2020年05月26日

新聞紙で作る苗ポット 〜作り方とポイント〜

IMG_8932shinbunshi_nae_pot.JPG

新聞紙でポット苗 の記事に対して、コメント欄やFBなどで
「作り方を教えて」と言ってくださった方々、ありがとうございました。

作り方を書いてみましたのでご覧いただければ嬉しいです^^
今回特に写真が多くて恐縮です。

1歳児との果て無き攻防(涙)の最中に作りながら撮っているので
ちょっと分かりにくいところもあるかもしれませんが、
そこはテキストで補足していきます><;

手順はわずか6ステップ!! では、いきま〜す^^


(1)新聞紙を縦に4つに裂く
IMG_8535shinbunshi_nae_pot.JPG
新聞紙は繊維が縦方向なので、ハサミ不要な「縦ビリビリ裂き」がおすすめ。
重ねても簡単なので、慣れると一日分の新聞紙を15秒で裂き終えます。

(2)細長い帯状に折る
ここ、あまり写真が撮れてないので先ほどの写真を加工して説明します><; 笑わんでねー
IMG_8535orikata_shinbunshi_nae_pot.JPG

実際に帯状に折ったあとがこちら。
「不揃いな辺を片面にすべて持ってくる」のがポイントで、これを内側にします。
IMG_8536orikata_shinbunshi_nae_pot.JPG
種まき後、水やりなどしていると「ポットの外側がツルツルしていること」が大事だと感じます。
ビロビロと不揃いな辺や破れが外側にあると、雨や水に弱くなりやすいのです。

(3)型にするコップやガラス瓶を決める
IMG_8511cup_shinbunshi_nae_pot.JPG
もらいもののコップがちょうどいいサイズなので使っています。
高さ7cm、直径は底が5cm、上は6.5cmでした。

全然脱プラじゃないじゃーんとかつっこまないで〜
(だって1歳児が瞬殺で奪って放り投げるんですよ・・・)

で、型となるコップや瓶を横に倒して新聞紙にあて、巻きつけていきます。
巻き始めに大事なのが、底面の半径よりやや長くスペースを取ること。
IMG_8512shinbunshi_nae_pot.JPG
底を折りこむときにうまくいく・いかないを分けるのはココです。

IMG_8532shinbunshi_nae_pot.JPG
苗ポットの背を高くしたいときや、
作ってみて底がうまく折れなかったときなどは、この(3)まで戻って

・型となるコップや瓶を見直す(もうちょっと小さいものを選ぶ)
・帯を幅広に折る(端を揃えずに広めにずらして折る)

などすると、うまく出来ます。
まずは1個作ってみると実感していただけるかと。

(4)型に合わせて巻きつける
IMG_8513shinbunshi_nae_pot.JPG
不揃いな辺を片面にすべて持ってきていましたので
そこがポットの底になるよう、内側になるように、巻いていきます。

折り目でツルンとしている「わ」の部分がポットのふちになることで
水への耐久性を強めることができるんです。

そのため、新聞紙の帯の畳み方によっては
コップの向き、巻きつける向きが逆になります。気をつけてください。

少しだけ斜めに巻いていってください。最後、こんな風に耳が残るように。
IMG_8514makiowari_shinbunshi_nae_pot.JPG

巻いただけではどうしても開いてしまいやすいので、
この耳をあとで、ひっかけるようにして使うんです〜。
IMG_8538makiowari_shinbunshi_nae_pot.JPG

巻き終わりました。底はこんな風になっています。
IMG_8515soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

(5)底を折り込む
写真のように、巻き終わりが手前にくるように持ち、手前を倒します。
IMG_8516soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

そしてココがポイント!!
巻き終わりのラインから少しだけずれた場所で、また折ります。
IMG_8517soko_shinbunshi_nae_pot.JPG
こうすることで巻き終わり箇所が固定され、開かなくなります。

底面にバツ印ができるイメージで、次々としっかり折っていきます。
IMG_8518soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

IMG_8519soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

最後はむぎゅっと先端を折り込んでもいいし(線が5本できます)、
IMG_8520soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

中に大きく折りこむようにしてもいいです(線が4本できます)。
IMG_8533soko_shinbunshi_nae_pot.JPG
状態を見ながら、臨機応変に。

出来上がった底面をチェックしてみます。
IMG_8530soko_shinbunshi_nae_pot.JPG
正面から見て穴がなければOKです。

きちんと排水はできるのでご安心を。
IMG_8531soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

(6)型から外し、形を整えて完成!
底をしっかりさせるため、上向けに戻して型ごと下へ押しつけます。ぎゅぎゅ〜〜〜
IMG_8521soko_shinbunshi_nae_pot.JPG

型のコップを外します。
IMG_8524shinbunshi_nae_pot.JPG

耳のところを折り込みます。
IMG_8525mimi_shinbunshi_nae_pot.JPG

ぎゅっと折ります。こんな仕上がりです。
IMG_8526mimi_orikomi_shinbunshi_nae_pot.JPG
戻りにくくするため、耳の周囲もちょっと一緒に折ることが多いです。

はい、完成でーす!! お疲れ様でした!
IMG_8529shinbunshi_nae_pot.JPG

新聞紙で作る苗ポット、作り方は以上です^^
あとは土を入れて苗箱に並べ、種まきへと移ります。

土を入れた後にあちこち移動すると底の部分に負荷がかかるのと、
水やりなどで多少の変形や傾きが出てしまうので
土入れ時点で、苗箱にキッチキチに詰めて並べるのがおすすめ。

苗箱が足りないので、ダンボールをポットの高さに切って使っています。
IMG_8933shinbunshi_nae_pot.JPG
ただしダンボール箱は雨シーズンになると水の排出が間に合わずプール状態となり、
新聞紙の苗ポットがドロドロに溶ける危険性もあります。去年やらかしました。

雨ざらしにならない場所で管理するか、
箱の底にきちんと開いた穴を複数あける必要があります><;

持ち運びしやすい、小さめのダンボールがいいですね。
IMG_8934shinbunshi_nae_pot.JPG
箱を全く動かさないのであれば、大きなダンボールでも。
お世話すると決めた場所に箱を置いて
そこにどんどん、土を入れた苗ポットを詰めていけば大丈夫です。(あぁ、木製の苗箱が欲しい)


さて、新聞紙の苗ポットに話を戻します。

実際に使ってお世話してみて、サイズや強度などがわかってきたら量産も。
IMG_8585matomete_shinbunshi_nae_pot.JPG
私は帯状に折るだけ折っておいて、隙を見てコップで巻き巻きしています。

底より口が広くなっているコップで型を取ると、重ねて保管できます。
IMG_8614shinbun_pot.JPG
それでも重ねるのは4つが限度。こんな状態で出番を待ちます。
気づけば6月の豆ラッシュが目前!もっと作っておかねば・・・。

苗を育てて畑に定植するときは、
乾いていれば土ごとパコッと取り出してポットの再利用も可能。
濡れていればくるくるーっと破いて定植し、新聞紙は乾かして焚き付けに使います。
焚き火ができないおうちなら、土に還すのもいいですね。

あと、植える頃には新聞紙が弱くなっているので、
ポットの土ごと優しくしっかり持って動かしてください。


5月は驚くほど暑い日もあり、子ども達は大喜びで草履&半袖半ズボン。
IMG_8842kids.JPG
かと思えば寒くて半纏を着る朝も続き、なかなか侮れません。

梅雨寒を予感させる冷え込みが続いています。
動きやすい気温でもあるので、どんどん苗の定植を進めたいです^^


関連記事:
新聞紙でポット苗 ホームセンターに頼らないキッチンガーデン作り 庭の草刈りに思うこと



* * * お知らせ * * *

コロナで特にイベントも企画できていないので、
この季節にまつわる過去記事をいくつか。

IMG_3140tanpopo.JPG
タンポポを食べる2

これから梅雨になると、雨でふんわり柔らかい葉っぱがたくさん伸びてきます。
お日様が弱い時期だからこそ、しっとりみずみずしいタンポポが楽しめます♪

P1130545karasunoendou_cooking.JPG
カラスノエンドウの豆・莢を食べる

童心に戻ってひたすら摘み取り、豆を取り出すのもいい時間です^^

IMG_8764ninjin_hone.JPG
にんじんの骨

畑でトウ立ちしたにんじんも、食べてみると発見がありますよ〜
(もちろん種採りも大事!!)



* * * まかない日記 * * *

この春から、夫も天然酵母のパンを焼いてくれるようになり
夫の甘酒酵母と、私のトマト酵母とで賑やかな台所です。

写真がなかったので去年の酵母たちを。
IMG_3361koubo.JPG

水分多めの生地が好き、だけど成形でベトベトは困る(小さい子のピンチは急にやってくる)、
というわけで、お鍋にシートを敷いて焼くことが多いです。
IMG_3243tennenkoubo.JPG
冷蔵庫なし生活での天然酵母との付き合い方も、
だんだん見えてきたような気がします。

酵母さん、夫、おいしいパンを作ってくれてありがとう!
posted by miya at 16:24| Comment(2) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

新聞紙でポット苗

IMG_3125shinbun_pot.JPG

あちこちで見かけるプラスチック製の農業資材に違和感を覚えつつ
距離をあけてきたものの、苗ポットだけはさくっとプラ資材を使っていた。

苗を買うとまず黒いポットがついてくるから
それを何度も繰り返し使う。

でも、5〜6年もするとだんだん朽ちてきて
破れたり穴があいたりで、結局はゴミになる。

せっかく、自然農でやっているのに。
支柱も竹や雑草の茎で、紐はなるべく麻紐で、やっているのに。

苗ポットに関しては、
プラ資材のサイクルから離れられないのかなぁ・・・。

そんな思いもあって、
一年前の春から試してきたのが「新聞紙で作る苗ポット」。

IMG_2961shinbun_pot.JPG

新聞紙なら、使ったあともよく乾かしておけば
焚き火のときに焚き付けに使える。

IMG_2960shinbun_pot.JPG

切って折って巻いて、の一連の作業は
慣れてしまえばあっという間で、楽しかった。
(作り方に興味のある方がもしいたら、続編書きますので言ってください)


IMG_2962shinbun_pot.JPG

そりゃ、そこまで丈夫じゃないけど、持ち運ぶわけでもないし
苗を育てるにはこれで充分。

引越しでなくしてしまった、木製の苗箱が揃うといいんだけど。
苗箱も今はプラスチックなんだよなぁ。ううむ。

IMG_2964shinbun_pot.JPG

畑の土と山の腐葉土を混ぜて、焚き火や薪ストーブから灰を取って混ぜて。
新聞紙ポットに土を詰めたら、ずらりと並べて種まき、水やり。

IMG_2965shinbun_pot.JPG

自然農だとこの上に刈り草をかけて、適度な湿度を保つ。


去年は大子町の山間に引っ越してきて最初の春で、
どれだけ獣害があるかわからなかったから、
全部直播にせず、ある程度の大豆や小豆を苗で育てておいた。

IMG_3414shinbun_pot.JPG

豆はハトがほじくり返すし、芽はキジが食べてしまうから
ポット苗たちをネットで高めに覆って一括管理できるのは、すごく楽だった。

苗を移植したあとの草管理もしやすかったので、
次の春も新聞紙でポット苗をやろうと決めていた。


去年の畑は結局、イノシシでほぼ全滅してしまったのだけど(涙)、
意外にも空きスペースに植えてあった大豆と小豆が無事で、それなりの収穫があった。

IMG_4745azuki.JPG

いつハクビシンやイノシシが来るかわからないから
毎日見て回って、枯れた莢を摘み取って。

いつもなら枝ごと干すのに、近所の人から聞くハクビシンの害が心配で
収穫後すぐに莢をむいて、ザルで干していったっけ。

IMG_4746azuki.JPG

柔らかい豆にはシワが寄ってしまうので、
このやり方は自家消費向きだったな・・・><;

本当は莢ごとしっかり干すのがいいや、やっぱり。

IMG_5224daizu.JPG

今年の春は、ちょこちょこと苗ポットを作っては種まきをしてきた。

一回に160個前後。
かれこれ500個近く作って、庭のあちこちで活躍中。

IMG_8614shinbun_pot.JPG

コロナ騒ぎで浮き彫りになった、
生きるのに必要なことと、必要じゃないこと。

どんな仕事をしていても、仕事がなくなっても、
食べること、暮らすことは続いていくから・・・

やっぱり「半農半X」は大事だなぁ。
そして、種を継いでいかないとね。

IMG_4751azukihatsuga.JPG

★追記★
 新聞紙で作る苗ポット 〜作り方とポイント〜 アップしています^^

関連記事:ホームセンターに頼らないキッチンガーデン作り 油汚れに新聞紙を ほうきでお掃除



* * * お知らせ * * *

いよいよ梅雨が迫ってきて、嫁ブログで赤丸急上昇の人気記事がこちら。

IMG_7882hanten_araikata.JPG
半纏(はんてん)を家で洗う方法


茨城県大子町は、最近寒いですよ!!
家族全員ではんてん着てます^^;

冬物、半分くらい残しておいてよかった〜。
うちは梅雨寒に備えて、夏本番になってから洗おうと思います。



* * * まかない日記 * * *

二人目からずっと「離乳食しない育児」を実践してきたので
1歳2ヶ月になる四人目も、まだ母乳オンリー。
IMG_8744baby.JPG
こんなに大きくなりましたよ〜。その分、私がガッツリしっかり食べています^^

この春は、栄養価がすごーく高い「スギナ」にはまっています。
洗って生のままミキサーにかけて、粉物に混ぜるのがお気に入り。
なんと、抹茶味です。
IMG_8690sugina_bagel.JPG
スギナベーグルに、スギナパンケーキなどなど。 ⇒★追記★レシピをアップしました!

スギナは、ヨモギよりも甘みがあって旨みが出やすいので
スギナ&ヨモギのミックスで作ることが一番多いです。
IMG_8700sugina_bagel.JPG

この頃はツユクサの若芽がたくさん採れます。お味噌汁や、おひたしに。

相変わらずギシギシも美味しいし、
雨でタンポポの葉がふんわり柔らかく茂って、うっしっし。

野草食べ放題、サイコーです!
posted by miya at 15:51| Comment(2) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

ホームセンターに頼らないキッチンガーデン作り

IMG_7970wooden_kitchen_garden.JPG

コロナによる外出自粛で、家で過ごす時間が増えた結果

 庭いじりを楽しめるようになったり、
 野菜を育てることへの関心が高まったり、

している人も多いんじゃないでしょうか。


ガーデニングを始めようと思ったら、花壇を畑にしようと思ったら、
とりあえずホームセンターに向かう人が多いかと思うのですが・・・

ホームセンター商材はどうしても
プラスチック製品やケミカルなものが多く揃っていて
自然に添った暮らしを目指す人には合わないラインナップ。


ということで、自然派の人、脱プラを目指す人におすすめしたい
“ 自然に還るもの ” で作ったキッチンガーデンをご紹介します。

※追記※
 枝なんて手に入らない、、、という方は、お近くの
 造園業、植木屋、庭師さんなどに剪定枝を分けていただけないか相談してみたり、
 剪定の現場を見かけたら声をかけてみるなどすると、
 案外たくさん手に入りますので、お試しください^^

IMG_7968wooden_kitchen_garden.JPG

二年前の春、千葉の「パーマカルチャーと平和道場」に
研修生として暮らしはじめたころ。

当時は生活インフラの整備がまだまだで、
畑は各自がやりたかったら自分でどうぞっていう状態だったので
まず夫が、私のために小さな畑を作ってくれました。

IMG_7969wooden_kitchen_garden.JPG
カットした木材を花壇のように並べてくれています。

ただ、駐車場のすぐ脇だったこともあって、
人が大勢集まる時に、畑と気づかれずに踏まれてしまうことが何度もありました(涙)。

低いから目につきにくいのもあるでしょうし、
自然農だと雑草も生えているので「踏んでいい」と思われてしまうのです。


そこでバージョンアップさせるべく
今度は私が、女手ひとつ(乳幼児育てながら)で作ったのがこちら。

IMG_7971wooden_kitchen_garden.JPG

視覚に訴える高さが必要だと痛感していたので
とにかく物理的な高さを実現しました。

そのへんの剪定枝をかき集め、組み合わせて積み上げ、
枝の隙間も石や小枝で埋めてから、土を入れます。

一輪車にシャベルでガンガン土を入れて、どりゃああ!と運ぶこと数回。
体も動かせてストレス発散、スポーツ気分で楽しかったなぁ。

研修期間は3ヶ月だったので、種まきではなく
苗を直売所で買ってきて、片っ端から植えました。

IMG_7970wooden_kitchen_garden.JPG
(竹は車の切り返し用の目印に。思えばギリギリな場所に作ってごめんなさいでした)


知らない人が急に訪れることも多く、
まるでこの畑がパーマカルチャーかのように写真を撮っていく人も多数・・・

「ごめんなさい、ただの主婦のキッチンガーデンです(汗)!」

と卑屈に感じていたのだけど、今こうやって写真で振り返ると
自然物だけで作ってあるし、雑草と共存しているし、結構良かったかもしれません。

こちらは朽ちた玉切り材をゴロンゴロン蹴り転がしてきて作ったもの。
IMG_7966wooden_kitchen_garden.JPG
(今はもうなくなっているかな・・・)

一般的には、

 畑は土がむき出しになっている場所、
 草があれば踏んでいい場所。

 明確に色のついた農業資材があれば畑とわかるけど、
 麻紐や藁縄、笹の枝や棒きれは色が自然と同化していて判別できない。


だから自然の素材で自然農をやっていると、
近所の年配の方や散歩の知らない方が
空き地だと思って踏み歩いてしまうことが結構ありました。


つくば時代よりも不特定多数の人が訪れる道場で暮らしたことで、
「自然に還る素材で作る」ことは維持しつつ、
「他の人にもわかるように作る」試行錯誤ができたのは、いい経験でした。

IMG_8134A_doronko.JPG

キッチンガーデンの余談。

この畑たちは、別名「miyaガーデン」、
もしくは「うんこガーデン」と呼んでいました。

IMG_6666A_kakurenbo.JPG

小松家の自家消費を原則として、
当時1才だった長男の野グソを土に還していき
見事な収穫を得ておりました^^;

IMG_6669A_marumie.JPG

埋めるにあたっては、糞土師:伊沢さんの提唱する
埋める、目印をつける、を基本として
さらに作物との適正な距離をあけて埋めていきました。

無闇な決め付け(不潔!危ない!)でも、過信(絶対安全!)でもなく、
つくば時代に畑に野グソのお返し&掘り起こし実験をしていたこと、
作付けの実験を積み重ねてきたことが、とても役に立ったと思います。

IMG_5963ishumi_Dojo.JPG

あれから2年。

どうして1歳児まで連れて、こんな過酷な暮らしを、、、
と悔やみながら過ごしていた、道場研修生時代。

そろそろ少しずつ、穏やかに振り返ることができそうです。

IMG_5965isumi.JPG

火起こしや煮炊き、泥汚れに野グソ、おしめ洗いなど、子育てにばかり翻弄されて
同期研修生のみんなとあまり関わってこれなかったのも心残りだったけど、
すでにそれぞれが旅立って、別々の人生だもんね。

IMG_5962ishumi.JPG

雑草屋の綿毛は、千葉のいすみから、茨城の大子へ、ふわふわり。
ゆっくり根付いて、花を咲かせましょうかね。


「小さな変革」関連記事:
 おうちで楽しみながら暮らしの転換、お子さんの自学にも、いかがでしょう♪
箱ティッシュをやめた結果 油汚れに新聞紙を カタログの山に挑む 不要な郵便物を断わる 赤ちゃん服から肌着を作る ほうきでお掃除 ちいさな手帳を作る



* * * お知らせ * * *

コロナにかかってもかからなくても、
やっぱりちょっとした風邪症状からきちんと家で手当てできれば一番いいですね。

自然療法は穏やかな印象ですが、こと「肺炎」に関しては
西洋医学よりも積極的に治しにかかるので、家で早く治すに越したことはないはず。

何度もご紹介しておりますが、気管支炎や肺炎のお手当てについての記事です。
うちはこのご時勢なんで、「里芋粉」を買い足しました!
⇒ 気管支炎を自然療法で治す

あと、ドキッとしちゃう症状のあれこれに。
病院にかかるのも慎重になるからこそ、自然療法を知っておくと安心です。
⇒ 咳のお薬&煎じ方の基本
⇒ 喘息(ぜんそく)の治し方
⇒ 子どもの急な発熱は



* * * まかない日記 * * *

実家の母が冬に文旦を送ってくれるので
冬の終わりから春のはじめ頃は、こんな献立が多かったです。
IMG_7837pancake.JPG
甘いものはそんなにおやつにあげていないので
果物をいただいたときは献立の中に組み込んで、楽しく無理なく。

作る側も、おかず代わりの一品になってありがたいです。
ごちそうさまでした^^
posted by miya at 13:28| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする