2020年11月06日

おむつなし育児 (おまるイヤイヤの1歳〜1歳半)

足あと、てんてんと・・・

IMG_2795ashiato.JPG

誰かな、誰かなー。
何だろなー。

IMG_2792ashiato.JPG

ちー、したのー。
上手だねぇー。

IMG_2797omutsunashi_ikuji_ashiato.JPG

長年おむつなし育児を楽しんできた私たちですが、
夫が外で働くようになってからの赤子のお世話は、
どうにも手が足りませーん><;
(家事の段取りが悪いだけかもしれませんが・・・)

自宅出産後、わりとすぐにおまるでの排泄が軌道に乗り
0歳の頃は「おまるの天才」とまで呼ばれていた次男坊。

ところが自我の芽生えにより、1歳のお誕生日前後から、
日中のおまるを完っ全に拒否!するように。

夜中のおまるはそこそこできていたものの、
4人の中で最も眠りが浅い次男の世話に、私がクタクタすぎて、
ついに夜のおまるもギブアップしてしまいました。

10月までは夜、長くても2時間おき、
短いと40分〜1時間おきに起きていたので、私がもうしんどくて。。。

寝かしつけの習慣に新生児期からおいなりさん方式を取り入れていたら良かったのに、
すっかり忘れていて、これはすごく後悔しています。
布団をきゅっと巻き付けて寝る癖がつくと、お世話が楽なのにぃぃぃ。

IMG_2800omutsunashi_ikuji.JPG

代わりといっちゃ何ですが、
外遊びの日中はフルチンで野に放って、放任おむつなし育児。

立ちションの姿勢は長男から実地で学んでもらいました。
うまくできたら次女と長男が笑顔で褒めてくれる。

「おむつ替えなきゃ!」と駆けつける必要もなく、
布おむつの洗濯量も、朝晩と夜中の布おむつだけに減って、ずいぶん楽チンです。

IMG_2801omutsunashi_ikuji.JPG

ロンパースを肩でとめてあると、お尻もお腹も丸出しだから、
木枯らしが吹くこの頃は、上半身に厚着をさせて。
股間ギリギリまで服がかぶさるように工夫しています。

IMG_2852omutsunashi_ikuji.JPG
(ロンパースも着てるときは腰の横でボタンをとめる)


レッグウォーマーとか持ってないけど、
うーん、どうにかなるかな〜。上がれ体温!!!


目下の課題は、家でおまるにうんちしてほしい案件。

これまでの子供たち(次女・長男)の赤ちゃん時代は、
朝のおまるで一日分のうんちを出し切ってくれて
そらもう一日すっごい楽だったんですよー。

次男はおまる拒否が長く続いたのと、親の諦めもあって
おまるでなかなか座ってくれない。うう。


おむつの中に出すとやはり気持ち悪いので、
一日に4〜5回、分割で排出してくるんですが、お互い大変です。

まっ、次男あたりから「おしりふき使わない育児」にシフトしていて
トイレットペーパーでさっと拭いて、仕上げに水でパシャッと洗うだけなので
うんち後のお世話も相当楽にはなっているんですがね。

子どもの人数が多い分、朝の賑やかさが増して
おまるに集中できる環境が作れないこと、
朝ごはんー!と嘆き騒ぐ長男がいるのでどうしても朝食優先になることで
おまるうんちはまだまだ実現できておりません。ぬぬぬ。

IMG_2447yomikikase.JPG

以上、二番目、三番目、四番目と
3人の子供たちを新生児からおまる&布おむつで育ててきて、
四番目、1歳半の時点での記録でした〜。

この子のおむつが外れるのは、2歳になった春かなぁ。

あまり執着せず、片目つぶって適当に、楽しんでおりまーす。


「おむつなし育児」関連記事:
春夏に楽しむ「おむつなし育児」 おむつなし育児の総論。初めての方向け。
おむつなし育児(9〜10ヶ月) おまる拒否シーズンの楽しみ方など。長男の記録。
おむつ外し、意外に順調! 次女が2歳になった春、おむつ外しの記録。

おむつなし育児」記事一覧
布おむつ」記事一覧
おむつ外し」記事一覧

おむつなし育児研究所公式サイト:詳しいので、ここを見るだけでも実践できます♪

IMG_2456yomikikase.JPG
(面白そうな話だと5年生長女も寄ってくるのが可愛い)



* * * お知らせ * * *

フェイスブックの雑草屋ページでの試みとして
【雑草屋の自然農】、【こぐま学舎のホームスクール&家庭保育】の二本立てで
日常の風景を写真メインで発信し始めました!

ただ、facebookは情報の掛け流し系の媒体ですし、
いつ有料化するかわかりませんから、
少しずつBlogにもまとめて残していきたいと思っています。

(やりたいことがありすぎて手が回るかわかりませんが〜^^;)



* * * まかない日記 * * *

最後のバジルを収穫しました。
色づきがゆっくりになってきた、マイクロトマトと共に。
IMG_2817tomato_basil.JPG

シーズン終わりに作りたかったのが、高野豆腐のトマトバジル炒め。
水で戻して薄めに切った高野豆腐を用意しておき、
オリーブオイルでトマトを炒め、煮崩れたら高野豆腐を加え、バジル、味噌で仕上げ。

うちは冷蔵庫なし生活なので、高野豆腐の戻し汁で煮物風に仕上げました。
汁気があると温め直しができて、炒め物より長持ちするのです。
IMG_2902kouyadofu_tomato_basil.JPG

「乾物は梅雨を越さないうちに使い切る」と何かで読み、そうだそうだと思いながら
秋の長雨も越してしまったら、あれま、見事に乾物がダメになって。。。

全捨ても考えましたが、丹念に洗って選別して、干したり煮たりで
食べられるものはほぼ救出できました。
IMG_2903takenoko.JPG
干しタケノコの中華炒めに、人参の葉っぱを散らして。

色々な煮汁や茹で汁を、カレーの残り鍋に加えてお鍋の掃除スープ。
ピリ辛の旨みあふれるエスニックなスープになったところで、水菜をチョキチョキ。
IMG_2901lunch.JPG
ごちそうさまでした!
今日はさつまいもを掘りまくるぞーーーーっと。
posted by miya at 12:15| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

室内にジャングルジムやすべり台が要ると思ったけど

IMG_9833baby_asobitai.JPG

この春夏は、
1才次男の動きがどんどん活発になってきた。

体力を持て余したのか寝つきが悪く、
昼夜構わず、高いところによじ登る日々が続き、

しかもかなりの頻度で落ちては頭を打ち、
連日の手当てとよじ登りの防止とで、結構参ってしまった。


夫婦で

「体力有り余ってんなー 力尽きるくらい遊べる遊具要るなー」
「木製のジャングルジム売ってないかなー」
「うわっ この人すごい、自作してるよジャングルジム!」
「すべり台つきだと余計に大変なんだよ、作るのが・・・」

なんてパソコンとにらめっこした夜もあった。

IMG_0074baby_asobitai.JPG

 でも、もう、これでよくない?
 椅子で遊ばせれば。

 落ちないようにしばらく見てあげれば。
 何度か落ちて覚えるでしょうし。


ということで、

木製ジャングルジム購入の妄想は露と消え、
台所にある椅子や踏み台を、
廊下にずらーっと並べて遊ばせるようになった。
IMG_9978baby_asobitai.JPG
砂壁を漆喰にしておいて良かった・・・!)

座面に立った状態で背もたれに寄りかかるとバーン!と倒れる椅子もあるので(中央の二つ)、
次男が椅子に立ったままの状態で親が倒して怖い思いをさせ、覚えてもらった。
IMG_9981baby_asobitai.JPG
登ったり降りたりが楽しくてたまらない様子。

身体の使い方がかなり上手い次男は、
踏み台がなくとも、胸しか座面に乗らなくとも、

シャチホコのように下半身をふりふり、
信じられない筋力で椅子に登るのであった・・・
IMG_9983baby_asobitai.JPG
(私の姉の幼い頃にとっても似てきた次男)


筋力にバランス感覚が追いついてないのか、頭はよく打つんだけども。


それから、すべり台。

たまーに出現すると盛り上がるみたいなので、
すべすべの折り畳みテーブルで、ときどき、こうすることにした。
IMG_0323suberidai.JPG
(裸だとトカゲみたいに登れちゃう。すべる時は服を着せる)


仕組みは簡単。
IMG_0342suberidai.JPG

安全性は・・・各自の責任でご判断ください^^;
IMG_0341suberidai.JPG

さらに、踏み台だの椅子ジャングルジムだのクッションだのを組み合わせたのがこちら。
すべり台デラックス。
IMG_0668suberidai_dx.JPG
ゴールには親戚から回ってきた厚手のクッションマットが活躍。

座布団でもいいけども。
クッションを持って上がって、ソリみたいに滑るのも人気。

つるりんこ〜 にこりんこ〜
IMG_0674suberidai_dx.JPG

いつもの赤ちゃん顔が消え、なんだか野性味をおびている・・・!
IMG_0672suberidai_dx.JPG
(足むきだしのロンパースだと滑らないので、ご不満そうなときはズボンを履く)



それから、
椅子のジャングルジムはイレギュラーな設置になってしまうので
常に登ったり降りたりできる場所を増やそうと、

ベンチにもなる本棚3つと普通の本棚をこんなレイアウトにして、
登ったり、高いところを歩いたりできるようにもした。
IMG_0179kids_space.JPG
(窓の向こうで網戸が落ちているのは次男のしわざ)


L字のエリアが乗っていい本棚で、窓の前までコの字に歩くことができる。
IMG_0181kids_space.JPG
左端の本棚の幅がちょっと長いので、手前の並びに段ができちゃってるけど、
それもアスレチックみたいで、また良し。

中は子どもスペースで、日々楽しい遊びが展開されているらしい。
IMG_0184kids_space.JPG
大人は来ちゃだめなんだって〜。気に入ってくれて何より。


実はこの子どもスペース、
長女のために作る勉強机を羨ましがるだろうなと思って、

同じくらい魅力的な空間を、
次女&長男にも用意してあげたい!って考えての設計。

だからほんと、気に入ってくれて何より。


「おもちゃ・遊具」関連記事:うちの遊具 森のブランコ 積み木を手作り



* * * お知らせ * * *

ストレスを見つめて脳の仕組みに直接働きかけることで症状を改善していく
マインドボディヒーリング(心身治癒)講座。

一年半前につくば市で開催したときのご感想を、遅ればせながらアップしました!
Nさーん、ありがとう〜〜〜><;
IMG_3289kuwanoha
参加後の感想16(イヤイヤくん)-マインドボディヒーリング講座-


イヤ!との付き合い方についてもやりとりを載せています。
ご参考になるかと♪



* * * まかない日記 * * *

夏野菜のオムレツを作りました。
IMG_0240Quiche.JPG
ズッキーニ、玉ねぎ、じゃがいも。ハーブも入れたかな?
卵は子ども達にたっぷり割ってもらい、溶いてもらい、水もちょろっと足して、塩と胡椒。
オイル多めで焼きました。

20代前半に大失敗して以来、オムレツは敬遠していたのですが
ふと「好きな材料が全部あるな」と気づいて、愛用の鉄フライパンで15年ぶりのリベンジ。
なんとかうまく出来て嬉しかったです^^

6歳&3歳が盛り付けたがるので、お味噌汁も任せたら、なぜか泡立ってる〜(笑)
IMG_0238bread_and_quiche.JPG
台所育児は一見大変ですが、早くから戦力になるので期待しています。

天然酵母のパンと一緒に。
IMG_0239tennenkoubo.JPG
粉と塩と水だけでできているから、オムレツもお味噌汁も合う。
粉そのものが発酵しているって、美味しいんだなぁ〜!と噛み締めています。

また焼こうっと。ごちそうさまでした!
posted by miya at 22:01| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

父と娘の二人野宿

IMG_8692shuppatsu_smile.JPG

千葉のアパートに暮らしていた2年前、8月のとある週末。

夫が(当時暮らしていた)千葉のいすみから、
茨城のつくばまで行っていくつか用事をすることになりました。

地主さんの一人が畑を返却してほしいということで
つくばの農地を整地しなければならなかったのと、
新月カフェのお仲間で集まって筑波山を整備するのと。

休憩なしでも車で片道3時間の道のり。
まともに休憩を挟むと、片道3時間半〜4時間はかかる距離です。

IMG_8715hatake.JPG

つくばの畑で一泊するとのことで、いつもどおり、
一人で行って帰ってくるかと思いきや・・・

(当時)4歳の次女を、連れていくと言うのです!


「畑でテントで寝るんでしょ!?怖がらない?
 なんで連れてくの?

 学さんがビール飲んで寝ちゃったら
 夜中のトイレ対応できないじゃん!」


えぇ、いろいろ反対しちゃいました。

私は田舎育ちですけど怖い思いも多かったので
世界をそれほど信用してませんからね。
野宿とか絶対嫌、キャンプ場だって嫌なんです。

お酒飲む夫のこともそれほど信用できませんし。
(毎晩夜通し2時間おき授乳のお母さん方ならわかってくれるかと)

それを、4歳の女の子連れて野宿だとーぅ!?
もってのほかです。

IMG_8737mori_tsukubasan.JPG

「でも、連れて行ってやりたいんだよ!

 引っ越したらずっとアパートで狭くて、
 まだどこにも自分で行けないしさ。

 ちょっとは楽しい体験させてあげようよ!」


この時期はつわりで本当にずっと臥せっていたので
夫の言葉がグサリと刺さりました。


過保護でインドア、
できれば何もしたくなーい。

という無気力な私の代わりに、
子ども達にいろいろな体験をさせてくれる夫。


長女は当時ホームスクールだけど
いすみの近所の子たちも夏休みなので勝手気ままに遊びに行っちゃう。

一方、長男はまだ2歳、私といるのが一番いい時期。

置いてけぼりになって泣いてばかりの真ん中っ子の次女、
興味が外へ外へと向かっている4歳の次女に
キャンプ気分を味わってもらうのも、いいかもしれない。


話は決まり、次女の荷物をまとめ、母子で確認。
IMG_8684nimotsu_kakunin.JPG

マンガみたいな豪快な探し方(全部引っ張り出すとかぶちまけるとか)が得意な夫よりも
次女本人に覚えてもらうほうがいいので

「泊まりの荷物は?」「ピンクのリュックー!」
「畑仕事するときの服は?」「きいろのリュックー!」
「困ったときの着替えは?」「りんごのリュックー♪」

何度も確認して覚えてもらいました。

IMG_8683nimotsu_kakunin.JPG

片道4時間のドライブを経てつくばに着き、
夕食は学生時代に行きつけだった懐かしいお店に
次女を連れて行ってあげたようです。

そして小雨の予報があるなか、畑でテント泊。

IMG_8705nozyuku.JPG

防水でもなーんでもない、(私の祖父の)昔のテントなので
ぜっっったいにタープ貼ってね!とお願いすると、証拠写真を送ってくれました。

IMG_8707nozyuku.JPG

案ずるより産むが安し。

信じられないほどスムーズに、
父と娘で野宿(テント泊)できたようです。


翌朝はブルーベリー畑でおいしい朝ごはんを収穫したそうで。

IMG_8724hatake.JPG

筑波山の整備ボランティアでは
次女、ちゃっかりカメラマンになっていました。

IMG_8745mori_tsukubasan.JPG

展望台からつくばを見下ろすみなさん。
突然の珍客、お邪魔しました〜><;

IMG_8781tsukubasan.JPG

今となっては筑波山も懐かしい・・・
関東平野だったなぁー。(と、大子町の山間を眺めながら振り返る)

IMG_8782_tsukubasan.JPG

自然農の雑草屋ではまず使わないトラクターは、
慣行農の地主さんに土地を返すため、
知人づてにお借りして使ったそうです。

IMG_8796hatake_henkyaku.JPG

用事のついでに、畑でテント泊。

だからキャンプってほどの準備もいらず、
テントとタープ、タオルケットぐらい。

しかもタオルケット忘れて、つくばで買ったらしいです。

さらーっと出かけて子連れで野営できる夫、すっごいなー!

まーなんでも楽しみながら、がいいよね。


ブレーキばっかりの私と、
軽快にアクセル踏んじゃう夫。

いい綱引きをしながら、
これからも家庭保育を楽しんでいこうと思います。


「過干渉からの脱却」関連記事:
 無言の行、はじめます 並べたい欲求 田植えと遊び



* * * お知らせ * * *

大なり小なり、
いろんなことが私たちを襲うかのように
見える、ときもあるんですが。

自然の中に身を置くと、
緩やかに霧散していくのを感じます。

夫が久しぶりにブログを更新しています^^

20200531yagi-1dd16.jpg
完全なる自由 -毎日が「自然農」-


そうそう、新たにメスの子ヤギもやってきたんですよ〜。
またゆっくりご紹介できればと思います。



* * * まかない日記 * * *

お豆腐は身体を冷やすのであまり食べないけれど、
たまーに、夫に買ってきてもらいます。

国産大豆のお豆腐が激減していて、買うのもひと苦労。
で、一丁のお豆腐を5人で食べるために麻婆豆腐にしました。
IMG_7416vege_ma-bo.JPG
お肉ではなく大豆ミートで。ばっちり美味しくできました〜。

「環境負荷が少ない」と「美味しい」の両立^^
ごちそうさまでした!
posted by miya at 11:44| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする