2019年02月28日

誕生日のお祝い

3月に出産を控え、2月は夫の予定がぎゅうぎゅう詰め。

私の誕生日も、多忙な夫のまとまった不在と不在の合間でしかなく
まー自分の誕生日くらい、何もせず、昼寝して過ごそうかな〜程度に考えていました。

誕生日前夜も、翌日が自分の誕生日だということをすっかり忘れ
原稿書きの締め切りを延ばしてもらう約束(「明日の夜には送ります!」)なぞして。


が、甘かった!


小学校を卒業して以来、誕生日のお祝いなんてほぼやらず、
親の誕生日なんて大人になるまで知らなかったような私とは大違い。

夫は、今でも誕生日には家族でお食事したりお祝いしたり・・・の小松家出身。
きちんとお祝いを考えてくれていたのでした。


朝起きると、夫から驚きの予定が知らされました。

なんと、「パーマカルチャーと平和道場」の仲間たちに相談して
子ども3人を3時間ほど預かってもらう段取り済みだと言うのです。


わーお!!!

子どもを預けて二人でランチなんて、息子の出産以来、
ここ3年で1回(2時間)しかしたことないよ〜〜(嬉)!!

若者二人がうどんランチをしながら子ども達と遊んでくれるとかで、
煮炊きの食材も持たせて子ども3人を送り出しました。

20190217Dojo_udon1.jpg
(photo by Chako)


20190217Dojo_udon2.jpg
(photo by Chako)



そして夫婦は・・・

気になっていたカフェへ♪

IMG_0879miya_BD_lunch.JPG

ちゃんと予約も取ってくれていて、嬉しいなぁ・・・。

私は、自分で作るのは億劫、だけど実は大好き!なラザニアを注文。

IMG_0878miya_BD_lunch.JPG

夫も私の好きそうなパスタを頼んでくれて、分けながら楽しみました。

食後のコーヒーを待っているとき、ふと

 シナモンアップルパイがひとつだけあるから、頼もうか。

と言われ、頼んだところ・・・

IMG_0880miya_BD_lunch.JPG

ろうそく付きで、お祝いされたー!! わ〜〜!!


全然いい嫁じゃないのにこんなに祝ってもらって、
私、ありがたさで消えてしまいそう。。。


産後何年かはこんなランチデートもないだろうなと思い(←子ども4人なんて誰が見るんだ)、
じっくりカフェ気分を堪能させてもらいました。 じぃーーーん


ほくほくで子ども達を道場に迎えに行って、
しばし焚き火を楽しみ、今度は買い物へ。


子ども達としては、「お母さんの誕生日 = 何かごちそう♪」
と無邪気に期待しているはずなので(汗)、

カフェでランチしたことは内緒にしている後ろめたさも手伝って
いつもとは違う雰囲気の晩ごはん、作ってあげようか〜、となったのでした。


何も作らない!台所には立ちたくない!と思っていた自分の誕生日なのに
昼間のカフェで元気を充電できたようで、
IMG_0887miya_BD_dinner.JPG
・タラのムニエル タルタルソースがけ
・ブラウンマッシュルームの和風ソテー
・春菊と白菜とみかんのサラダ (あと、スープもつけたような?)

を作って晩ごはん。

タルタルソースなんて滅多に登場しないからみんな大喜びでした^^;
あ、ケーキだけは休ませてもらいましたよ。


襖には夫のいつものアレが・・・
IMG_0884miya_BD.JPG

そして子ども達からもお祝いの絵が続々と。
IMG_0901miya_BD.JPG

超多忙な中、いつ手配してくれたのか、下駄のプレゼントまで!!!
IMG_0895miya_BD.JPG
興奮しています(笑)
(ちなみに半纏の下がパジャマなのは、お腹が痛くなるとすぐ横になるからです)


翌日からは夫が副業で栃木に出張、私と子ども達はいわきの義実家で一泊。

いわきではお義父さんお義母さんが、
カフェでお祝いランチしてくださいました〜(涙)。
IMG_0916iwaki_cafe.JPG

子ども達も私も、デザートに出てきたお店自家製の豆乳ヨーグルトでご満悦♪
(子どもはずっと小さいサイズで)
IMG_0922iwaki_cafe.JPG
次女の乳製品アレルギーがあるから、
絵本で知ってはいるけど、食べたことなかったんだよね〜、ヨーグルト。

あんまり喜んでくれたので、また連れてきてあげようと思いました^^


そうそう、誕生日に夫婦で語らっているとき、
自分でもびっくりした会話がこちら。


 私 「もう36歳なんだねぇ〜〜」

 夫 「10年前は何してた? 26歳のとき!」

 私 「・・・! 妊婦だったー(涙)
    もう10年間、妊婦と子育ての繰り返しー!」

 夫 「えぇぇー!」


そう、26歳の誕生日にはすでに長女がお腹にいたんです。
重いつわりでほぼ記憶なしだけど、あの数年間は波乱万丈だったなぁ。

夫と再婚したのが6年前ですが、
よく考えたら6年間のうち3年間は私、
相変わらず妊婦なのでした。びっくり。


いつも目の前の家事に忙殺されている(気がしている)、のだけど。

夫みたいに、きちんとお祝いを忘れずに積み重ねていこう、、、
と、この記事を書きながら思いました。


祝ってくれた家族のみんな、サポートしてくれた道場の仲間、
本当にありがとうーーー!!!


関連記事:自分の誕生日を振り返ってみました
 35歳 34歳 33歳 31歳 ついでに、夫42歳
 32歳のときは、イベント開催しまくりで誕生日どころじゃなかったなぁ。

記録って、大事だなぁ。
5月と8月の娘たちの誕生日も、なんとか出産前に振り返りたーい ><;



* * * お知らせ(夫のFB投稿から転記) * * *

【花粉症】【腰痛】【今週末】【四谷】

今週末3月3日(日)、四ツ谷駅周辺10時〜12時半でマインドボディヒーリング(心身治癒法)の勉強会やったら誰か来ますか?

13時から四谷で別のイベントに参加するので、そのついでに、社会貢献しようかな〜と思ってます。

話を聞くだけで、花粉症・腰痛・頭痛・諸症状が減るよ♪

心身治癒法の勉強会です。会場は、駅近くのファミレスかカフェ。人数はできれば3人以上いると嬉しいな。ドネーションスタイルで、一人500円〜くらいで開催します!

興味ある人は、この辺のリンクを読んで、メッセージ(※)ください。

http://blog.livedoor.jp/shizentai_l…/archives/cat_44935.html
http://asobukarada.hatenablog.com/entry/2019/02/27/114723
http://zassouya-no-yome.seesaa.net/article/433429590.html

※夫のFB宛か、komatsu★zassouya.com(★をアットマークにして送信)までご連絡ください。



* * * まかない日記 * * *

私の場合、半月くらい前駆陣痛であまり動けないので
2月は常備菜や保存食を少しずつ作り溜めてきました。

つくばを離れるとき、たれかそさんから
素敵な香りのするピクルス用スパイスミックスをいただいていたので
ピクルスを漬けましたよ〜
IMG_0548pickles.JPG
大根、人参、セロリ、玉ねぎ。
スパイスはクローブ、ローリエ、黒胡椒、マスタードシードと、大きい丸い粒は・・・うーん、ホールスパイスかなぁ。複雑な旨みと辛みが出て、いいお店のピクルスみたいな仕上がりになりました♪

これを漬けてあったので、自分の誕生日に「タルタルソース」が作れたんですよ〜
ピクルスの風味が格段に良いので、刻んだピクルスと自然派マヨネーズを混ぜるだけで完璧!でした。(ゆで卵まで入れちゃうと、魚とマヨで動物過多かなぁと思って、やめておきました)

明日から3月!
出産に備えて、また少しずつ保存食作りの日々です。
posted by miya at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

クリスマス2018

暖かい南房総にも、もれなくクリスマスは訪れました。

IMG_0037Xmas2018.JPG

実は、クリスマスやら年末やらの買出しを考えていたんだけど
買い物メモを見た夫の

「・・・本当に必要なの?」

ですっかり目が覚め(笑)、
家にあるものだけで献立を立て直しました。

イベントだからと特別な買い物をする前に
家にあるものを見渡してみる、
そのひと呼吸だけでも、ずいぶん違うように思います。

気づかせてくれた夫に感謝です。  ⇒「小さな変革」関連記事はこちら


で、イブの夜。

子ども達がどうしてもケーキを楽しみにしているので
料理はなるべくさっぱりと。
IMG_9946Xmas2018.JPG

料理人生の中でこれは最強なんじゃないかと
ひそかに思っていたレシピ本、

読んでみたらほんとに素晴らしい本だったので
これを見ながらカレーやら蒸かし芋やら作りました。

hitsuyou_saishougen.jpg
白崎裕子の必要最小限レシピ ――料理は身軽に

白崎裕子

何を作っても美味しくて感動〜。
これはいつか、子ども達にも贈りたいなぁ。
行間も字も読みやすく、使いやすいです。



カレーは有機のにんにく・玉ねぎ・じゃがいもと
実家のトマト、ハヤトウリで作りました。
IMG_9953Xmas2018.JPG
調味料は塩とカレー粉だけなんて信じられない、複雑で豊かな旨み。
ううむ、東京カリー番長と双璧を成す味わいでした。

美味しいお塩でさっと揉んだ白菜に
夏みかんの果肉を混ぜ、オリーブオイルと黒胡椒。
IMG_9962Xmas2018.JPG

ぽっくり甘じょっぱい蒸かし芋と、旨くてほどよく辛いカレー、
さっぱり酸味のサラダの3品だけでしたが(あ〜楽チン!)
味のトライアングルが好評でした〜。
IMG_9957Xmas2018.JPG

さて、お待ちかねのケーキ。
今年は簡単アップルパウンドのレシピを倍量で作りました。

秋田のおばあちゃんが、私たち姉妹が産まれて以来
35年以上欠かさず送ってくれるりんごは、
赤りんご・青りんごを1つずつ使用。
IMG_9941apple_cake2018.JPG
シナモンパウダーもラム酒もなかったので、
なるべく早めに刻んだりんごにシナモンスティックを2本、
ぼきっと折り入れて、何度か混ぜておきました。

一時的なアパート暮らしで、
はかりも計量カップもケーキ型もないので、すべて目分量!

オーブンの天板にシートを敷いて、どーんと豪快なスクエアケーキに。
IMG_0002apple_cake2018.JPG
香れとばかりにシナモンスティックものっけて焼き上げました。
(やはりパウダーには敵わないけど、ないよりはマシだったかな)

焼く前は生地というより「りんごの集まり」(りんごだらけ!)だったけれど
焼けばしっとりジュワ〜、卵の香りもフワ〜、で大満足。
IMG_0005apple_cake2018.JPG
偶然にも前の日、義実家からの定例ギフトで卵が届いていたのでした。ほっ。

で、子ども達は・・・ そりゃもう大喜び!!
IMG_9970Xmas2018.JPG
半分はイブの夜にすっかり食べ、
半分はクリスマスの朝に取っておきました。


ドキドキの夜をなんとか寝かしつけ、翌朝。

親の心配をよそに、おおむね良い子と認定されたのでしょうか、
きちんとプレゼントが届けられていてひと安心〜^^
IMG_9974Xmas2018.JPG

2歳の長男には、小さめのお箸やモンテッソーリのおもちゃなど。
IMG_9997Xmas2018.JPG

4歳の次女には、蜜蝋粘土やそろばん?
あとは弟とお揃いで小麦粘土、絵本など。
IMG_9992Xmas2018.JPG

9歳長女には、本がたーくさん!!
リリヤン編みのキットもありました。
IMG_9990Xmas2018.JPG

サラとソロモンは私が一気に読破してしまいました。うーむ、いい本。
下のジム・ボタンのシリーズはなんとミヒャエル・エンデのデビュー作!
IMG_9991Xmas2018.JPG

大人は移住予定が乱高下、
精神的に波乱万丈のクリスマス前後でしたが・・・

子ども達が喜んでくれたので、よかったよかった。



* * * お知らせ * * *

いよいよ明日です!

12月27日
ひきこもりの為のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会

〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!


IMG_0039Xmas2018.JPG
では、また♪

posted by miya at 21:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

長女9歳の誕生日&反抗期のプレゼント

4ヶ月暮らした「パーマカルチャーと平和道場」を出て、
初めてのアパート暮らしはやっとこさ一ヶ月が経過。

IMG_8824.JPG
(庭もないので駐車場でプール(?)あそび)


長女が9歳の誕生日を迎えた、8月の終わり。

IMG_8819.JPG
(和室の片隅で運動しまくる次女4歳)


このアパートではあまりにも狭すぎて、
道場で盛大に盛大にお祝いしてもらった次女に比べて
パーティー感がなさすぎてちょっと気の毒かなぁ、ということで・・・

千葉の房総半島から、
はるばる7時間の下道運転を経て
福島のいわきへ到着しました。

そう、義実家のみんなと一緒にパーティーすればいいじゃない!

IMG_8909.JPG

今回は私も(左の)ポスターを描きました^^
お絵かきもたまには楽しい〜。右は恒例の夫作です。
IMG_8904.JPG
中央のウクレレの絵は、長女が色鉛筆で描いたもの。
写実的なものも描くようになったんだなぁ。

そんな長女に刺激されて、
2歳になったばかりの長男も色鮮やかに!ほっそい色鉛筆で(涙)!
IMG_8906.JPG
うつくしいなぁー。狙っても出せない、子ども特有の色合いが大好き。


さて3枚目の写真にもあった、
このオモロ可愛いロウソクは何でしょう???
IMG_8914.JPG
答え:
ケーキに飾るロウソクを忘れたと言ったら
義実家のみんなが出してくれた土産物の和ロウソク。

もはやケーキには飾れないけど(笑)!
金魚のとぼけた表情がたまりません〜♪


夜のごちそうは、お寿司をとってくださったので
それを中心に、あれこれと。

ケーキは今年もフライパンで焼きましたよ〜
IMG_8920.JPG
義実家の片隅で完熟になっていたラフランスを使いました。

薄く油をひいたフライパンに、スライスしたラフランスをきれいに並べて
小麦粉・塩・BP(アルミフリー)・卵・豆乳のパンケーキ生地をとろーり。

じっくりじっくーり、弱火で焼き上げ、果汁でキャラメリゼしました!
念のためそおっとお皿にすべらせて、裏面も焼きました〜
IMG_8943.JPG
こんがりじゅわっと、大成功♪
表面にパラリと塩を散らして、甘さをさらに引き立てました。

長女をはじめ、みんな大喜びで、良かった><!
紅茶を淹れていただきました。


さぁ、食事の片付けが済んだらプレゼントターイム♪

我々両親からは恒例の本を、どどーん!
IMG_8938.JPG
ひとつ、夫が子どもの頃に愛用していた字典も入っています^^;


義実家からは、自転車・・・の絵が描かれた、巻物(笑)。

思春期にさしかかっている長女、
毎日のお手伝いや弟妹と過ごす時間の暴言がひどくて
どうやって改めていこうか、折り合いをつけていこうか、
ほとほと困り果てていた時期でして。


アパートに越して以来、朝から晩まで
連日近所のお友達のところに遊びに行ってた長女。
(これはこれで大問題になったのだが)

同年代のお友達と、自由に!思いっきり!遊んで帰ってくると
家は狭いわ家族はうるさいわで・・・

 好きなことだけしていたい!
 家のことなんてしない!
 弟も妹も邪魔!
 親の言うことなんて聞きたくない!
 みんなもっと自由にやってるじゃん!!

という気持ちが、急激に大きくなったようでした。

C_recording_Dori_Yuuya.jpg
(道場仲間とレコーディング。笑えば可愛いげもあるだろうに、うちではずっと不機嫌だったな)


でも、何をやっても、どんなにひどいことをしてても、
お望みのプレゼント(自転車)がきちんともらえるの?

それっていいのか?うーん。
と、悩みまくって。

結局、私たちは義実家に自転車購入のストップをかけ、
誕生日パーティーでは「紙に描いた自転車」だけを贈呈してもらいました。

そして

「家族への接し方がよくなってきたら
 自転車を届けてもらおうね」

という、
長女には非常に非常に、非っっ常〜〜に
不満の残る言い渡しがなされたのでした・・・。

C_with_Zoukun.jpg
(お友達のお宅に入り浸りすぎて出禁になると、道場仲間(大人)のところでたくさん甘えさせてもらった)

<後日談>
3月の出産と、4月の引越し(千葉県いすみ市から茨城県大子町へ)のドタバタからひと段落し、
暮らしの秩序が見え始めた頃には、長女の暴言もずいぶん落ち着いていきました。

環境が変わり、家族だけで過ごす時間が増えたのが大きいと思います。

8月終わりの誕生日から半年以上かかって、
5月の終わりに自転車が届きました。


親の接し方や環境に問題があるから反抗期がくるのか?
溢れる愛で何もかも包むほど愛情を注いでいれば違うのか?

「愛し愛し愛しぬいて、こちらを憎むすきがないほど愛しなさい」って
本当は子育てでも同じだろうけど、私、それできる??? (※この詩です)

親それぞれの育った環境、されてきたしつけ、
こうすべき、ああすべきという親の意向と、
うねり、のたうつ、思春期の激しいエネルギーとが
ガァン!!!と正面衝突するのを感じます。


いやー、むずかしい!!!
常にパイオニアだよ長女。常に初心者だよ私たち。

これでいいのか、わからーん!と悩むことだらけですが
もがきあがいた、長女9歳の誕生日プレゼントでございました〜^^;


関連記事:長女6歳の誕生日 7歳の誕生日
     8歳の誕生日はデジタルデトックスで詳しく記事にしなかったなぁ〜



posted by miya at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする