2017年01月08日

夫のおせち作り

なかなかパソコンを触る時間がないうちに、
すっかり松の内も明けました。
本年も雑草屋をよろしくお願いいたします。

今年のおせちは、深い訳がありまして
夫がメインで作ってくれました。
zassouya_osechiIMG_4235.JPG
庭の樹木を豪快にあしらって。

事情は後ほどお話するとして、恒例のおせちメモです。

一の重: 自然農さつまいもの茶巾、自然農黒豆、田作り
zassouya_osechiIMG_4243.JPG

さつまいもは大収穫のあと、極寒の我が家で傷まないうちにと
蒸かして潰し、冷凍しておいたものを使いました。
zassouya_osechiIMG_4244.JPG
みりんと塩を足してトロ火で加熱しながら練り上げています。
子どもたちの食べっぷりを思うと、裏ごししても虚しいので
今年から裏ごしはしないことにしました〜。

黒豆はみりんたっぷり、醤油ちょろっと、塩ちょっと。
甘さがクドくない黒豆に仕上げました。

田作りは夫作で、お醤油とみりんだったかな。
折れもせず、綺麗に作ってくれていました。


二の重: 昆布巻き(ブリ)、紅白なます(大根×柿×ゆず)
zassouya_osechiIMG_4239.JPG
夫が一人で作ってくれた昆布巻きは、
味しみしみ、口どけ柔らか。
鉄鍋で数時間かけてじっくり煮てくれたそうです。

早目に作って冷蔵してあった紅白なますは、
近江屋商店さんで買った自然農大根に
自分ちと友人知人からもらった柿、お向かいさんの干し柿、
友達にもらったゆずで作りました。
zassouya_osechiIMG_4240.JPG
大根1本を塩もみしてしぼり、
柿3個、干し柿4個、ゆず4個。それだけです。
ゆずは搾り汁のほか、皮の黄色いところも刻んで入れました。

ゆずの香り高さ、干し柿&柿の甘さだけで美味しくできました!
秋の終わりの柿は、おせち用に冷蔵庫でとっておこう。


三の重: おでん
zassouya_osechiIMG_4238.JPG
夫があえてダシを取らず、野菜とさつまあげの旨みで作ったおでん!
自然農里芋は、煮崩れしにくい親芋を使ってくれました。
自然農のカブもゴローンと入ってて、甘かったなぁ。

去年のお正月は一家で病み上がりだったので、
おでんをお正月に食べようって話になったんです。
毎年恒例でおせち&おでん、が我が家の味になるでしょう。


汁物: 自然農菊芋といろいろ野菜のお味噌汁(自家製味噌)
zassouya_osechiIMG_4237.JPG
大変なときでも、きちんと汁物まで用意してくれるのが夫。
菊芋は甘いしコクがあるし、何にでも使える万能食材です。


さて。
私は今回、紅白なますと茶巾、の簡単2品しか作っていません。

おせちの大半を夫が作ってくれた、
その経緯はですね・・・


我が家では、大人は
「寝込みたいときに風邪をひく」ことにしていて、

今年はクリスマス時期に夫が2日ほど
風邪の名目で寝込みまして。(実際に風邪なんですが。)

風邪をひけるってことは、体がオフを欲しているとき。
そして、心が自分にオフを許したときなんです。

christmasIMG_4107.JPG

うらやましい・・・なんて思いながら家事育児をしていたら
年末30日になって、私が発熱の予兆。

「やったー、私も堂々と寝ていられる♪」
と思って丸一日、布団で過ごしたものの、

別室から聞こえてくる小さい子チームの泣き声と
それに対応する大きい子大きい人チームの苛立ち声とで
自分が恨まれてないだろうかと、ハラハラして疲れてきて。


さらには、

 このまま大晦日まで寝込むのは困る!
 大好きなおせち作りができなくなってしまう!
 おでんも手がかかるのに!

なーんて葛藤がはじまり、
熱が高くなるでもなく、ぼやーんと回復して
なんだか中途半端、不完全燃焼のまま大晦日に突入しました。


心と体のデトックス機能として風邪を活用したかったのに
今回はそれもできないまま、
くすぶった思いで年越しそばを食べ。
toshikoshi_sobaIMG_4233.JPG
(次女のそば反応を確認するまではうどんそうめん系で)

子どもたちを寝かしつけたら、一気におせちを作ろうね!
と固く誓い合った夫が、寝かしつけでまさかの寝落ち。

気持ちがシャンとしていない私は、
おせちも作らずうじうじと夫の登場を待ち、
しつこく夫を起こしに行き・・・


反射で「お、起きる、ダイジョブ」と呟いてはまたまどろむ夫に
一人で子どもみたいに、ぷんすか腹を立てていました。

 おせち、楽しみにしてたのに。
 おせち、作りたかったのに。
 もうなんにも作りたくない。
 悲しいし寂しい。

公私ともに慌ただしかった年末の疲れやストレスが重なって、
休みたかったのに休みきれなかった未練がズシンと乗っかって、
絶望的に不幸な気持ちに自分を追い込んでしまい・・・

年越し直前の23時、もう寝てしまおう!と決めました。


寝る間際に起きてきた夫には
「もう何も作らん。正月は餅焼いて食べるがよろし」
と言い放ち、なだめる夫をふりきって、ふて寝を決行。

 なんて悲しい正月なんだ。
 朝起きた子どもたちはがっかりするだろうな。
 毎年のおせち、長女は楽しみにしてたのにな。

理想が高すぎて自分を追い込むいつものパターンが
とびきり楽しみにしていたおせち作りに直撃し、
暗く重く気疲れして、泥のように眠りました。


明けて、お正月。

台所には、夫がひと晩じゅう作ったおせち料理とおでんが
あちらの鍋、こちらの鍋に出来上がっていました。

「昨日の不幸さを埋めるためならこれくらい♪」

そう笑ってくれる夫のありがたさ。

急ピッチで煮てくれた黒豆の仕上げをやりながら
重箱を出して洗い、おせちを詰めていきました。

娘たちの嬉しそうな顔!!
zassouya_osechi_sistersIMG_4253.JPG
品数は多くはないけれど
私のふくれっ面と、夫の包容力が詰まった
忘れられないおせちになりました。

いやはや、主婦業放棄してごめんなさい。
大きな愛と理性でおせちを作ってくれた夫、ありがとう。

zassouya_osechi_babyIMG_4250.JPG

長い、極めて私的な話題を読んでくださった方々、
どうもありがとうございました。

器の小さい私なりに、ちょこちょこときちんと休みつつ、
今年を楽しんでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。



* * * お知らせ * * *

種から育てるお米と大豆。
こぐま塾のアグリコース「味噌の部」、募集中です。
17agri_miso_ban.jpg
こぐま塾アグリコース 〜2017年度 味噌の部〜



麦をまいて、パンになるまでを一緒に体験しませんか^^
麦踏みのシーズンなら追加申込みが可能です。
16-17aguri_komugi_ban.jpg
アグリコース小麦の部 〜ひと粒の麦がパンになるまで〜



※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 22:39| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: