2016年04月17日

ベビーカーについて考えた

P4302236chouzyo.JPG

長女がまだ赤ん坊だったころ、
それはそれはベビーカーを愛用していた。

病院から切迫流産だの切迫早産だの散々脅かされて
24時間点滴生活の入院をさせられた挙句、
出産までずーっと自宅安静指示だったのを素直に守った結果、
産後の身体がガタガタで、体力が少なめだったことも理由のひとつ。

どこに出かけるにもベビーカーに乗せ、
いつも使っているから「ないと不便」になって。

P1211824kids.jpg

寝返りも歩くのもちょっと遅めで
もともと肉づきの良かった長女は、
やや肥満気味になっていった。

P3192088himeji.jpg

歩くようになっても、半年くらいは
よちよち、トタトタで、身体が重いのか
出かけるときは絶対にベビーカー。

そんな折、姉が遊びにきた。
離れて暮らす割には、定期的に子ども同士を遊ばせてきた。


4ヶ月差で同い年の甥っ子は、
身体の発達も逞しく、ぐんぐん歩く。
PA092639oikko.JPG

いつも通りベビーカーで散歩に出かけようとする私に
姉はこう言い放った。


「なに!まだベビーカー使ってんの!?

 歩くようになったら歩かしーや!!
 二足歩行の動物なんやから! 老人か!」

P7152500standing.JPG

え〜〜〜〜〜〜。 だって、便利よ?
今までいっぱいベビーカーで一緒にお出かけしたやん?

荷物もいっぱい持ち歩けるし、
ずーっとおとなしく座ってて楽よ?

寝てしまってもベビーカーで寝るからいいやん?


「そんなんしてるから太ってんの!歩きたがらんの!
 ますますブクブク太って重くなるやろ!

 誰が散歩してんの!誰が運動してんの!
 母親だけやん!散歩の意味ないから!

 あんたの荷物、半分以上ムダやから!
 そんなに持ってても絶対使わんわ!」


ひぇぇぇぇ〜〜 ワイルドですなぁー

だって、お母さんがラクなのが一番やん?


「今のラクを取ったらあとの苦労が増えるだけやって!
 歩く生き物歩かさんかったら絶対あとで困るし!

 あんたこの子が夜寝んで困るって言うけど、
 ただの運動不足やから!

 食べさせまくってベビーカーで運んだら
 そら発散しきれんわ!夜中にエキサイトするわ!」

そ、そ、そうですか〜〜

P5172838smile.JPG

その頃の私は、公園で遊ばせるために
長女をベビーカーに乗せて移動。

公園に着いたら長女をおろしてしばし遊んで、
またベビーカーでお家まで移動。


「あんた、公園まで行く暇あったら
 家のまわり歩けば(冷)」


す、すいません〜〜
運動とか散歩の意味、勘違いしてましたぁ〜〜

P7182517water.JPG

こんな感じで、ベビーカーとの関係をいきなり見直すことに。


姉から厳しく言われたあとは、
大きくなってもベビーカーに乗ってる子と
早くからベビーカーに乗らなくなった子とでの
言動の違いなんかも気がつくようになって、

確かにその時点では大変そうなベビーカーなしお出かけ派が
次に会う頃には手がかからず、ぐっと楽になっていたり、

何より子どもが“自立した雰囲気”をまとっていて
「いいなぁ・・・」「うらやましいなぁ・・・」と思うようになった。

P8193036kids.JPG

そうやって、自分でも前向きに納得できた後に
二足歩行の我が子を育てるべく、
ベビーカーなしのお出かけに切り替えていった。

保育園でも一番肥っていて、
園庭の丘にも登らずブランコもせず、
ぽよぽよドテドテしていた長女は
ベビーカーを使わないお出かけに難色を示したが
それも最初のうちだけだった。

P7162900kids.JPG

1ヶ月もしたら、足がぎゅんと丈夫になって
ついでに足のお肉が引き締まってきて、
さらに夜もぐっすり眠るようになった。

P6182843kids.JPG


そうして数年後。

次女を産むころには
あぁ、ベビーカーって商業戦略なんだなぁ、
そもそも二足歩行のヒトとしては必要ないんだろうなぁ、
とぼんやり考えるようになっていた。

自分の子どもが重くて抱っこできないということ自体
ヒトとしては相当な体力不足なんだろうし
身体の使い方もうまくないんだろうな・・・。
そんなの、先進国だけだよなぁ・・・


そんなわけで、次女の産まれたときは
ベビーカーは台所の隅っこに固定配置。

料理しているときに見えるように、
また、家族の食卓のそばにいられるように
ベビーベッドや子ども椅子の代わりとしてだけ使っていた。


自然の中でゴザに置いておけば寝るし、
おんぶで寝たら降ろせばいいし、

でも通路と畝の違いを言えば1歳でも覚えるし、
教えれば道路にも飛び出さない(これは女子だけか)。


ふぅむ。
野性味あふれるというか、手のかからないというか。

P1120303zizyo.JPG

危険なことも、やってはいけないことも、
等身大の体験として身に付ける、という感じ。

長女のときとはずいぶん違う。
(長女だって、手のかからない楽な子だと思っていたのに!)


これは面白いなー。

また次の出産もあるので、引き続き
“動物としてのヒト”の観点で、色々観察していこう。



* * * まかない日記 * * *

LONOFのTちゃん再び来訪♪ 長女と、まるでペアルック。
P1120270lonof_lunch.JPG
炊きたてごはんを鍋ごと持って行って、みんなで取り分けました。

P1120277lonof_lunch.JPG
お庭の水菜と高知の文旦のサラダ。めちゃ甘大根のしらすまみれ。
お揚げさんと浅野さんのルッコラのソテー。蒸しかぼちゃ。

Tちゃんはお泊りして、翌日もたっぷり子どもたちと遊んでくれました。
ありがとう〜〜^^ またおいでねー♪
posted by miya at 14:39| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: