2018年04月13日

引越しの思い出

IMG_5658hikkoshi.JPG

ご無沙汰しておりました、雑草屋の嫁です!
ドタバタのつくば転出が、3月末になんとか終わりました〜。


3月も半ばに近づいた頃に決まった、今回の移動。

当然、引越し業者さんは見つからず
いわゆる「引越し難民」となってしまいました。


私、一軒家のセルフ引越しなんて初めて(涙)!

今回のバケーションは
3ヶ月かそれ以上、という曖昧な期間設定なので
荷造りがなかなか大変でした〜〜。

IMG_5873hikkoshi.JPG
(夫&次女、私&長男のペアで何度も福島へ荷物を運んだ)


大型の家具や大半の荷物は、許可をいただいて
福島のお義父さんの生家(今は空き家)に運び入れ、

頻繁に入れ替えの生じそうな衣類は高知の実家へ。
(実母には、あれとこれだけ送って〜!と頼みやすいのです^^;)

IMG_5879hikkoshi.JPG
(終わりの見えない荷造り…いったい何度、朝焼けを愕然と眺めたことか)


千葉に持ち込んだのは、ヤギ2頭と、
3ヶ月分の衣類と工具、アウトドア用品に日用品、
日持ちする食料や作物の種、それに大量の廃材&廃瓦。

IMG_5882hikkoshi.JPG
(3才の次女もせっせと瓦運び)


何せ、普通の引越しとは違い、
夏以降の暮らしが全くの未定なので(笑)

多くの家財道具をそのままキープしておく方針になり、
とりあえず福島に預ける荷物の多いこと多いこと・・・> <;

IMG_5799hikkoshi.JPG
(トラックが借りられずバンの日もあった)


レンタカー屋さんにはめいっぱいお世話になりました。

IMG_5798hikkoshi.JPG
(次女は助手席でずっと自作の歌を歌っていたらしい)


時節柄、借りられない日も結構あったので
お友達の軽トラを何度もお借りしたり、
軽トラで福島まで一緒に荷物を運んでもらったり。

IMG_5831hikkoshi.JPG
よっちゃんと3台で。途中で雨に降られ、ブルーシートの重要性を学んだ日)


そのほかにも、つくばのお友達には
荷物の積み込みに集まってもらったり、
長女をお泊まりで預かってもらったり。

IMG_5871hikkoshi.JPG
(夫のみトラックで出発した日。お庭に残されたメンバーでのんびり)


いわきの義実家には、娘たちを預かってもらったり
早朝深夜の運び込みに駆けつけてもらったり。

IMG_5814hikkoshi.JPG
(ちょうど春のお彼岸。本家のお仏壇のお花に大興奮)


激動の日々の合間に、あちこちでお別れ会を開いていただき、
こぐま塾でも最後に持ち寄りランチ会で集まって。

IMG_5773hikkoshi.JPG
(最後に農作業なしでゆっくりお話できて良かった〜!)


たくさんの方に支えられ、ご迷惑をおかけしながら、
ドタバタ、バタンキューの、過酷なセルフ引越しの日々を終えました。


みなさま、ありがとうございました!!


最後の最後、空っぽになったつくばの家は
こんなに広かったんだ〜!とみんなでびっくり。
10年前から夫が住んでいたので、私も空の状態は知らなかったのです)

せっかくなので、自宅出産メンバーズは
「産み落とされた場所」で記念撮影♪

次女(3才10ヶ月)。
玄関前の廊下の角で産まれました
IMG_5894hikkoshi.JPG

長男(1才8ヶ月)。
リビングの隅、ソファのあった場所で産まれました
IMG_5898hikkoshi.JPG
(お庭で遊びたくて撮影拒否ぎみ^^;)


ついでに、長女(8才)にも
お気に入りの場所を聞いて撮影。

読書で愛用していた縁側か出窓かな?と思っていたら、
「私の一番好きなのは、お料理すること食べること〜!」
IMG_5890hikkoshi.JPG
台所でした(笑)


5年間の思い出がいっぱい詰まった、つくばの一軒家。

あちこち古くて大変だったけど、
千葉でテント暮らしの今、家のありがたさを噛み締めています。


関連記事:「引越し」で記事を検索して、懐かしかった記事をいくつか。
 米糠コーヒーを試作
  …シャロムは私たち夫婦がそれぞれ大切に思っていた場所。
   いま、道場ではシャロム卒業生が一緒です〜
 自然環境を考える絵本
  …14匹の引越しと、つくばの大開発から外へ出てみた我が家が重なって見えます。
 腰痛・頭痛・歯痛・花粉症etc.を治す(2)
  …今回の引越し後も、昨夜まで歯の激痛に苦しみました〜(今は脱出!)



* * * 移動(バケーション)のお知らせ * * *

2018年4月より、雑草屋は
茨城県つくば市から千葉県いすみ市へ移動します。

移住、ではなく、移動です。

10年以上続けてきた自然農の田畑、つくばの住まいを一旦離れ、
いすみ市での活動に参加してきます。

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)が立ち上げた
パーマカルチャーと平和道場」のトレーニングプログラムの研修生として、
5人家族(とヤギ2頭)を受け入れていただくことになり、
ひとまずは3カ月、(以降は未定)、暮らしてきます。

自然農、自然体の道と、パーマカルチャー、平和の融合。さてやいかに。
小屋を建てて住処を造るところから始まるこのプログラムに、
ワクワクと冷や汗がとまりません。

来年以降(というより今夏以降)の予定は全くの未定ですが、
この貴重な数か月を、家族全員で過ごす、
最高に贅沢な文化的サバイバルバケーションという位置づけで楽しむ予定です。

バケーション中の雑草屋も、バケーション後の雑草屋も、どうぞお楽しみに。
これからも雑草屋をよろしくお願いします。

ラベル:自宅出産
posted by miya at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

家はぐちゃぐちゃ

IMG_2236_A_at_park.JPG

家はぐちゃぐちゃ


掃除できたのは

いつも使うところだけ


片付けられない自分に嫌気がさし

いま リビングには

自分のすべての衣類が積みあがっている

IMG_2243_C_at_park.JPG

散らかっていても

お砂糖のお菓子を食べる家でも

笑顔のお母さんであればいいと思う


けれど

そうはなれないと 自覚しているから

掃除しなきゃ 片付けなきゃ

甘いものはイライラするから避けて


なんて

言い訳がましく毎日を滑っている

IMG_2225_Y_at_park.JPG

子どもの頃は 山奥の家で

ずうっと好きな物 思い出の物に囲まれて

誰かに会うでも どこかに出かけるでもなく

ずっと静かに 自分の世界で暮らしていけると思っていた

IMG_2215tree.JPG

洋服は選別に苦戦したまま

いつかやりたいことの山に包まれて

途方に暮れたまま

いま 悲しい気持ちでコーヒーを啜っている

IMG_2242park.JPG

仕方ないと自分に言ってあげることもできるけど

きれいなほうが落ち着くのは紛れもない事実


ぐずぐずの気持ちを吐き出したら

またリビングに挑んでみよう

IMG_2240yuugure.JPG

関連記事: まめまめしく 何もしなくてもいいんだよ



* * * お知らせ * * *

午後に雨が降ってしまったので、
脱穀できるか心配ですが。

明日は、つくし農園の集合日です!
IMG_3095dakkoku.JPG
つくし農園 12月集合日のお知らせ




* * * まかない日記 * * *

落ち込んだ気分のとき、元気になりたくて作ったナシゴレン(のパスタ版)。
IMG_2809nashigoren_pasta.JPG
みたらい農園のたまねぎ、うちの自然農ピーマン、
お向かいのMっちゃんが山で採ってきたというヒラタケで。

大学1年のとき、学類の元気な人たちが学園祭にナシゴレン屋さんを出したんです。
当時の彼氏もメンバーだったのに、私は誘われなかったことが内心ショックでした。

でも、宿舎で隣のお部屋だった友達が本当に本当にいい子で。
ナシゴレンを私に作ってくれ、レシピも可愛いメモ用紙に書いて渡してくれたんです。

その子の笑顔を思い出して今でも元気をもらう、思い出のナシゴレン。
ごちそうさまでした^^

posted by miya at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

川底でじっと

夏の思い出はたくさん。
でも、アウトプットしないで過ごしてみた。

IMG_0960light.JPG

1歳になった息子の活動量がますます増えて
昼はまずパソコンができないし、夜は授乳疲れで気絶。

そんな背景もあり、
ブログを書く時間が取れなかったのも事実。

そのついでに、じーっとじーっと、
川底のオオサンショウウオみたいに
自分や、家庭や、社会について、
じーっと眺めていた。

IMG_0728kids.JPG

特に、真夏の子供たちを観察するのは面白かった。

ひんやり雨戸を閉めたリビングで
なんとか調和を保って遊ぼうと、
三人三様の知恵をしぼって共存している。


親も知恵をしぼった。

7月の上旬から中旬(夏休みが始まるまで)の
ガラ空きの市民プールに日参して、
家族貸切状態で子供たちを水と仲良しにした。


退屈になると「おなかすいたー」を連呼する三歳児には
姉妹でお料理してもらって一石二鳥。

IMG_0699takikomigohan.JPG

かやくごはん、炊き込みご飯、お好み焼き・・・
刻む食材がどっさりあると、静かな時間が多くてホッ。

IMG_0697cooking.JPG

実際はやることたくさん、外出も多かった夏。
みんなの誕生日も続いたしね。

それでも、アウトプットをぎゅっと減らして過ごしてみて
自分の表面的な発言に思考が引っ張られない日々を送ることができた。


自分の、自分たちの中のものをぐるぐるかき混ぜて
泥水みたいにわーっと濁った中で。

浮かんでくること、沈んでいくもの、
耳を澄まし、目を凝らして、
静かに、じっと・・・。


そして、秋の気配を感じるようになった頃
ゆるりゆるりと、歩み始めるのでした。


さぁて、何して生きようか?


何かしてもいいし、何もしなくていい。
そんな時代が始まる気がしてなりません^^

IMG_0680matsuri.JPG
(長女がお祭りに出演。乳飲み子の母は襟元ギューっと。)



* * * お知らせ * * *

明日はこぐま塾味噌コースの集合日です!
どんなカカシができるかな〜♪

こぐま塾【味噌】9月2日(土)集合日の詳細


ずーっと準備に奔走していたイベントが、
今日から公開&チケット発売となりました!

10/29(日)本間真二郎先生講演会
病気・健康・ワクチンのお話会inつくば


つくば自然育児の会の主催する講演会です。
覗いてみてください^^

チラシも入稿したし!
嫁ブログも再開してみるか〜と書いてる夜であります。



* * * まかない日記 * * *

梅仕事の際、古い梅の黒糖漬けを見つけたので
果実だけ取り出して、ケーキにしました。
IMG_0511ume_cake.JPG
ゆるめのスコーン生地を作って、ごろごろ混ぜただけ。
梅が黒糖風味で甘いので、生地は甘くせず、塩味と小麦ふすまの香ばしさのみ。

庭で小麦の脱穀をしながら、みんなで合間につまんでました♪

こぐま塾の麦コース、ぜんぜん予定が合わず工程が進みませんが
例年以上に、いろんな気づきのある年です。感謝。
ラベル:夫婦 自然体
posted by miya at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする