2019年04月23日

洗濯機なし生活の記録

大子町の空き家に入居して
20日ほどが経過しました。

生後1ヶ月と10日の次男坊のお世話にかかりきりな上に、
屋内外の汚れを落としたり
残されたままの荷物と格闘したりで、
落ち着くまではまだちょっとかかりそうです。

家の周りは夫が猛烈な勢いで整えてくれていて、
庭・畑・裏山に至るまで
放置されていた藪を切り開き、
風と光が気持ちよく流れるようになってきました。
⇒夫も書いてます スタートダッシュ


IMG_1290ooinunofuguri.JPG

さて、前の住人や
もっと前の代々の住人たちが残したらしき荷物の数々。

なんと冷蔵庫と洗濯機も、そのまんま置いてありました。


冷蔵庫はまだ全然使う気がしないのですが
洗濯機は、入居後1週間ほど経ったころに
そろりそろりと使い始めました。

逆に言うと、
『洗濯機なし生活』で1年も過ごしてきたため
洗濯機も最初は使う気がしなかったんです。

あーハイハイ、
電気と水をやたら使うわりに汚れが落ちないアレね、
みたいな白い目で見てしまって(笑)。

しかし、住まいの掃除や片付けを
いくらやっても荷物が片付かず。

だんだん時間が足りなくなって、
こりゃ洗濯の時間だけでも短縮するか〜、となりました。


とはいえ、
せっかく1年間も楽しんだ
『洗濯機なし生活』。

忘れないうちに、
そしていつでも誰でもチャレンジできるように、
覚えていることをまとめようと思います。

IMG_1711sentakukinashi_tearai.JPG
(今回の写真は、アパート工事のときの疎開先、Cちゃんちでの日々より。ここも洗濯機なし)


●手洗いの方法

・基本の水洗い

夏場は、洗面器や大きなタライを使って
お風呂場でがっしょんがっしょん、
足裏で踏んでは混ぜ返し、水を変えては足で踏み絞り・・・
というのを、涼しく楽しくやっていました。

洗う量は、容器の大きさに応じて、数枚ずつ。

バケツだと容量が多いため
大人の衣類でも洗いやすかったです。

今ならお風呂場でぬるま湯でやるか、
(洗面所がないので)台所のシンクをピカピカに洗って
洗面器で数枚ずつ手洗いをして、干しています。

ほぼ毎日シンクを磨き上げる結果になって
ちょっとラッキーでした^^

IMG_1710sentakukinashi_tearai.JPG

・汚れが気になるときの「石鹸部分洗い」「お湯洗い」

洗剤なし方針の我が家ですが、
泥んこの服、2歳児のお食事用エプロンや、
布おむつの特にニオイが気になるものだけは
固形の無添加石鹸を使って下洗いしています。

あと、石鹸をそんなに使いたくないときや
部分的な汚れでなく全体が気になるときは
お湯を使った下洗いをしていました。

対象の洗濯物を入れた洗面器やバケツに
熱めのお湯(40〜60℃、給湯の設定次第でOK)を入れ
数分置いておくと・・・

案外、汚れが溶け出してくるんです。
お湯を減らして両手でもみこすりすると、
お湯が汚れで濁って一目瞭然。

そのあと何度か
水(汚れ度合いによってはお湯)を替えながら
もみ洗いをして、おしまい。
⇒湯洗いの関連記事:半纏(はんてん)を家で洗う方法


バケツでも洗面器でも、色が白に近いほど
汚れがはっきり見えて洗いやすかったです。

IMG_1716sentakukinashi_tearai.JPG

●手洗いのジレンマ

でも、手絞りって
力いっぱいやっちゃうと服が傷むんですよね。

お日様と相談しながら、
デリケートものや古い衣類は
気をつけて手絞りしていました。

その一方で、手絞りを弱くすると
生乾き臭との板ばさみにもなります。

 朝イチで干せるように
 前夜から洗って水に浸けておき、
 朝あらためて絞って干したり。

 頻繁に洗うものや薄いものは
 前夜から干しておいたり
(夜風と朝日で乾いていることが多かった)。

色々と工夫してみるのも
案外楽しかったです。

IMG_1726sentakukinashi_tearai.JPG

●コインランドリーの使い方

雨が続いたときやイベント続きのときは
すごい量が溜まってしまって
全然洗えない・乾かないを経験したので、

なるべくストイックになりすぎず、割り切って
近くのコインランドリーのお世話になっていました。
平均して月に2回ほどでしょうか。

洗剤なし生活を数年続けてきたため、
洗剤が自動投入されてしまうのが嫌だったのですが。

ひいきにしていたコインランドリーでは
そこまで香りの特徴的な洗剤は使わないらしく、
月に数回だし、割り切って使おうと決めました。

洗濯で400円、乾燥で大抵300円以上。

両方やるとなかなか痛い出費ですので
雨でない限りはなるべく
アパートの駐車スペースで干していました。

コインランドリーの印象としては

 洗濯機
 :脱水がかなり甘い(乾燥機で儲かるから?)

 乾燥機
 :きっかり乾くまでやると、生地が傷む
  まあまあの乾き具合でやめると、家で追加干しが必要

 規模の経済が働くので、いっぱいためてから持っていくのが良い
 コインランドリーへの往復のガソリンのことも意識が必要


で、洗濯物がたくさん溜まってしまったときの
コインランドリー利用の落としどころは

 確実にカラリと晴れの日 ⇒ 早朝から洗濯機だけお世話になって家で干す
 (脱水が甘いのでなるべく早くコインランドリーに行くのが大事でした)

 確実に雨の日々 ⇒ 家で手洗いしまくったものを乾燥機だけかける

でした〜。

IMG_1739sentakukinashi_tearai.JPG

●洗濯機なし生活をはじめてわかったこと

前は、なんでも洗濯機にお任せして
きれいになったつもりでいましたが。

 汚れって案外、落ちてない!!

 そりゃ、
 化学物質盛りだくさんの合成洗剤が必要になるわけだ!


汚れの落ち具合をしっかり、
目と手で確かめながら洗う「手洗い」は
汚れを落とすという点では一番だなと納得しました。

逆に、そこまで汚れてないものは
まだ洗わなくていいんじゃない?
と、大らかにもなれましたし、

洗濯機のある家に越してきた今では、
ひどい汚れじゃないから洗濯機でいっか〜
という意味での大らかさも出てきました。

IMG_1718onbu.JPG

●洗濯機のある生活を再開してみて

・いろいろ洗いたくなる問題発生?

現在、洗濯機にお願いしておいて
その間に別の家事をできる点は
とっても助かっています。

その反面、洗うハードルが下がって
そこまで汚れてないものも
じゃんじゃん洗いたくなり・・・

もともとは潔癖で神経質なので
(そして特に今は産後なので)
洗濯機があると思うと
やたら洗いたくなってしまうのです。

結果として、もしかしたら
水と電気の無駄遣いをしているかもしれません。

でも、洗濯籠に山盛りの洗濯物がある、
という光景が私にはストレスなので
カゴがいつも空っぽになるのは
精神衛生上、とても良いなと感じています。


・うまい使い分けをしたい

手洗いを1年やり続けたおかげで、
ほんの数枚のおしめや衣類は、
ちゃちゃっと洗面所で洗って
さっさと干すようになりました。

手洗いのハードルが下がって、
手洗いのレベルが上がったみたいです。

洗濯機は、あればありがたく使うけれど
なくても大丈夫!と言えます。


時間や余裕がないときは、洗濯機で。

時間があるときや、汚れ物が多いときは、
手洗いして、脱水だけを洗濯機にお願いする、
というのも便利な使い方だと思います。


できれば電力を使わない方法で
シンプルな道具があれば一番いいんですが。

いくら大学を出ていても、残念無念、
モーター系の工作はからっきし。

自転車を漕いで回す自作洗濯機とか
足踏み脱穀機を改良して作る足踏み脱水機とか、
イメージはあるんですが、作れるのかは怪しいもんです。

どうやら手動式の洗濯機が日本に上陸したらしいので
いつか試してみるかもしれません〜。

IMG_1725onbu.JPG

産前に書き溜めてあったものに加筆修正していたら
長くなってしまいました。

読んで下さりありがとうございました!
お産の話も、ちょっとずつ書いていきたいです。



* * * まかない日記 * * *

いすみでの疎開先、Cちゃんちの周りは商店街でした。

産後の養生に専念する私と赤ちゃんを残して、
夫と子ども達でお散歩に出た日、4歳の次女からのお土産がこちら。
IMG_1676flower.JPG
「お母さんが好きなむらさき色のお花だよー♪」
ちゃんと毎日お水を替えて、お花のことを気にかけて飾り続けてくれました。
(そういえば冒頭のオオイヌノフグリも、次女が摘んできてくれたものでした)

で、そんな日々の晩ごはん。
IMG_1678gohan.JPG
大豆ミートとパプリカ、戻した干しタケノコで、酢豚風。
玄米ごはんと、茹でブロッコリー、お味噌汁の献立でした。

産後は三度の食事に掃除洗濯に子育てにと、夫がフル稼働で頑張ってくれました。
ありがとう!ごちそうさまでした!
posted by miya at 22:13| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ゆず種で作る「ゆずエキス」&「キズパワーパッドもどき」

IMG_1182yuzu.JPG

いわきのお義父さんが持ってきてくれたゆずがあった。
茨城との県境にある、本家のゆず。

2月の遠出と不在が続いているうちに
ずいぶん傷みが進んでしまって、申し訳ない気持ちでいっぱい。

やっと前駆陣痛の乗り切り方がわかってきたので
昨夜、冬の終わりのゆず仕事に取りかかった。

とはいえ簡単なことしかできそうにない。
丁寧に半分に切り、お箸で種を取り出す。

IMG_1183yuzu_tane.JPG

とりあえず冬に作るべき最も大事なゆず製品といえば、これだ。

「ゆずの種の焼酎漬け」

IMG_1186yuzu_essence.JPG

毎年少しずつ作ってきたが、今年は特に大活躍だった。


この冬にやっとわかったこと。

 ゆずの種の焼酎漬けは、
 1年以上置いたほうが効き目がある。

 そして、濃く作るに限る。


漬けてその冬のうちに使おうとすると、
どうしても焼酎が強くてスースー、ヒリヒリしていたけれど

種を容器の半分近く入れたものを1年寝かしておくと
とろりと濃厚で、しっとり保湿力のあるエキスがとれる。


容器内に残るゆずの種もすごいことになっている。
ゼリー状のもの(ペクチンかな?)で固まっているのだ。

このゼリー、あかぎれや切り傷の傷口にペトリと貼ると
それなりに滲みはするものの、なんと「キズパワーパッド」になる。

傷口を湿潤療法の理論ですばやく治してしまう、あれだ。

写真の中央近くにあるようなゼリー状のかたまりを、指先で潰して患部に貼る。
IMG_1185yuzu_tane.JPG
(もともとは煮こごり状態だったけど、これはもうほとんどゼリーを使ってしまったあと・・・)


だいたい貼り付けるのは夜。
貼ったものが乾いてきたらまたゼリーの水分を多めに乗っける。

そのまま密着させて、寝て起きると、カリカリに乾いて傷口が治っている。
もうひと息、というときはまた新しくゼリーを平らにして傷口に貼る。
(上から何か低刺激のテープを貼ってもいいかもしれない)

子どもは痛がるかもしれないけど、
早く自分のあかぎれを治したい大人にはピッタリだと思う。


漬けておいた容器からあらかたエキスを小ビンに移してしまったあと、
ゼリーつきの種は使いやすいようにタッパーに入れておいた。

膝小僧がガッサガサの夫など、手のひらに種ごとすくっては塗りつけている。


濃くて効き目の高いゆずエキス、そして湿潤療法に使えるゼリー。

一年後〜三年後の冬にまた活躍してくれることを期待しつつ、
真新しいゆずの種の焼酎漬けを、戸棚の奥にしまった。


関連記事:手荒れの季節に「ゆず仕事」 常備薬その2:ゆずの種の焼酎漬け


ちなみに、残されたゆずの果実(種以外)は・・・
白菜のゆず漬け、ゆずうどんゆずしょうが鍋、なんかにしていこうかな〜。


そうそう。

2月に神奈川のお友達のおうちで、
自然農のお米から作られた米麹をいただいた。

今年は田んぼも畑もやれなかったから、
自家製味噌作りもできないのかなぁ〜なんて思っていたのだけど。

なんとなく未練がましく(笑)、大豆を千葉にも持ってきていたから、
偶然にも良い米麹をいただいたことで、急にお味噌を作ることに。

IMG_0551misodukuri.JPG

私は台所担当、夫と子ども達はコネコネ担当。
(長女は近所のお友達のところに遊びに行った)

IMG_0552misodukuri.JPG

ここ数ヶ月、引越し先の住まいが乱高下して
どこに住むんだか、産む前だか産んでからなんだか右往左往、
もうどうにも落ち着かなかった。

それが昨日、やっと、ほぼ確定。

IMG_0553misodukuri.JPG

産んだあとで引っ越す、その引越し先も決まってきて、
精神的にずいぶん落ち着いたことも
前駆陣痛をうまくやりすごせるようになった背景のひとつ。

あと10日で出産予定日だけど、なんだか信じられない。
夏休みの宿題が終わってないのに新学期前夜になっちゃったみたいな。。。


出産の準備はなんとか終わった。

あとは、

部屋の片付け(どこまで?)、繕い物(どこまで?)、
山積みの夏みかん、戻しちゃった干したけのこ(つい・・・)、
割れた器の補修、大物の洗濯。

1日に1つずつ済ましていけば、お産になるかなぁ〜。

まぁ、母子ともにストレスなく無事なのが一番。
やってもいいし、やらなくてもいい。



* * * お知らせ * * *

雑草屋にはFacebookページがあるのですが
あんまりこちらでご案内していなかったかもしれません。

 ⇒ 雑草屋facebookページ

夫個人のつながりからこちらへ見に来てくださる方も多いですが
雑草屋FBの投稿のうち、夫が個人でもシェアするのはごくたまーに。

ということで、雑草屋FBもよろしくお願いします♪



* * * まかない日記 * * *

ひなまつりの日に節分の写真ですみません。記録に・・・^^;
IMG_0542setsubun_yaikagashi.JPG
近所の長女のお友達のおうちからヒイラギを分けていただいて、恒例のやいかがし。

商業先行の恵方巻きには夫婦どちらも興味ないのだけど
子ども達は産まれた時から、節分といえば社会は恵方巻き一色。

なのでとりあえず、海苔巻きは作ることになっていまして。
IMG_0481setsubun_ehoumaki.JPG

つくばの畑で育てた自然農大豆を、夫が丁寧に炒ってくれました。
IMG_0486setsubun_irimame.JPG
旨み・甘みが違うんだよねぇ〜。香りもいいよねぇ〜。
と言いながら食べると、次の作付けに期待が膨らみます。

健康に感謝して^^
ごちそうさまでした!
posted by miya at 12:24| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

電磁波のこと

IMG_9748katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

電気は本当に便利で、お世話になっています。
明るさを提供してくれたり、人と連絡が取れたり、情報を手に入れられたり。

その一方で、電磁波のことが気にならないわけではなく・・・。

いま現在の私なりの電磁波考察、対策について書いてみます。

(でもストレスにしたくないので、うちは結構ゆるーいです!
 調べまくり勉強しまくりの方にはゴメンナサイ〜!)

IMG_9750katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆電波は脳に届く

私は、大学入学が決まった18歳の頃に携帯電話を契約しました。

いきなり鳴り響く電子音には閉口してしまい、
購入当日からずーっと、かれこれ17年以上、
常にマナーモードにしています。

それでも誰かしらと連絡を取るのには
まぁ、ひたすら携帯のお世話になりました。

寝るときも頭の横に携帯電話。

特にうとうとしているときなんか、
脳内にぴかっとメールのマークが浮かぶようになりました。
するとその2秒後くらいにメール着信があるんです。

・・・うわぁ。怖いな。電波やな。

そう思ったものの、枕元に携帯を置いて眠る悪癖は
長女出産直前まで続いたのでした。

IMG_9740katsuura_neko.JPG

◆電子レンジをやめてみた

次女を妊娠中に、生活必需品と思い込んでいた電子レンジをやめました。

いろいろ、ストレスにならない程度にだけ調べて、
面白がれる範囲でやめてみるか〜、と思って。

(詳しくは電子レンジなし生活の記事をご参照いただければと思います)

工夫が楽しいうえに、電子レンジ、全然いらんやん!!
という目からウロコ体験が快感となり、以来全く使わないまま。

IMG_9774katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆家電・通信機器をどうするか

分かりやすいものでは、電子レンジを使わない(これは常に)、
あとはネットを使うときだけwi-fiをONにするなど。


ただ、オーブンは時たま使っています。
(子ども達がドア前にかじりついていいのは焼きあがり直前だけ)

つくばで庭のあった頃に、
熾き火を使ってパン果物ケーキを焼く方法を編み出したので
アパートを出るなら、そういった「火を起こせる場所」に引っ越したいです。


夫婦それぞれのパソコン、夫はタブレットも、仕事で使っていますが
特にインターネットを利用するとき、どうしたもんかなぁと。

人里離れた一軒家でなら、せめてLANケーブルのほうが
無線LANだのwi-fiだのよりもいいような気がします。

IMG_9759katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆子どもと携帯電話&スマホについて

残念ながら、固定電話がないため
子ども達が遠くの親類などと電話で話すときは
夫の携帯電話(ガラケー)を使っています。

頻度は、1〜2ヶ月に1回くらいかなぁ。


親がスマホを持ったり、子どもにスマホを触らせたりは
今のところ全く考えていません。

電磁波のことだけでなく、
いつもポケットにドラえもんがいる状態になってしまうのは
その子の手足や脳を使う機会を奪いがちになるのでは?
と思っているからです。

IMG_9765katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆家の周りの環境をどう捉えるか

鉄塔や高圧線は毎日眺めて美しいと感じないのもあって
本能的に避けているかもしれません。

実は、パートをしていた研究所で脳の部門だったのですが、
超高圧送電網のあるような街で育った人などについては
それも含めて追跡調査をしていて、
やはり電磁波は、何かある前提で注視されているのだなと思ったことでした。


スマートメーターというものが普及してきているそうですが、電磁波としては
お隣の人が携帯・スマホを持っているのと同じくらいでしょうか・・・?

はっきりとはわかりませんが、他で電磁波を減らすしかない気がします。


住宅地の中のアパート暮らしをしている現在、
パソコンのインターネットアクセスを表示してみると
10以上のワイヤレスネットワークが圏内になっています。うーん。

どんなに家の中の電磁波を排除しようとも、
飛び交うワイヤレスな電波はどうしようもありません。

IMG_9767katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆田舎に散らばって暮らすという選択肢

そう考えると、人が密集している暮らしは、
排泄物やゴミの循環、エネルギー、食物の自給のみならず
電磁波の面でも、解決しようがない、という結論になり・・・


その一方で、日本各地で
限界集落、空き家、耕作放棄地が溢れています。


本当にその場所で暮らし、働きたいか、
その時その時の自身や家族のプラスとマイナスを吟味して、

田舎でいいや〜と思えた場合に初めて、
周囲の電磁波についてを解決できるんじゃないでしょうか。

IMG_9781katsuura_neko.JPG

◆「電気なしDay」のススメ

携帯は6月の終わりに手放してしまったので
私個人は、どんどん通信機器から疎遠になってしまっています。


実は道場で研修中、みんなのアイデアで
「電気なしDay」をやってみたんですよ。

その時の開放感、幸福感がすごく影響しているかもしれません。


いつもスマホをポケットに入れ、スピーカーから音楽を流し、
といった若い子たちも、朝の目覚めからスマホなしで過ごすわけです。

一緒にいる側としても、目の前でスマホを操作していない姿は
なんだか安心感がありました(疎外感がないというか・・・)。


電気なしのつながりで時計も使わなかったので
お腹がすいたから食べる、暗くなったから眠る、
そういった時間の流れを味わいつくすことができて、最高でした!

IMG_9757katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

◆健康を最も損ねるのは「自分が生み出すストレス」かも

ストレスは自分の脳が身体に症状を起こしてしまうので
「電磁波が」「砂糖が」「化学物質が」「放射能が」と考えすぎると
世界は毒でいっぱいだ!みたいになってしまって。

自分の中で生み出したストレスで健康を害する・・・
なんてことにもなりかねません。
(マクロビを極めるあまり、土気色の人がいたりするのもそれかと)


何よりも大事なのが、
何かを敵視しすぎない、ストレスを増やさないことだと思っています。

IMG_9780katsuura_neko.JPG

◆もっと簡単な判断基準

いろいろ書きましたが、我が家だって見渡せば
化繊の衣類やビニール袋、プラスチックのタッパーに電子機器に車に・・・と
不自然なものにたくさん囲まれて暮らしています。


 ちょっと待てよ?
 あれ、これってなくても平気じゃない?

そう思ったジャンルのものから、
可能な範囲で、ストイックになりすぎずに
見直すのがいいと思うのです。


1人で100%エコロジカルな暮らしを営むのも大切ですが、
100人が暮らしの中で1%だけでもエコにシフトするほうが
最終的に、より持続可能な社会になっていくんじゃないかなぁ、と。


そして、見直す際には
「何百年も前からあったもの」、「土に還るもの」、
せめて「おばあちゃんの生まれた時代にあったもの」。

そういった基準で身の回りを確かめていくと
取捨選択がぐっと楽になる、と思っています。

IMG_9776katsuura_toomimisaki_shrine.JPG

関連記事:電子レンジなし生活のコツ 冷蔵庫なし&洗濯機なし生活の電気代 
     「非電化」ラベルの記事 「小さな変革」ラベルの記事



* * * お知らせ * * *

出産や引越しのため、3月からは夫がなかなか開催できそうになく、
この2月にかなりたくさんの心身治癒法勉強会を開催しています。

もしも興味のある方、そのうち・・・と思っている方がいらしたら、
また花粉症で春の訪れが恨めしい方は特に、
ぜひ2月の連続開催シーズンに、ご参加いただければ^^

20170316sugi_kafunIMG_6734.JPG

・2月4日(月)13:00〜16:30 @千葉県いすみ市
 マインドボディヒーリング(心身治癒法) in 道場
 〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月5日(火)13:00〜18:00 @茨城県つくば市
 ひきこもりの為のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会
 〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!

・2月15日(金)18:30〜22:00 @茨城県つくば市
 第32回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

・2月16日(土)10:00〜13:00 @茨城県つくば市
 ■女性限定■第33回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座
 〜花粉も腰もまとめて体質改善!

そもそもが「本を読む時間がないから、かいつまんで教えて〜」の声に対応した勉強会です。
何かの販売や勧誘は一切ありませんので、どうかご安心くださいね。



* * * まかない日記 * * *

産前に2週間は前駆陣痛があって家事どころじゃないこと、
そして産後一ヶ月の養生を考えて、
9歳の長女にはどんどん料理をお任せしています。
IMG_0327C_cooking.JPG
マヨネーズを作ったあとの日々からのひとコマ、お豆腐焼き。
よーく水切りしておいたお豆腐に片栗粉をまぶし、油を熱した中華鍋で焼きつけて・・・

手作りマヨネーズ、手作りソース(色んな酢漬けや甘酢漬けの残り汁を煮詰めて調整)、さらに
青海苔、かつおぶし、偶然にも夏に仕込んでおいた紅生姜(新生姜の梅酢漬)を散らして。
IMG_0328otoufu_yaki.JPG
とろんぷるん、まるでタコ焼きのような美味しさに、みんなから歓声があがりました〜。
また作ってね!ごちそうさまでした^^
posted by miya at 18:47| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする