2014年11月25日

一番近い他人

長女が三歳のときの七五三は、まだ引っ越す前で高知でした。
P1000737-001.JPG
トトロの森ではありません。

近所の、無人のお宮にえっちらおっちら、
山道を登って石段を上ってお参りをしました。

私たち姉妹の着物を、大切に置いてくれていた母に感謝。


私が幼い頃の母は、生真面目に子育てを頑張りすぎたせいか
笑顔が少なく、強張った顔や眉間のシワが印象に残っています。

おばあちゃんと嬉しそうに手をつないでお参りする、長女の後ろ姿。
母が今、とても優しいおばあちゃんなのは
あの頃にやり残したことを挽回しているのかもしれません。


小学生の頃、あまりに怒り散らす母に向かって
「お母さんみたいな大人にだけはなりたくない」
と言い放った私。

母の、虚を突かれた顔が忘れられない。


一番近い存在だったとしても、親子は別の人間同士。

自分の中で「家族」と静かに向き合えたら
少しずつ、変わっていけるかもしれません。

141220WS_ban.jpg
第21回 話す・聴く・気づきのワークショップ
「家族(親子・夫婦・一番近い他人)」


12/20(土)はゆったりと、古民家での開催です。
師走の喧騒から離れ、静かに過ごしてみませんか。


関連記事:ゆっくりと耳を澄ます 「話す・聴く・気づきのワークショップ」初参加  話す・聴く・気づきのワークショップ参加

* * * お知らせ * * *

・試食リベンジなるか!?里芋の唐揚げレシピ、アップしました!
141123_1720~02 (2).jpg
雑草屋本舗 里芋おすすめレシピ


・冬のつくばっ子、集まれ〜
お友達と集まって、公園でスラックラインをしよう!
冬休みスラックライン教室



* * * まかない日記 * * *

里芋唐揚げをしたフライパンをそのまま流用して・・・
カブと、枯れ草の下から発掘したツルムラサキとを炒め、
黒酢、五香粉、塩で味付け。
141125_0802~01.jpg

こちらは茹で汁を猛烈に活用した挙句の、濃厚美味スープ。
141125_0802~02.jpg
ビル・モリソンもびっくり!?
いやいや、びっくりせずに試してくださいな。

パスタの茹で汁でひやむぎを茹で、更にその茹で汁で(少しだけ水を足して)そばを茹で、と変遷を経た濃い茹で汁を、トマトソースがこびりついていた鍋にジャバーッと入れ、木べらでトマト成分をこそげ落としました。冷凍してある炒め玉ねぎを加え、庭のパセリとタイムを散らして完成。味付けいらず!

今日も余すところなく、ごちそうさまでした!
posted by miya at 19:51| Comment(0) | ふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

お彼岸のぼたもち

140322_0854~01.jpg
娘とおばあちゃん(私の母)の力作!

お仏壇にお供えして、
私たちもいただきました。



短い里帰りを終えて
つくばへ帰るところです。


たくさん動くようにしているからか
今回の妊娠は移動もほとんど苦になりません。


明日から畑仕事再開だー!
posted by miya at 16:49| Comment(0) | ふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

三世代かるた

131116_1951~01.jpg

法事で秋田に来ています。


私の母親が子供の頃に遊んだかるた。
私も小さい頃、このかるたで色々覚えました。


そして今宵は4歳の娘と一緒に!
三世代に渡って遊び続けるとはね…


ひいおばあちゃんから勢ぞろいでかるた大会です〜
ラベル:じじばば
posted by miya at 20:12| Comment(0) | ふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする