2015年08月20日

涼しい家を考える

クーラーなし、扇風機なし、グリーンカーテン、
うちわに濡らし手拭い、水分補給量の制限・・・

これまでも暑さ対策をあれこれと書いてきましたが
ついに、よしずが登場しました。
P1060732yoshizu.JPG

得意の「雨戸を閉めて日光を室内に入れない作戦」も
雨戸にサンサンと陽が当たってしまえば
熱々の鉄板と化してしまうわけで・・・

やや生育不良のグリーンカーテンを補う意味もあって
夫に頼んだところ、寝室とリビング、二ヶ所の窓に
大きなよしずを立てかけて固定してくれました。
P1060743yoshizu.JPG
これによって雨戸作戦が更に効果を発揮するようになりました。
雨戸の近くにいっても、直射日光に当たっていないからか
ムンムンじりじりしないのです♪


家人の工夫、屋内の工夫もさることながら
立地上の涼しい理由もきちんとお伝えしなくては!
と気づき、今回は家の周囲を写真に撮ってみました。

P1060753ura1.JPG

家の裏には大きなシイの木や栗の木が並び
屋根に覆いかぶさるほどです。(雨樋が詰まりますけど)

P1060754ura2.JPG

むき出しの土が熱せられた慣行農の畑から風が吹いてきても、
木陰を抜けることで、1〜2度は温度が下がった状態で
屋内へと吹きこんでくることになります。

道路を挟んでお向かいの集合住宅からは
クーラーの室外機による熱風が吹きつけてきますが
それも相殺してくれているように感じます。


庭ももちろん木がいっぱいです。

まずはテラス脇にしだれる見事な柿の枝。
この木の下に入ると、ひやりと涼しいのです。
P1060741kakinoki.JPG

そして地面は砂利でもコンクリでもなく、
土の上をびっしりと雑草が覆っています。
P1060745niwa.JPG
日光の照り返しもなく、砂利・コンクリの蓄熱もなく、
雑草や木々が蒸散機能により温度上昇を抑えてくれます。

伸びすぎる草はこの子たちにお任せ。
来客前は庭につないで、草のボリュームを減らしてもらいます。
P1060749kibita.JPG

そして、家の南側〜東側をぐるりと囲むように
森(と呼んでいる林)があり、ここから涼風が吹いてきます。
P1060744mori.JPG


つくばはここ数年、大規模な開発が各地で進んでいて
緑地(森林)を一気に刈り払い、あたり一面むき出しの土になったあとで
戸建住宅を建て、街路樹を植え・・・ということをやっています。

(研究学園駅付近のGoogleMapを画像で見るとびっくりします。
 森はいずこへ・・・。流山おおたかの森など、TX沿線は軒並み同じ)

つくばの開発については昔、夫が書いていた記事があるので
詳しくはこちらへ。(消えゆく前に
憤り、やるせなさ、無力感・・・色んなものが押し寄せます。


森を買い取って、その機能をいかした住宅地の設計をしたら
長期的にはすごく居住者にもメリットがあるのになー。

帯状に森林を残して帯状に家を作るとか。
カーブを描いて家屋と森林が前後するとか。

そんなこと実現させる企業はいないと思いますが・・・

8月の上旬から、朝晩は肌寒くて窓を閉めるほどの涼しさ。
誰かに伝えたい・・・とつい考えてしまいます。


関連記事:暑さ対策あれこれ 濡らし手拭い、はじめました


* * * お知らせ * * *

お金が大事でしょ!っていう人も、
お金に執着したくないんだけど・・・っていう人も。

それぞれが、それぞれの思いを深く深く見つめる。
ひたすら、そんな場です。

150926WS_ban.jpg
あなたの暮らしは幸福ですか?
それは、どのくらいお金で左右されますか?



* * * まかない日記 * * *

みょうがと焼き油揚げのおかか梅醤油あえ、
きゅうりのハーブナムル(フェンネル&レモン塩)、
つるむらさきのお浸し(塩麹&白すりごま)。
P1060703dinner.JPG
焼き茄子とミニトマトも一緒に。

庭や畑の恵みがありがたい日々です。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 16:41| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: