2019年03月03日

ゆず種で作る「ゆずエキス」&「キズパワーパッドもどき」

IMG_1182yuzu.JPG

いわきのお義父さんが持ってきてくれたゆずがあった。
茨城との県境にある、本家のゆず。

2月の遠出と不在が続いているうちに
ずいぶん傷みが進んでしまって、申し訳ない気持ちでいっぱい。

やっと前駆陣痛の乗り切り方がわかってきたので
昨夜、冬の終わりのゆず仕事に取りかかった。

とはいえ簡単なことしかできそうにない。
丁寧に半分に切り、お箸で種を取り出す。

IMG_1183yuzu_tane.JPG

とりあえず冬に作るべき最も大事なゆず製品といえば、これだ。

「ゆずの種の焼酎漬け」

IMG_1186yuzu_essence.JPG

毎年少しずつ作ってきたが、今年は特に大活躍だった。


この冬にやっとわかったこと。

 ゆずの種の焼酎漬けは、
 1年以上置いたほうが効き目がある。

 そして、濃く作るに限る。


漬けてその冬のうちに使おうとすると、
どうしても焼酎が強くてスースー、ヒリヒリしていたけれど

種を容器の半分近く入れたものを1年寝かしておくと
とろりと濃厚で、しっとり保湿力のあるエキスがとれる。


容器内に残るゆずの種もすごいことになっている。
ゼリー状のもの(ペクチンかな?)で固まっているのだ。

このゼリー、あかぎれや切り傷の傷口にペトリと貼ると
それなりに滲みはするものの、なんと「キズパワーパッド」になる。

傷口を湿潤療法の理論ですばやく治してしまう、あれだ。

写真の中央近くにあるようなゼリー状のかたまりを、指先で潰して患部に貼る。
IMG_1185yuzu_tane.JPG
(もともとは煮こごり状態だったけど、これはもうほとんどゼリーを使ってしまったあと・・・)


だいたい貼り付けるのは夜。
貼ったものが乾いてきたらまたゼリーの水分を多めに乗っける。

そのまま密着させて、寝て起きると、カリカリに乾いて傷口が治っている。
もうひと息、というときはまた新しくゼリーを平らにして傷口に貼る。
(上から何か低刺激のテープを貼ってもいいかもしれない)

子どもは痛がるかもしれないけど、
早く自分のあかぎれを治したい大人にはピッタリだと思う。


漬けておいた容器からあらかたエキスを小ビンに移してしまったあと、
ゼリーつきの種は使いやすいようにタッパーに入れておいた。

膝小僧がガッサガサの夫など、手のひらに種ごとすくっては塗りつけている。


濃くて効き目の高いゆずエキス、そして湿潤療法に使えるゼリー。

一年後〜三年後の冬にまた活躍してくれることを期待しつつ、
真新しいゆずの種の焼酎漬けを、戸棚の奥にしまった。


関連記事:手荒れの季節に「ゆず仕事」 常備薬その2:ゆずの種の焼酎漬け


ちなみに、残されたゆずの果実(種以外)は・・・
白菜のゆず漬け、ゆずうどんゆずしょうが鍋、なんかにしていこうかな〜。


そうそう。

2月に神奈川のお友達のおうちで、
自然農のお米から作られた米麹をいただいた。

今年は田んぼも畑もやれなかったから、
自家製味噌作りもできないのかなぁ〜なんて思っていたのだけど。

なんとなく未練がましく(笑)、大豆を千葉にも持ってきていたから、
偶然にも良い米麹をいただいたことで、急にお味噌を作ることに。

IMG_0551misodukuri.JPG

私は台所担当、夫と子ども達はコネコネ担当。
(長女は近所のお友達のところに遊びに行った)

IMG_0552misodukuri.JPG

ここ数ヶ月、引越し先の住まいが乱高下して
どこに住むんだか、産む前だか産んでからなんだか右往左往、
もうどうにも落ち着かなかった。

それが昨日、やっと、ほぼ確定。

IMG_0553misodukuri.JPG

産んだあとで引っ越す、その引越し先も決まってきて、
精神的にずいぶん落ち着いたことも
前駆陣痛をうまくやりすごせるようになった背景のひとつ。

あと10日で出産予定日だけど、なんだか信じられない。
夏休みの宿題が終わってないのに新学期前夜になっちゃったみたいな。。。


出産の準備はなんとか終わった。

あとは、

部屋の片付け(どこまで?)、繕い物(どこまで?)、
山積みの夏みかん、戻しちゃった干したけのこ(つい・・・)、
割れた器の補修、大物の洗濯。

1日に1つずつ済ましていけば、お産になるかなぁ〜。

まぁ、母子ともにストレスなく無事なのが一番。
やってもいいし、やらなくてもいい。



* * * お知らせ * * *

雑草屋にはFacebookページがあるのですが
あんまりこちらでご案内していなかったかもしれません。

 ⇒ 雑草屋facebookページ

夫個人のつながりからこちらへ見に来てくださる方も多いですが
雑草屋FBの投稿のうち、夫が個人でもシェアするのはごくたまーに。

ということで、雑草屋FBもよろしくお願いします♪



* * * まかない日記 * * *

ひなまつりの日に節分の写真ですみません。記録に・・・^^;
IMG_0542setsubun_yaikagashi.JPG
近所の長女のお友達のおうちからヒイラギを分けていただいて、恒例のやいかがし。

商業先行の恵方巻きには夫婦どちらも興味ないのだけど
子ども達は産まれた時から、節分といえば社会は恵方巻き一色。

なのでとりあえず、海苔巻きは作ることになっていまして。
IMG_0481setsubun_ehoumaki.JPG

つくばの畑で育てた自然農大豆を、夫が丁寧に炒ってくれました。
IMG_0486setsubun_irimame.JPG
旨み・甘みが違うんだよねぇ〜。香りもいいよねぇ〜。
と言いながら食べると、次の作付けに期待が膨らみます。

健康に感謝して^^
ごちそうさまでした!
posted by miya at 12:24| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

電磁波のこと

IMG_9748katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

電気は本当に便利で、お世話になっています。
明るさを提供してくれたり、人と連絡が取れたり、情報を手に入れられたり。

その一方で、電磁波のことが気にならないわけではなく・・・。

いま現在の私なりの電磁波考察、対策について書いてみます。

(でもストレスにしたくないので、うちは結構ゆるーいです!
 調べまくり勉強しまくりの方にはゴメンナサイ〜!)

IMG_9750katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆電波は脳に届く

私は、大学入学が決まった18歳の頃に携帯電話を契約しました。

いきなり鳴り響く電子音には閉口してしまい、
購入当日からずーっと、かれこれ17年以上、
常にマナーモードにしています。

それでも誰かしらと連絡を取るのには
まぁ、ひたすら携帯のお世話になりました。

寝るときも頭の横に携帯電話。

特にうとうとしているときなんか、
脳内にぴかっとメールのマークが浮かぶようになりました。
するとその2秒後くらいにメール着信があるんです。

・・・うわぁ。怖いな。電波やな。

そう思ったものの、枕元に携帯を置いて眠る悪癖は
長女出産直前まで続いたのでした。

IMG_9740katsuura_neko.JPG

◆電子レンジをやめてみた

次女を妊娠中に、生活必需品と思い込んでいた電子レンジをやめました。

いろいろ、ストレスにならない程度にだけ調べて、
面白がれる範囲でやめてみるか〜、と思って。

(詳しくは電子レンジなし生活の記事をご参照いただければと思います)

工夫が楽しいうえに、電子レンジ、全然いらんやん!!
という目からウロコ体験が快感となり、以来全く使わないまま。

IMG_9774katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆家電・通信機器をどうするか

分かりやすいものでは、電子レンジを使わない(これは常に)、
あとはネットを使うときだけwi-fiをONにするなど。


ただ、オーブンは時たま使っています。
(子ども達がドア前にかじりついていいのは焼きあがり直前だけ)

つくばで庭のあった頃に、
熾き火を使ってパン果物ケーキを焼く方法を編み出したので
アパートを出るなら、そういった「火を起こせる場所」に引っ越したいです。


夫婦それぞれのパソコン、夫はタブレットも、仕事で使っていますが
特にインターネットを利用するとき、どうしたもんかなぁと。

人里離れた一軒家でなら、せめてLANケーブルのほうが
無線LANだのwi-fiだのよりもいいような気がします。

IMG_9759katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆子どもと携帯電話&スマホについて

残念ながら、固定電話がないため
子ども達が遠くの親類などと電話で話すときは
夫の携帯電話(ガラケー)を使っています。

頻度は、1〜2ヶ月に1回くらいかなぁ。


親がスマホを持ったり、子どもにスマホを触らせたりは
今のところ全く考えていません。

電磁波のことだけでなく、
いつもポケットにドラえもんがいる状態になってしまうのは
その子の手足や脳を使う機会を奪いがちになるのでは?
と思っているからです。

IMG_9765katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆家の周りの環境をどう捉えるか

鉄塔や高圧線は毎日眺めて美しいと感じないのもあって
本能的に避けているかもしれません。

実は、パートをしていた研究所で脳の部門だったのですが、
超高圧送電網のあるような街で育った人などについては
それも含めて追跡調査をしていて、
やはり電磁波は、何かある前提で注視されているのだなと思ったことでした。


スマートメーターというものが普及してきているそうですが、電磁波としては
お隣の人が携帯・スマホを持っているのと同じくらいでしょうか・・・?

はっきりとはわかりませんが、他で電磁波を減らすしかない気がします。


住宅地の中のアパート暮らしをしている現在、
パソコンのインターネットアクセスを表示してみると
10以上のワイヤレスネットワークが圏内になっています。うーん。

どんなに家の中の電磁波を排除しようとも、
飛び交うワイヤレスな電波はどうしようもありません。

IMG_9767katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆田舎に散らばって暮らすという選択肢

そう考えると、人が密集している暮らしは、
排泄物やゴミの循環、エネルギー、食物の自給のみならず
電磁波の面でも、解決しようがない、という結論になり・・・


その一方で、日本各地で
限界集落、空き家、耕作放棄地が溢れています。


本当にその場所で暮らし、働きたいか、
その時その時の自身や家族のプラスとマイナスを吟味して、

田舎でいいや〜と思えた場合に初めて、
周囲の電磁波についてを解決できるんじゃないでしょうか。

IMG_9781katsuura_neko.JPG

◆「電気なしDay」のススメ

携帯は6月の終わりに手放してしまったので
私個人は、どんどん通信機器から疎遠になってしまっています。


実は道場で研修中、みんなのアイデアで
「電気なしDay」をやってみたんですよ。

その時の開放感、幸福感がすごく影響しているかもしれません。


いつもスマホをポケットに入れ、スピーカーから音楽を流し、
といった若い子たちも、朝の目覚めからスマホなしで過ごすわけです。

一緒にいる側としても、目の前でスマホを操作していない姿は
なんだか安心感がありました(疎外感がないというか・・・)。


電気なしのつながりで時計も使わなかったので
お腹がすいたから食べる、暗くなったから眠る、
そういった時間の流れを味わいつくすことができて、最高でした!

IMG_9757katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆健康を最も損ねるのは「自分が生み出すストレス」かも

ストレスは自分の脳が身体に症状を起こしてしまうので
「電磁波が」「砂糖が」「化学物質が」「放射能が」と考えすぎると
世界は毒でいっぱいだ!みたいになってしまって。

自分の中で生み出したストレスで健康を害する・・・
なんてことにもなりかねません。
(マクロビを極めるあまり、土気色の人がいたりするのもそれかと)


何よりも大事なのが、
何かを敵視しすぎない、ストレスを増やさないことだと思っています。

IMG_9780katsuura_neko.JPG

◆もっと簡単な判断基準

いろいろ書きましたが、我が家だって見渡せば
化繊の衣類やビニール袋、プラスチックのタッパーに電子機器に車に・・・と
不自然なものにたくさん囲まれて暮らしています。


 ちょっと待てよ?
 あれ、これってなくても平気じゃない?

そう思ったジャンルのものから、
可能な範囲で、ストイックになりすぎずに
見直すのがいいと思うのです。


1人で100%エコロジカルな暮らしを営むのも大切ですが、
100人が暮らしの中で1%だけでもエコにシフトするほうが
最終的に、より持続可能な社会になっていくんじゃないかなぁ、と。


そして、見直す際には
「何百年も前からあったもの」、「土に還るもの」、
せめて「おばあちゃんの生まれた時代にあったもの」。

そういった基準で身の回りを確かめていくと
取捨選択がぐっと楽になる、と思っています。

IMG_9776katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

関連記事:電子レンジなし生活のコツ 冷蔵庫なし&洗濯機なし生活の電気代 
     「非電化」ラベルの記事 「小さな変革」ラベルの記事



* * * お知らせ * * *

出産や引越しのため、3月からは夫がなかなか開催できそうになく、
この2月にかなりたくさんの心身治癒法勉強会を開催しています。

もしも興味のある方、そのうち・・・と思っている方がいらしたら、
また花粉症で春の訪れが恨めしい方は特に、
ぜひ2月の連続開催シーズンに、ご参加いただければ^^

20170316sugi_kafunIMG_6734.JPG

・2月4日(月)13:00〜16:30 @千葉県いすみ市
 マインドボディヒーリング(心身治癒法) in 道場
 〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月5日(火)13:00〜18:00 @茨城県つくば市
 ひきこもりの為のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会
 〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月15日(金)18:30〜22:00 @茨城県つくば市
 第32回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

・2月16日(土)10:00〜13:00 @茨城県つくば市
 ■女性限定■第33回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

そもそもが「本を読む時間がないから、かいつまんで教えて〜」の声に対応した勉強会です。
何かの販売や勧誘は一切ありませんので、どうかご安心くださいね。



* * * まかない日記 * * *

産前に2週間は前駆陣痛があって家事どころじゃないこと、
そして産後一ヶ月の養生を考えて、
9歳の長女にはどんどん料理をお任せしています。
IMG_0327C_cooking.JPG
マヨネーズを作ったあとの日々からのひとコマ、お豆腐焼き。
よーく水切りしておいたお豆腐に片栗粉をまぶし、油を熱した中華鍋で焼きつけて・・・

手作りマヨネーズ、手作りソース(色んな酢漬けや甘酢漬けの残り汁を煮詰めて調整)、さらに
青海苔、かつおぶし、偶然にも夏に仕込んでおいた紅生姜(新生姜の梅酢漬)を散らして。
IMG_0328otoufu_yaki.JPG
とろんぷるん、まるでタコ焼きのような美味しさに、みんなから歓声があがりました〜。
また作ってね!ごちそうさまでした^^
posted by miya at 18:47| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

繕う日々

夏に妊娠してから、繕い物をすることが増えました。

ミシンの要るような大物は、郷里の実母が得意なのでお任せしていますが
ちょっとした穴、ちょっとしたほつれくらいなら
自分で直せるようになりたいな〜、と思ったのがきっかけ。

夏〜秋はつわりで動けなかったし、冬は木枯らしの寒さを言い訳にして(笑)
じーっと畳に座り込んで、少しずつ少しずつ、繕い物を進めています。


刺繍もろくにしたことがないし、アップリケもつけたことがない。
ミシンは持ってないし、手縫いでまともなものを作れたためしがない。

そんな私が、いろんな繕いの本をナナメ読みしながら
なんとなく背中を押されて始めた、繕う日々。

夏から冬にかけての記録です。
(手芸上手のみなさん、ぬるーい目で流してください〜><;)


●手織り布ワンピース 穴と破れ

学生時代にフェアトレードで購入したワンピース。
手織り・手染めのこだわりの品を、なぜか誤って宿舎の乾燥機に・・・(涙)

当然生地は傷み、数年後には穴が開いてしまい、着られなくなりました。
IMG_4902tsukuroi.JPG

夫が着なくなったワイシャツの生地を裏にあて、
穴のふちをかがってぐるりと縫っておいて、
IMG_4903tsukuroi.JPG

100均でレースを買ってきて縫い付けました。
(こういうレース、自分でささっと編めるひとに憧れます〜)
IMG_4904tsukuroi.JPG

穴は4つくらいあるので、バランスを取るのが難しく、
まだ作業途中のまま半年以上寝かせてありますが(汗)

これを着られるのは、生まれる赤子が卒乳する3年後くらいと思うと
のんびり進めていける気がします。


●子どもスパッツ 膝の小さな穴

もうボロ布行きでいいんじゃない?というくたびれた衣類ほど
着心地が良く、子どもが手放したがらないもので。

そんな次女お気に入りの薄手のスパッツ型ズボン。
転んで膝に小さく穴が開いて大泣き!だったので、はじめての刺繍。
IMG_8034tsukuroi.JPG
見た目、謎ですが。きのこみたいな小さなおうちです。

1ヵ月後にはもう片方の膝も小さく穴が・・・

もう何でもえーわ、と、とりあえず
縦の穴をみだれ編み風に埋めてみた刺繍(ニンジン)。
IMG_9496tsukuroi.JPG

ますます愛着が湧いたらしく、次女の定番&自慢の服に昇格しました。
IMG_9497tsukuroi.JPG
気に入ってもらって、よかったよかった。
しかし刺繍ってさっぱりわかりませんなー


●子どもズボン 穴とシミ複数

ボロボロになった赤ちゃんの衣類をウェスにする際、
可愛い部分は何かに使えるかもと切って貯めてありました。
それを使って・・・

野草だの柿だので濃いシミが落ちなかったり、小さなひっかけ穴が開いていたり。
そんなズボンを直してみました。
IMG_9482tsukuroi.JPG

いわば、アップリケを買わずに済んだパターン。
IMG_9483tsukuroi.JPG
アイロンも糊も持っていないのでぐるりと白い糸で縫いつけてあります。
長男お気に入りのズボンのひとつです。


●子どもズボン 膝の破れ

いただいたズボンに穴が開いていたので、既存のポケット風(右側3つ)に合わせて
左側にもつけてみました。
IMG_9477tsukuroi.JPG
これまた夫のワイシャツ生地で。
うーん、生地の質感が違いすぎたけど、ま、いっか。


●子どもズボン ポケット横の破れ

世のズボンには、ポケットの使用をきちんと考慮して補強してあるズボンと、
ただポケットをつけただけで実際使っていると周囲の生地がだめになるズボンとがありまして。

こちらは後者のズボン。
ポケットに石だのドングリだの詰め込む長男により
特に負荷のかかる、ポケット縫い付け箇所が破れてしまいました。
IMG_9484tsukuroi.JPG
これまたワイシャツ生地で補強。
もっと大きく補強してもよさそうですが、なんとかなっています。


●子どもパジャマ 袖の穴と汚れ

いただいた時点で穴とシミがあったので、ベビー服の端切れで可愛く。
IMG_9489tsukuroi.JPG

よく見るとすごく適当なんですが、色のおかげで誤魔化せています^^;
IMG_9490tsukuroi.JPG
長女が「かわいいー!!」と気に入ってくれて、ホッ。


●子どもズボン 膝の薄い状態&穴

親戚中から回ってきて甥っ子たちが履き、うちの子3人が履き・・・
ずいぶんくたびれてきたカラフルなズボン。
IMG_9485tsukuroi.JPG
グラデーションの刺繍糸で、雑〜に、縦横に縫ってみました。

ダーニングほど本格的ではなく、刺し子ほど規則的でもなく。
でも糸の色合いで不思議と調和してくれました。


●子ども靴下 つま先破れの補強&かかとの補強

ちょっと伸びたけど履ける、っていうサイズの靴下は
暖房なしの我が家の場合、重ね履きに活用されています。

で、長女から次女へとお下がりにした時点で、つま先に穴がちらほら。
実家の母に相談すると、いらないデニムでこんなつま先カバーを作ってくれました。
IMG_9493tsukuroi.JPG
靴下に縫い付けると、次女も「足があったかーい♪」と大喜び。

ひと冬も使っていると、補強されていないかかと部分が薄くなってきたので
私が刺繍糸でぐるぐる縫ってみました。刺し子みたいに補強になればと・・・。
IMG_9491tsukuroi.JPG

靴下も、素材感や色合い、ゴムの調子などで
好き嫌いがきっぱり分かれるため、お気に入りが長く使えるのは大事です。
IMG_9492tsukuroi.JPG
なお、厚手のつま先カバーのせいで靴がはけないので、家用です。


●子どもズボン 膝の小さな穴2つ

お花かちょうちょで刺繍を・・・とやり始めたのに、
次女がどうしても「きいろのみかんにして!むらさきの糸でぐるってやって〜!!」と言うので・・・
IMG_9494tsukuroi.JPG

なんだか統一感ありませんがこんなズボンに。
IMG_9495tsukuroi.JPG

でも刺繍って、負荷のかかり続ける膝や裾には長期的には向いてないので、
もっとガツーン!と古布のアップリケをあてて、ガンガン動いても大丈夫にしたいなぁ。


●子どもズボン お尻のカギ裂き

まだ時々夜中におしっこが出ちゃう2歳の長男には、布おむつから布団にまで浸みないよう、
布おむつの上に、薄くてヨレヨレ、ゴムもゆるーいズボンを履いて寝てもらっています。

そのヨレヨレズボンで三輪車に乗った日にゃあ、即、破れますよー(涙)
IMG_9788tsukuroi.JPG
「あな、ぬいぬい、ちてー」と泣く長男。
疲れてたので、(私が中学以来ずっと着てた)Tシャツ生地を適当に切って縫い付けました。

Tシャツの生地は、切りっ放しでもあまりほつれてこないんですね。
やっつけ感満載ですが、アップリケのハードルが下がりそうです。



繕いまくって実感しました。

「今日の一針、明日の十針」

ひどくなる前に、ちょこちょこ繕っていれば
大事に至らずに済むのだなぁ〜。


最近は夫の野良着(大胆な破れっぷり!!)の繕いや
長女の素肌寝(夜だけゴム紐なし生活)のための寝巻き作りなど
ちょっとずつ大きめの縫い物にもトライしています。

夫も、大きく破れた自分のリュックを縫って貼って直したのをきっかけに・・・
IMG_0266tsukuroi.JPG
最近は、上着の裏地の破れ、半纏のポケットの穴など、
ひどくなる前にちょこちょこと繕う姿が見られます^^


ちなみに私があれこれ図書室で借りて読んだあと
一番参考になるなー、色あわせが好みだなーと思って購入した“ 繕い本 ”がこちら。

tsukurou_tanoshimi.jpg
繕う愉しみ
 ミスミノリコ

私は別に本格的なダーニングはしないんですが、
気楽なお繕いの参考にもじゅうぶん。

いろんな人が相談して、解説つきでお繕いしているコーナーも楽しいです。


関連記事:
縫い針の錆びを落とす 布は巡る
お茶パック作り 前駆陣痛中に縫い物ライフが始まったのでした〜


* * * お知らせ * * *

出産や引越しのため、3月からは夫がなかなか開催できそうになく、
この2月にかなりたくさんの心身治癒法勉強会を開催しています。

もしも興味のある方、そのうち・・・と思っている方がいらしたら、
また花粉症で春の訪れが恨めしい方は特に、
ぜひ2月の連続開催シーズンに、ご参加いただければ^^

20170316sugi_kafunIMG_6734.JPG

・2月2日(土)16:00〜19:00 @東京都稲城市
 出張マインドボディヒーリング講座
 〜腰痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

長年の頭痛解消、手荒れ軽減など、
さっそく嬉しい効果が出ているとのことで、いな暮らしさんにて第二弾開催です!

終了後はおいしい晩ごはんを食べながらのシェア会。
いいなぁ〜私も行きたいなぁ〜〜


・2月4日(月)13:00〜16:30 @千葉県いすみ市
 マインドボディヒーリング(心身治癒法) in 道場
 〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月5日(火)13:00〜18:00 @茨城県つくば市
 ひきこもりの為のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会
 〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月15日(金)18:30〜22:00 @茨城県つくば市
 第32回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

・2月16日(土)10:00〜13:00 @茨城県つくば市
 ■女性限定■第33回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

そもそもが「本を読む時間がないから、かいつまんで教えて〜」の声に対応した勉強会です。
何かの販売や勧誘は一切ありませんので、どうかご安心くださいね。



* * * まかない日記 * * *

長女が「普通のマヨネーズって何でできてるの?作ってみたい」と言うので
アリシアさんの『地球の上に生きる』を見ながら、作ってもらいました。

卵黄、お酢、塩(粉からしは割愛)、そして大っっ量の、油〜!!
作ってみると、その量に驚愕。私が極力マヨネーズを使わない理由に、やっと納得してくれました。
IMG_0271C_cooking.JPG
ちょっと加えてはカシャカシャ・・・をずーっと繰り返すマヨネーズ作り。
小一時間ほどやっていたでしょうか、下の二人も興味津々!
それにしても長女、根気強くなったもんです。

そもそもの発端は、「ポテトサラダを作りたい」(←普段から作ってもらっている)。
ということで、今回は手作りマヨネーズでのマカロニポテトサラダです!
IMG_0273C_cooking.JPG
ペンネですけど、茹で加減ももうバッチリ。
調理の最初に薄切りたまねぎを空気に晒し、蒸かしたジャガイモを混ぜながら、茹で上げたペンネを混ぜながら、生たまねぎの辛みを飛ばすのもバッチリです。

「大人は自分で塩と胡椒を足してね!子供用に薄味だからね!」
はい、もう大変満足でした〜。ごちそうさまでした♪
posted by miya at 12:48| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする