2020年11月26日

自然農の記録 -秋-(11月上旬〜中旬)

【イノシシが来ない場所/三尺ささげ/弾ける大豆/さつまいもの収穫/積雪予測/生姜の収穫/亡骸の層】

雑草屋facebookページで綴っている短い投稿を
バックアップと備忘録のため、数回分ずつにまとめて保管しています。
※自分が過去の情報を探すときに便利なので、一行目は項目見出しの羅列にしています。


・・・2020年11/15〜11/26UP分・・・ ・・・

【雑草屋の自然農】イノシシが来ない場所(11/07撮影)
IMG_2950inoshishi_konai.JPG
電気柵がなければイノシシに全滅させられるような山間部。
庭さえもイノシシが掘り返しているのに、ここだけは電気柵なしでも去年も今年も、ずっと無事です。

その理由は、アスファルトに囲まれているから。

西は家にあがる坂道、東は集会所の坂道、南が道路。
三方をアスファルトに囲まれ、北には我が家の玄関があるため、元来臆病で慎重なイノシシは近づかないようです。


【雑草屋の自然農】三尺ささげ(11/04撮影)
IMG_2842sanjaku_sasage.JPG
はじめて育てた三尺ささげ。
なんで今まで植えなかったのだろうと不思議なくらい、
可食部が多く、育ち盛りの子ども4人にはぴったりの作物。
IMG_2789sanjaku_sasage.JPG
莢がみずみずしい最大サイズのときに採って、
素揚げ、炒め物、汁物と大活躍。
IMG_2788sanjaku_sasage.JPG
種取りする頃には驚くほど小さくなっている。
タネも小さくて、不思議な植物です。


【雑草屋の自然農】弾ける大豆(11/17撮影)
IMG_3479daizu.JPG
畑の大豆がスキャットマンみたいなことになってきたので
焦りに焦ってひたすら刈り取りしています。
IMG_3480daizu.JPG

IMG_3481daizu.JPG


【雑草屋の自然農】さつまいもの収穫(11/08撮影)
IMG_3185satsumaimo.JPG
霜に急かされるようにして収穫し続けたさつまいも。
このあたりではみなさん10月下旬には掘っておくようです。
IMG_3191satsumaimo.JPG
葉が枯れ始めて養分が芋に注がれる、ギリギリを狙った甲斐あって
甘くて美味しいさつまいもがたくさん掘れました!
IMG_3180satsumaimo.JPG


【雑草屋の自然農】積雪予測(11/17撮影)
蟷螂(カマキリ)は、その冬の積雪量を知っているといいます。
IMG_3466kamakiri.JPG
自然農の畑では、大豆にちらほらとカマキリの卵が。
この高さまでは雪が届かないという予想らしいですが、当たるでしょうか。


【雑草屋の自然農】生姜の収穫(11/15撮影)
IMG_3374shouga.JPG
雑草屋定番の生姜、今年もよく育ってくれました。
夫と子ども達で掘り出し、数日かけて洗ったり乾かしたり。
IMG_3377shouga.JPG
冷蔵庫なし生活で編み出した現実的な保存方法は、
みじん切り、千切り、スライス、各種切り方で玄米焼酎に漬けること。
ジンジャーカレールーも仕込みます。

通販も直売もお休みしている今年は、
収穫ラッシュのあとに加工ラッシュが続きそうです。


【雑草屋の自然農】亡骸の層(11/12撮影)
IMG_3225kareha.JPG
畑の刈り草はその場の地面に敷いていくと、ゆっくりと分解されて豊かな養分となります。
これを自然農では亡骸の積み重なりと捉え、田んぼでは特に層状に確認できることから、総じて「亡骸の層」と呼んでいます。
木々の落ち葉や、収穫した作物の不要な部分もまた、大切な亡骸の層となり、毎年毎年、命の循環が繋がってゆきます。
IMG_3222kuwa_kareha.JPG
畑にたくさんの落ち葉を落としてくれる桑の木。

大豆の収穫時には残っている枝葉を畑に還します。
IMG_3226daizu_kareha.JPG

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
posted by miya at 23:28| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

自然農の記録 -秋-(10月下旬〜11月上旬)

【土に還る農業資材(目印)/庭木と黒豆/大豆の収穫/いろんな豆/土に還る農業資材(支柱)/ニラの種採り/種まき直後の食害】

雑草屋facebookページで綴っている短い投稿を
バックアップと備忘録のため、数回分ずつにまとめて保管しています。
※自分が過去の情報を探すときに便利なので、一行目は項目見出しの羅列にしています。


・・・2020年11/05〜11/13UP分・・・ ・・・

【雑草屋の自然農】土に還る農業資材(11/04撮影)
IMG_2807seitakaawadachisou_kuki.JPG
1才児が踏み入ってしまうキャベツの苗床をぐるりと。

セイタカアワダチソウの枯れた茎は、篠竹と同じように目印や支柱、柵などに使えます。
ひっかからないよう、ちょっと内側に傾斜させて挿すのがコツです。


【雑草屋の自然農】庭木と黒豆(10/29撮影)
IMG_2715kuromame.JPG
豆類は種取りをきっちりやりたいので、同じ種でも環境条件が異なる複数の場所に、時期もずらしながら育てました。
IMG_2719daizu_kuromame.JPG
ちゃんとした畑のほか、通路と通路の間、庭木や果樹の周囲などにも植えています。植物同士の相互作用、虫や鳥の相互作用があるように感じます。
IMG_2716kuromame.JPG


【雑草屋の自然農】大豆の収穫(11/04撮影)
IMG_2838daizu.JPG
大豆類は畑を見回りながら、すっかり葉が落ちた株から刈っています。
IMG_2839daizu.JPG
下のほうが草に埋もれすぎていると、下半分はまだ青かったり・・・
余裕のあるときは枯れた莢だけ摘みますが、この秋はまるっと刈って干すことが多いです。
IMG_2846daizu.JPG


【雑草屋の自然農】いろんな豆(10/16撮影)
インゲン系も大豆系も、気候変動や異常気象に備えて
5月から7月にかけてずらし蒔きをして育ててきました。
IMG_2423mamemame.JPG
写真は奥が、黒豆、三尺ささげ、青大豆。
子どもが埋もれているのが大豆、支柱があるのはパンダ豆です。


【雑草屋の自然農】土に還る農業資材(11/04撮影)
IMG_2825tomato_shichuu_asahimo_take.JPG
円形に配したマイクロトマトの苗に合わせ、
竹の枝を活かして作ったトマトタワー。
IMG_2822tomato_shichuu_asahimo_take.JPG
竹同士はしっかり、トマトの茎と竹は8の字で優しく、麻紐で固定。
IMG_2820tomato_shichuu_asahimo_take.JPG
来年は合掌造りにしてトマトのトンネルにしたいです。


【雑草屋の自然農】ニラの種採り(11/07撮影)
IMG_2952nira_tanetori.JPG
長年放置されて草むら化していたスペースを大豆畑にしたところ、ニラの列が細々と姿を現しました。大家さんによると、昔は畑だったとか。
IMG_2953nira.JPG
桑の木、大豆、小豆に囲まれて戸惑い気味のニラを刈らないように気をつけて半年。立派な種をつけていたので、半分ほど種採りさせてもらいました。
IMG_2956nira.JPG


【雑草屋の自然農】種まき直後の食害(11/07撮影)
5月から7月にかけて蒔いた黒豆。
何度やっても7割は何者かに土中の豆をまるごと食べられてしまって、落ち込みました。
IMG_2948azuki_kuromame.JPG
ついには開き直って、夏になっても芽が出ない箇所には、すべて小豆を蒔きました。
小豆は食害もなく、生き延びた黒豆と共に、どちらも見事な実りとなりました。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
posted by miya at 23:00| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

自然農の記録 -秋-(10月中旬〜下旬)

【大根と草花たち/混植/秋ソバの収穫/耕さない田んぼ/霜と刈り草/笹藪の抑制/落花生の試し掘り】


雑草屋facebookページで綴っている短い投稿を
バックアップと備忘録のため、数回分ずつにまとめ、保管していこうと思います。

※自分が過去の情報を探すときに便利なので、一行目は項目見出しの羅列にしています。


・・・2020年10/29〜11/04UP分・・・ ・・・

【雑草屋の自然農】大根と草花たち(10/15撮影)
IMG_2333daikon.JPG
草を敵としない自然農では、この光景を
「なんて幸せな畑なんだ!」と喜びます。
IMG_2334daikon.JPG


【雑草屋の自然農】混植(10/15撮影)
IMG_2345iroiro_hatake.JPG
家の前のちょっとしたスペースを畑に。
IMG_2346tomato.JPG
マイクロトマト、オクラ、長ネギ、大豆、小豆、ブルーベリー、マルベリー。
動植物の多様性に富んだ、いい畑です。
IMG_2348oyatsu.JPG


【雑草屋の自然農】秋ソバの収穫(10/16撮影)
IMG_2436akizsoba.JPG
初めて育てたソバ、常陸秋蕎麦。
IMG_2427akizsoba.JPG
背が高く、倒れたり絡まったりと、
慣れない作業は大変でしたが、たくさん収穫できました。
IMG_2485akizsoba.JPG


【雑草屋の自然農】耕さない田んぼ(10/11撮影)
IMG_2234tagayasanai_tanbo.JPG
ガマの穂が茂る耕作放棄地を草刈りし、苗を一本植えした田んぼも、実りが進んでいます。
IMG_2235happy_hill.JPG
種を継ぐ最低限の面積で、ハッピーヒル、香り米、ヒノヒカリを植えています。
IMG_2236kaorimai.JPG


【雑草屋の自然農】霜と刈り草(10/31撮影)
IMG_2728shimo.JPG
刈った草はその場所に置いていくので、霜が降りた朝は
野菜たちが刈り草の布団から顔を出しているようです。


【雑草屋の自然農】笹藪の抑制(10/29撮影)
IMG_2713aojiso.JPG
初夏、みっしりと笹がヤブ化していた場所の地表だけを刈り、
刈った笹を敷き詰めて、ご近所からいただいた青じその苗を6列植えました。
IMG_2711aojiso.JPG
その後は青じその葉が森のように茂り、笹は生えてこなくなりました。
枯れた青じその根元は、森床のように落ち葉が積もっています。
IMG_2712aojiso.JPG


【雑草屋の自然農】落花生の試し掘り(10/15撮影)
IMG_2343rakkasei_ajimi.JPG
1つだけ掘って生で味見、甘くて満足。
自然農の畑は土が見えません。
使わない畝は草を生やしておきます。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
posted by miya at 22:08| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする