2016年04月04日

ホームスクール、始めました

3月23日、満月の日に合わせて
長女は我が家の「こぐま小学校」に入学した。
P1120134homeschool.JPG

既存の小学校という枠から離れて
ホームスクールを選択した私たちだけど、

すでに長女は数々の本から
「小学校」「入学式」「ランドセル」
といった概念を知っており、もちろん憧れていた。

そんな長女のために、夫はあえて
入学式をしてあげたい、ランドセルを贈りたい。
そう私に話してくれた。


なーんにもしなくていいんじゃないの?
と思っていた私とは大きな隔たりがあって
だいぶ話し合うことになったのだけど、

私が6歳で入学式に着たフォーマル服だの
大事に使っていたランドセルだの、
実家の母が喜び勇んで送ってきたこともあって
気づけば入学式の日を迎えていた。

P1120096homeschool.JPG

6歳になると、誰と出会っても

 「6歳?じゃあもうすぐ小学校だね!」
 「小学校、楽しみ?何小学校に入るの?」
 「ランドセルもう買った?」

金太郎飴のように、笑顔でこの質問が降ってくる。


 「小学校には行かないの、おうちでホームスクールなの」

なんて答えようもんなら、常識的な大人から

 「だめだよー!ちゃんと学校に行って勉強しないと!」

と注意されることが多かったから、長女は返事に窮することも多く、
曖昧にやり過ごしたり、黙ってみたり、色々悩むことも多かったと思う。


親としても、誰にどこまで話すか、
誰にはどのくらい濁すか、長いこと使い分けていた。

でも、さすがに2月くらいになると、
「もう、はっきりホームスクールですって言おう!」
と腹が据わってきて、

長女にも、ご近所のおじいちゃんおばあちゃんに対して
こんな風に話すといいよ、と説明した。

未だに「勉強だけは毎日しなきゃだめだよ」とか
色々言われたりしているらしいけど、
それでも少しずつ、理解されてきたように思う。

P1120084homeschool.JPG
手作りの入学式。

朝から夫と長女はテラスに出て、麻布と枝切れで垂れ幕を作り、
お花を切っては飾っていった。


ちょっと手が空いたときに台所に来てもらって
一緒にピザ生地をこねる。
P1120089homeschool.JPG
これは、入学式のあとのお昼ご飯用。


外の準備が整って、子ども達も正装し、
大人も身なりを改めて、入学式のはじまり。
P1120118homeschool.JPG

手製のブランコに、できたばかりの垂れ幕がかかっている。
長女が立つ台は、古い線路の枕木だ。

夫が、自ら丁寧に書いた入学証書を読み上げる。
長女は受け取りながら、はにかんだ笑顔。
P1120101homeschool.JPG
27年前の服にしては綺麗だな。


前夜から、旧暦が、二十四節気が、月の満ち欠けが、と
何やらムツカシイことを言い始めた夫が
うんうん唸りながら描きあげた、娘のための、春のカレンダー。
P1120108homeschool.JPG

そして、私が6年間使ったランドセルが、長女の手に渡る。
P1120122homeschool.JPG
小さな山奥の小学校では、
ランドセルを粗末に扱うという概念がなかったから
自分でも感心するぐらい、ピカピカ。


今から3年前、つくばの夫のところに越してきたころは
家庭保育も、ホームスクールも、考えたこともなかった。
そんな暮らし方は、理解の範疇外にあった。

でも、夫の親友であるDan's Tableのご夫婦が、
そしてそのご縁で知り合ったOさんが、
またひょんなことでお友達になった一家が、
みなさんホームスクーラーだったことの影響が非常に大きい。

どのご家庭も本当に幸せそうで、
子ども達はとっても穏やかで素直で。

お会いしているうちにだんだん「ホームスクール」を
自分たちの選択肢として意識するようになっていった。

 ※数家族で集まったときの記事を2つ発掘。
  2年前・・・ 家庭保育&ホームスクール談義
  つい最近・・・ 芽吹く


さて、
私たちなりに歩む、ホームスクールの道。

子どもの姿を見つめながら、楽しみながら、
周囲の様々な人に見守られながら、
試行錯誤して進んでいこうと思う。
P1120150homeschool_family.JPG
※夫も思いを綴っています⇒ 「教育」を飛び越えて


入学式のあとは外食しようかとも話していたけど、
家族のペースでのんびり食べたいから、
おうちでピザパーティーになった。
P1120160homeschool.JPG
お庭の野菜もふんだんに使って、4人で5枚のピザを食べたかな。
うん、やっぱり、おうちで良かった。


本だけは勝手にどんどん読破していっている長女だけど、
小学校の教育スケジュールにとらわれることなく、
興味の向くままに、色んなことができるように
なるべくサポートしていこうと決めている。

生きること、暮らすこと。
美しいもの、楽しいもの。
力強さ、逞しさ。

それぞれをしなやかに、伸びやかに、楽しみながら。


関連記事: 余白と英才教育 こっちは次女の場合。

2016.10.13追記:
ホームスクーラーのための季節行事、やってます^^



* * * お知らせ * * *

“生きる力”を育てるこぐま塾、アグリコースがまもなく開始♪

今年もちんまりとアットホームに進めてまいります。
直前のお申し込みも受け付けています!お気軽にご連絡ください^^

・親子で育てる、お米と大豆。
 こぐま塾アグリコース2016年度 募集中!



* * * まかない日記 * * *

最近、大人の食事量が減ってきたのもあって
子どもたちの食事量が大人に追いついて、
子どものお皿にてんこ盛り状態です。
P1120210daikonoroshi.JPG
冬から放置気味だった、しなびかけた大根をおろしたら、めちゃ甘!
そのまんまたっぷり、豆腐にのっけたり、しらすとあえたり。

旬が来る前に、昨春の干しタケノコを食べきろうキャンペーン中。
P1120211okowafuu.JPG
中華おこわのレシピを参考に、炊き込みご飯にしました。
普段あまりお肉を食べないからか、鶏肉は胸肉でちょうどいいみたい。

美味しかったなー!ごちそうさまでした!
posted by miya at 23:53| Comment(3) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
娘ちゃんこぐま小学校入学おめでとうございます!\(^o^)/
振り替えるとセレモニーって幼心に特別な感じがしてなんとなく嬉しいものなのでやってよかったに一票です。しかしランドセルもきれいですね…(わたしのは木登りの踏み台にしたり雪合戦で盾になったりと6年間でぼろぼろに…)
Posted by ゆいゆい at 2016年04月05日 06:14
ご入学おめでとうございます!実は密かにこの選択をされるのでは。。。と思っていたのです。臨時受講生を無理やり入れちゃいますよ〜。
Posted by 佐藤藍 at 2016年04月05日 11:16
>ゆいゆい
ありがとうございまーす^^
確かにランドセルとか背負ってホクホクしたなぁ〜とコメント読んで思い出したよ〜。そうなんだよねぇ〜。
あれだけ野山を駆けずり回ってたのになんでランドセルは無事なのか謎。それにしても踏み台!盾!ヒィー!

>藍さん
ありがとうございます!
臨時受講生(笑)送りこんでください〜〜^^
お待ちしております〜〜♪
Posted by miya at 2016年04月05日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: