2016年11月29日

収穫、収穫、また収穫

過去最大級のさつまいもができたよ!
と、夫から嬉しい報告があった。
IMG_3007satsumaimo.JPG
本当に大きい!食べるのが楽しみだねぇ〜〜。

私が毎年担当している数少ない定型作業のひとつが、小豆の収穫。
息子を背負い、畑にしゃがみこんで、ぷちりぷちり。
IMG_2755azuki.JPG
莢の枯れ具合に応じて順に収穫したいから、
2〜3回に分けて畑に出ては、収穫してきた。

ころころ小豆、可愛いなぁ。惚れぼれしちゃう。
IMG_2800azuki.JPG

陽の当たる時間は何かしらテラスで干している。
IMG_2799mame.JPG

嫁入り道具みたいに、
私と一緒に実家から連れてきた長〜いササゲ。
IMG_2801sasage.JPG
すごく生命力が旺盛で、ジャングルみたいに繁るからと持たされた。
今年は種まきまで手が回らなかったと聞いていたのに、
知らないうちに夫とお友達が育ててあって、ホッ。

夫が秋の種まきをこまめにやっておいてくれたお陰で
間引き菜もひっきりなしに取れる。
IMG_2775mabikina.JPG

先日の初雪のあと、さつまいもを全部掘り出すことになって
娘たちと夫とでお芋掘りをしてくれた。
IMG_2957imohori.JPG
スコップ使いが板についてきたね。

うちは子どももノコギリ鎌を使うので、小さい軍手は重宝。
長女のキッズ用軍手を次女が羨ましがるので、
1歳の頃にこの軍手をあげた。
IMG_2971imohori.JPG
最近は保育園での芋掘りも素手ではやらないのかな?
ベビー用品店には1〜2歳児向けの軍手というものが置いてあって、
見つけた時はうれしかったな〜^^

今年のさつまいもはなかなかの豊作。
去年ネズミに食い荒らされた反省から、
芋掘りのタイミングが良かった(放置しなかった)のもあると思う。
IMG_2965imohori.JPG
自然農だとゆっくり育つから、
人からいただくお芋のピークと少しズレていて、ちょうどいい。

夫のデカイ足と同じくらいのお芋も出てきた〜。
IMG_2976imohori.JPG
去年は一番大きいお芋の内側がそっくり食べられてたもんね。
無事に大きなお芋が出てくると、喜びもひとしお。

毎年欠かさず植えている生姜も、今年は豊作。
下の親から、上にたくさんの新生姜ができている。
IMG_2998ginger.JPG
親と子が同じ量くらいしか取れないことも多かっただけに
今年のボリュームは見事だなぁと思う。

新生姜がおいしいうちに、何作ろう・・・。
IMG_3003ginger.JPG

こちらは落花生。
土つきのまま陽にあてた後、娘たちにハサミで摘み取ってもらった。
IMG_3031rakkasei.JPG

これもネズミにごっそり食べられた去年に比べたら
たっぷり楽しめそう。
IMG_3032rakkasei.JPG

なかなか育たない今の畑で、諦めずに何年も、
ずっと自然農をやってきた夫にしか言えない言葉だけど、
「自然農でもここまで育つんだ」って、嬉しくなる。

押せ押せドンドンで、慌ただしい秋。

恵みを大切に、洗ったり干したり、食べたりしまったり、
そういった最後の最後までを、きちんとやっていきたい。



* * * お知らせ * * *

種から育てる、お米と大豆。

こぐま塾のアグリコース「味噌の部」、
来年度の募集要項をアップしています♪

17agri_miso_ban.jpg
こぐま塾アグリコース 〜2017年度 味噌の部〜




* * * まかない日記 * * *

畑の野菜で晩ごはん。全部夫が作ってくれました。
炒り黒豆ごはん、香ばしかったな〜
IMG_2652yorugohan.JPG

最後の夏野菜たちとニンニク・生姜・・・全部、自分ちで採れた野菜。
IMG_2651yorugohan.JPG
それに米と大豆から自家製の味噌で、味噌炒め。
有機大豆ミートを追加してボリュームアップしてくれました。

奥に見えるのは、こぼれ種から自然に育ったカラシ菜。
強いから、来年は野沢菜やカラシ菜たちをたくさん植えたいな。

ごちそうさまでした〜^^

※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 16:16| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

なかなか産まれないので(1) 田畑編

P1150071.JPG

上の二人が予定日より1週間前には産まれてきたので
三人目もまぁそれぐらいかなぁと思っていたら、さっぱり。

予定日まであと2日となっても、
ほぼ2週間続いてきた前駆陣痛は、まだまだ続きそうです。

動けるようでいて、いざ痛み始めたらまるっきり動けなくなる、
この前駆陣痛パターン・・・(涙)


前駆陣痛が続いた期間は、長女が1週間、次女が2週間。
今回はもしや3週間続くのか!?とちょっと心配になってきました。

日記代わりに、最近の写真でも振り返っておこうと思います。


ここは草むら・・・
ではなく、(基本的に放置され気味な)果樹園。
P1150058.JPG
雑草のおかげで、土としてはかなり豊かになってきている様子。
来年は地面を利用して野菜を育てるのもいいねぇ、と
夫婦で妄想トークしながら分け入ります。

草刈り前ですが、ブルーベリーが実をつけ始めたので
ぷちぷちっとつまみ食い。
P1150065.JPG
(過去記事:ブルーベリーとの再会


奇跡のリンゴ。真っ赤なリンゴ。
P1150068.JPG
果樹園8年目にして、しかも7月だというのに、初めて実ったそう。

いつ開花していつ実を結んだのやら・・・
鳥たちが散々つっついた跡が見えます。

収穫して味見をしたら、甘さの向こうにワイルドな酸味と渋み。
果実酒にしよう、そうしよう。


こちらは今年新たに開墾した畑。
P1150100.JPG
私が勢いづいて色々な種を買い込んだくせに、さっぱり畑仕事をせず
気付けば夫が片っ端から種まきしてくれ、ナス、ピーマン、カボチャ・・・
見事に実を成らせつつありました。 ありがとう〜〜


毎日黙々と田んぼの草刈りを進めてくれている夫。
自然農ならではの縞模様を眺めます。
P1150044.JPG
大きい身体でよくこの隙間を手刈りするよね!!!お疲れ様です!

6月に1本植えしたところはもうこんなに見事な株に。
P1150045.JPG

長女と一緒に分けつの度合いを見て回りました。
P1150053.JPG

実習畑では、じゃがいもの収穫。
P1150130.JPG
2月下旬、3月中旬、3月下旬の3回に分けて植えたうち、3月下旬のところがよく育っていて、どうやら気候的にも月齢的にも適していたようでした。(←つくし農園の記事に書けるか不安なのでメモメモ)


今年のじゃがいもは、自給用でマイペースに食べちゃおうか〜^^
P1150127.JPG
(販売をだんだんしなくなっているここ数年。
 買いたい方がいらしたら、個別に夫までご連絡ください)


長女、もうすぐ7歳。
3歳まで超インドア派に育ててしまったけれど、
夫のスパルタ自然教育によりやっと軟体動物ともお近づきに。
P1150138.JPG
やたら人懐っこくて好奇心旺盛なカタツムリだったね。

夫は果樹園の手入れで、ハチさんとお近づきに(涙)
蜂に刺されたのはこの夏だけで2回目・・・
P1150146.JPG
(関連記事:蜂に刺されたら生小豆


自分で毒を吸い出せない場所を刺されてしまったこともあって
今は手のひらから二の腕までパンパンに膨らんでいます。

お手当ての効果が出て治まるまでは、
産まれてこないんじゃないかな〜〜〜と思ってます^^;



* * * まかない日記 * * *

前駆陣痛はだいたい1時間半〜2時間コースが1日に2〜3回。

この痛みで消耗してしまい、料理する気力もないことが多くなって
最近は夫が煮炊きしてくれています。
P1150108.JPG
炊き込みご飯、お味噌汁、煮物と同時作成の蒸しじゃがいも。
欠かさず汁ものを作る夫は偉いと思います。それに和食上手。

ホックホクに甘〜いアンデスレッドは、
小雨の中、夫と次女が芋掘りしてきてくれたもの。
P1150109.JPG
「いーちゃんのおいも?
 いーちゃん、おとうちゃんとおいも、あらったのー♪」
次女が大喜びで話してくれました。

新鮮なにんじんの葉っぱを刻んで、お米と一緒に炊いてくれました。
味付けは塩のみ。赤米もミックスされてちょっと華やか。
P1150110.JPG
これがなかなかのヒット!
にんじんの葉っぱメニューはどうしても油もの(炒める・揚げる・スイーツ等)が多くなりがちなのだけど、炊き込みにすればサッパリおいしくいただけるのです。

産まれる前から苦労かけて申し訳ない。 ごちそうさま!!


今日の前駆陣痛はこれまでより痛みが強く、
ぐぐっと赤ちゃんが下がって、やっと胃袋が楽になった感じ。

明日からはたくさん料理やら庭仕事やら、動いていこうと思います。
そろそろ、出ておいでよ〜・・・。



※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 23:56| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

一緒に植えたい

最近、5時には子どもたちが起きてしまうので
ゆっくり仕事ができず、自然と3〜4時起きになってきた。

3時だと、まだ暗い。
集中してデスクワークをするなら今。

P1130527asayake.JPG

4時すぎ、薄暗さの中でもほんのり朝日の兆しが出てきて
4時半には手元がじゅうぶん見える明るさになる。

疲れが抜けないだろう夫を申し訳ないけど起こして
田んぼに行くなら今だよ!涼しいよ!と伝える。

連日の田植えで疲労困憊の夫はつらそうに起きてきて
数分じっとしたあと、田んぼへ出発する。


4時45分、まぶしい朝日の閃光が目を射す。
いっきに体感温度が上がる。

P1140532taue.JPG

この時期、夫は一人黙々と田植えにかかってきた。

7月最初の土日でひと区切りついたようで、
今日は、昏々と眠っている。


去年は一緒に田植えができたっけな。
二人でやるとあっという間で、楽しかった。

子ども達を家に残して、
朝ごはんは自分たちで作って食べてねと言い残して、
朝日が出る前から夫婦で田植えに出かけられるような日は
5年後だろうか、10年後だろうか。

P1140543taue.JPG



* * * お知らせ * * *

しっとり潤った空気の中で。
つくし農園の田植え集合日の様子、レポートしています^^
P1140442ameagari.JPG
自然農の田植え ─6月共同作業日【夏至】の様子




* * * まかない日記 * * *

田植えにLONOFとして日帰りで駆け付けてくださった方々に。
P1140583lonof_lunch.JPG
作り置きしてあったじゃがいものサブジにはマカロニを加え、マスタードとニジェール仕込み(!)の特製スパイスミックスで大人なサラダに。

奥のおかずは得意の「しりとり料理」で、リメイクのリメイク。

新たまねぎ漬け(ピクルスの残り汁に赤梅酢と純米酢で味を調整)を食べきったあとの「残り汁」に、直接にんじんをスライサーでおろし入れてレーズンで調整。

疲れた身体にきゅーんと酸味と甘みが沁み込んだそうです^^
どちらもお庭のレタスを敷いて彩りに。

その日がLONOFの日と知らずに適当にパン生地を仕込んでいたら急遽、出動要請が入り、自家製アンチョビを添えてお弁当に。計量なしだったので不格好ですが。
P1140584lonof_lunch.JPG
(あぁ、アンチョビ後編も書けてないですー そのうち・・・!)

パンもね、実はマカロニの茹で汁(アツアツを温かい位に冷ましたもの)で作ると短時間で膨らんで便利だったのですよ^^もうちょっと実験を続けようかな〜。

LONOFerのYっちゃん、H瀬さん、ありがとうございました^^



※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 18:07| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする