2016年03月22日

春の野草と菜の花と

※レシピ紹介を追記しました※
庭に生えているもので十分に食べていける、
そんな季節がやってきました。

すっかり伸びたふきのとう、まだ縮こまっていたユキノシタ。
P1110890yukinoshita_fukinotou.JPG

チンゲンサイにタアサイにカブ、ぜーんぶ菜の花。
P1110892nanohana3.JPG

この日は天ぷらでいただきたい気分だったので、
庭で収穫している間に天つゆを仕込んでおきました。

小鍋に昆布と鰹節を入れ、醤油・みりん・酒を注ぎます。
何となく味が整ったら弱火でグツグツ。
調味料を少なめに入れながら味見をするのがコツ。


台所でいいおダシの香りを楽しみながら、
野草や菜の花をざぶざぶと洗います。

ついでにかぼちゃも切ろう。
青い瑞々しいものと、甘いねっとりしたもの。

ガツンと土臭いものも欲しくなって、
ごぼうと長ねぎを大きめに切って
この二つでかき揚げにしよう、と準備。


かぼちゃの天ぷらにぴったりのザックリ衣と、
かき揚げや野草の天ぷらにぴったりのサクサク薄衣。

最近になってやっと、それぞれのレシピが確定してきて、
天ぷらが苦手ではなくなりました。

P1110893yasou_nanohana_tenpura.JPG
まだ小さい次女はソバが心配だから、
先に素麺を茹でておいて、次に蕎麦を茹でます。
茹で汁は大きい人用の、蕎麦湯や味噌汁にします。

P1110894yasou_nanohana_tenpura.JPG
天つゆなのか麺つゆなのか、
ともかくいいお味になったつゆを適宜薄めて器に張り、
天ぷらがサクサクなうちに「いっただきまーす」。


はらりとほどける衣、
さっくり揚がってもなお瑞々しさを保つ
香り高い野草と菜の花。

そりゃもう、美味しかったです!


暖かくなるにつれて、
ユキノシタがどんどん大きくなってきました。
P1120056yukinoshita.JPG
舌なめずりして見つめる私がいます・・・。


※追記※
かき揚げや野草にぴったりの衣のレシピについて
Facebookでご紹介したので、こちらにも追記しておきます。

山本ふみこさんの『暮らしと台所の歳時記』を参考にしています。
kurashitodaidokoronosaijiki.jpg


== 
ボウルにかき揚げの具(150g程度かな?)を入れて混ぜ、
小麦粉80g、片栗粉大さじ2を入れて全体にからめる。

ここに予め作っておいた卵液
(溶き卵1個分と水150ccを混ぜる)を加えて混ぜる。

かき揚げを大さじにのせて170度の揚げ油にそっと入れ、
衣がまとまって安定したら菜箸で返す。
==

文章は私の要約ですが、こんな感じでした〜。
野草はこの残りの衣に片面だけさっとつけて揚げます^^



* * * お知らせ * * *

週末、26日(土)はつくし農園の共同作業日です〜。
ご案内をアップしました!

3月共同作業日【春分】のご案内



* * * まかない日記 * * *

6歳の長女は、ご近所のおじいちゃんおばあちゃんとお友達。

ありがたいことに、
お菓子は受け取らない方針なのがだんだん浸透してきて、
お野菜や果物をいただくことが多くなりました。

いただいたバナナを完熟させて焼いたバナナパウンド。
P1110885banana_cake.JPG
バナナは熱帯の果物だし、甘いしでうちでは買わないのだけど
いただいたときは大切にお菓子の材料にします。

完熟バナナの甘さだけで、おいし〜い。

冷凍庫で眠っていた桑の実を煮詰めて添えてみたけど
バナナパウンドの甘さで十分でした。ごちそうさまでした♪
posted by miya at 10:52| Comment(0) | 自然をいただく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: