2018年08月16日

あたらしい熱中症対策

IMG_8070green.JPG

近年の熱中症を取り巻く報道が
ちょっと異常にも感じられる今日この頃。

その違和感を整理しつつ、
個人的なおすすめの方法を書いてみようと思います。

IMG_1159umi2017.JPG

◆熱中症に関する4つの疑問

・子ども達に水筒を持たせるようになって、
 熱中症は減ったのか?

・学校に冷房を完備して、
 暑い日にしっかり冷房のもとで過ごして、
 熱中症は減ったのか?

・熱中症対策がメディアで謳われるようになって、
 熱中症は減ったのか?

・熱中症で搬送された人たちは、
 普段から冷房を使っていなかったのか?
 水分をとっていなかったのか?


白熱する熱中症の報道を耳にするたび、
また熱中症対策を聞くたびに、
不思議でなりません。

IMG_1193umi2017.JPG

◆熱中症の不思議を検証してみる

情報と思考のパラドックスに陥りやすい私。
ざっと5分以内と決め、調べてみました。

あくまでもリサーチは浅め、
さほど最新ではない情報ですが、、、


・いつから熱中症が急増したのか?

1994年以降、急増しているとのこと。
エアコンの普及率が80%近くになった頃です。

・暑いから熱中症になるのか?

「同じ日最高気温に対する1日当たりの患者数を見ると、
25℃あたりから患者が発生し、
31℃を超えると急激に増加します。」とのこと。
25℃から熱中症になっていたら大変!
春も秋も、暖かい日には要注意、なんてことに。

31℃って、私たちが子どもの頃も
普通に達していた気温なのに・・・。

IMG_1661kids2017.JPG

・そんなに日本の夏は暑くなっているの?

「日本の夏(6〜8月)の平均気温は、
 上昇傾向が続いており、
 長期的には100年あたり
 約1.09℃の割合で上昇しています。」
100年で、1.09℃。
哺乳類は恒温動物ですが、
耐え切れない変化だったのでしょうか?

温泉やサウナのほうが
よほど温度変化が大きいのに・・・。

このわずかな気温の変化について
もうちょっとグローバルに考えてみました。


・世界と比べてみたら?

フィリピンやマレーシアでは、常に25℃〜30℃が平均気温。
お友達の出身地、ニジェールでは
毎月の最高気温が一年中33℃以上です。(彼は、素手でBBQのお肉をひっくり返しながら
 平気!暑いときは50℃いくからねーと笑っていましたが・・・)


・・・ということは?

人間という生き物は本来、
これくらいの気温の下でも
十分に生きていられるはずでは?

うーん。

IMG_1120umi2017.JPG

ここからはあくまでも我が家の実体験に基づく
個人的な熱中症対策をご紹介しようと思います。

※実践においてはくれぐれも自己責任でお願いします。

※急激な変化は体の負担になります。
 段階的に計画することをおすすめします。

IMG_8420tomato.JPG


◆◇◆ あたらしい熱中症対策 ◆◇◆


(1)水分をとりすぎない

・食事(ごはんや味噌汁)からも水分はとれている

・ガブ飲みは胃液を薄めて抵抗力を下げる

・入った水分を排出するべく臓器が余分に働くはめに

・汗もおしっこも体内の電解質を排出することになる


我が家で子ども達が食事(ごはん・味噌汁)以外から水分をとるのは
8歳児でコップに5cm、4歳児で3cm、2歳児(授乳中)で1cm程度。

これが1日に1〜2回以内で、
三食すべて汁物つきのときはほぼゼロ。
猛暑日でも1日に3回以内だと思います。

これは長女が熱中症になった、強烈な学びからきています。
⇒(参考)水分補給への疑問

暑い日は水シャワーなり、おうちプールなり、
ざっぷり浴びればスッキリして、喉の渇きも消えます。

濡らし手ぬぐいもオススメ♪

IMG_8374ogawa.JPG


(2)冷房をなるべく使わない

・外気との差を5℃以内におさえる(可能なら3℃以内)

・しっかり汗をかき、しっかり拭き、着替える

・赤ちゃん時代に冷房下で育てると
 汗腺の数が少なく、
 汗で体温調節できない体になってしまうので
 汗をかく機会を大切にする


冷房機器をはじめ、巨大な熱中症マーケットに
操作されている気までしてくる昨今の状態。

冷房でしっかり冷やして暮らしていると、
暑い場所で過ごさなければならないとき、
どうしても身体には大きな負担が生じるはずです。

我が家の場合はここ数年、変わらず冷房なし生活なので
汗腺はバッチリ発達していますし、
体温を調節する細かな工夫も
子ども達それぞれに、身についていると思います。

⇒(参考)暑さ対策あれこれ
⇒(参考)濡らし手拭い、はじめました

IMG_7663osannpo.JPG


(3)食べ過ぎない

食欲が落ちる夏。

どうやら、
食欲を落として、暑さに備えているようです。

「食べないと夏バテしちゃうよ!」
「しっかり食べて夏を乗り切ろう!」なんて大間違い。

食欲がないときは、体のサインに耳を傾けてあげて
ちょっとのお味噌汁とごはん、梅干しにすりゴマを
よくよく噛んで食べれば、十分だと思うのです。

ただし、清涼飲料水や経口補水液だけ飲んでいるのはNG。
水分(と糖分)には要注意です。

我が家は、飛脚や車夫が粗食であったことから
たくさんの実践と気づきを得ました。
(特に大人の真夏の畑仕事で実感!)
IMG_0951green.JPG


(4)イメージに操作されない

暑い陽射しの中、フラフラと倒れる・・・
蒸し暑さに耐えかねて、気分が悪くなる・・・

そんなイメージが日本中に浸透しています。

でも、気をつけないと
「脳がイメージどおりに症状を進行させてしまう」場合があります。


(5)我慢しすぎない

これは(4)ともリンクするのですが、
我慢しすぎて、「我慢している自分」「辛い自分」という自覚が
なおさら症状を進めてしまうからです。

また、「動物なら本来どうするか?」を考えれば

 暑すぎるときは日陰へ水辺へ、
 息苦しいときは休息を、

といった行動をとるはず。

学校で、職場で、我慢が美徳とされるようなシーンでも
さっさと自分を労わってあげる勇気は大切です。

◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆

IMG_2040smiling_leaves.JPG

ちょっと乱雑になってしまいましたが
ここ数年、ひっそりと実践してきたことをまとめました。

とはいえ、あくまでも各自の自己責任でご判断ください。


急激な変化も心身の負担になりますから、

 まずは冷房の設定温度をあげてみるとか、
 冷たい飲み物のガブ飲みをやめて温かいお茶を飲むとか、
 氷やアイスの量を減らすなど、

ゆるやかな変化を重ねて
観察してみることをおすすめしまーす。


関連記事:暑さ対策タグ一覧



* * * お知らせ * * *

夫と次女の二人だけで急遽、
今日の夜からつくば入りしています。

それに伴い、ホームスクール企画はまたの機会に。
明日は予定通り、森の新月カフェだそうです!



* * * まかない日記 * * *

パーマカルチャーと平和道場に、
小さなmiyaガーデンを作っていまして。

ちょっと前までは空芯菜がたくさん収穫できました。
IMG_7899ashitaba.JPG

空芯菜の炒め物と、
冷やし中華のイメージで作ったお素麺。
IMG_7908hiyashi_tyuuka.JPG
夏の初めの頃はまだ食欲があったな・・・

今は体調が低空飛行中、食事も半分くらいになっていますが
エコモードで充電します!

ではまた♪
posted by miya at 23:56| Comment(4) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

箱ティッシュをやめた結果

IMG_0475two_years_ago_tsukushi_nouen.JPG

夫婦そろって花粉症だった数年前、
ピーク時には2日で箱ティッシュが空になっていました。

さらに、私はストレスが高まってくると
ズルズルと鼻水が出続ける、いわゆる鼻炎持ちで
箱ティッシュを抱いて家中を移動することもしょっちゅう。

(今となってはどれもストレスが原因と自覚して
 花粉症も鼻炎もピタリとなくなりましたけども)

IMG_0479two_years_ago_tsukushi_nouen.JPG

ある日、箱ティッシュの在庫が尽きたのをきっかけに
なんとなく、ティッシュをやめてみました。

そしたら意外と大丈夫で・・・

気づいたら、箱ティッシュをやめてから
もうすぐ2年になります。

IMG_0480two_years_ago_tsukushinouen.JPG
(ということで、今日の写真は主に2年前のものから。娘たち小さい〜!)


◆箱ティッシュをやめるまでの経緯

・夫の友人に衝撃

次女がまだ生後2ヶ月の頃、
お呼ばれしたお友達のお宅で
「ティッシュもらえますか?」と言ったところ、

「あ〜うちティッシュ使ってないのよー
 ちょっと待っててね、物置にあるから」

なんて答えが!!!

これは衝撃でした。

お子さんが3人もいらっしゃるのに、
汚され盛りなのに、ティッシュなしですってー!?

この強烈な驚きが、
ずっと頭の隅っこに残っていました。


・夫は花粉症のピーク時に手ぬぐい使用

以前の夫は重度の花粉症

鼻水MAXの時期には、
ティッシュじゃ足りないとばかりに
古い手拭いでブーブー鼻をかんでいました。

当時は、うー、汚い〜、と思っていましたけどね。


・次女がティッシュを1回使ったら丸めてしまう
IMG_0914two_years_ago_playing.JPG
2才になった次女が、箱ティッシュをしゅっと取って
すいっと鼻を拭いてはクシュクシュッと丸めて捨てる、
というのを何ヶ月も繰り返していました。

これは本当に困りもの。

ティッシュを箱から全部出すのは
モンテッソーリで言う「自然から与えられた宿題」なのでいいんですが、

この場合、私の知らないところでも捨てちゃって
ゴミ箱がティッシュだらけ。
無駄遣い状態になっていたのが悩みの種でした。


・私の鼻炎でティッシュ1箱がすぐなくなる

アレルギーか何かだと思い込んでいた、私の鼻炎。
始まると、もう水道のようにじゃあじゃあと
とめどなく鼻水が出るんです。

今思えばただのストレスなんですが
知らなかったあの頃、ひたすら鼻をティッシュでかんで
1日で1箱つかいきることもザラ。

鼻の下は擦り切れて痛いし、
“ピーク時には手拭い派”の夫には
軽蔑されているような気もしていました。


◆箱ティッシュをやめたきっかけ

家の買い置きティッシュが全部なくなった、
けど買い物にも行けない、
そんなピンチ(チャンス)が到来したのは
息子が生まれた2016年夏の、終わり頃。
IMG_0622two_years_ago_omiyamairi.JPG
(ちょうどお宮参りの頃だった)

もともと、ちょっとした汚れには
なるべく古着を切ったものを使っていたので
一番ティッシュを使うシーンといえば、鼻水でした。

家にたくさんある手拭いの中から
特に古い手拭いを選んで「鼻かみ手拭い」と称し、
鼻をかむようにしました。


◆箱ティッシュなし生活、1年目の振り返り

1年やってみてのメモを見ますと・・・

・手ぬぐいで十分

手拭いは畳んで本を読むように開き
奥のほうから使っていきました。

汚れ部分はピタリととじて(くっつく)、
手前へ手前へと使っていき、また新しいページへ。

こうすることで汚れた面が肌につくこともなく
常にきれいな部分で鼻をかむことができました。

使い心地は、
ティッシュよりも古い手拭いのほうが柔らかく
鼻の下の荒れも激減したのが嬉しかったです。


・洗えばまた使える

ほぼ無限に使える、鼻かみ手拭い。

水に浸けておき、
手洗いするだけでまた使えるので、
とても経済的です。


・鼻水が減った!鼻炎がなくなった!

ティッシュで鼻をかむ
=いくらでも鼻水を出していい
 =とまらない鼻水

の無限ループだったのが、

手拭いで鼻をかむ
=洗わなきゃいけない
 =早めにおさまる鼻水
  =鼻炎自体が減少

よほど脳もショックだったのでしょうか、
いくらでも鼻をかめるわけではないと悟ったのか
鼻炎を発症することがなくなっていきました。

疲れているときに家族分の鼻かみ手拭い(洗い物)がたまると
手洗いすら億劫になるけれど、
それでもデメリットを大きく上回るメリットがあると感じました。

IMG_0511two_years_ago_cooking.JPG
(台所が家の中にあるって重要だったなぁ・・・穏やかに手伝う娘たち)


◆箱ティッシュなし生活、2年目の振り返り

・古おむつのほうが洗いやすい

手拭いは面積が広いので汚れの量もハンパなく、
どうしても洗うのが億劫でした。

あるときから、使い古した布おむつ(輪おむつ)を
ハサミでじょきじょきと切って使うように。

1枚の布おむつから4枚の鼻かみ手拭いが取れます。
端はもちろん切りっぱなし。

これがとっても良かったのです!!

小さいから汚れたらすぐ洗面所で洗えちゃうし、
薄いからすぐ乾く。

色がだんだん汚くなってきたものを集めてベンガラ染めにしたら、
風格が上がってまたお気に入りになりました。

布おむつが身近でない場合は、
古いカッターシャツやYシャツ、
さらしを切って使うというのでもいいかもしれません。

IMG_7035bengala_zome.JPG


◆結論

『 ティッシュがなくても生きていける 』

より持続可能な暮らし方を手に入れたぞ!

IMG_7666watage.JPG

◆今後の課題

トイレットペーパーはまだ使っているので、
ここはまた考えねば、、、

いや、いざという時は葉っぱで拭けるんですが
葉っぱを日々集めてはトイレに常備する、というのがまだできなくて。

バイオトイレに葉っぱもポン!と捨てるような
気楽な暮らしにシフトしていきたいものです。

IMG_7674senro.JPG

そうそう、我が家のティッシュ代用品(布おむつの切れ端)は
後日、もうちょっと詳しくご紹介したいと思います。


関連記事:布は巡る 古着を捨てる前に タオルで布ナプキン



* * * お知らせ * * *

おかげさまで無事、畑の小屋を
ピラミッド建築さながらに動かすことができたようです。

つくばでお集まりいただいたみなさま、
炎天下での作業、お疲れ様でした!ありがとうございました!



* * * まかない日記 * * *

今は冷蔵庫のない暮らしなので、野菜を切って中途半端に残すことができません。

キャベツ1個と3色パプリカ各1/2個(サラダの残り)を干しておきました。
IMG_7944hoshi_yasai.JPG
日中干しておけば、夕飯の支度で火の通りが格段に良くなるのです♪

豆苗を使ったあとに水を代えながら(夫が)世話して、嬉しい収穫。
IMG_7959toumyou_reuse.JPG

切ったトマトをどっさり敷きつめたお鍋に
タイム、ローリエ、ローズマリーを入れ、
干しキャベツを入れてぐつぐつ。

ある程度火が通ったら干しパプリカと豆苗も入れ、
塩を振って、くったりするまで煮込みました。
IMG_7962soup.JPG
この1週間は夫がいなくて孤軍奮闘、疲労困憊。

なので超手抜きメニューが続いていました〜。
(火の管理が疲れたからバゲットでいーや!とかね)

でも、おいしかったから良しとしよう。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 10:58| Comment(4) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

チャックつきポリ袋のこと

IMG_7972zipper.JPG

チャックつきのポリ袋、
よく見たら身の回りの商品に、たくさんありました。

しかも「中身(商品)を守るための袋」だから、すごく丈夫!

きっちり洗ってお日様でしっかり乾かして
順次使わせてもらっています。

IMG_7973.JPG
(その昔、月桂樹を植えるという発想がなかった頃のもの)


袋そのものが「商品」だと、
数回で破れないと次を買ってもらえないから
あえて薄く作ってあるんじゃないかなぁ。

(だって以前、冷蔵庫を使っていた頃、
 冷凍用チャックつきポリ袋が
 冷凍庫内でぶつかって破けてるなんて、
 日常茶飯事でしたもん)

IMG_7779kitchen.JPG
(パーマカルチャーと平和道場の、廃材を駆使したシステムキッチン)


うちの母なんか見ていると、
安い100均の袋を買ってきて
冷凍専用だと書いてあるのに
アッツアツに電子レンジでチンして
「なんかくさい・・・」なんてこともしょっちゅう。

冷凍専用だの加熱OKだの、種類が増えすぎて
いざ使う段になると、何がNGかわからないようです。

IMG_7781water.JPG
(明るいうちに調理。後ろでプールを満喫してくれたらラッキー)


ということで、最近は
昆布の大袋、乾燥ハーブの小袋、重曹の袋に
スキムミルク(冷蔵庫ないのにカフェラテがやめられない私)の袋・・・

などなど、チャックつきのものが空になると
大喜びで洗っては干し、再利用しています。


何が入っているかわからなくなりそう、
と以前の私なら嫌がっていたはずなんですが。

裏紙や模様の薄い包装紙を小さく切っておき、さっとメモして
テープで貼ったり洗濯バサミでとめたりすればそれでOK。

それ以前に、冷蔵庫がないおかげで
そんなにたくさん保管しなくなりました。

把握しきれる量で暮らすという、
新たなチャレンジでもあります。

IMG_7972-2.JPG

ちなみに今は、ラップもない生活。

野菜の切り口をぴったり保存したいときや
刻んだ野菜類を次の料理に回すようなときには・・・

薄くて柔らかい(笑)「商品としての」チャックつきポリ袋や
薄手の透明のビニール袋(お豆腐なんか買うと使うアレです)を、
何度も再利用して使っています。


「小さな変革」関連記事:
ほうきでお掃除 カタログの山に挑む 服は買わない 縫い針の錆びを落とす 油汚れに新聞紙を 古着を捨てる前に



* * * お知らせ * * *

facebookのページで「参加予定3人」でしたが、
3人で動かせる気がしませーん(涙)。

P1090474koya.JPG
7月14日(土) 小屋をピラミッド建造みたいに移動する会!


人数が多いほど楽チンになるはずですので、
お近くのみなさま、見物がてら、ぜひぜひお力を貸してください〜!



* * * まかない日記 * * *

敷地内のあちこちにアシタバがわさわさと茂っているので
「パワーのあるものが食べたーい!」という気分の日に刈ってきて、調理しています。

アシタバの茎(下茹でなし)とさつまいものきんぴら。
IMG_7785ashitaba.JPG
八丈島の家庭料理を、子どもも食べやすくさつまいも入りでアレンジ。

葉っぱはくったり食べやすくなるまで下茹でして・・・
IMG_7771ashitaba.JPG
刻んで鰹節粉・醤油でささっとおひたしに。
IMG_7786ashitaba.JPG
(太すぎました!小さい子には千切りがいいみたい)

アシタバのほか、最近はツユクサも美味しくて気に入っています。
また野草ネタが書きたいなぁ〜^^

IMG_7789ashitaba.JPG
ごちそうさまでした♪
posted by miya at 23:33| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする