2018年06月08日

学校というシステムは最適か?

「学校行ってないの?じゃあこいつバカなんだ!」

8歳の長女が、ときどき男の子たちに言われる言葉。

そのあとはひとしきり、バカにされたり、からかわれたり、
問題を出されても答えられなくて更に笑われたりが続く。

IMG_6995homeschool.JPG
(ウクレレ大好きで、親よりずっと上手くなった)


長女がホームスクーラーであると知ったとき、
同年代の小学生の反応は主に4つ。

・バカにする (5割)※主に男子
・不思議そう (2割)
・苛立つ   (2割)※時間差で主に女子
・気にしない (1割)


学校に通うということは、すなわち

 しっかり勉強し(勉強しないとろくな大人にならないよ)、
 嫌な宿題もこなし(嫌でもやらなきゃ置いていかれるよ)、


つまり立派な大人になるための、訓練をしている。

学校に行かないこと、休むことは
「悪いこと」なので、

 「学校に行ってない = 勉強してない = バカにしていい」

という図式が成り立つのかもしれない。

IMG_7050homeschool.JPG
(カメラも大好き。寛大に触らせてくれる道場住人のみんなのお陰でメキメキ上達中)


即座に出る反応がほとんどだけど、
苛立つ(または怒る)というのは、
一緒に過ごしていて後半に出てくる。

 私は宿題があるから。
 今日はいっぱい宿題が出たんだ。
 (あなたはないんでしょ、気楽でいいね)

 学校に行ってないからそんなに笑っていられるんだよ。
 友達とかのストレスないからそんなに元気なんだよ。
 (学校に行くっていうのは大変なことなんだから)

IMG_7095homeschool.JPG
(長期滞在したフランスのお兄さんとは、次第に怖じけず声をかけられるようになった)


長女は困って黙っていたり、うすら笑いでごまかしたりで、
帰ってきてからも親には黙っているんだけど、

ごくたまに、何かの拍子に
「今日会った子たちに、こんなこと言われたの・・・」
とポツリポツリ言い始める。


※もちろんいろんな小学生がいます。
 すごく優しくしてくれて嬉しかった!という子との出会いも
 時には、あります。

 一人の人間として、誰もが、いい面も悪い面もあります。
 それはうちの子も全く同じです。

 それを大前提として、何年も考えてきたことを書いてみます。
 個々人を否定するものではないことをここに明記しておきます。

IMG_7034homeschool.JPG
(小学生に言わされる問題No.1の九九は、道場のみんなが教えてくれた)


人間は恒常性の生き物なので、
違う何かに出会ったとき、最初に「拒否」が出る。

それはわかってはいるんだけど、
小学生達の言動には時々、気になるものがあった。

動物を強いストレス環境下に置いたときのような、
本来の子どもらしさとは違う何か。化学反応のような何か。


市営プールで見かける、低学年からの派閥争いや仲間はずれ。
児童館で見かける、あからさまな無視や、人形への残虐な言葉がけ。

何より、ホームスクーラーの子ども達と大きく違うのは、
人を傷つける言動の引き出しがとても大きい、ということ。

私と一緒にいた次女(当時3歳)に対して
「なんでこいつ、こんなに黒いわけ?
 見て!ぜったい日本人じゃねーよ!」
と小学生が取り囲んだとき、鳥肌が立った。

IMG_6661OMG.JPG
(地黒なうえに、いつも外にいるから真っっ黒!!な子ども達)


・・・何年もずっと考えてきたことが、
長女の話を聞きながらやっとまとまってきた。


 学校という形態は、
 人間にとって最適ではないのではないか。


特に、

 同じ年齢の子どもを数十人集めて
 ひとつの部屋に密集させるという育て方。

 勉強という成果で横並びに評価し、
 良い・悪い、できる・できないでラベル付けする学び方。


負荷が大きいのかもしれない。
最適な導きができる規模ではないのかもしれない。

いじめが永遠になくならないのは
学校という特異な空間に
子どもを集団で閉じ込めているからかもしれない。

親から、周囲の大人から、
もっと別の軸で認めてほしいのかもしれない。

IMG_6298homeschool.JPG
(鴨川のアースオーブン作りでは、ずっと調理ブースで本場仕込みのピザ生地を教わっていた)


学校というシステムに対して「不登校」が、
社会というシステムに対して「ひきこもり」が、
いま、静かなるアラートとして、
システムの問題点を指摘しているように思う。


長女は集団に順応するのがとても上手いので、学校に通えば
それなりに付き合い、衝突を避け、見てみぬふりもするだろう。
さりげなくいじめに加担することも、あるかもしれない。


それがわかっているからこその、
試みとしてのホームスクール。

IMG_6333homeschool.JPG
(色んな人が野菜を切るのを長女に任せてくれ、やりきった感!いつかハートの人参もマスターしようね)


2年が経過して、様々な人と過ごす中で、
「純粋だね」「ピュアだね」「無邪気で癒されるよ」
と言われることもあるけれど、

子どもって本来は、みんなそうなんだと思う。

学校という特殊な環境で、少し違った特性を身につけてしまうだけ。
長女は学校にいってない分、それを身につけずに済んでいるだけ。

(長女の小賢しさ、ずる賢さ、充分に感じてますけども!!
 世の中の子ども達はそれ以上にすごいんだと力説されるので…)

IMG_6695homeschool.JPG
(生パスタ作りを3度も体験させてもらった!美味!!)


学びが多様化する現代。

私たちは、その都度考えながら、観察しながら、
柔軟に、学ぶ場所を選べばいいと思う。


「ホームスクール」関連記事:
ホームスクール、始めました おやき三昧 ホームスクールの記録 〜時計〜 家庭保育とホームスクールの様子 −秋−
ホームスクールの法的根拠について(お世話になっている古山さんの記事より)


IMG_6647homeschool.JPG

ちなみに最近の長女は、
本に出てくる小学校の描写に憧れがあって
学校の授業に出られる程度に「(読み書きの)書き」と「算数」を
やっておこうかな?という話をして、ドリルを始めたところ。

でも、ドリルより断然ウクレレやカメラに夢中ですが。

反抗期の片鱗も見せつつあるし(毎日めっちゃ大変!)
どうなっていくのか、楽しみです。



* * * お知らせ * * *

つくし農園、明日の集合日は、夫が向かっておりまーす。

せっかくなので、
今いる「パーマカルチャーと平和道場」のイベントもお知らせ〜。

・6/10 田植え
・6/16 Open Day
・6/12&16 大地の再生

千葉県いすみ市にて、お待ちしてます♪



* * * まかない日記 * * *

ときどき朝ごはんとしてフライパンで焼いているスコーン。
去年みんなで育てた小麦の全粒粉で作っています。
IMG_6894breakfast.JPG
オーブンがなくてもうまく焼けるのは、四角いから。
6つの面をじっくり、丁寧に焼いていきます。

材料は、小麦粉、塩、BP(アルミフリー)、なたね油、水や豆乳。
お砂糖は使わず、干し柿をみじん切りにして甘みを出しています。
IMG_6896breakfast.JPG
にんじんの葉っぱを細かく刻んでどっさり入れています。
ごちそうさまでした!!



posted by miya at 22:48| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

みんなの子ども

IMG_6113minna_no_kodomo_sentaku.JPG

小さい頃は、地域のみんなに育ててもらった。

親は共働きだったし、
祖父母もまだ働いていたから、

谷あいの小さな集落の中、
みんなが子どもの保護者だった。

IMG_6139minna_no_kodomo.JPG
(大地の再生講座を道場で。ブラウンズフィールドのキッズも来て大賑わい)


近所のおばあさんの家で
箒作りをずーっと見ていたり、

おじいさんに隠れて
田んぼの畦に穴をあけたり(で、𠮟られる)。

生きたカニを杵と臼で搗く(!)ところから、
カニ汁の一部始終を見物し、

橋から小川に鶏を吊るして絞める(!)のを、
近寄ったり逃げたりしながらこわごわ眺め。

IMG_6142minna_no_kodomo.JPG
(穂高養生園ゆかりのメンバーも参加。憧れのスポットにまつわる人々が続々現れる毎日)


小さなたけのこ工場で、
大勢のおんちゃんおばちゃんが働く合間をうろちょろ。

田んぼに干してある藁の山にもぐって遊び
(で、向こうの山からおばちゃんに大声で𠮟られる)。

IMG_6144minna_no_kodomo.JPG

知らない人が入ってきたら、
それとなく大人が寄ってきて
「あんた誰ぞね」「おまん誰ぜよ」
「どこから来たがかね」と確認。

見慣れない野良犬、
イノシシが出たこと、
倒木、落石、崖崩れ。

地域のいろんな危険は、
みんなが教えてくれたし、
声を掛け合って解決していく。

IMG_6186minna_no_kodomo.JPG
(いすみの薪ネットに参加。チェンソーの手入れまで詳しく教わる)


小さな小さな夏祭りでは、
青年会の儀式があった。

中学にあがって青年団に入ったお兄さんたちを眩しく眺め、
いつか自分もと憧れる私たち小学生。

大人たちが地域のために、
仕事以外のたくさんの活動をしていることを
肌で感じながら育つ。

IMG_6192minna_no_kodomo.JPG

4月から、
いきなり小さな村になっている
パーマカルチャーと平和道場」。

大きなお兄さんお姉さんに囲まれて、
かまってもらって、
子ども達は幸せいっぱい。


とはいえ、
ベッタリ甘えてくるとき、
ワガママなとき、
食べすぎなとき、
邪魔されるとき・・・。

困らされるときに、
我が家の子ども達にどう接すればいいのか?は、
ずっと、他の住人みんなの懸念ポイントだった。


 子どもなんて連れてくるんじゃなかった・・・

 きっとみんなすごくストレスがたまってる・・・

 どうして子連れで申し込んじゃったんだろう・・・


みんなの顔を見るのが怖くて
どんどん悪いほうへ
考えが膨らむこともしばしば。

IMG_6218koya_yoteichi.JPG
(小松ファミリーの小屋建設予定地)



だけど、ここからが道場のすごいところ。

もうダメー!限界!!というタイミングで、
必ず誰かが個人的に寄り添って対話していたり、
全員で無防備さをさらけ出して気持ちを共有したり、
共感のワークをしたりする。

IMG_6154minna_no_kodomo.JPG
(私が苦手な女子的ヘアアレンジ。道場のお姉さんがやってくれる)


それだけで、
対話したり、共感し合うだけで、

あれほど絶体絶命と思えた状況は、
するするする〜っとほどけ、
あっという間に解決していく。


それは、
具体的な解決策を議論するとかではなく、

もっと根本的な、
心の叫びに寄り添うということ。

怖がらず、信頼して、共有するということ。

IMG_6145minna_no_kodomo.JPG
(ギフトエコノミーの鉄板、ポットラック。双方に無理のない持ち寄りパーティーは、イベント時のお約束)


「小松家の子ども」じゃなくて、
「みんなの子ども」でいいんじゃない?

そんな言葉が出た。


IMG_6232minna_no_kodomo_shouzi_hari.JPG
(背中はgreenzのなおさん。つみき設計のみなさんと障子貼り)



 子連れですみません

 うちの子がすみません

 迷惑かけてすみません

 大きな声出してすみません


私だけじゃなく、
都会で子育てしているお母さんたちは、
心でも言葉でも、謝ってばっかりだと思う。


昔ながらの子育て、コミュニティでの子育ては
きっと、「みんなの子ども」だから、育てやすい。

IMG_6123curry.JPG


「安心できる子育て」関連記事:
親愛 旅先の人々1 旅先の人々2 家庭保育とホームスクールの様子 −秋−



* * * お知らせ * * *

今年度より“自然農サークル”となったつくし農園
明日は5月の集合日です♪
(つくしBlog、まだ整理できていなくてすみません〜)

一家で早起きして、千葉からつくばに向かいます!

明日、畑でお会いできる方はよろしくお願いします^^



* * * まかない日記 * * *

大好きなスパイスカレーを作りました!
IMG_6122curry.JPG
偶然パクチーのおみやげが登場して、満足度アップ。

道場の畑も(夫が)スタートしたことだし、
パクチーの苗を植えたいなぁ。

今日はこれから、
次女のお誕生日パーティーに向け、
準備開始でございまーす。

ではまた〜^^


posted by miya at 11:30| Comment(2) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

3歳児のアドバイス

IMG_4391Y&A.JPG

1歳児の気持ちがわかるらしい3歳児は
鉄仮面なお母さんに、
ときどき「こう言ってあげな〜」と教えてくれる。


例えば息子が、
食後のおっぱいが飲みたくて泣いているとき。

食べるのが一番ゆっくりな私、
残りちょっとのごはんを急いでかきこんでいる私に、
次女はこうアドバイスしてくれる。


「おっぱいがのみたいよーって泣いてるよ。

 かなしいきもちになっちゃうから、

 “おかあさん、もうちょっとでたべおわるからねぇ〜
  すこーぅし、まっててね〜”

 って、声かけてやりなー^^」

IMG_4234Y&A.JPG

または、

「おさらの中身をみせてあげるといいよー♪
 もうちょっとでおわるよーって、ねー。」


そしてその通りに、お皿の中身を傍らの息子に見せてみると、
納得したのか泣きやんで、じーっと見守って待ってくれた。


「ね? 安心したんだもんね〜」

鉄仮面母さんには、
次女の優しい声とにこにこ顔が、神々しい。

IMG_3871zassouya_kids.JPG

そうそう、台所で必死で家事をしているときに

「あー、トイレに行きたいー、どうしよう〜」

と独り言をつぶやいたら


「もじもじすれば、いいんだよぉ〜^^

 おしっこをがまんするときり(に)はね、
 いっつも、モジモジするんだ〜♪」


と、耳寄り情報を教えてくれたっけ(笑)。


写真だけ見ると、
1年前の2歳だった頃と全然変わらないのに、
IMG_7472tanpopo.JPG
中身はぐんとお姉さんになっている次女。

そりゃあ、日々子どもらしい小競り合いも勃発はするけれど、
それでも忘れずに優しい目線を教えてくれて、ありがとう。


関連記事:ちい母さん 外出前のイライラは スポンジの如く



* * * お知らせ * * *

いろいろ決まって参りました〜。

そろそろ花粉症とお別れしたいなぁ・・・と思っている方に。
2月9日(金)10時〜14時、つくばにて。
IMG_4322hatsuyuki
第29回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座〜花粉も腰もまとめて体質改善!

(facebookが見れない方はこちら

そして、過去に参加したことのある方向けの、より実践的な回も。
2月24日(土)14時〜18時、つくばにて。
070204kaika.JPG
第3回 マインドボディ アドバンストコース〜心で治癒する日常へ

(facebookが見れない方はこちら
後半にはヨガもありますので、お楽しみに。



* * * まかない日記 * * *

近所の方にキウイをたくさんいただいたので・・・
IMG_4684kiwi fruit_cake.JPG
うちの小麦粉と塩、BP(アルミなし)、ハチミツ、なたね油と混ぜ混ぜして・・・
まぁいつものあれです、柿ケーキの要領で、果物の水分を活用しています。
IMG_4686kiwi fruit_cake.JPG
生地に小さめのキウイ5〜6個、飾りにキウイ2個使いました。

今回も熾き火で焼きまーす。
IMG_4687kiwi fruit_cake_takibi.JPG
レイアウトも含め、前回より段取り良くできました!

IMG_4694kiwi fruit_cake_takibi.JPG
こんがりジュワッと、美味しく焼けて大満足^^
ごちそうさまでした!!
posted by miya at 17:55| Comment(2) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする