2016年12月19日

種取る日々

収穫して干して、ついつい後回しにしてしまうのが種取り。

今年は家族が増えて、わちゃわちゃと慌ただしい中で
夏野菜の種取りが秋へ、秋の物は冬へとずれ込んだ。


2歳5ヶ月の頃の次女。
IMG_1978tanetori.JPG
オクラの種取りを任せたら、ばらまくこともなく、
神妙な顔をして種を取ってくれた。

自然農のオクラは本当に味が濃い。

夏野菜全般に言えることだけと、
水やりをしないから、旨みが濃縮される。

ちょっと収穫が遅れても筋張らない丸莢オクラや
肉厚で迫力あるダビデの星などが主力になりそう。


長女は定番の小豆。もう3年目になるんだねぇ(⇒昔の様子
IMG_1994tanetori.JPG
うちでは身体を整えたいとき、
夫がササッと小豆ご飯を炊いてくれる。

あんこにするより、気軽に食事で食べられて便利。
IMG_1987tanetori.JPG
保存している間に、小豆についている虫が食い荒らしてしまうので、
今年は莢から出した小豆を冷凍庫に保存してみる。


こっちは野生の小豆。小豆の原種というべきか。
IMG_1995tanetori.JPG
小豆畑で大事に小豆を世話してきたと思ったら、
ちゃっかりヤブツルアズキも交じっていた。
だって葉っぱもツルも小豆に似てるんだよー。

せっかくなので種取りをして、増やすことに。
IMG_1991tanetori.JPG
小豆として食べるのはもちろん、
野生のものは育ちやすいうえに薬効が高いはずなので
小豆のスペシャルバージョンになる予感。
(小豆のありがた〜い薬効についてはこちら ⇒便秘 ⇒蜂刺され


私は来年の「かぼちゃ大臣」に任命された。

食べておいしかったかぼちゃの種をいろいろ保存したので
同じくらいずつ苗で育てて、自然農の畑に植える予定。
IMG_2910tanetori.JPG
すーぐ交雑しちゃうから、畑のあちらこちらに離して植えないとなぁ。

種まき後に残ったかぼちゃの種は、お薬用に大事にとっておく。
役に立つんですわ〜〜(⇒喉風邪の手当て


秋の最後のゴーヤからも、最後の種取り。
乾かしてそのまんま、しまい忘れていたもの。
IMG_2906tanetori.JPG
型抜きクッキーみたいな美しい形と
こんがりした色合いに、見とれてしまう。

IMG_2915tanetori.JPG
いろんな種類、いろんな品種の種が袋におさまっていくと
年賀状を投函するときみたいに
「あぁ、やっと。 ふぅ!」と、安堵のため息が出てくる。

きっとね、春、「どうしてこんなに欲張ったんだろう」と後悔しながら
種まきして苗のお世話して草刈りして・・・ってやると思うんだけど。

ついに育つようになってきた畑を見ると
ネガティブ思考だった私でさえも、
なんだかわくわくしてくるのでありました。
(こんなに育つようになるなんてね・・・ ⇒夫のBlog 正解を求めない



* * * お知らせ * * *

今日も大集合!頑張りまーす!
IMG_3128dakkoku.JPG
【味噌】12月集合日のご案内


麦踏み第一弾は、12月23日と30日に決定。
見学したい方、よかったら一緒にいかがですか^^
16-17aguri_komugi_ban.jpg
アグリコース 小麦の部 〜ひと粒の麦がパンになるまで〜 募集中!




* * * まかない日記 * * *

新生姜を千切りにして、生姜ごはんを炊きました。
IMG_3302shouga_gohan.JPG
浸水しておいたお米から水を調味料分だけ減らして、
お酒・塩・醤油だけで炊き上げます。

IMG_3304shouga_gohan.JPG
炊き立てのいい香り〜♪
身体がポッポッとあったまる、おいしいごはんでした^^


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 06:40| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: