2017年03月29日

寒い日は布団の中で

3月27日は、びっくりするぐらい寒かった。
真冬に逆戻りしたかのような、しんしんと迫る寒さ。

朝食後、なんだか次女がぐずぐず泣くなぁと思っていたら
「今日はさっみーなぁー」と言いながら夫が布団に直行して、
そのうち羨ましくなった私も布団にもぐりこみ
息子に授乳しながら二度寝。

長女と次女はリビングで遊んでいると思ったけど
次女は一人でとてとて歩いて寝室に向かい
夫の布団で一緒に眠り始めたらしい。

私は、息子のおむつ替えや授乳で時々起きるものの
あまりの寒さに布団に再びもぐりこんで
ぬくぬくと息子の体温でまどろみ始める始末。

結局この寒い日は、たまたま予定が何もなかったこともあって
長女を除く全員が寝室でこんこんと眠り倒し、
起きたらもう、夕方だった。

IMG_7012samuihiniha.JPG

どうして、あんなに眠かったんだろうね。

IMG_6874samuihiniha.JPG

夕闇の気配で花弁を閉じる
春の草花のように。

IMG_6882samuihiniha.JPG

重さでじっとうつむいた、椿の花のように。

IMG_6741samuihiniha.JPG

薄暗くて、寒かったから
霜でしおれる新芽のような気分だったな。


起きてみたらもう夕方で、一応は母親らしく
「あーあ、今日なんにもしてない」
とため息をついてみせたけれど、

夫からは
「なんて幸せなんだ!
 みんなでずっと寝ていられたんだよ!」
と満面の笑顔が返ってきた。


この寒かった日について、後日いろんな友人が
眠くてたまらなかった、気だるかった、と話していたので
きっと、そんな日だったんじゃないかな。

新月の前日ってことも関係があったのかもしれないけど。


春に向かって弛みはじめていた身体が、
急な寒さに萎れるあの感じ、布団にこもっていたいあの感覚。

ずっと眠っていた我が家は、身体にとても正直だった、ということにしよう。


翌日からは、また春らしい暖かさが戻ってきて
庭のムラサキハナナが、今年も美しいお花畑になりつつある。
IMG_6722samuihiniha.JPG

一年で最も花の溢れるこの時期。
うちに遊びにきて、ひなたぼっこでもしていらっしゃいな。
IMG_6730samuihiniha.JPG


関連記事:
原始のリズム 雪見と暖房なし生活



* * * お知らせ * * *

のんびり暮らしの雑草屋とはいえ、
いよいよジャガイモの植え付けラッシュが始まりました。

明日から2日間、LONOFerさんが滞在予定。
畑で語らいながらの自然農体験、みなさんもいかがでしょう♪
lonof_ban.jpg
自然農の農作業体験LONOF(ロノフ)、絶賛大募集です!




* * * まかない日記 * * *

つくし農園の集合日だった18日土曜日。
娘たちに最後のふきのとうをかき集めてもらい、天ぷらにしました。
IMG_6762yasou_kakiage.JPG
奥から、ふきのとう、ごぼう、次女が摘んできた雑草のスイバ。
スイバはアカザ科だっけな、ほうれん草の仲間みたいなもんで、
春先の若芽はとっても食べやすいのです。

IMG_6887tendon.JPG
翌日は長女に庭のミツバをたっぷり摘んでもらい、
田んぼで集めたセリと、2種類をかき揚げにして、天丼。

他の野菜も具も一切なし。
セリのみ、ミツバのみの天ぷらをごはんにのっけて、
簡単にかえし(みりん+醤油+水+塩少々)を煮立てて天つゆに。
いい具合に発酵が進んだ白菜漬けをつまみつつ、天丼をハフハフ。

小さい子にはハードな内容ですが、さすが我が子たち、大喜びで食べてました。
食べ物に、春の恵みに、感謝感謝。
posted by miya at 23:42| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: