2020年06月24日

まんぷく畑 〜食べるものを育てる暮らし〜

IMG_9711snap_endou.JPG

スナップえんどうが山ほど採れる幸せ。

IMG_9842snap_endou.JPG

家の前にある畑のあちこち、
果樹の周囲や、いろんな畝に
ちらほらとたくさん植えてあって、

IMG_9708snap_endou.JPG

ぐるっと回って採っていくのだけど、全部回りきれない。
でも6人家族が食べるから、採りたてがどんどん消えていく。

IMG_9716snap_endou.JPG


ふわふわの土の中から、
じゃがいもがゴロゴロ出てくる嬉しさ。

IMG_0028potato.JPG

「ここらへんは粘土質だから、芋はだめだ、土がカッチカチでよ〜」
と何度も言われてきたけど、それは慣行農の場合。

草ぼうぼう、芽かきせずにもりもり葉が茂ったじゃがいもは
「何だよ草ばっかで、野菜が見えねーなぁ!」
「育ってねぇんじゃねーか〜これは〜」なんて、地区の方々から
心配されたり野次飛ばされたり、してきたのだけれど(笑)。

IMG_0031potato_happa.JPG

雑草のおかげでふっかふかの柔らかな土は
じゃがいもが手で掘れるほどで、驚いた。

IMG_0036potato_shuukakuki.JPG
(すっかり枯れて茎がわずかに残るころが収穫時)


梅雨のさなか、雨の合間にコツコツと、豆を植えていく。

小豆は長野のさわんどさんの小豆を去年から育てていて
今年はもっと日常的に玄米小豆ご飯や甘酒あんこを食べたくて、たくさん植えた。

IMG_0026azuki_sasayabu_kaizen.JPG

家の前の斜面が笹藪でボウボウになってしまっているのを手入れするついでに
小豆畑にしてしまおうと思い立ち、このとおり。
手前から奥まで順に植えた小豆が、見事にずらっと育ってきた。

この発想はとってもパーマカルチャー的。

・1歳児がいるから作業はなるべく家の近くがいい
・ヤブがあると鳥獣害の要因にもなるからどうせヤブは刈る
・畑にしていれば生えてくる笹も定期的に刈るから、笹も二年くらいで消える
・豆を育てると土が豊かになるから、いずれは他の作物も植えられる

ということで、そのへんで1歳児を放牧しながらひたすら笹藪を刈っていった。
横一列に竹を挿しておいて、刈っては敷き、刈っては敷き、植える場所を整える。

最初は育てておいた苗を植えつけたんだけど、
それだと笹の根っこだらけの斜面という過酷な環境に
しばらく苦しんでいるようだった。

直接小豆を植えることで、
苗を植えつけるよりも強い根っこの小豆が育つように思う。

IMG_4942daizu_azuki.JPG

大豆は去年から育て始めた、金砂郷在来青御前という在来種。

お野菜を届けていただいてる軍兵六農園さんのお豆から植えてみたところ
やはり気候に合っているからか、よく育ってくれた。

つくば時代に育てていたお豆はぜんぶ、
一年間の千葉生活(植えなかった)のため、発芽しなくなっていた。

まぁクヨクヨせず、茨城県北の在来種を楽しんでいこうと思う。

IMG_4747edamame.JPG

この青大豆、枝豆で食べても美味しかったし、
大豆になってからは自家製味噌作りに欠かせない。

IMG_5222daizu.JPG

他にも、那須の自然食品店などで手に入れたひたし豆(濃い青大豆)、黒豆、
べにや長谷川商店さんのオマケでついてきた鞍掛豆を植えている。

どれも、種まき直後はハトやカラスの掘り返しに注意が要るし
芽が出たらキジが食べちゃうのを防ぐ必要がある。

大豆系は新聞紙ポット苗で育てるのと並行して
鳥たちの目をかいくぐって、少しずつ直播きも進めてきた。

家の前の坂道沿い、決して畑ではない場所は、
去年から大豆だの小豆だのを植えてきたけれど、まだイノシシの害がない。

IMG_4005ie_daizu.JPG

大豆の収穫後に夫が小麦を蒔いて放っておいたらしいのだけど、
小麦は健気にも育ってくれた。

小麦の穂が黄金色になってきたその隙間に、
虫や鳥に気づかれない程度に少しずつ植えていき、
朝夕に見回りをして、人がいるぞとアピールして成長を見守る。

今朝、ネットで守ってあった苗ポットたちを見に行ったら
バッタか何かにほとんど苗を食いちぎられていて愕然とした。・・・無念。

だからこそ、育て方や植える場所を多様にしておいて、良かった。
直播きの分は無事だったから。

多様性って大事だなぁ。生き方も暮らし方も、育て方も。

IMG_9739green_cartain_ingenmame.JPG

家の東側と西側には、グリーンカーテンを兼ねてインゲン類を植えた。
今年は栗いんげん、黒いんげんを植えてみた。

コロナの影響か、野口種苗がパンクぎみだったので
豆類は困ったときのべにや長谷川商店。
なんとか植えたいものを取り寄せることができた。

資材はすべて土に還るものだけで、篠竹と麻紐。
夫が設置してくれたところに、勢いよく伸びた苗を定植した。

IMG_9738green_cartain_ingenmame.JPG

電柵をつけられない、隙間空間での豆栽培。

イノシシたちがどう出るかわからないけれど、
近隣のヤブを刈り、毎日歩き回って、長男には立ちションしてもらって(笑)、
こっちは私たちの場所ですよ、入ってこないでちょうだいね・・・と伝えていこう。


食べ盛りの子ども達に合わせて、
今年の私個人としての作付けのテーマは「ボリュームのあるもの」。

IMG_0055potato.JPG

じゃがいも、スナップえんどう、さつまいも、
バターナッツかぼちゃ、たくさんの豆たち・・・

IMG_4943daizu_azuki.JPG

どうせ手間をかけるなら、と、
もりっとお腹が張るようなものを優先して育てています。

目指せ、まんぷく畑!!!


関連記事:
 夢と現実 …何を植えて育てるか、思いを巡らせた結果。
 自然農の理由 …私なりの理由が定まってきた頃。
 グサリ、刺し貫く …つくばの畑はハードすぎて、じゃがいもが大変なことに!
 にょろり …豆と虫さんの話。



* * * お知らせ * * *

1歳児が活発すぎて(玄関出て道路まで脱走とか!)目が離せず、
嫁ブログを書く時間もなかなか取れない日々が続いております。

スキマ時間に雑草屋facebookページ
ちょこちょこと小ネタを発信中ですので、よろしくお願いしまーす^^



* * * まかない日記 * * *

夏の天然酵母との(冷蔵庫なし生活での)付き合い方がわかってきて、
今年は春に続いて夏も、ますます快調に、天然酵母パンを作っています。

夫も私も、それぞれに得意レシピが見えてきて
数日に一回はパンを焼くので、いつもいつも美味しくて、幸せ〜。
IMG_0052mabiki_kabu.JPG
古い古いオーブンなので、焼き色がつきにくいんですが、味・香りはバッチリ^^
夫は甘酒酵母、私はトマト酵母。先日から梅酵母とメロン酵母が加わりました。

ペットを飼う感覚でしょうか・・・
ぷくぷくミーミー、酵母の音を、夫婦で耳を寄せて聞いています(笑)。

酵母がうまくいかないときはイーストでもいいし、気楽に、気軽に〜。

夏至の夜はキャンドルナイト。
IMG_0066candle_night.JPG
カラスノエンドウの黒くなった豆を子ども達が集めてくれていたので
堅くなったスナップエンドウの豆と合わせて、ダブルえんどうご飯にしました。

キャンドルナイトのおかげで、
白い電球はぜんぶ優しい色の電球に替えることが閣議決定しました。

穏やかな光が増えると、おうち時間がますます心地よくなりそうです。
posted by miya at 12:50| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

秋冬野菜とイノシシの話

IMG_5316hosu.JPG

4月に移住してきて、あれこれ植えつけはしたものの
イノシシ対策の電気柵などはぜんぜん作らず、
そのまま夫は5月から地域おこし協力隊の勤務が始まって・・・

草刈りもあまりできず、もちろんイノシシ対策もできず、
せいぜいヤギをあちこちにつなぐ程度の牽制だけでやってきた今年。


例えばジャガイモ。

 もうすぐ収穫だね!
 んー、まだいいよ〜

なんて言ってるうちに、気づけばイノシシが
ぜーんぶ食べてしまっていました。


夏の枝豆、じゃがいもに始まり、
秋は大豆、小豆、落花生、とうもろこし、
冬には菊芋やアピオスまで。

ほとんど人の出入りがないことをわかっていて
イノシシは、季節ごとに、一番おいしくなる時期に
しっかりごっそり、食べてしまうのでした。

IMG_5237satoimo.JPG

11月中旬、やっと夫の時間が取れて
小さい子たちと収穫作業。

里芋や生姜は、まとまった小さな範囲に植えてあったので
ヤギをその周辺に陣取らせてイノシシが来ないようにできたのです。

イノシシは生姜を食べるんじゃなくて、掘り返して枯らしちゃうんですが
ヤギ作戦のおかげか、大部分は立派に育っておりました。

IMG_5257shouga.JPG

実は、春夏ととっても無理をして(しかも赤子を泣かせてまで)
散々草刈りをしてきた私は、結構、かなり、怒ってました。

 イノシシ柵より種まきが先!と言った夫に。
 きっと大丈夫だよ〜と、のらりくらり先延ばしにする夫に。
 まぁいいんじゃない〜と、大らか風に放置する夫に。
 時間がないと言いつつ、休日に布団から出てこない夫に。
 イノシシに目くじらを立てることがまるで狭量かのような顔をする夫に。

でもまぁ、これだけでも収穫できたんだから、よかったね。
親子で充実の笑顔。
IMG_5267syuukaku.JPG
終わりよければすべて良し!の典型です。

すごく長生きするんだろうな・・・^^;
見習いたいです。


とっても立派な新生姜(上)と、
育ててくれてありがとう〜のヒネ生姜(下)。
IMG_5270shouga.JPG
夏に出回るイメージの新生姜だけど、
雑草屋では秋冬野菜。

すぐ取り掛かれば、捨てるところもなく、
茎まで使って綺麗な紅生姜が作れたものを、つい後回しになり・・・

それでもなんとか、何日もかかって、
ちょこちょこと小分けに作業して

・1〜2日塩漬けにしてから梅酢(足りなくて米酢も)に漬けた「紅生姜」
・刻んで軽く下茹でして、煮立てたみりん・醤油を注いだ「醤油漬」
・薄切りを軽く下茹でしてごま油で炒め、醤油・みりん・甜菜糖で煮詰めて鰹節を絡めた「佃煮」
・スライスして日本酒や玄米焼酎につけて「料理用」

などを作ることができました。
(本当はジンジャーシロップも作りたい・・・年内にできるかな・・・)

IMG_5837shouga_arekore.JPG
そうそう!生姜の下茹で汁って、すごくいい香りなんです。
もったいないから、うちでは捨てずにカレーや鍋物、煮物に使います。
味をみながら投入すれば、生姜がきき過ぎることもないです^^

ヒネ生姜は、刻んで玄米焼酎に漬けて料理用にするほか、
ジンジャーカレールーにして保存しようと思っています。


以前はスライスしたり刻んだり、
何種類かの形で冷凍保管していたものですが。

冷蔵庫なし生活」になって初めての、生姜の保存。
今年は少ないので全部加工してしまいました。

いつかは、
生のまま、穴に籾殻や砂ごと埋めて保存、というのも
やってみたいです〜。


こちらは里芋。
IMG_5319hosu.JPG
直売をしていた数年前、里芋レシピをあれこれアップしていたので
ちょっとずつ作って楽しもうと思っています。


それからこれは、左が新生姜。
右のさつまいもは、つくばの畑で採れたもの。
IMG_5318hosu.JPG
さつまいもは手がかからないから、
来年もリスクヘッジで、つくばに植えてもいいなぁ。
(イノシシ被害もないしね・・・)


ずいき(里芋の茎)が好きなので、
洗ってとっておいてもらいました。
IMG_5325zuiki.JPG
集落の方がずいきを干しているのを見かけたので
干しておこう〜と思ったのです。

が、皮むき作業がついつい後回しになり、
上手にむけなくなってから取り掛かったので、短い仕上がりに(汗)
IMG_5407zuiki.JPG
収穫してすぐに皮をむくと、ついーっと端まで剥けて楽だし、
干すのもブラーンとストッキングを干すみたいにできて便利なんだけど。

一ヶ月経った今は、順調に干しあがってきています!
が、平らなザルに広げているので、場所を取ります。
やっぱ長いほうがいいな。

新生姜とずいきの反省は、来年にいかします><;
収穫したら、すぐ作業!です〜。


「鳥獣害」関連記事:野草を食べればいいじゃない
秋冬野菜を直売していた頃の思い出:本音を言いますと 冬がゆっくりと



* * * お知らせ * * *

もうすぐですね!
“ただそこに居るだけでいい場所”、新月カフェ。

ひきこもり当事者および、元当事者、
人間関係など悩みを持つ方、生きづらさを抱える方限定です。

⇒12月26日 新月カフェVol.35 in つくば


年末年始の体調不良、インフルに風邪、
もうすぐはじまる花粉症対策にも。

心を見つめて身体を治す勉強会、
年末に2回開催されまーす。

・東京「いな暮らし」さんにて、勉強会&シェア会
⇒12月27日 出張マインドボディヒーリング講座
 〜腰痛や頭痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

!茨城は場所が変更になっています!
・茨城「近江屋商店」さんにて、勉強会&シェア会
⇒12月29日 出張マインドボディヒーリング講座@近江屋商店
 〜腰痛や頭痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜



* * * まかない日記 * * *

ついに、イノシシとご対面。
うちの畑を荒らしていたイノシシとは別ですが、子イノシシでした。
IMG_5794inoshishi.JPG

夫は仕事(森の整備)中にイノシシと遭遇したそうですが
子ども達は初めて!でも、小さかったのでそこまで怖がってなかったかな。
IMG_5795inoshishi.JPG
(信じられないくらい暖かい日で、どんどん脱いで肌着の長男・・・)

食べるなら自己責任で、とのことで、お肉を少しいただくことに。
スーパーのお肉よりは必然性が高い殺生ですが、なむなむ。。。

すぐに調理できなかったので、塩麹に漬けておきました。

2日後、スライスして焼肉のつもりが、
溢れる肉汁がもったいなくて、ネギとご飯でチャーハンに〜
IMG_5835inoshishi_yakiniku.JPG

子イノシシをいただくのは私もはじめて。
なんと、上等な子羊肉のようないい香り、柔らかさ!
IMG_5834inoshishi_yakiniku.JPG
塩麹のおかげなのかなぁ。それにしても、香りが素晴らしかった〜。

私は自分で捌かないと、命の重さ云々、責任云々がうまく言えないんですが。

イノシシやニワトリは子どものころから実家や近所が捌いて食べてきたので、
なんだかあっけらかんと食べることができます。

大規模な畜産業よりも、もうちょっと自分の手の届く範囲の。
(釣りもそれに近いように思います)

畑のそばに罠を仕掛けてもらえることになったので、いろんな意味で期待できそうです。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 14:06| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

焼き芋わっしょい

大豆は根っこの根粒菌が土を豊かにしてくれるけど、
豊かになると実りが悪くなる。不思議です。

一方、さつまいもは土が豊かでないと
大きく育ってくれない傾向があります。
(救荒作物って社会科で習ったけどね。なぜだ。)

IMG_3272koguma_hatake.JPG
何年か大豆を育て続けたこぐまの畑は、土が豊かになりすぎて
しまいには大豆の育ちがやや悪くなっていました。

そこで今年、つくばの田植えついでに
こぐまの畑にはさつまいもを植えておきました。
IMG_3274satsumaimo_nae.JPG
夏、雑草に負けて消えそうだったり、
いくつかは根がうまく伸びずに枯れてしまったり、したけれど。


11月下旬、ついに迎えた芋掘りの日。

あらー!豊作!
IMG_5274satsumaimo.JPG
大きく大きく育っておりましたよ〜。

ただ、つくばも知らぬ間に気温が下がっていたのか
多少の傷みが出始めていて、慌てて救出。

まさかこんなにたくさん、立派に育つとは。
蔓の多さにびっくりです。
IMG_5297satsumaimo_shuukaku.JPG
(こぐまのみなさん、背景の変化、わかりますか?つくばの開発はまだまだ勢いが衰えません)

ホームスクール仲間と共に、焚き火もスタート。
IMG_5279takibi.JPG

焚き火育ちの長男、だんだんワイルドになってきました。
IMG_5281takibi.JPG

燃やしつつ、焼き芋にする分はせっせと洗って。
IMG_5288yakiimo.JPG
(ホイルは前夜泊めてくださったKさんご一家が箱ごとくださいました。ありがとうKさん!)

私と次男はこの日、
つくば自然育児の会の座談会に参加していたのですが(楽しかった♪)
焼き芋ができるころに合流しまして。
IMG_5293baby.JPG
(8ヶ月、伝い歩きはスイスイと!立っちもするように・・・早い・・・)

しばし公園遊びも満喫したあと、畑に戻ると
できあがってました〜 ホックホクの焼き芋ちゃん♪
IMG_5299yakiimo.JPG

「栗みたーい♪」「あっまーい!!」「すごぉぉい!」
IMG_5303yakiimo.JPG
こんなに甘くなるなんて。感動です。
夫の焼き芋スキルの高さにも脱帽です。

いっぱい、いーっぱい、
焚き木や落ち葉、枯れ葉を集めたから
おいしい焼き芋ができたんだよ。
IMG_5304yakiimo.JPG
がんばったね。

二家族で分けっこして、夕闇が迫る頃に解散。
IMG_5307satsumaimo.JPG
大子町へと夜の山道をひた走って帰り・・・

翌日は泥をしっかり落とし、お日様にあてて乾かしました。
IMG_5332satsumaimo.JPG
ハンドボールみたいな大きいお芋が、ごろんごろん。
壮観だな〜。

多少の傷みが出ているお芋も
包丁で入念に切り刻んで、無事な部分をカケラででも集めまして。

日々、じっくり焼きに、お味噌汁に、大学芋に、カレーにと、
余すところなく満喫しております。


そして数日おきに、お庭で焚き火!焼き芋!!
IMG_5439yakiimo.JPG
田舎暮らしを満喫しています。

焼き芋わっしょい!!
IMG_5446yakiimo.JPG


「さつまいも」関連記事:さつまいもの茎を食べる 収穫、収穫、また収穫
 アルミホイルを使わない「瓦焼き芋」⇒ こちら(記事の中ほどの写真です)



* * * お知らせ * * *

年末年始の体調不良、インフルに風邪、
もうすぐはじまる花粉症対策にも。

心を見つめて身体を治す勉強会、
年末に2回開催されます。

・東京「いな暮らし」さんにて、勉強会&シェア会
⇒12月27日 出張マインドボディヒーリング講座
 〜腰痛や頭痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

・茨城「Roji 菜園テーブル」さんにて、勉強会&シェア会
⇒12月29日 出張マインドボディヒーリング講座@Roji
 〜腰痛や頭痛や花粉症など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜


私の体験談もちょっとだけ、昔の記事から。(焚き火小屋の写真もあります^^)
病気のデパート



* * * まかない日記 * * *

よく覚えてないけど、手一杯なときのお昼ご飯。
IMG_5392ohirugohan.JPG
おにぎり3種!海苔で巻いたよ!
にんじんピクルス!蒸かし芋!はいどーぞ!!

お味噌汁も、あったような。まぁ、粗食が一番。

浮き沈みありつつも、毎日が、あーっという間に過ぎ去っていきますが、
今日もごはんはおいしかったです。ごちそうさまでした。
posted by miya at 21:38| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする