2016年11月29日

収穫、収穫、また収穫

過去最大級のさつまいもができたよ!
と、夫から嬉しい報告があった。
IMG_3007satsumaimo.JPG
本当に大きい!食べるのが楽しみだねぇ〜〜。

私が毎年担当している数少ない定型作業のひとつが、小豆の収穫。
息子を背負い、畑にしゃがみこんで、ぷちりぷちり。
IMG_2755azuki.JPG
莢の枯れ具合に応じて順に収穫したいから、
2〜3回に分けて畑に出ては、収穫してきた。

ころころ小豆、可愛いなぁ。惚れぼれしちゃう。
IMG_2800azuki.JPG

陽の当たる時間は何かしらテラスで干している。
IMG_2799mame.JPG

嫁入り道具みたいに、
私と一緒に実家から連れてきた長〜いササゲ。
IMG_2801sasage.JPG
すごく生命力が旺盛で、ジャングルみたいに繁るからと持たされた。
今年は種まきまで手が回らなかったと聞いていたのに、
知らないうちに夫とお友達が育ててあって、ホッ。

夫が秋の種まきをこまめにやっておいてくれたお陰で
間引き菜もひっきりなしに取れる。
IMG_2775mabikina.JPG

先日の初雪のあと、さつまいもを全部掘り出すことになって
娘たちと夫とでお芋掘りをしてくれた。
IMG_2957imohori.JPG
スコップ使いが板についてきたね。

うちは子どももノコギリ鎌を使うので、小さい軍手は重宝。
長女のキッズ用軍手を次女が羨ましがるので、
1歳の頃にこの軍手をあげた。
IMG_2971imohori.JPG
最近は保育園での芋掘りも素手ではやらないのかな?
ベビー用品店には1〜2歳児向けの軍手というものが置いてあって、
見つけた時はうれしかったな〜^^

今年のさつまいもはなかなかの豊作。
去年ネズミに食い荒らされた反省から、
芋掘りのタイミングが良かった(放置しなかった)のもあると思う。
IMG_2965imohori.JPG
自然農だとゆっくり育つから、
人からいただくお芋のピークと少しズレていて、ちょうどいい。

夫のデカイ足と同じくらいのお芋も出てきた〜。
IMG_2976imohori.JPG
去年は一番大きいお芋の内側がそっくり食べられてたもんね。
無事に大きなお芋が出てくると、喜びもひとしお。

毎年欠かさず植えている生姜も、今年は豊作。
下の親から、上にたくさんの新生姜ができている。
IMG_2998ginger.JPG
親と子が同じ量くらいしか取れないことも多かっただけに
今年のボリュームは見事だなぁと思う。

新生姜がおいしいうちに、何作ろう・・・。
IMG_3003ginger.JPG

こちらは落花生。
土つきのまま陽にあてた後、娘たちにハサミで摘み取ってもらった。
IMG_3031rakkasei.JPG

これもネズミにごっそり食べられた去年に比べたら
たっぷり楽しめそう。
IMG_3032rakkasei.JPG

なかなか育たない今の畑で、諦めずに何年も、
ずっと自然農をやってきた夫にしか言えない言葉だけど、
「自然農でもここまで育つんだ」って、嬉しくなる。

押せ押せドンドンで、慌ただしい秋。

恵みを大切に、洗ったり干したり、食べたりしまったり、
そういった最後の最後までを、きちんとやっていきたい。



* * * お知らせ * * *

種から育てる、お米と大豆。

こぐま塾のアグリコース「味噌の部」、
来年度の募集要項をアップしています♪

17agri_miso_ban.jpg
こぐま塾アグリコース 〜2017年度 味噌の部〜




* * * まかない日記 * * *

畑の野菜で晩ごはん。全部夫が作ってくれました。
炒り黒豆ごはん、香ばしかったな〜
IMG_2652yorugohan.JPG

最後の夏野菜たちとニンニク・生姜・・・全部、自分ちで採れた野菜。
IMG_2651yorugohan.JPG
それに米と大豆から自家製の味噌で、味噌炒め。
有機大豆ミートを追加してボリュームアップしてくれました。

奥に見えるのは、こぼれ種から自然に育ったカラシ菜。
強いから、来年は野沢菜やカラシ菜たちをたくさん植えたいな。

ごちそうさまでした〜^^

※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 16:16| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: