2020年09月05日

バスタオルでプラスチックフリーな座布団を作る

IMG_1742yellow.JPG

雑草屋、バスタオルを使わなくなって早や5年。

乾きにくくてかさばるバスタオルは、もはや寝具の一種です。
頭のあたりに敷いたり、子どものタオルケット代わりにしたり。


そんなある日。

寝具としてもあまり使っていないバスタオルや
汚れが落ちなくなってしまったバスタオルを見かけ、
ムラムラっと作りたくなって、座布団にしてみました。


使った材料はこの2サイズのバスタオル。
IMG_1775zabuton.JPG

大きいバスタオルを畳んで中綿の代わりとし、
小さめのバスタオルでカバーを作ることにしました。

サイズもちょうど良さそうです。
IMG_1771zabuton.JPG

中表にしてから縫って表に返すと
きっちりサイズになるんでしょうけど、

外側用のバスタオルがくたびれた風合いなので
縫い目を隠すよりも目立たせちゃおうかなーと考えました。楽だし^^

まち針でとめて、刺繍糸で両端をかがって、おしまい。
IMG_1783zabuton.JPG

汚れの気になっていた部分が裏側で、中身を出し入れできる造り。
IMG_1785zabuton.JPG

厚さを出したいときは、もう一枚バスタオルを中に足せば良さそうです。
IMG_1784zabuton.JPG
お尻が痩せてしまって骨が痛い、自分のために。
(お母さんは自分に優しく!これ大事!!)

私専用の座布団ですが、タオル地なので子どもにも人気で、
リビングに持ってきて末っ子が寝転んだりしてて、可愛いです。

IMG_1755sky.JPG

最近特に、マイクロプラスチックのことが気になっているので
市販の安価な座布団も使いたくなくて。

木綿の布製品だけで、
収納も兼ねた寝具や座布団を作れないものかと考えていたのです。

座布団作りはその第一歩。

中のタオルは何かのときにはサッと取り出して広げて使え、干しやすく、
ちょっと古びたタオルたちの使い道が増えそうで嬉しいです。


子どもの小さめのお布団なんかも、
古いタオルケットを組み合わせたら作れる気がします♪

厚い贅沢布団よりも、薄くなった煎餅布団が身体にいいと知ってから
布団作りを妄想するときのハードルがぐっと下がりました。

刺し子用の糸を買ったので、早く縫いたいなぁ〜。
縫い物でちょっと癒された、夏の終わりでございました。


そうそう、8月25日は旧暦の七夕でした。
次女6歳&長男4歳のチームが折り紙でいろんな飾りを作ってくれました。
IMG_1560tanabata.JPG
「ここに、おねがいごとをかいてね!」と、みんなの分の短冊まで。
小学校から帰宅した長女11歳、引っ張る担当の次男1歳と共に飾りつけました。

きれいだなぁ〜〜 ゆれてるね〜〜
IMG_1549tanabata.JPG

竹は、夫と子ども達が川向こうの竹藪から伐り出してきました。
高すぎて下のほうばかり飾ってましたが(笑)
IMG_1545tanabata.JPG
みんなの願い事が叶いますように。

実は決して当たり前ではないこの一日一日を、
誠実に、大切に、噛み締めて暮らしましょうぞ。


縫い物の関連記事:繕う日々 赤ちゃん服から肌着を作る お茶パック作り



* * * お知らせ * * *

ストレスを認識することで、頭痛や肩こり、腰痛や湿疹、花粉症ほか
日常の不快な症状を改善していく「マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座」。

オンライン開催のお問合せをいただくことが増え、ついに開催することに!
facebookのイベントページはこちら。
身体と心の自然体研究所STORES.jpg
2020年9月12日土曜日 18:00〜21:00
【オンライン】第1回マインドボディヒーリングWeb講座(心身治癒法)
〜腰も頭痛も花粉症も!まとめて体質改善!〜


Blogでもイベントページがご覧いただけます。

オンライン開催だと全国どこでも、海外からでも、
気軽に参加できるのがいいところですね〜。

何かお困りの症状がある方はチェックしていただければと思います^^



* * * まかない日記 * * *

大豆畑の草刈りをしていると、ミントが茂っていていい香り。
刈りながらミントだけをカゴに集め、陰干ししたら大成功!
IMG_1529mint.JPG

酷暑となった今年の8月は、
玄関内に数日置いておくだけで綺麗な緑色に干しあがりました。
IMG_1530mint.JPG

ぷちぷちと緑の葉っぱを摘んで急須に入れ、お湯を注ぐだけ。
IMG_1531mint.JPG
冷めると精油成分がとろみになってしまうので、あったかいのが美味しいです。

生ミントで入れるミントティーよりも青臭さがなく甘さが強いようで、
子ども達もお気に入り。

ごちそうさまでした♪


posted by miya at 23:12| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

青じそは菜っ葉である

最近、長い記事が続いたので、今日は短く^^

大豆畑の草刈りをしていると
ひょろひょろと生えている青じそを刈ってしまうことがあります。

さっと集めて持ち帰り、
洗って小さな葉っぱを摘み取りましたらば・・・
IMG_0909aojiso.JPG

そのまんま、菜っ葉としてお吸い物に。
IMG_0911aojiso_osuimono.JPG
上品な香りがたまりませーん。

油麩のコクと青じその香味がいい対比でした。
IMG_0910aojiso_osuimono.JPG
生だと細く刻んだほうが美味しい青じそですが、
小さめの葉っぱをそのまま使うときは、
さっと火が通るほうがいいみたいです。

他にも、炒め物や和え物に。

この夏のお気に入りは、
夏野菜の炒め煮の仕上げに、荒く刻んだ青じそをどっさり加えてグツグツ。
IMG_1071aojiso_itameni.JPG
(この日は完熟ゴーヤ、ピーマン、茄子)

栄養満点の青じそを、菜っ葉としてたくさん食べることができます。


おまけで・・・

赤じそを干してみました。
IMG_0915akajiso.JPG
写真の3倍の量を干しました^^

ぱりぱりに乾かしたら、粉末にして
塩、かつお粉末、白すりごまなどと合わせて
ふりかけにしようと思います。
IMG_0917akajiso.JPG


「青じそ」関連記事:
 大葉味噌の作り方
 青じその醤油漬け(記事後半です)
 よもぎと青じそのスコーン(まかない日記にあります)
 庭の草刈りに思うこと



* * * お知らせ * * *

夏のオススメ記事4連発!

暮らしをちょっと変えるだけで、
夏がぐっと楽に、丈夫に、地球に優しくなります♪

濡らし手拭い、はじめました

あせもの理由

水分補給への疑問

あたらしい熱中症対策



* * * まかない日記 * * *

実家からうなぎの白焼きが届いたので、
蒲焼きにして、ひつまぶし。
IMG_0661tennen_unagi_hitsumabushi.JPG
お出汁を作って、薬味と焼き海苔を用意して。

途中までは混ぜごはんのままいただき、
残り半分は、だし茶漬けでいただきました。

7月は枝豆をたくさん食べました〜。
IMG_0664edamame_potato_kyuuri.JPG
梅雨の前後にたくさん掘ったじゃがいも、
続々と採れるようになったきゅうり。

ごちそうさまでした♪
posted by miya at 13:35| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

砂壁を漆喰に塗り替える

移住のために空き家バンクなどで古い家を借りる場合、
最初から完璧な快適さを求めるよりは

「自分でもっと快適にできそうか?」

という視点があると、ぐっと選択肢が広がります。
住まいだけでなく、人生の選択肢も、きっと広がります。


雑草屋が入居した物件は、壁が砂壁。
IMG_5481sunakabe.JPG
淡いベージュ、深緑、藍色・・・
部屋や場所ごとに、それぞれ異なる色調の砂壁が貼られています。

色も風合いも素敵なんです、が、古い民家ですから
経年劣化によりぼろぼろと崩れてきていました。

もちろん、小さい子どもや赤ちゃんがいると、
触るわ崩すわで毎日床がザラザラに(汗)。

そこで昨年の11月から、
先輩移住者のお話を参考に、漆喰を塗ることにしました。


題して

【古い家をDIYで快適に!〜砂壁編〜】

facebookでもレポートしていましたが、
嫁ブログにも補足を加えて記録を残すことにします^^


はじめての漆喰塗りは、本格派とか言っていられない緊急度だったので
気軽に挑戦できる「ひとりで塗れるもん」を選びました。
いいのいいの!ベストよりベター!

まずは練習台として、常に襖で隠れる場所でスタート(夫が)。
IMG_5482sunakabe_shikkui_tameshinuri.JPG
難しい、けど楽しい!

全体的に黄ばんだような暗い洗面所だったのが、急に明るくなって嬉しい〜。
IMG_5483sunakabe_shikkui_tameshinuri.JPG

そして本命。
一番崩れて大変なのが、廊下の砂壁でした。
IMG_5509shikkui.JPG
面積が広いのでドキドキ・・・
夫の背中に疲れが滲み始めています。心配。

塗る作業そのものも腕が疲れるのですが、
事前の掃除、マスキングテープ張り、周辺の養生(ビニールシートや新聞紙を敷く)
といった地味な作業が結構面倒みたいです。任せてごめんね〜><;

そうそう!砂壁は漆喰の水分を吸ってしまうので
あらかじめ壁を霧吹きで湿らせてから塗ればよかったみたいです。ガーン。

どうりで大量に塗らないと仕上がらなかったわけだ・・・。
商品のQ&Aなどはよく予習しておきましょう(猛省)。


そして、真っ白に塗れた2〜3日後、
古い壁からじわじわと、漆喰に茶色いアクが浮き出てきました。
IMG_5515shikkui_shimi.JPG
実は、ボロボロ崩れてくるほど古い砂壁に漆喰を塗る場合、壁からアクが出てきてしまうので
あらかじめ下地材を塗ってから漆喰を塗るのが望ましい、とのことなんですが。

調べれば調べるほど、下地って何!?安全な下地ってあるの??
大昔はどうやってたの??? なんて迷宮入りしてしまって。

お店じゃあるまいし、アクが出てもいいや!との結論に達し、
下地(シーラー処理)なしで直接塗ったんです。


そもそも、違う素材の上に漆喰を塗りつけるからこういうアクが出るのでしょうか?
IMG_5517shikkui_shimi.JPG
薬剤などでシーラー処理もしたくない場合は、
砂壁の板を切って剥がして、新築のように漆喰を塗るよりほかないのか、
それも関係ないのか・・・。

左官屋さんに聞いてみたいものです。


さて、漆喰を塗り終えた廊下の壁。
日々砂壁崩しにいそしんでいたこの子にももう手こずりません。
IMG_5773shikkui_baby.JPG
(次男がまだ0歳の頃・・・懐かしい!夫にそっくり!)


これで少し生活しやすくなりました!

左官屋さんの技術には程遠いですが、
DIY、楽しいですね♪


「DIY」関連記事:
ベンチにもなる本棚 台所のオープンラック作り 子ヤギ登場&ヤギ小屋DIY



* * * お知らせ * * *

夫が腰痛に悩まされた挙句、「笑い」で直ったよ!
という記事を書いています^^
20200515_IMG_9367.JPG
笑う門には


私もちょっと前に、とっても塞ぎこんでいたんですが
大笑いできる写真をまとめた記事なんかを検索して、
ぶわーっはっはっは!って大笑いしたら、元気になりました。



* * * まかない日記 * * *

夕方、急に餃子が食べたくなって、ベジ餃子を作ってみました。
IMG_0356vege_gyouza.JPG

あらかじめ皮をこねて寝かしている間に、具の準備。

キャベツ、玉ねぎ、にんにく、しょうが。
めんつゆを作ったあとのしいたけも入れ、旨みを増強。

にんにくは今夏のもの。しょうがは昨夏のを焼酎漬けにしてあったもの。
玉ねぎはつくばのお友達トコトコファームさんの無農薬玉ねぎ、
キャベツは大子の軍兵六さん&さより農園さん。

最近、実家で眠っていたフードプロセッサーが送られてきて
思いがけず、非常に、非っ常〜に、活躍しております。ありがとう!

でも、どうしましょ非電化・・・(汗)。
いずれゴミになるソーラーパネルより、自転車発電機とか欲しいな〜造れるのかな〜

具はごま油と醤油、塩で味付けして、
かなり水分が多かったので大豆ミートのそぼろをドサッ。片栗粉も加えました。
みじん切りよりも水分が出るのね、フードプロセッサー。一長一短です。

皮をこねて寝かし、分割して切って丸く伸ばして。
IMG_0360vege_gyouza.JPG
こね台(板)がないからまな板で。狭い狭い^^;
私が伸ばした皮に、長女が具を包み、私が焼き・・・で3ラウンド、
6人中5人で計50個の餃子を食べました。

野菜と粉はいつでもあるから、ベジ餃子であれば、いつでも餃子が楽しめるなぁ♪
あー美味しかった!ごちそうさまでした!
posted by miya at 21:56| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする