2016年10月09日

喘息(ぜんそく)の治し方

IMG_0482sisters.JPG

妊娠中のことですが、私が喘息になりました。

10日間くらい、夕方から朝まで咳がひどくて
夜中は咳で眠れないこともしばしば。
咳のしすぎで吐きそうになるし、疲れます。

風邪かなぁ、しつこいなぁと思っていたけど
症状をネットでよくよく調べていったら、喘息に該当。

病院にかからない分、色んな可能性も加味して
風邪、気管支炎、肺炎なども調べた上で
やっぱり喘息だという結論に到りました。
特に、夜間だけ咳がひどいのがわかりやすい点でした。

お医者さんによっては「咳ぜんそく」と書いてあって
特に私の症状はこれに該当したような。


親や、身の回りのぜんそく持ちの人たちを思い出すと
発作のときはヒューヒュー、ゼーゼー、
そしてあの吸入するお薬をシュコー・・・。
あれは「気管支ぜんそく」なんですね。


気管支ぜんそくの症状とまではいかなくとも、
ある夜、連続的な咳がとまらず、ひどく苦しんだので
よっしゃ、いっちょ治してみるか!と思い立ちました。

IMG_0948otetsudai.JPG
(幼子は、やりたがるときがやらせどき)


自然療法では、ぜんそくの原因は意外や意外。

巷でよく言う「ハウスダスト」でも「ダニ・花粉」でもありません。

──────────────────────────
【 ぜんそく 】
──────────────────────────
二十年、三十年と苦しみながら根治できない病気ですが、
食事法や自然手当法ではらくに根治することができます。

ただし美食家、甘党に多い病気ですから、
根気と忍耐、つまり根性をもって実行する事です。

(中略)

ぜんそくは一種の全身病です。ぜんそくの事ばかり
考えて治そうとしても決して根治しません。
体質がアレルギーですから改善するため、
毎日の食事を正しいものにすることです。

痰は、動物性蛋白質と脂肪の代謝不能で、
その代謝が十分できないため、中間産物が
体内に停滞してできます。

人体にはこんな有害な物質を
早く体外に出そうとする作用がありますが、
せきはその一つの現れです。

だから体内の蛋白質や脂肪の代謝を正常にしてやれば
老廃物もスムーズに出てゆくので、
痰もせきも自然に出なくなります。


そのためにはフキは有効ですから
フキの出廻る頃には活用するとよい。
しかし加工して一年中売っているのはまず薬効はないとみてよい。

中でもふきのとうは大効がありますから、
ぜんそく持ちの人は春にたくさん佃煮にしておくとよい。
これは痰・せきに有効です。

(「家庭で出来る自然療法・東城百合子著」より引用)
──────────────────────────

IMG_1179baby.JPG

動物性たんぱく質と脂質の代謝不能、かぁ。
美食家と甘党に多いと言われると、耳が痛いです・・・


実は3月に、半断食を2週間ほど行ってまして。

半断食中は体調がすごく良かったのですが、
ある朝おいしい献立を作ったら
「私も食べたいなぁ」と思ってしまい
そこからギアが「思いっきり食べるモード」に。

そして、反省して4月後半からまた半月ほど半断食
デトックスとして半月くらいで〜、と思っていたのですが
終了後の反動がすごかった・・・!

心の奥底で「私は妊婦だから」と言い訳が炸裂し、
これまで毎日は摂取しなかった動物性のもの
卵、牛乳、チーズを毎日いずれか、
そして魚介類が2日に1回は食卓に登場。
肉類も週に1〜2回食べるように。


この食生活を2週間も続けていたら、
遂にぜんそくを発症したという次第です。

自然療法の本を読めば、さもありなん・・・。

IMG_1183yagi_kibita.JPG
(草食おすすめだよ)


さらに自然療法の食事法・手当て法も読んだのですが
長い!いろいろ書いてある!しんどすぎて気力が湧かない(涙)!

ということで、先述の
『 痰は、動物性蛋白質と脂肪の代謝不能 』
というところに注目。

ついでに食事法(後述)にも目を通して、
手っ取り早く以下のものを全て断ちました。

==================

【咳ぜんそくを治すために断ったもの】

 ・動物性の食品
 ・果物を含む甘いもの
  (もらった佃煮など砂糖の入ったもの全て)

==================

すると・・・

わずか2日で症状が軽減!
3日目にはすっかり治ってしまいました^^

せっせと食事法や手当て法をやるのもいいですが
こういう治し方もあるよーってことで。

5月にブログの記事を下書きし始めたのに
あまりにもすぐに治って拍子抜けしたため、
すっかり忘れて今頃公開です(笑)

IMG_1187yagi_awako.JPG
(あなた、うっかり者ね)


でも念のため、自然療法の食事法だけはご紹介しておきます。
気管支ぜんそくなど、体質改善のために
食事法の情報が必要な方もいらっしゃると思うので。

──────────────────────────
ぜんそく =食事法=
──────────────────────────
必ずよくかんで口の中でドロドロにして流しこむようなたべ方をすること。
これが一番大切な条件です。

主食=
玄米小豆飯・玄米黒豆御飯・半つき米・
純良の日本そば・黒パン・胚芽・玄米もち・雑穀など。
すりごまを必ず大さじ二・三杯はかけてたべること。

副食=
最もよいのはたんぽぽの根のきんぴら・
ふきのとうの佃煮がよい。
ふきのとうは花の開かないつぼみをとり、
これをそのままごま油でさっと炒めてから
しょうゆで煮込むだけです。天ぷらもよい。

またれんこんと海草の料理は毎日たべるようにします。
れんこんの煮〆・てんぷら・きんぴら・
その他の根菜類の煮合せなど。
決して砂糖を入れて甘くしないこと。
もし甘くする時は黒砂糖少々でかくし味位の甘味とすること。

ごぼう・たけのこ・黒いこんにゃく・
よもぎ・大根なども効果があります。
ごま・黒豆・小豆は常食にするとよい。

焼きぎんなんを五・六粒たべると、せきやあえぎを止めます。
但し尿意をおさえる働きもあるので連用はしないこと。

禁ずるもの=
甘いもの・果物の食べすぎ(できるだけ少ない方がよい)
生卵(卵ならうずらがよい)
酢のもの(梅酢ならよい)
特に甘い菓子類・甘い飲みもの・アルコール・たばこはいけない。

飲みもの=
れんこんと青しそと黒炒り玄米を入れて煎じたものを、
水や湯茶の代りに飲むとよい。
便通をつけ、便秘しない事。
すぎな茶もよい。ビワ茶もよい。

食薬=
梅肉エキス・妙法人蔘茶・エゾウコギエキス・命泉など飲むとよい。

(「家庭で出来る自然療法・東城百合子著」より引用)
──────────────────────────


手当て法もいろいろあるんですが、対処療法をいくらやっても
根本的な体質が改善されない限り、徒労に終わると思うんです。

なのでここでは紹介しないことにします〜。
気になる人は東城先生の本を読んでくださいませ。

IMG_20160910_105631tanbo.jpg
(達人Mさんについてゆく弟子)


「自分で治す」関連記事:便秘解消の特効薬、小豆 ものもらいと口内炎の秘密 魚の目・イボを治す 副鼻腔炎(蓄膿症)を治す(上)  喉風邪の手当て


* * * お知らせ * * *

災害が各地で続くなか、どうしても「防災」をテーマに
この人と絡めた企画がやりたくなったので・・・

我が家でユルッと開催です。気軽にご参加ください^^

161103tkss_ban.jpg
糞土師・伊沢正名氏を迎え、持続可能なトイレのあり方を探る1日。
11月3日(木・祝)開催です!




* * * まかない日記 * * *

友人が自然農で育てた小麦を、全粒紛にしてお裾分けしてくれました!
国産小麦粉と半分ずつの配合で、塩と水とBP(アルミフリー)だけで
ふっくら香ばしいパンケーキを焼きました。
IMG_1250kaki_cake.JPG
熟した柿をフライパンにかき出し、硬めの柿を食感のアクセントに加え、
ラム酒を振ってとろっとなるまで煮詰めたフルーツソース。

今は何ともないので、お庭の柿も美味しくいただいております〜
IMG_1251kaki_cake.JPG
うーん、こりゃ、麦の育て方をTさんに教わろう!と話しながら
美味しくいただきました。ごちそうさまでした♪


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 13:50| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

野草で青汁作り

※記事後半に“夏の体調不良”関連記事をまとめました!お役立てください^^
P1140300yasou_aojiru.JPG

午前はつくし農園、午後はこぐま塾と、
家族は朝から晩まで田畑で過ごした先週末。

日中、次女がぐずるんだよなぁ〜と思っていたら
その翌朝、起きるなり大泣き!

どうも、身体が変に火照っています。


そうだよ・・・

 帽子かぶってね!「イヤ!」
 日陰にいてね!「イヤ!」

を午前中から繰り返して、
あなた、半袖とパンツ一丁で陽に当たっていたからね・・・
(もちろん、何度も追い掛けて帽子はかぶせ直してましたが)

どうやら、お日様にノックアウトされたようでした。


消化の良いものを少し食べさせて、あとはぐったり眠って。

寝ている間はツワブキの葉をとってきて、
裏側を炙って冷まし、次女の頭にのっけておきました。
こうすると熱や火照りを取ってくれるのです。


午後、むっくりと起き上がるなり、次女はこう泣き叫びました。

「ぶおっこりぃー、たべたいぃーー(涙)!」

ブロッコリー。普段うちでは滅多に買わない野菜。
食感がいいのか、甘いからか、次女のお気に入り。


うーんと、うーんと、
身体が葉緑素を欲している感じかな?

そういえば自然療法の本でも様々な病状に対して
“青汁を盃一杯飲ませるように”と、よく書いてあるなぁ。

──────────────────────────
● 野草の青汁
──────────────────────────

よもぎ・おおばこ・せり・クローバー・はこべ等
飲みやすい青汁です。

野山にでかけて摘み、野草を刻んですり鉢ですりつぶして
取った汁を盃一杯飲むとよい。

動物性蛋白質の肉や油こいもの等好きな酸性体質の人は、
一日半カップ位飲むと新陳代謝を助けて大変よい。

(「家庭で出来る自然療法・東城百合子著」より引用)
──────────────────────────


さっそく庭に出て、青汁にできそうな野草を集めます。

庭で芝生代わりにびっしり育っているオオバコでしょ、
大きな葉っぱが太ってきたユキノシタもジューシーだろうな。
あ、午後のためにまたツワブキ1枚とっておこう。
P1140298yasou_aojiru.JPG

子どもたちにヨモギやドクダミやミント入れたら
絶対に飲まないだろうな〜・・・

飲みやすそうな野菜も足しておくか〜、と
お庭の畑でレタスやらチマ・サンチュやらもりもり茂ってるのを
たくさんたくさん収穫して、これくらいで、どうかなー?
P1140297yasou_aojiru.JPG


種類ごとによくよく洗ったあとは、
子ども達にも見せたいな〜ということで
リビングに青汁作りの道具一式を揃えて作業開始。

丁寧にすり鉢で作る青汁にも憧れますが、次女が泣いて待ってるので
今回はジューサーのお世話になりましょう。

第一弾は野草オンリーで作ってみようかな。

特に水分の少ないオオバコは小さくちぎって、
ジューシーなユキノシタもまぁちぎって、ちょっと水を入れて、
じゅいぃーーーーーーーーーーーーーーん
P1140314yasou_aojiru.JPG
真緑色の青汁ができました。

ドロドロなので茶漉しで濾してから味見をすると、
以前飲んでいたファンケルの青汁よりも飲みやすい!

とはいえ子どもたちはひと口飲んで「・・・。」だったので
特別に豆乳で割って差し上げましょう〜。
P1140301yasou_aojiru.JPG
「んふー♪ おいしーい♪」
普段クリーミーなものとはほぼ無縁なので、大好評。

どんどん飲んで、飲み終わってしまったので
搾りかすを取り出して、レタス編も作りました。
こっちはそのまんま、レタスの味。結局豆乳で割ることに。
P1140305yasou_aojiru.JPG
ごきげん斜めだった次女も鎮静化してゆき、
青汁をたっぷり飲んだあとはまたぐっすり眠りました。

そうそう、この絞りカス・・・
P1140313yasou_aojiru.JPG

茶漉しでぎゅむ〜っと濾したあとは、もったいないので食材に活用。
P1140311yasou_aojiru.JPG
自家製甘酒と小麦ふすま(※)と合わせて、
滋養たっぷりスコーンにしました。

大人一人でお昼抜きになりそうな外出のとき、
車や出先でぱくっ!とつまめるので便利なのです。

※小麦ふすまは自然農仲間のモンゴリ屋さんのもの。
 近江屋商店さんで買えます。



野草の青汁でたっぷり葉緑素を補給して、
1日ほとんどを眠って過ごした次女(頭にはツワブキ)。

翌朝にはスッキリと元気な笑顔で起きてきました。ホッ。



「夏の体調不良」関連記事:あせもの理由 水分補給への疑問 濡らし手拭い、はじめました 暑さ対策あれこれ



* * * お知らせ * * *

つくし農園の様子もアップしています〜
P1140205himezyoon.JPG
6月共同作業日【芒種】の様子




* * * まかない日記 * * *

高知の実家でトマトやゴーヤが採れ始め、大量に送られてきました。

この日はよく炒めたトマトを卵でとじて、お庭のレタスと一緒に
トレイルベーカリーさんの食パンでサンドイッチにしました。
P1140295sandwich.JPG
次女がサンド系を上手に食べる練習になるようにと、
今は、パンの一辺がくっついた状態で作っています。
ピタパンみたいに袋状に包丁を入れるのもいいですね。

長さ30cmのゴーヤが14本届いても平気です。食べきりましょうぞ。
P1140296nigauri.JPG
ゴーヤのサラダに、ゴーヤーンブシー(味噌炒め)。
シンプルな味付けだけど、調味料がちゃんとしていると本当に美味しい。

2歳の次女も半分くらいは食べてくれます。いいぞいいぞー!



※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 21:26| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

よもぎを食べよう、育てよう

長女と作ったよもぎ餅。
畑で、せっせとよもぎを摘んできてくれたのです。
P1130133yomogi_dango.JPG

そこかしこに生えている、よもぎ。

でも、除草剤を使わない、農薬をかけない場所で
犬のお散歩コースでもない、気兼ねなくよもぎ摘みができる場所は
ずいぶん限られているように思います。

念のため長女にも、
よもぎはうちの庭と畑で摘むようにお願いしてあるほど。
(畑が雑草でいっぱいなのは、自然農ならでは♪)


昔はただベーグルの材料にと、茹でて刻んで冷凍していたのですが
自然療法の本で

「よもぎは春には芯をつみ、秋には下の方から新しいよもぎが
 出てきますからこれをつんで、1年中できます。」

と書いてあったので、今年からはこの方針で!
でも、秋まで刈らずに守らないとなー。

お庭に株ごとせっせと移植して
よもぎでい〜〜っぱい!なお庭にするのも素敵だなぁ。

P1130164yomogi.JPG

自然療法でも、よもぎはかなり重要な植物で
食材としてはもちろんのこと、薬にしたり、お茶にしたり。

不調なとき、病気のときに自然療法の本を開くと
あちこちで「よもぎの○○を食べるとよい」と見かけるので
春は特に意識して作るようになりました。

おすすめでよく挙がっているのが、
よもぎのお好み焼き、よもぎ餅やよもぎ団子、よもぎの天ぷら。
まぁ、何に使ってもいいから食べなさいな!ってことらしいです。


・よもぎのお好み焼き
P1110723yomogi_okonomiyaki.JPG
適当に、家にあるもので作れるお好み焼き。
よもぎはお湯で下茹でして、よくよく刻むと子どもも食べやすい。
うちではよく、地粉、麺類の茹で汁、鰹節粉、塩で作ります。
お肉の茹で汁なんかで作ると、一気に沖縄料理風に。

ソースやマヨをつけない方が滋味が引き立ちます。
子どもの味覚を守るためにも、お好み焼きはソース極少方針で。


・よもぎ餅
P1130142yomogi_dango.JPG
豆から自家製!の粒あんを別添えして、お団子風に。
自然療法の本で薦められている“有機玄米粉”を
ちょうど買ったところだったので、楽に作れました。

摘んできたからには・・・と、長女にかなり頑張ってもらいました。

丁寧によもぎを洗ってもらい、私は茹でて絞っただけ。
ひーこら嘆きながら包丁とまな板で細かく刻んでくれました。

「ミキサーでガーッてやればいいって、
 野草の絵本に書いてあったよぉ〜」 ん? 聞こえませーん。

摘むべき部位は、茎の感触、包丁の手応えなどから
総合的に実感してもらわないと、次に摘む時に役に立たないからね。

P1130135yomogi_dango.JPG
とにかく餅の好きな姉妹。
よもぎ餅、食べるかな〜どうかな〜と思っていたら
あんこありでもなしでも、大喜びで食べていました。


・よもぎの天ぷら
P1130144yomogi.JPG
このよもぎはお庭で摘んでくれました。
お向かいさんの土地で採らせていただいたウドやタラまで!

P1130154yomogi_tenpura.JPG
お餅や天ぷらのレシピは、後でご紹介する自然療法の本から。
本葛粉と水で作る衣は、すぐに沈殿して大変だったけど
何とかおいしくできました。


具にしても練りこんでも混ぜ込んでも美味しいよもぎ・・・。
他にも、よもぎベーグル、フーチバージューシーなどが大好きです。

よもぎをミキサーにかけてひたすら煮詰める
常備薬の「よもぎエキス」も作ってみたいけど、
うちは子ども達が丈夫で、困ってないので毎年後回し!
作りたくなった人は自然療法の本を見てみてください。


今、お友達から貸してもらってすごく楽しんでいる
おすすめのレシピ本をいくつかご紹介しておきます。

magokoro_kenkou_ryouuri.jpg
真心がつくる健康料理

東城百合子 著

「家庭で出来る自然療法」を持っている人向けのレシピ集。

「家庭で出来る自然療法」はどちらかといえば
戒め、制約、改善、反省を促す色合いが強いので、
読み手の気持ち次第ではゲンナリして意欲減退することも。

でも、「真心がつくる健康料理」はどれを食べてもいい!
どれを作っても大丈夫!というウキウキ感があって、
ぎゅーっと鬱屈していた気持ちがふわゎ〜っと軽くなるんです。

それに、どれもこれも家庭的でおいしい^^
楽しく自然療法を続ける、すごくいい本だと思います。
よもぎレシピなんて9つも載っているんですよ。ウキウキ。


kokoro_kodomo_kennkousyoku.jpg
心を育てる子どもの健康食

東城百合子 著

自然療法の本を持っていない人にはこちらがおすすめ。
色んなエピソードを交えながらの、ためになるお話がたくさん!

お手当ての詳しい説明や、美味しい料理のレシピも
親しみやすいイラスト満載で読みやすいです。

巻頭はカラー写真いっぱいだし、
料理手順のイラストは子どもと一緒に見ながら作れそうだし、
病気ごとの説明や手当て法などもある程度まとまっているし。

割とポップな構成なので、
いまどきのお母さんにも読みやすくなっています。
「家庭で出来る自然療法」が読みにくいと感じる人にも良さそう。



以上、野草愛が溢れすぎて長くなってしまいましたが
よもぎのお話と、自然療法のお話でした。


よもぎ・野草のお手当て関連記事:
虫さされ対策 おむつかぶれにオオバコ軟膏 おむつかぶれの種類と手当て 




* * * お知らせ * * *

家庭保育をしている方も歓迎です。
短時間の企画なので、参加しやすいかと。
5月の社会見学
ホームスクーラーの季節行事
【5月の社会見学〜アイガモの田んぼ〜】




* * * まかない日記 * * *

友人宅のBBQに招かれて持参した料理たち。
P1120800BBQ.JPG
お肉はどうせ硬くて味が濃くてそんなに食べられないだろうし、
うちの子はずっと食べ続けるので、お米と野菜を大量に!作戦。

蒸し野菜、じゃがいもとツナのサラダ、厚揚げと温野菜のサラダ、
コールスローサラダ、黒米入りごはんなど。

案の定、姉妹揃って延々食べ続けたので、持って行ってよかった〜!
楽しいBBQをありがとうございました♪
posted by miya at 23:48| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする