2018年06月20日

お弁当箱のこと

IMG_1258_obento.JPG

こぐま塾や、つくば自然育児の会でご一緒するみなさんの中に、
素敵なお弁当箱だなぁ、食べるのが心地よいだろうなぁ、
と憧れる方が何人かおりまして。

でも私は、普通のお弁当箱すら面倒な人間だったので
きっちり積みあがった(スタッキングできる)タッパーに
どどん!と盛り付けるカンタン弁当が
どうしてもやめられませんでした。

が!


あれは確か、一年前。

春から夏に移るころ、
寝坊してしまい、炊きたてアッツアツのごはんを
タッパーに盛り付けていたところ・・・


 ふわぁーん


昔、電子レンジでタッパーを温めすぎたときの
あの、化学のニオイが立ち昇りました。


 うっ・・・


冷めてからも、食べるときも、
なんだかお米にあのプラスチック臭さが染み付いていて。

そこから急遽、本能的に「お弁当箱を変えてみよう!」と動き出し、
実家で眠っている木製のお弁当箱を全部送ってもらいました。

IMG_1257_obento.JPG

秋田の曲げわっぱ、樺細工、くりぬき・・・
製法も形もさまざまに、久方ぶりに日の目を見たお弁当箱たち。

綺麗に洗って使ってみれば、
アツアツごはんを入れても異臭なし。

湿気をほどよく木が吸ってくれて、
タッパーで経験するような “ 端っこのごはんべっちょり ” がありません。

しかも、不思議なことに
蒸し蒸しする初夏も、暑〜い夏場も、
傷みの進行がゆっくりなのです。

IMG_6942dojo.JPG

わざわざ買わない、という選択をしたため
形がバラバラで、家族全員のお弁当箱を持ち歩くと
ちょっと大げさなほどの荷物なんですが

それでも木のお弁当箱には、
持っていきたくなる気持ちよさがあります。

IMG_6947doro_cake.JPG

ちなみに、これから買おうかなという方に
何がオススメかといいますと。

学生時代、筑波大の実習林がある、静岡県の井川というところで
曲げわっぱ×漆の見事なお弁当箱「井川めんぱ」に出会い、
感動したので、それをおすすめしています。

入れ子になっているものをこぐま塾の方が持っていらして
本当にため息が出るような佇まい、機能美だったのですよ〜。

親子で入れ子のサイズをうまく使い分けると
帰りの荷物がぎゅっとコンパクトになって、まことに素敵でございました。

IMG_6950doro_cake.JPG

関連記事:電子レンジなし生活のコツ 洗剤なし生活



* * * お知らせ * * *

来週の週末は、つくばに行きます!

22日(金)森の新月カフェ ※ひきこもり経験者限定
23日(土)つくし農園(個人で草刈りなど)
24日(日)同上
25日(月)新月カフェ ※ひきこもり経験者限定

片道3時間の家族ドライブ、がんばります。
IMG_6970kids.JPG
お会いしてくださるみなさま、
泊めてくださるみなさま、
どうぞよろしくお願いしまーす^^



* * * まかない日記 * * *

千葉の南房総は、茨城のつくばよりもぐっと温暖。
春は、さまざまな恵みを、ほうぼうからお裾分けいただきました。

こんなに毎日、ソラマメを贅沢に食べまくったのは生まれて初めて!!
せっかく火起こしをする日々なので、ソラマメのグリルも楽しみました。
IMG_6968soramame.JPG

今はトウモロコシを皮ごとあぶり焼きにして食べています。
ギフトに感謝して・・・ ごちそうさまでした!

posted by miya at 06:48| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

髪の毛の寄付「ヘアドネーション」初体験

引越しの荷造りでヘロヘロになっております、雑草屋の嫁です。
全然荷物がまとまりませーん。わーん。

現実逃避という名の気分転換に、ブログを書きます!

IMG_5723suisen.JPG

2年か3年ほど、髪を伸ばしてきましたが
昨日、やっと切ってきました〜。

ずっと伸ばしていた理由は、
「ヘアドネーションをしてみたかったから」。


 ・・・ヘアドネーションって?・・・
 
 闘病などで髪の毛が抜け落ちた子どもたちに
 人毛でできたウィッグを寄付する仕組み。

  詳しくはNPO法人 JAPAN HAIR DONATION & CHARITY
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_5722tsubaki.JPG

私は髪の量がとにかく多く、美容師さんも苦笑するほどなので
切っては捨て、切っては捨て、いつもカット時間は大幅にオーバー。
もりもりとボリュームが出続ける存在を持て余していました。

髪が多くてナンボの平安時代に生まれていたら、
さぞかしチヤホヤされたことでしょう。惜しいっ。

そして、ひょんなきっかけでヘアドネーションを知り、
人生1回くらいは挑戦してみたいなぁ、と思って
ぼんやり伸ばしてきたのでした。

IMG_5721wakegi.JPG

でも、毛先が胸にかかるくらいになると
どうやってもシャワーの水が地肌に届かなくなり
頭を洗うにも乾かすにも四苦八苦の大仕事。

も〜ガマンの限界!と秋くらいから思っていて
春を目前に、やっと近所のドネーションサロンに行ってきました。

美容師さんに見ていただくと、
寄付できるギリギリの長さ(31cm)はなんとか足りそう。
HAIR DONATION_PAP_0254.JPG(カメラを忘れて久々のガラケー登場)

束に分けてゴムできっちり縛っていきます。
HAIR DONATION_PAP_0251.JPG

なりたいヘアスタイルに応じて、
取れる場所だけドネーションして、長く残したい場所は切らない、
ということもできるそうです。

私は、せっかくの機会だから全部寄付してみたい!
とにかく頭を軽くしたい!地肌を洗いたい!
・・・ということで、ぜーんぶドネーション用に切ってもらいました。

束の付け根から、ハサミでじょっきーん!
HAIR DONATION_PAP_0249.JPG

毛束ふぁっさ〜!
HAIR DONATION_PAP_0248.JPG
「量が・・・^^」美容師さんも笑っておられました〜

子ども達、怖がるかなー? 気持ち悪いかなー? と思ったのに
特に一番下の子は「おたーたん♪」大好き!って顔で、
名残惜しそうにぎゅってしていて、意外でした。
HAIR DONATION_PAP_0247.JPG
そうかー、先入観なければさっきまで母の一部だったもんね〜。


今回、子ども達を連れてきたのには理由がありまして。

私が幼い頃、母という存在は「髪がたっぷりと長い女性」でした。
そういう認識をしていたんですね。

それが、秋田に里帰りしていたある日。
母が出かけて数時間後、短い髪の女の人が上がりこんできたのです!

みやちゃん号泣。

長い髪が目印の母を求めて家中を探し回り、
ひと部屋ずつ見ては「おかあちゃん、おらん」と繰り返していたそうです。

切ない・・・(笑)

そんな訳で、特に三番目(1才7ヶ月)のショックを和らげる作戦として
切る過程を全部見てもらうべく連れてきたのでした〜。


ドネーション用の束を切ったあとは、形を整えてもらい
すっかり短くなりました。
HAIR DONATION_PAP_0246.JPG

後ろなんてギリギリのところから切っているので
ほぼ刈り上げです^^;
HAIR DONATION_PAP_0245.JPG
いいんです、髪に全然こだわりないから・・・。
(こだわりなさすぎて数年前まで、こんなとこでキテレツな頭をしていて、
そのつながりからヘアドネーションを知ったのでした)



さて。

こうやって寄付した髪束は、束の中で長さがまちまちなので
実際は30人分くらいでやっと1人分のウィッグが作れるのだそうです。ひぇ〜!


ヘアドネーション初体験の感想は・・・

・伸ばすのは多すぎて大変だった

・人数が必要だと聞くと、寄付して良かったなと思った

・伸ばしている間の美容院代が浮いたのと
 ドネーション割引でカット代が安く済んだので
 お財布に嬉しかった♪
   ※割引はお店によるかもしれませんので悪しからず・・・


また数年後、やってみようと思いました!

子連れでも心地よく、楽しくカットしてくださった
まうるるさん、ありがとうございました。

髪の長い方、機会があればぜひ♪ ⇒近くのドネーションサロンを探す


IMG_5706azisai.JPG
このところ、春めいた陽気が続いたつくば。
縮こまっていた草木がぐぐぐっと葉っぱを広げ始めました。

紫陽花も、ユキノシタも。
IMG_5724yukinoshita.JPG

さぁ、引越し準備再開だ〜!


関連記事:縫い針の錆びを落とす 服は買わない 古着を捨てる前に



* * * お知らせ * * *

3月18日、今月最後の勉強会です。
卒業の3月、つらい花粉症や腰痛とお別れしましょう〜

sugi.JPG
3.18 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座 〜花粉も腰もまとめて体質改善!〜

facebookのイベントページはこちら



* * * まかない日記 * * *

引越しに伴って、
中途半端な乾物や粉物をどんどん使っていこうキャンペーン中。

使いかけの各種小麦粉、ライ麦粉、アーモンドプードルなどを混ぜて
パスタの茹で汁と少しの塩で、チャパティを焼きました。
IMG_5363_chapati.JPG

実家から届いたトマト(ハウスで採れ始めたらしい)とほうれん草のスープ。
IMG_5366_soup.JPG

お昼ごはんはこれくらいがちょうどいい。
IMG_5362_chapati.JPG
ごちそうさまでした♪
ラベル:もったいない
posted by miya at 06:10| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

もったいない14 揚げ物の衣が残ったら(&こんにゃくの鶏皮風唐揚げ)

久しぶりの「もったいないシリーズ」です。
今日は、揚げ物の衣が残ったとき。

衣を使う揚げ物といえば、うちでは天ぷらor唐揚げです。
残った衣は冷蔵庫に入れ、翌日のメニューに使いまわしています。


 だって、もし洗い流してしまったら
 排水が汚れるじゃないですか〜 > <;

 ぬぐってゴミに捨ててしまったら
 わざわざ買った調味料と粉が、もったいないじゃないですか〜〜!


ということで、例えば以下のような使い方。

 <天ぷらの衣>
 ・残りの衣に粉と水分を足してパンケーキに
 ・野菜に絡めてフライパンでピカタ風に焼く
 ・粉と塩胡椒を足してホワイトソース

 <唐揚げの衣>
 ・ベトベト ⇒ゴムべらでぬぐい、炒め物の味付け&とろみ付けに
 ・サラサラ ⇒薄切り野菜にまぶして揚げ炒め
       (面積多いと粉がいっきに減るのです)


先日は、こんにゃくで鶏皮風の唐揚げを作りまして。

スライスしたこんにゃくを冷凍しておいて、
解凍してぎゅーっと水気を絞ってから
IMG_5167koori_konnyaku.JPG
(↑ここでよく拭いておけばよかった〜)

にんにく・生姜・塩・胡椒・醤油で濃い目にガッツーン!と味付け。

味つけしたボウルに片栗粉を加え、油を多めにひいたフライパンで揚げます。
拭いてないと結構油がはねるので、ネットやフタなどあると助かります。

あんまりカリッカリにしすぎず、
外はカラリと、中は弾力があるくらいで引き上げます。
IMG_5170koori_konnyaku_karaage.JPG
これが!!
もうね、鶏皮そのもの!!!

じゅわーっとジューシーで、カリッと揚がって、味付けガッツリ(笑)
脂がしつこくない鶏皮、とでも言いましょうか。

ビールが進みましたー。雑草屋の殿堂入りですー。

パンチのきいたこんにゃく唐揚げのほかは、
うちのお米&里芋(オーブン焼き)と、いただきものの手作り沢庵、お味噌汁。
IMG_5171koori_konnyaku_karaage.JPG
見た目は質素ですが、何せ唐揚げがジューシーなので
これくらいでちょうどいいバランスでした♪



さて、前置きが長くなりましたがこの「唐揚げの衣」。
粉っぽい衣が結構残ってしまいまして。

畑でとれた里芋をしっかり洗って皮ごと厚めの短冊切りにし、
残った唐揚げ衣にザッザーッと絡めました。

弱火のフライパンでじっくり揚げ炒めにしながら、
隣のコンロではうどんつゆを作り、刻んだノビルとすりごまを入れて・・・

春はすぐそこ♪ ノビルと白ごまのうどん〜!
IMG_5189nobiru_udon.JPG
すり鉢に残るごまがもったいないので、丼代わりにして、スープで溶かしつつ・・・(笑)

ラーメンにチャーシューのイメージで、うどんに揚げ里芋をのっけました。
IMG_5188nobiru_udon.JPG
いつぞやの三升漬けもちょこんと添えて、大人は辛さをプラス。
大人も子どもも、ウマイウマイと食べてくれました^^

お庭のノビル、息子が収穫を手伝ったんです。はじめて。

どうも普段から外遊びで次女とつまみ食いしてきたらしく、
あちこちでちぎられた跡を発見(汗)

白髪ネギ的な臭気にも平気な顔で平らげておりました〜。


「もったいない料理」関連記事:
米ぬか 麺の茹で汁 漬け汁 甘酢漬けの汁 ピクルス液 揚げ浸しの汁 揚げ油



* * * お知らせ * * *

「ハートオブヨガ」「マインドフルネス瞑想」
「半断食」「インディアンの感覚瞑想」
「心身治癒法(マインドボディヒーリング)」
「ベーシックエンカウンター(全人的対話)」などなど・・・

自然体研究所のメンバーがやりたいことをぎゅーっと詰め込んだ
特別公開ラボ合宿、3月に開催されます〜。
180303-04open_labo.JPG
3月3日〜4日 身体と心を味わいつくす! 〜ヨガ、瞑想、心身治癒法、プチ断食etc〜

Blogはこちら。お申し込みは直接、夫にお願いします^^

あと、花粉症で大変な人や、
年度末で肩こり腰痛、鼻炎など悪化が心配な人に。
3月11日 マインドボディヒーリング出前講座
〜花粉症や腰痛など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

Blogはこちら。このお申し込みは近江屋商店さんに直接お願いします^^


* * * まかない日記 * * *

昨日は息子の1才半健診で、昼前からバタバタと出発。

家族には、卵×豆乳×塩でフレンチトーストの仕込みをしておき、
適当に焼いてね〜と言い置きましたら、
IMG_5178niwa_lunch.JPG
なんかお庭で食べてる!?

電ドラ出してホットプレート(にしているお下がりの鍋)で焼いてる〜!!
IMG_5185niwa_lunch.JPG
にんじんは少ない水分でまるっと小鍋で下茹でして旨みを閉じ込め、グラッセにしたそうです。
夫、マメですなぁ〜

娘二人によると、お庭でフレンチトースト、すごーく楽しかったそうです。
ありがとう!
posted by miya at 13:04| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする