2016年01月08日

正月飾りとお年玉

思えば冬至の日は、私が体調を崩して寝込み、夫は出張で
長女の大好きなゆず湯も、冬至かぼちゃもなし。

その日が冬至とは知らないままに
近所へ遊びに行った長女は、帰るなり寝室へ寄って

「あのね、今日はかぼちゃを煮て食べて、
 ゆずのお風呂に入る日なんだって。
 裏の畑のおばあちゃんが言ってたよ・・・」

とぽつりと呟いて、
あぁ、ショックだったんだなぁ、と思って聞いていた。


それもあって夫は年末、体調を崩したにも関わらず
長女と一緒に門松をこしらえたんじゃないかな。
P1100464kadomatsu.JPG

即興で、お月見飾りのときと同様にワイルドな夫の飾り付け。
P1100508kadomatsu.JPG
夫はこうしたことへの思い入れを
明確に言葉にして表現できる人なので、羨ましい。(→「手で祝う」)

あったかい春みたいな陽気でひとつだけ咲いた梅の花が
ほのかに香る。
P1100465ume.JPG


そうして迎えたお正月。

おせちとおでんをゆっくり食べて、
届いた年賀状をみんなで読んで過ごした。
P1100496nengajo.JPG

もう年賀状が迷惑だろうか、と遠慮した人たちから
思いがけず結婚・出産・転居のお知らせなどが届いて
嬉しくなり、いそいそと筆を取る。

再婚の際、人によってはいろいろと言われて苦しんで、
それだけが理由ではないにしろ、
FacebookなどのSNSを個人的にはやめてしまった。
(仕事では使っているけど。)

友達やお世話になっている方々とのご縁というものが、
手軽に、簡単に、常に等しく共有されている状態から脱することで
一度明確にクリアになって、すごく楽になった。

もちろん年賀状は、
そのやりとりがしたいタイプの人と、そうでない人がいる。

気持ちよく年賀状を交わせる人や、それでも便りを走らせたい人に、
私は相変わらず、でもちょっと自信なく、送っている。
夫曰く「気にしすぎ・考えすぎ」らしいけども。うーん。


さて。
ネクラな自分から目線を変えて、お年玉の話をば。

うちのお年玉。
P1100497otoshidama.JPG

夫が書斎でゴソゴソやってるなーと思っていたら
しっかりお年玉の用意をしてくれていたのだった。

P1100500otoshidama.JPG

こまめに古本屋でいい絵本を見つけてはストックしている夫。
長女にはお年玉を機会に、シリーズものをどどーんと進呈した。
P1100502otoshidama.JPG

3歳〜5歳の頃は、伝記も図鑑もあまり興味が持続しなくて、
好きじゃないんだなぁーという印象だったのに
6歳の今、意外なほどに大ヒット。

明けても暮れても伝記、伝記。
何か気になれば図鑑、図鑑。

茨城の民話シリーズも、暮らしの中で目にする地名に
関心が向き始めた今、なかなか楽しんでいる。


その子に必要なタイミングってのが、あるんだね。
またひとつ学ばせてもらった父と母でした。



* * * お知らせ * * *

明日はつくし農園の1月集合日ですよ〜〜^^
体力もつかなー!?

プレーヤー&聴講生のみなさん、畑でお会いしましょう♪

2月からの新年度お申し込みもお待ちしております!
16tsukushi_ban1.jpg
自然農のある暮らし、始めませんか?
2016年度プレーヤー募集開始!




* * * まかない日記 * * *

まかなっていませんけども。
美味しい外食@ナチュカフェの思い出を。
P1100570nachucafe.JPG

写真は大人用だけど、
「お子様ランチ」もきちんとしたお料理なのが
ナチュカフェの素晴らしいところ。

多くの飲食店では「残されると困るから」と、
揚げ物(冷凍食品含む)3種&パスタ&プリンやゼリー、
あるいはホットケーキプレートランチ、
といった非常に残念なお子様ランチが溢れている。

脂と油と砂糖と化学調味料で
どーだ!子どもたち大好きでしょ!みたいな・・・。

だから、子どもにまともなものを食べさせたい親としては
きちんとした食事を出してくれるお店って、尊敬します。

さすがナチュカフェさん、新年早々大賑わい。
(というか、大勢で押し掛けて申し訳ありませんでした・・・)

とっても美味しかったです!ごちそうさまでした!!
posted by miya at 13:33| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: