2019年10月31日

なんとかかんとか

大変ご無沙汰しております。雑草屋の嫁です。

IMG_4728typhoon.JPG

台風19号で被害が大きかった、茨城県大子町。

IMG_4852typhoon.JPG

なかなかブログを書く気になれず、
10月の終わりになってやっと近況報告です。


我が家は、子ども4人と私の計5人が
街にある大きな施設に早めの自主避難をしました。
(夫は家の雨漏り対策などで家に残りました)

IMG_4729typhoon.JPG
(台風のあとで次女が描いた絵は、水に浸かった町)

しかしだんだん周囲が冠水していき、夜中に移動の指示が出て、
車のある人はより高いところの避難所へ、
車のない人(私たちも)は、1階から2階へ。

IMG_4637hinanzyo.JPG

最悪の事態も考え、2週間分の食料と荷物を持ってきていた私。

荷物も寝具も子どももすべてを、
寝ている子ども達を起こさぬよう次々と運んだとき、
火事場の馬鹿力というものを感じました。


幸い、避難した私と子ども達も、家を守った夫も、それぞれ無事でしたが
大子町はかなりの水害(※まとめサイトに飛びます)がありました。

積み上げてきた暮らしが丸ごと流されたような光景が多々あり、胸が痛いです。
普通の暮らしができることも、気が引けるほどに・・・。

IMG_4695kids.JPG

夫は地域おこし協力隊なのもあって
災害ボランティアセンターの業務にかかりきりに。

復旧に関わる多くの方々がこの半月ほど、
心身をすり減らしつつ頑張ってこられたように思います。

IMG_4698kids.JPG

少しずつ少しずつ・・・

復旧してきた場所、まだまだ手が足りない場所、
さまざまで・・・

義援金の受付も始まりました。
ふるさと納税からの支援もできるそうです。

災害ボランティアも継続して受け入れています。

IMG_4727typhoon.JPG

しかし、その一方で。

秋の大子町は、紅葉にりんご狩りにと
観光の一番盛り上がる季節。

「被災地」であると同時に「観光地」なのです。

自営業率がとても高いので、
観光に来てくださることが町の元気に直結すると感じます。

IMG_4758ringo_gari.JPG

我が家も、夫は仕事を休めませんでしたが
いわきの義実家のみなさんと集まって、りんご狩りを楽しんでみました。

IMG_4781ringo_gari.JPG
(実はあるんですよ、自然派のりんご園が)

明るい陽射しの中、絵本の世界みたいに輝く
りんご、りんご、りんご・・・!!!

IMG_4773ringo_gari.JPG

ずっと仕事が大変な夫、後追いが激しい次男、ますます滞る家事。

鬱々として負のスパイラルが加速していた私ですが
夢のようなりんご園の光景に、ずいぶん明るい気持ちになれたのでした。

IMG_4753apple.JPG

これから少しずつ、生活と気持ちのペースを整えてゆきたいです。



* * * まかない日記 * * *

長女が小学校に行くようになってほぼ半年。
なんと、虫歯がいくつもできていました(涙)。

給食にかなりお砂糖が入っているため(お米と牛乳以外ほぼすべて!)、
歯医者さんの治療と共に、2週間ほどお弁当生活をしていました。
IMG_4337non_sugar_obento.JPG
お米だけは給食のをもらって、おかずを持参。
うどんやパンのときは手作りのものを持参。

献立表を見て、ちょっと似た雰囲気のおかずを作って凌ぎました。
アジの南蛮漬けの献立だった日は、大豆ミートと長ネギの南蛮漬けを。
IMG_4338non_sugar_obento.JPG
大豆ミートはぬるま湯で戻してきゅっと絞り、
甘酒と醤油、おろしにんにくなどで作る白崎さんの万能ダレで味付けしました。(この本です)

それからこんがり、長ネギと共に両面を油で焼いて、漬けダレ(醤油・酢・みりん・水)に漬けました。
これ、、、殿堂入りです。じゅわっとジューシーで、味もボリューム満点。


後追いが激しい上におんぶ紐を嫌がる次男坊のため、
なかなか台所に立てなくなってきましたが、
ちょこちょこ作り置きの調味料や常備菜を繰り回してなんとか暮らしています。

では、また^^
posted by miya at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

結婚記念日

ひと月前、私たち夫婦は6年目の結婚記念日を迎えました。

夫ったら、どんどん予定を入れてしまって
すっかり忘れちゃったのかなぁと眺めていたら
なんと、全員で外食するよ!と言うのです。


移住先の大子町でも、ありがたいことに
ちらほらと自然派のつながりが増えてきました。

そんな中でも、先輩移住者でありお料理の専門家である
こちら「桑の実」さんとご縁があり、予約をしてくれたとのこと。


お庭の葉っぱを美しくあしらったテーブル。

IMG_3218kekkon_kinenbi_kuwanomi_Daigo.JPG

毎日に追われて食卓の美しさなんてすっかり後回しだったので
心が洗われる光景でした・・・(涙)。


窓の外には深い緑、素敵な室内には天井までありそうな本棚!
あらら、ここも私が子どもの頃に絵に描いたとおりの理想の空間。

物腰の柔らかなご夫婦が、うちの子供たちが楽しみながらお手伝いできるように
丁寧に声をかけてくださり、食卓の準備が進みます。

IMG_3221kekkon_kinenbi_kuwanomi_Daigo.JPG

朝から晩まで、自分の作ったものばかり食べる日々が続いていたから
心を込めて作っていただいた料理、というのがとっても嬉しく、
盛り付けの様子を見ているだけでもワクワク。

IMG_3225kekkon_kinenbi_kuwanomi_Daigo.JPG

こちらの「桑の実」さんでは、環境講座とお食事がセットになっていて
お食事の前に、資料をいただいてのお勉強タイムがあるのが特徴。

私たちもなーんとなく通り過ぎてしまうトピック、多いのですが
久しぶりに真面目に資料を見ながら学ばせていただきました。
(このときは紫外線がテーマでした)


で、いよいよお食事♪

IMG_3226kekkon_kinenbi_kuwanomi_Daigo.JPG

まとめて料理しておいて、二日くらいはもう料理したくなーい、、、
なんて料理ウツに陥っていた私は、この品数だけで、もう感激です。

そして、一品一品の味わいや香り、食感や組み合わせの妙に、驚いたり唸ったり。

刻みパセリと黒豆の練りゴマ和えおろしクルミがけ、
蒸し(固茹で?)じゃがいものあけぼの和え(梅和え)など、
帰ってからまた食べたくなって、四苦八苦して再現してみたメニューも。


たまたまご在宅だったご主人は、春に越してきたばかりのころ
町に1つしかないスーパーで私たち母子に声をかけてくださった
柔和な紳士だったことが判明。

ほんの一瞬のことなのに、子供たちの顔も覚えていてくださったのが嬉しかったです。
特に次女の顔で思い出したそうです・・・(笑)

IMG_3227kekkon_kinenbi_kuwanomi_Daigo.JPG

しかもご主人、食事の間、むずかる次男をずっとあやしてくださり、、、
出産以来ほんとうに久しぶりに、安心してゆっくり料理を味わうことができました。
(ありがとうございました!!)

編集や執筆も多くされている奥様(お店の主催はこの奥様)には
たくさんの質問をさせていただき、また本もいっぱい見させていただき、
食後の時間もゆっくり過ごさせてもらっちゃいました。

IMG_3239kekkon_kinenbi_kuwanomi_Daigo.JPG

お庭で蚊に刺された子ども達にと、サッと出されたのはヘビイチゴエキス
優しくつけてくださり、子ども達もすっかりファンに。

IMG_3232kekkon_kinenbi_kuwanomi_Daigo.JPG

桑の実さん、心尽くしのお料理と温かいおもてなしをありがとうございました!


さて。

3歳の長女を連れて、夫のもとにやってきて、もう6年。
妹と弟たちがどんどん産まれ、3人家族が、気づけば6人家族に。

ついつい毎日のこと、家族のこと、蔑ろにしてしまう瞬間もあるけれど
やっぱり時々立ち止まって、奇跡的な今を感謝して、暮らしていきたいです。


「結婚記念日」関連記事:
2014年(曖昧にぼかしたなれそめ等) 2017年(子連れ再婚当初を振り返って)



* * * お知らせ * * *

新月カフェpresents!

ひきこもり・不登校の子をもつ親御さんなど
ご家族のための居場所「こもれびの会」、
ひっそりと大子町で第一回を開催予定です。

■□■こもれびの会■□■

日時:8/24(土)13:30〜17:30(受付開始13:00)
会場:大子町社会福祉会館まいん 2階 小会議室
(茨城県久慈郡大子町大子722-1)
対象:ひきこもり・不登校等、当事者の家族
参加費:1000円
申込み:小松学(ひきこもり大学茨城キャンパススタッフ)
   shingetsucafe@gmail.com
   080-7009-0952
※9月以降も継続的に開催予定
 詳しくは「新月カフェ」facebookページにて情報発信予定


そして恒例の新月カフェは、
・8月下旬 茨城県南地域(取手市を予定)
・9月下旬 茨城県大子町
を調整中とのこと。
また詳しくわかり次第、ご案内いたします。



* * * まかない日記 * * *

梅の季節から始まった、酵母生活。
素材はなるべく買わず、身の回りのものだけで。
IMG_3361tennenkoubo.JPG
ミント酵母、梅酵母、トマト酵母など。
エサをあげたり、励ましたり。

もはやペットを飼う感覚なのだと知りました。

「天然酵母」で、かつ「こねないパン」の焼き方で作ると
ずいぶんしっかりした美味しいパンが焼けることがわかりました。
IMG_3203tennenkoubo_konenai_pan.JPG
うちは一度に大量に作りたいので、持ち手のないお鍋を型にして焼いています。

<中種>
酵母液の発酵力が強いときに液の1/3と小麦粉を同量程度混ぜ、フタをして半日〜1日。
かき混ぜて、残り液の半分(元の量から言えば1/3)を加え、粉も同じように加えてぐるぐる。
半日〜1日後、最後の液と同量の粉を混ぜてぐるぐる。翌日に中種のできあがりとする。
(条件によって仕上がりが全然違うので何ともいえませんが、こねないパンなので案外大丈夫)

<生地・捏ね>
大きなボウルに、できた中種、小麦粉ドザーッ、まぜまぜ、様子を見ながら水(中種の容器洗いも兼ねて)を少しずつ。ぐるぐる。普通のパン生地というより、ちょっと水分足りないホットケーキの生地くらいの仕上がりでOK。粉っけがなくなったらもう混ぜない。

<発酵>
一次発酵はひと晩以上室温で。弱いようならオーブンの発酵機能を使って1時間温め、1時間そのまま、で計6時間くらいやっても可。
二次発酵は型紙を敷くorオイルを塗った型に生地を入れて整え、こんな時しか出番のないアルミ箔でフタをしてオーブンの発酵機能で1時間。

<焼き方>
うちは1キロ近いパンになるので、アルミでフタをしたままオーブン110℃で余熱後15分、あとは余熱なしで130℃、160℃、190℃、210℃と各10分ずつ温度を上げながら焼いていき、最後にフタをとって230℃で10分前後。
(もしも500gくらいの量だったら、うーん、各焼き時間を半分にするかなぁ・・・。)
焼いたら網にパンを出し、冷めてからカットする。


一番うまくできるのがミント酵母で、次がトマト酵母でした。
梅はついつい欲張って果肉ごと搾ってしまい、酸っぱい梅味になることが(笑)。
IMG_3210tennenkoubo_konenai_pan.JPG
冷蔵庫がない割には、そして初めての割には、楽しんで作れたと思います!

夏になって、酵母たちの栄枯盛衰のスピードが凄まじく
乳酸菌が勝ってしまうこともしばしば。うーん。全部ヨーグルト風味やーん。

お世話が自分の生活スケジュールと合わなくなってきたので、
作ってきた酵母や中種は、いったん使い切りました〜。

しかし、天然酵母はすごい!
何事もやってみないとわからないもので、日々学ばせていただきました。

夏の暑さの中で再開すれば、また発見があるかもしれないですね。
天然酵母さんたち、ごちそうさまでした♪

posted by miya at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

産まれました&移住します

お久しぶりです、雑草屋の嫁です。

3月中旬、ちょうど前回の記事を投稿したあとに
のんびりお風呂に浸かっていたら、産まれました〜。

IMG_1619baby.JPG

4人目は、とても穏やかな男の子でした。


産まれた2日後にはアパートの水道が壊れ、
それがきっかけなのかわかりませんが
突然大掛かりな改修工事が始まってしまい・・・

IMG_1672reason.JPG

同じ千葉のいすみ市内で
日中は友人のお部屋に身を寄せつつ、

IMG_1639kids.JPG

ちょうど4月下旬にと考えていた
茨城県北、奥久慈は大子町への移住を
4月初旬に早めることにしました。

IMG_9148daigo.JPG

急に決まった引越しのため、一年前と同じく、引越し難民。

今日は夫と長男のペアが
トラックであらかたの荷物を運んでくれています。

IMG_9593daigo.JPG

数日後には家族全員が、茨城の大子町へお引越し。
産まれて早々に環境の変化ばかりが押し寄せているけれど、次男は元気です^^

温暖な南房総で新生児期を過ごせたのは、とっても良かったです。
いすみ市、ありがとう><


私も穏やかなお産のお陰で、産後の経過はすこぶる順調。
少しは荷造りにも貢献できましたが、またちょっと休もうかな。


 ※夫がお産と移住のことなど、色々と書いてくれています ⇒命の門出


落ち着いたらまたお産のことを振り返ろうと思います。
取り急ぎのご報告でした!
posted by miya at 17:49| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする