2016年01月18日

どんど焼き2016

今年は門松がどーんと玄関に鎮座していて、
15日を過ぎると人目も気になってきて
新暦でどんど焼きを行いました。
P1100894dondoyaki.JPG
いつもヤギを飼っているスペースを拝借し、
ヤギたちには別の場所へ移動してもらって
焚き火を始めたのが、午後3時すぎ。

自然農の基本として、稲藁は田んぼに還すので
門松に使った藁はひと束だけどんど焼きに回しました。
P1100892dondoyaki.JPG
その他、もうすっかりカラカラになっている南天や松、梅。
竹ははぜると子どもたちが怖がりそうなので、除けておきました。

煙にあたって無病息災を願った、ような・・・?
わーわーしていてあまりきちんと全員でできなかったような・・・?

ここが重要なところだったはずなのですが・・・
少なくとも、みんな煙にあたりました。
次女がひたすら「いやーん」と怖がっていたっけな〜。


火が次第に落ち着いてきたら、用意しておいた団子たちを焼きます。
P1100902dondoyaki.JPG
昆布入りの残りご飯を、きりたんぽ風にしてみました。
残りご飯だけでは少なかったので、冷凍庫から発掘したお赤飯も参戦。
熱々に蒸して軽くすりこ木で潰したものを、竹串に刺してあります。

P1100900dondoyaki.JPG
お赤飯の五平餅と、きりたんぽと、耐久性を比べようと思ったのに
土に垂直に刺すと、重みでどちらもズズッと下に落ちてきて失敗・・・

そこか〜。ポイントはそこだったのか〜。。。
結局、危うい串はどんどん回収して、手で持って炙ることに。

大人の手が回らなくなって、次女は離れた場所で待機。
火が怖いのでおとなしく座っています。  おだんごちょうだい〜
P1100906dondoyaki.JPG

お赤飯にはごま塩を、きりたんぽには自家製味噌をつけて。
P1100907misokiritanpo&sekihangoheimochi.JPG

長女の鼻の下が伸びきっております。
P1100911taberu.JPG

みかんも焼いて、焼き芋も仕込んで、どんど焼きの終了!
食べ終わる頃には5時だったのですが、まだ明るくてびっくり。
日が長くなってきました。



* * * お知らせ * * *

すっかり遅くなりましたが、
つくし農園12月集合日の様子をアップしました。

今週末も臨時集合日ですね!早いな〜〜



* * * まかない日記 * * *

お正月の黒豆の煮汁を、何度も火を入れながら長生きしてもらって
年始のハイカロリー摂取のほとぼりが冷めた頃、お汁粉にしました。
P1100778kuromame_shiruko.JPG
白玉団子は半分くらいお豆腐を配合していて、ぷるんと柔らか。
おいしくいただきました^^

ラベル:焚き火 伝統行事
posted by miya at 18:31| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: