2018年10月14日

ホームスクールを始めたきっかけ

P1130932_homeschool.JPG

9歳になる長女は、小学校に行っていない。

4歳で保育園を辞めて以来、
夫婦で教育について散々話し合った結果として
家庭保育からホームスクールへと推移してきた。


小学校というのは大きな存在で
行かないとなると大騒ぎになるのは目に見えている。

それでもホームスクールを選んだのはなぜか?

P1120654_homeschool.JPG

尊敬する複数の友人家族がホームスクーラーで、
お子さんたちがとても穏やかで落ち着いている様子に
いたく感銘を受けたのが、直接のきっかけ。

P1120701_homeschool.JPG

以前は仕事で小学生との企画もしていたので、
普通に小学校に行ってる子どもたちがまとう空気が
どんな感じかはわかっていた。

例えば子どもたちの言葉遣いや振る舞いに、ときどき
悪意やずる賢さ、巧妙さが織り込まれているように
大人が感じたとする。

でもそれは、集団生活で沁みついた「移り香」のようなもので、
子供なりに培った、集団の中で生き抜くための
「知恵」や「技術」、「武器」みたいなもの。

P1140077_homeschool.JPG

また、ひとくくりに天真爛漫とは言えないような、
屈折したものを大なり小なり、抱えている子も多いけれど、

遊びたいという本能的欲求とは別に、
きちんと学校で座り、勉強し、宿題もするのだから当然だ。

それらもひっくるめて、
複雑な雰囲気を身にまとっているのが
「小学生」という存在なんだと捉えている。

P1130745_homeschool.JPG

だからこそ、コントラストがあまりにもくっきりしていて、
「ホームスクールの子どもたち」がまとう雰囲気に惹かれたんだと思う。

赤ちゃんからまーっすぐに育ってきたのかな?というくらい
柔らかい、純朴、裏がない、悪意に晒されていない、そんな印象。

IMG_20160416_155140_homeschool.jpg

それは親御さんが「人格者」であるからこその
導きの素晴らしさ・尊さだろうと、
しばらくは思っていたのだけど、

モンテッソーリから手を広げ、
自然育児、シュタイナー、サドベリーなどを紐解いていく中で

 もしかしてこっちが本当の子どもの姿なんじゃないか?

と思うようになった。

P1130069_homeschool_hatake.JPG

 真の学びや成長は、手の届く世界、暮らしの中から生まれる。

 束縛しない自由な時間の中で、没頭していることを尊重する。
 
 人生で一度くらい、その過程を見てみたい。


今振り返ると、ホームスクールを選んだ理由はこんな感じ。

でもあの頃はうまく言葉で説明できなくて、
「水筒が」「給食が」「消費社会が」・・・なんて、
相手に応じて「納得してもらえそうな回答」をしていた。

どれもウソではなく、要素のひとつではあるけど、核心ではなかったな。

P1120358_homeschool.JPG

さて現在。

長女は、私から見れば充分にずる賢く、妹に意地悪をし、
と、いかにも普通の小学生女子なんだけど、

「子どもらしい子どもに久しぶりに会ったよ」
と言われることが今でも(それなりに)多い。

P1130222_homeschool.JPG

実は先日、長女と一緒に、
籍を置いている小学校の書類を提出がてら
授業風景などを見学に行った。

そこで壁に貼ってあった啓蒙ポスターに
お友達とのやりとりにおいて
悪い言葉、いい言葉などを具体的に書いたものがあった。

ここ数年、長らく耳にしていなかったような
(特に子どもが言うにしては)ずいぶん衝撃的な言葉が
ずらーっと! キャー!

P1130989_homeschool.JPG

長女とは、

 ホームスクール仲間のAくんやMちゃんは
 こっちの(悪い)言葉を言わないんだよね、とか、

 でも一緒に小学生と遊んでると
 そういう言葉をすごく言われるから傷ついてたね、とか。

集団に入ると、集団特有の言語体系に染まることは
春から夏にかけての道場生活でも十分に感じていたので

 言葉ってうつるからなぁ、
 でもこんな悪い言葉だとケンカの元になっちゃうね、

なんて話しながら帰ったことだった。


私も山奥の小学校から平野の中学校に入ったとき
大きな小学校の男子たちから
聞いたこともないような差別用語を連発されて、
それが嫌がらせとも気づかず、キョトンとしていたなぁ。

P1120253_homeschool.JPG

もちろんどの環境にも良い面と悪い面があって
それも人や時期によってどんどん変わってくるから
小学校という選択肢がないとは思っていない。

けれど、ちょっとゆっくり、様子を見れたらいいな。
この子が、本当のところはどんな存在なのか、知りたいな。

そんな思いで始めたホームスクールなのでした。


関連記事:ホームスクール、始めました 学校というシステムは最適か?


※今回の写真は、ホームスクールを始めた頃。
 一年目の春の写真を引っ張り出してきました。

 家や畑だけでなく、定期的にホームスクール仲間と遊んだり
 遠足を企画したり、直売やサークルの集まり、打合せにも連れていって
 思えばずいぶん楽しく過ごしました〜。懐かしい!


ホームスクールのことは、もうちょっと続きます。
合法性や手続き、引越しのことや子どもの意見など。

しかし、結局ただのひとつの事例でしかないので、
他のいろんな書籍なども参考にされつつ、

「ここはこんな感じなのね、ふーん」と
ゆるーく眺めてくだされば嬉しいです〜。



* * * お知らせ * * *

ひきこもり当事者・経験者限定の企画、

10月23日 新月カフェ @つくばスタイル館

夫が参加予定です^^



* * * まかない日記 * * *

秋とはいえ暑い日もあり・・・
そんなときは、すぐできる「瓜の味噌漬け」がお気に入りでした。
IMG_9074_uri_misoduke.JPG
半割りにした小ぶりの瓜に、みりん少量を溶いた自家製味噌を詰めて
バットに置き、ラップを密着させて半日。(久々にラップを出しました)

小さい子でもちょうどいい、皮パリ、実シャクッ、の歯ざわりが心地よい
優しい漬かり具合でした!
IMG_9077_uri_misoduke.JPG
写真は常温で半日漬けた状態。子どものおかずになる感じ。
翌日はもっとしょっぱいです。

中のお味噌や出てきた水分は余さずお味噌汁に。

そして、さっぱり副菜に乗じてこってりメイン!
小さな畑で採れたツルムラサキ&ミニトマトで、お野菜ラーメン(素麺)です♪
IMG_9080_yasai_ramen.JPG
味付けは、昆布だし、かつお粉末、練りごま、味噌、塩、無添加フライドオニオン。
オニオンのお陰か、程よくジャンクにこってり味で、外食した気分になれました(笑)。

ごちそうさまでした!
posted by miya at 12:19| Comment(3) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
miyaさん

こんにちは。

ちょっと意識的にパソコンからはなれて、自分からわいてくるいろんな想いの葛藤に身をおいてました。


これからのことおもうと心配とかぐるぐるな想いにのまれてmiyaさん家族が近くならいいのにっておもうことあります。

敵なんていないとおもいますが、おなじ想いをもつひとが近くにいるだけで、ほっとしていきられるかんじがするんです。


いいのかわるいのかわかりませんが、食がシンプルになって、暮らしもシンプルにしたくなって、かるくなっていくかんじがするとどうじに、いままで感じなかったことに敏感なったり、嫌になったり、悲しいかな生きづらさもかんじる場面にであうようになってます。

家庭保育あきらめてないですが、逃げること?なのかとか、でも、逃げるって避けるって悪いこと?人道からはずれること?って自問自答しています。


追記

長女さんの手作りご飯によだれがでてきました。(^^♪

Posted by ゆり at 2018年10月27日 13:59
>ゆりさま

こんにちは。お久しぶりです^^

多くの人と異なる選択をすると疲れることもありますが
探せば仲間も見つかって、ちょっと楽になるかもしれません〜

ど真ん中ではないかもしれませんが、例えば
自然育児の会、自然育児友の会(それぞれWebで見つかります)、

また「おおきい・ちいさい・つよい・よわい」の
https://japama.jp/
こちらの関連で、読む会というのもあるみたいです。
https://japama.jp/reading_party/

他にも地域の自然派のお店(ショップやカフェなど)に顔を出して
情報を探してみたり、集まりがないか相談してみると
案外身近なところに自然派の集まりが見つかるかもしれません。

我が家は子ども3人目になって、やっと多少の諦めというか
折り合いをつけられるようになってきました。
 添加物どっさりーのおでんが出されたときとか・・・
 キャンプで山盛りポテチが積まれているときとか・・・

もう今日はいいや、今日を楽しみたまえ、明日から家でデトックスするわ〜 とこだわりを1日だけ手放してしまうと、生きづらさがふわっと減ることを知りました^^

逃げること、家庭保育についてもまた書きたいと思います!
ご質問のあれこれが残っていてすみませんが、お待ちください〜
Posted by miya at 2018年11月06日 10:09
miya さん

アドバイスと、ヒントいつもいつもありがとうございます(*^^*)

miya さん家族と環境も住む場所もちがうのでおなじようにはできないですが、我が家は我が家でいま居るところで自分たちが生きやすくいられる道を作っていきたいとおもいます。

つづきも楽しみにしてます(^^)/


Posted by ゆり at 2018年11月13日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: