2018年03月08日

タオルで布ナプキン生活(2)洗濯と実際の使い方

(1)きっかけ、気持ちの変化 の続きです。


次女を妊娠・出産・授乳、
すぐまた長男を妊娠・出産・授乳・・・

ここ5年間、生理は片手で数えるほどしか経験していませんが
それでも、布ナプキン生活の快適さにすっかりはまっております。

IMG_5279ume.JPG

◆洗濯について

経血はお風呂場でまず水洗いして、
そのあと水に浸けておくと
鉄分みたいなザラザラ成分が沈殿します。

水を替えながら何度か洗って
最後に残った汚れにだけ石鹸をつけて浸け置きすると、
石鹸の使用量も最小で済みます。

家族の目が気になる方は、フタつきバケツがおすすめです!

私が使っているのはただの四角いタオルなので、
ナプキンっぽくなくて、人目を気にせず干せます。


◆私が愛用しているタオル製の布ナプキン

IMG_5152nuno_napukin.JPG
これ、もともとはフェイスタオルを4等分に切って縫い、
来客用のおしぼりとして使ってきたものです。

 お醤油のシミが落ちないな・・・
 だんだんくたびれてきたかな・・・

というタイミングで、布ナプキン用にもらいさげます。


◆1枚あたりの形

もともとフェイスタオルを4等分に切ったものですので、こんな形です。
IMG_5154nuno_napukin.JPG
これをパタパタと折り畳み、汚れに応じて面を変えながら使っていきます。


◆1日目、4日目(少ない日)

まず、始まったかな〜の1日目。
そんなに多くないならこれ1枚で十分。
IMG_5155nuno_napukin.JPG
体型や衣類に応じて、
三つ折り(巾広め・薄め)にしたり、四つ折り(巾細め・厚め)にしたり。

少ない日は、トイレのたびに面を変えれば2〜3回くらい使えますが
汚れの度合いや経過時間に応じてそこは臨機応変に。

布ナプキンだと身体の負担が少ないため
2〜3日目のピークで大量に出て、
長引いたとしても4〜5日で終了するので、
私は最初と最後くらいがこの畳み方になります。

少なくても前後のズレ・モレが不安なときは
こうやって2枚を重ねて使います。
IMG_5156nuno_napukin.JPG
下着は、この時期ばかりは
しっかりホールドしてくれるものを選ぶと
ボタンなしでもずれにくいです。

でもゴム紐なし生活を目指すとしたら、きつい下着もねぇ・・・
ふんどし女子の方にちょっと聞いてみたいですね! わくわく。



◆2〜3日目(多い日)

メインの部分は小さめに、厚く折り畳んで使います。
IMG_5159nuno_napukin.JPG

もっと厚さが欲しかったら畳み方をちょっと変えて・・・(違いがわかりますか?)
IMG_5160nuno_napukin.JPG
布ナプキンだと、本当に気持ちいいくらい
2〜3日目にまとめて出ますので、じゃんじゃん交換していきます。

私は上の1枚を外して、下の1枚を畳みなおして上に移動させ、
新しい1枚を下にセットするようなローテーションで使っています。

自分の体型や量の変化をきちんと感じられるようになると(3ヶ月かかりました)、
上の1枚のあて方が上手になるので、意外と下の1枚は汚れないんですよ^^

量が多くて・・・もっとしっかり吸収してほしい・・・という方、
もともとタンポン派だった方にはこちら。
IMG_5157nuno_napukin.JPG

装着時にはきゅっと挟んで吸収力MAXにしましょう。
IMG_5158nuno_napukin.JPG


◆夜が心配な方へ

3枚使って、前も後ろもしっかりカバーすると安心です。
IMG_5161nuno_napukin.JPG

私はタオルが薄めのものと、厚めのものを持っているので
ピークの夜は、広く敷く下のタオルに厚地のを使っています。

二つ折りにするから、薄手だとちょっと心もとないでしょ?
厚ければ安心です^^

厚いといっても、一枚布を半分に畳んで使うので
干すときには乾きやすい。これってポイント高いです〜


◆服はゆったり

この布ナプキンは厚みが多少出ますので
身体にぴたっとした服は合いません。

せっかくの生理ですから、
ゆる〜ん、ほわ〜んと、優しい厚地の衣類に
身体を包まれて過ごしてみてください^^


◆布に変えて気づくこと

布ナプキンにも、布おむつにも言えることですが。

布が汚れるとすぐに変えたいと感じるため、
ケミカル依存の垂れ流し習慣とは正反対に、

経血をある程度トイレでまとめて出せるようになったり、
赤ちゃんが時々、おまるや屋外で(おしめの外で)排泄できるようになったりと、
「動物本来の出し方」に少しずつ戻る、きっかけになってくれます。

もちろん、身体にとっては異物となる化学物質を
吸収率が極端に高い陰部から体内に取り入れてしまうことも
布を使うことで、解決できます。


そして、

「布さえあれば、なんとかなる!」

と気づけることは、
人生が変わると言っても過言ではありません。


たとえ荷物に入れ忘れても、被災しても、
生理用品がない、紙おむつがない、と焦ることなかれ。

「布さえあれば、どうにでもなる!」


関連記事:古着を捨てる前に おむつかぶれの種類と手当て 布は巡る



* * * 移動(バケーション)のお知らせ * * *

2018年4月より、雑草屋は
茨城県つくば市から千葉県いすみ市へ移動します。

移住、ではなく、移動です。

10年以上続けてきた自然農の田畑、つくばの住まいを一旦離れ、
いすみ市での活動に参加してきます。

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)が立ち上げた
パーマカルチャーと平和道場」のトレーニングプログラムの研修生として、
5人家族(とヤギ2頭)を受け入れていただくことになり、
ひとまずは3カ月、(以降は未定)、暮らしてきます。

自然農、自然体の道と、パーマカルチャー、平和の融合。さてやいかに。
小屋を建てて住処を造るところから始まるこのプログラムに、
ワクワクと冷や汗がとまりません。

来年以降(というより今夏以降)の予定は全くの未定ですが、
この貴重な数か月を、家族全員で過ごす、
最高に贅沢な文化的サバイバルバケーションという位置づけで楽しむ予定です。

バケーション中の雑草屋も、バケーション後の雑草屋も、どうぞお楽しみに。
これからも雑草屋をよろしくお願いします。

zassouya_idou_IMG_6626.JPG

夫はBlogで素直な気持ちを綴っています(久々の更新!) ⇒「動くよ

私は、緊張もするけど、一軒家のこの荷物、どうしよう〜!という
現実的な主婦の焦りが今の脳内9割を占めております。

バタバタと3月下旬には引越しを迎えるため
みなさまには何かとご迷惑をおかけすると思いますが
ゆるーく見守っていただければ幸いです。



* * * まかない日記 * * *

近所のパン屋さん(ベッカライ・ブロートツァイトさん)では、パンと一緒に
信頼できる素敵な生産者さんの卵やお野菜が買えるので、とても助かっています。

先日は食パンと、卵と、幼い姿も愛らしい間引きルッコラを買いました。
IMG_5339lunch.JPG
それだけでもう献立になりますね。

IMG_5336lunch.JPG
大根と干しえのきのスープと一緒に、お昼ごはん。
ごちそうさまでした♪
posted by miya at 23:52| Comment(0) | 身体を整える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: