身治癒法(マインドボディヒーリング)講座の感想をアップしました。

イヤチェックのコツも書きましたので、ご参考になれば嬉しいです。

参加後の感想14(乾燥肌)


ひきこもり経験者、生きづらさを抱える方限定の
「ただそこに居るだけでいい」居場所、新月カフェ。

2月は大子町での開催!
茨城県北、福島県南、栃木県北の方々、お気軽にいらしてください。

⇒2月29日(土)新月カフェVol.36 in 大子町



* * * まかない日記 * * *

昨日は節分でしたね。
忙しい日だったけど、欠かさずやるんだね(夫)。

育てた大豆の莢と、庭のヒイラギと、買ってきた鰯は頭を焼いて。
やいかがし、完成。
IMG_6724setsubun_yaikagashi.JPG

今年も豆まきはドッキドキ。
長女は赤ちゃん抱っこ役を買って出て、恐怖回避。
IMG_6692setsubun_mamemaki.JPG
(うちがやたら本格的な件 ⇒鬼も福も 夫のBlogです)

終えて、やや定番になって(しまって)いる恵方巻き。
酢飯は白米に柚子果汁(柚の酢)と塩。具は、にんじんナムル、タアサイお浸し、菊芋の煮物。
IMG_6696setsubun_ehoumaki.JPG
もはや恵方も向かず、無言な訳もなく、ただ海苔巻きを食べる節分だねこりゃ。
来年はキンパブにしたいわーーー

お豆も炒りまして。うまうま。
IMG_6701setsubun_irimame.JPG

明けて、春の赤ちゃんが産まれる立春。
さてさて、芽を出す準備をしていきましょうか。
posted by miya at 14:15| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

山遊びと焚き火ケーキ

奥久慈の大子町へ移住してからの雑草屋は、
新たな遊び場として山を満喫しています。


 焚き火をしたい!
 じゃあ、落ち葉をいっぱい取ってこよう!

と勇んで裏山に向かった子ども達。

IMG_5485yamaasobi.JPG

ぜーんぜん帰ってこない(笑)

だって楽しいんだもん!!!

IMG_5498yamaasobi.JPG

おぉ〜い。
お母さんも、おいで〜よ〜〜。

IMG_5556yamaasobi.JPG

永遠に終わりのない家事と赤子の世話で
これまで私、ぜんぜん山遊びに参加しなかったんですが。

あんまり楽しそうなので、ついにお呼ばれ。
12月初旬のことでした。


おぉぉぉぉぉ
楽しんでますなぁ〜

IMG_5559yamaasobi.JPG

「ほちのくにに、ようこちょー♪」(星の国にようこそ)
舌ったらずの3才長男が案内してくれました。

IMG_5560yamaasobi_ochiba.JPG

ほんとだねぇ。
どこもかしこも、色とりどりの星が敷き詰められて。

夢みたいに綺麗だねぇ。


「おーちょらーの、ほーちーよー♪」(お空の星よ)

IMG_5570kouyou.JPG

見上げたらなるほど、きらきら星みたい。


小学校に行き始めてから、妹弟たちに対して
「宿題が!」「あっち行ってよ!」って怒りっぽくなった長女も
外だとずいぶん、和らぐ気がします。

IMG_5574yamaasobi.JPG

身体をめいっぱい使って、好きに遊ぶ時間って
まだまだ大事なんだと思う。きっと、足りてない。

IMG_5576yamaasobi.JPG

焚きつけや焚き木を拾うだけじゃなく、
思いっきり遊んだり、
ぼーっと葉っぱを眺めたり。

IMG_5578star.JPG

そんな時間をなるべく、たっぷりと。

IMG_5581ochiba.JPG

子どもも、大人もね。

IMG_5584yamaasobi.JPG


「おもちゃ・遊具」関連記事:
余白と英才教育 うちの遊具 ケガの少ない子に育てたい 田植えと遊び



* * * お知らせ * * *

ひきこもり当事者および、元当事者、
人間関係など悩みを持つ方、生きづらさを抱える方限定。

“ただそこに居るだけでいい場所”、新月カフェ。
年末はつくばにて開催だそうです^^

⇒12月26日 新月カフェVol.35 in つくば


年末年始の体調不良、インフルに風邪、
もうすぐはじまる花粉症対策にも。

心を見つめて身体を治す勉強会、
年末に2回開催されまーす。

・東京「いな暮らし」さんにて、勉強会&シェア会
⇒12月27日 出張マインドボディヒーリング講座
 〜腰痛や頭痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

・茨城「Roji 菜園テーブル」さんにて、勉強会&シェア会
⇒12月29日 出張マインドボディヒーリング講座@Roji
 〜腰痛や頭痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜



* * * まかない日記 * * *

肝心の焚き火は、母と赤子とで、こんなレイアウトで。
IMG_5526takibi_baby.JPG
右は、夫がブロックで組んでくれたかまど。ブロックを積んだだけ。
でも気流の構造としては見事にロケットストーブ!という優れもの。

IMG_5532takibi.JPG
ゴー、ボー、という音を立てて炎が向こう側に吸い込まれているところは
まさしくロケットストーブです。火力もいいし、焚き木の無駄が少ない。

私もここ数年の焚き火生活のおかげで、
電気オーブンより焚き火のほうが上手になりました。
IMG_5528takibi_oven.JPG
つくばで焚き火オーブン、何度もやったもんなぁ。
⇒ 1回目(パン)2回目(キウイケーキ)

我が家は、外でいっぱい身体を動かした日は
おやつを食べてもいいよ、ということにしています。

おにぎりだったり、焼き芋だったり、おモチだったり・・・
でもこの日は敷地の柿が甘くなっていたので、久々の柿ケーキ
IMG_5531kaki_cake.JPG
今回は甘柿と白すりごま、ニンジンもまるっと1本すりおろして栄養満点。

材料は適当に、計らずザバーッと作りましたが、大成功〜。
IMG_5533kaki_cake.JPG

柿の濃密な甘さ、ニンジンのさわやかな甘さ、それぞれのジューシーさと
白すりごまのコクと旨みが合わさって、なかなかの出来でした。
IMG_5535kaki_cake.JPG

山に向かって「おやつ焼いたよ〜 食べにおいで〜」と呼んで、
みんな揃って「いっただっきまーす♪」。
IMG_5539kids_kaki_cake.JPG
夫も野良仕事の合間に食べに来てくれましたよ。
ごちそうさまでした! 
posted by miya at 11:30| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする