2018年03月03日

タオルで布ナプキン生活(1)きっかけ、気持ちの変化

IMG_5347fukinotou.JPG

雑草屋の嫁になって以来、
次々と暮らしの「当たり前」をひっくり返して
試行錯誤を楽しんできました。

今回は、そんな中から
布ナプキンのことを書いてみようと思います〜。


◆布ナプキンを始めたきっかけ

若い頃から、生理にはずっと
「タンポン×超薄ナプキン」が黄金コンビと信じてきたのに、
次女を産んだ後の悪露(おろ)から、布ナプキンを開始しました。


産院で一緒になったKちゃんが
「布ナプキンにしたら第二子をすぐ授かった」と言ってたことと、

夫が、産後の世話をしたことにより、恐らく初めて(?)
ケミカルナプキンを直に手にして
「こんなの絶対使わないほうがいい・・・!」と
布を強く勧めてくれたのがきっかけでした。


痛む縫合痕(赤ちゃん産んだら裂けました)に
古タオルを折ったものをあてた瞬間、うっとり〜〜!

こんなにふ〜んわりと包まれるような気持ちよさ、
知らなかった〜!


すぐに実母に古タオルをハンカチサイズに縫ってもらい、
折って組み合わせての手作り布ナプ生活が始まりました。

IMG_5342fukinotou.JPG

◆生理だけでなく、おりもの用にも

ちょっとしたオリモノにも絶対これ。

それまでは体調が悪いときに長時間デニムで運転すると
すぐカンジダを患っていたのに、
布の面を変えながら数回使って取り替えていると、
気持ちいいし、治りが早くなりました。


とにもかくにもあのふんわり感!
もう二度とケミカルナプキンには戻れません〜。

IMG_5343fukinotou.JPG

◆生理のイメージが悪かった

大事な大事な女性の機能、月経(生理)。

ケミカルナプキンやタンポンを使うのが当たり前だった頃は

・痛い
・つらい
・わずらわしい
・汚い
・くさい

・・・そんなイメージしか持っていませんでした。

思えば、長時間つけたままだとそりゃニオイも気になりますわ。

トイレで汚いものとしてダストボックスに捨てるんですもん、
そりゃ汚いイメージしか持ちませんわ。

IMG_5344fukinotou.JPG

◆布ナプキンにしてから変わったこと

思春期から重かったひどい生理痛が1日だけになり、
生理自体もほぼ3日で終わり、
経血の多くはトイレでまとめて出せて、すごく気持ちいい。

それに、洗うと、とても綺麗な赤。
自分の身体の中を巡り巡って、ひと仕事終えて出てくる、
尊い貴い、赤。

大事なもの。体の一部。
そう思えるようになったのは、夫のおかげです。

・・・・・・・・・・・・・・
洗面器で捕らえきれなかった血の海(おそらくは羊水と子宮内膜の混合物?)を古バスタオルで拭い取った廊下は、翌日にはすっかりその跡もなく、また変わらぬ我が家に戻っていた。血の掃除も、タオルの洗濯も、全て自分でやった。愛する妻の体から、娘と共に出てきたそれらは、神聖でありこそすれ、決して汚れたモノには思えなかった。恐らくどうかしているのだろうけど、全ては「生命」の形を変えた姿なんだと、自然に腑に落ちている自分がいた。今では、布オムツに排泄された娘のウンチを洗うたびに、ああ、これは妻が食べたご飯が母乳になって、それを飲んだ娘の身体を育て、そしてその残りがここにあるんだと実感する。さらにさかのぼれば、このウンチは、畑の作物であり、虫や微生物の営みの果てであり、無限の食物連鎖を経て辿り着いた、このネッチョリなのだ。今更ながら、オムツを洗いながら、その旅路に思いを馳せる。
夫のBlog「毎日が自然農」手の中により
・・・・・・・・・・・・・・

そう、ケミカルなナプキンやおむつをやめ、布ナプキンや布おむつにすることは、
対象物を「捨てるもの」から「洗うもの」に変化させ、
触れても「汚くないもの」、身体から出る「当たり前のもの」へと、
認識が180度、変わってくるのです。

IMG_5354fukinotou.JPG

長くなるので、(2)に続きます〜。
洗濯のことや、タオルで作った布ナプキンの使い方などをまとめます。


関連記事:洗剤なし生活 電子レンジなし生活 ゴム紐なし生活



* * * お知らせ * * *

つくし農園が、自然農サークルとして新たな一歩を踏み出します。
2018年度最初の集合日は3月10日(土)です。
IMG_6224shizennou_kansatsu.JPG
つくし農園 大事なお知らせ


2018年度の募集ページもまだ作れていなくてすみません〜

もしも新たな参加希望の方がいらっしゃったら、
つくし農園ブログ内「見学・体験について」の記事よりお問合せください。



* * * まかない日記 * * *

夫は今日は自然体研究所のラボ合宿に行って留守、
長女もご近所のホームスクール仲間のおうちに出かけて留守。

風もなく、ぽかぽか陽気だったので
下の子ども2人と一緒にお庭でフキノトウを摘みました。
IMG_5359fukinotou_yukinoshita.JPG
次女がハサミでユキノシタを収穫してしまっていたので(汗)
せっせと集め、一緒に使うことに。

自然農八百屋の近江屋商店さんで、奥さんが
「ふきのとうをジェノベーゼにしたら美味しかったわよ〜♪」
と仰っていたのを思い出し、今夜はふきのとうジェノベーゼに決定!

洗って刻んだふきのとうをオリーブオイルで炒め、
刻んだくるみ(ふきのとうとほぼ同量)、塩、刻んだユキノシタを加え
味を見て白ワイン、手作りじゅうねん味噌(エゴマ味噌)で調味。
じゅうねん味噌がなくても、味噌とみりんでいけると思います。

お友達にいただいた、おいしいパスタで♪
IMG_5361fukinotou_yukinoshita_pasta.JPG
ひっさしぶりに、意地と根性で、アルデンテ状態で食べることができました。
(↑いつもは子どもの準備でわーわーして、どうしてもアルデンテが消えちゃう)

もう春ですね! ごちそうさまでした〜^^
posted by miya at 23:57| Comment(3) | 身体を整える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。私の知り合いに、ナプキン無しにたどり着いた方がいました。知ってるかもしれないですが、ナプキン無い時代は経血をコントロールできてた、と。要するにおまた力を鍛えるらしいんです。既に閉経へ向かっている私はこのチャレンジをするかは迷いますが、出来たらいいなあ、と。
Posted by 佐藤藍 at 2018年03月04日 17:19
何度もすみません。このトピックで思い出したのが、素っ裸で海で泳ぐと身体に気持ちいいものが良く分かりますよね!
Posted by 佐藤藍 at 2018年03月04日 17:22
そうなんですよね〜!!
筋肉がしっかりしていれば可能だという話らしいんですが。
昔の漫画にもそういうシーンがありました(川に歩いていってしゃがんでサッと出す)。

昔のひとはできていた、というような本もありますね。

私も残り何回だろうと考えると、自分の身体で実験してみたいような、そこまでの根性はないような、、、
うーん(笑)。

なお山育ちのため、まだ素っ裸で海で泳いだことがありません!羨ましいです(できそうにありませんが〜)!
Posted by miya at 2018年03月09日 02:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: