2016年03月23日

「ごまバター」を作る

「ごまバター」なるものに出会ったのは
新婚旅行を兼ねた、高知から茨城までの引越し旅行の途中。

長野は安曇野にあるペンション、シャロム・ヒュッテで
朝食のおかゆパンに添えられていたものでした。

白ゴマの濃厚な風味と、予想を裏切る塩味ベースにびっくり。
甘いジャムよりもずっと身体に沁み渡る、滋養あるおいしさでした。


また、東城百合子先生の著書『家庭でできる 自然療法』では、
「ごまバター」を全粒紛のパンにつけて食べるとよい、
とあちこちに書かれています。(詳細は後述)

実のところ、練りごま(ごまペースト)を自作するだけなんですが
どれくらい擂ったら油が出てくるのか、想像もつきませんでした。


ある日。

長女が集中してお制作に取り組みたいと申し出があり、
つまりそれって次女(1歳10ヶ月)をどうにか隔離してねってことで。

次女のお守りがてら、
ずっと気になっていた「黒ごまバター」を作ってみることにしました。


この冬2回の味噌作りで、すり鉢&すりこ木に慣れた次女。
少量の黒ごまを入れてあげると、大張り切りで擂り始めます。
P1110897kurogoma_butter.JPG

こういう「やりたい!」の芽を摘み取らず、
その子ができる大きさの道具を渡してあげて
できるようにサポートする・・・ということを
私はモンテッソーリの本から学びました。

P1110900kurogoma_butter.JPG
(フードにはお気に入りのぬいぐるみを「おんぶ♪」)


いつもの「すりごま」レベルでは到底、油が出てこない。

どんどん擂ります。ごいごい擂ります。
祖母の手元を思い出します。

「上手に擂りよったら、音が出んよ」

すり鉢とすりこ木がぶつかる音をたしなめられたっけ。

正確には時間を計っていないのですが、
10〜15分ほど経った頃かな?
次第にぺっとりしてきました。
P1110904kurogoma_butter.JPG

もうしばらく擂って、ちょうど長女の腹時計が鳴ってきたので
完全とは言えないかもしれないけど、「黒ごまバター」終了〜。

自然療法の本では、塩を混ぜてできあがりですが
子ども用に調節したかったので、
塩は食べる時にかけることにしました。


バゲットに塗って、塩をパラリ。
P1110906kurogoma_butter.JPG

「うまぁぁぁぁー!」 大人も子どもも、唸る旨さ。

擂りゴマとは全く違う、ねっとりふくよかな旨みが滲み出てきます。
なるほど、これが「ごまバター」か!!! 甘みもあって感動!

ごま不足の身体にも嬉しいし、子どもの遊びにもなるし、
ときどき作っていこうと思います。


──────────────────────────
● ごまバター
──────────────────────────
ごまは黒い方がカルシウムが多く病人にはよい。
しかし調理によっては黒では困る時もあるので白を使ってもよい。
いずれにしても病人のために足りない栄養素を補うのに
ごまはなくてはならないもの。是非利用して下さい。

ごまをよくすりつぶすと油がでてペースト状になります。
うすい塩味をつけて、パンにつけてたべたり、
和えもの、ごま豆腐等に利用します。
自然食品店などではすりつぶした製品を売っています。

(「家庭で出来る自然療法・東城百合子著」より引用)
──────────────────────────



* * * お知らせ * * *

4ヶ月ぶりに直売します〜!!
つくば市、洞峰公園近くです。遊びにきてください♪

3/30(水)コーヒーファクトリーさんにて


* * * まかない日記 * * *

黒ごまバゲットを楽しんだあと、残った黒ごまバターを贅沢に使って
黒いキーマカレーを作りました。
P1120076kurogoma_curry.JPG
残りご飯がカッチコチになってしまっていたので、
ごはんごと煮込んでセミドライカレーみたいな仕上がり。
辛いと可哀想なので、蒸したかぼちゃをもりっと添えました。

レシピは、コウケンテツさんの『ごまやねん』から。
図書館で借りて書き写しておいたものです。
goma_yanen.jpg

かなりマニアックなごまレシピ本ですが、薄くて300円以下で、
買ってもいいかもー、と、今リンク貼ってて思いました。。。

我が家では、お肉の代わりに大豆ミートで。

大豆ミート製品って、乾物としてもかなり優秀!便利!
洗い物も、動物性の油が出ないのですごく気持ちいいです。
お肉より好きだなー。

大変おいしゅうございました!ごちそうさまでした〜〜♪

posted by miya at 21:42| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: