2015年08月05日

秋田の夏(3) 遺跡

この夏、秋田へは車で往復した。
帰り道では、途中で見かけた遺跡に立ち寄った。

(夫はひそかに、ここに寄ろうと決めて
 この道を通ったらしい。)

その遺跡は、払田柵跡(ほったのさくあと)。
平安時代の城柵遺跡だそう。
P1050992hottanosakuato_gaisakumimamimon.JPG

復元された外柵南門をくぐる際、特に感心したのは
柵などの材木の仕上げ面に、きちんと中世の加工を再現してあるところ。
P1050989hottanosakuato_nagurimen.JPG
これは恐らく、釿(ちょうな)という古代からの道具で作る、
名栗面(なぐりめん)という表面の仕上げ方。

木工マニア、田舎暮らしマニアとしては
こうした仕上げをした材にこんな場所でお目にかかれて感激。
何より、復元に関わった人々のポリシーを感じた。


広大な丘陵地をそのまま使ったという払田柵跡。
だだっ広い草原になっている史跡内で
強い風を全身で楽しむ長女。
P1050996hottanosakuato.JPG

なんとまだまだ発掘は続いていて、
黙々と作業にかかる工務店の方々。
P1050999hottanosakuato_hakkutsu.JPG

外郭南門の柱跡は、発掘した柱も結構な割合で再現に使われていた。
この太さ!
P1060005hottanosakuato_gaikakumimamimon.JPG

石段を登りきると政庁跡が複数立ち並び、
それ以外はほとんどが芝生の丘となっていた。

建物跡や復元された建物にひとつひとつ立ち寄り、
夫がわかりやすく長女に平安の頃を伝えていく。

全部回り終えると、あとは丘を下って戻るのみ。

「さー転がって!」と無茶ぶりする夫の声に
「ひえええぇ〜」と歓声をあげながら転がってゆく長女。
P1060024hottanosakuato.JPG

よく鍛えたもんだね。
どんどん転がるよ。
P1060027hottanosakuato.JPG

最後に大きい丘に出た!
さ〜転がれ〜ぃ!
P1060029hottanosakuato.JPG

これって、「12歳までにしておくべき50のこと」の

 冒険家 Adventurer
 2. ものすごく大きい丘を転げ落ちる Roll down a really big hill

ってやつだね?なかなかの快感だねぇ。


大笑いしながらどんどん転がってくる娘。
舌噛まないようにねー。
P1060031hottanosakuato.JPG

「俺さ、遊具いっぱいの公園とかほんと嫌だなーと思って。
 子ども連れてくんなら、なーんもない原っぱがいい。」

娘を見ながら、夫が呟く。

勢いづいた娘は、「車のとこまでずっと裸足でいく!」と張り切って
砂利道も「イテテテテ」と騒ぎながら小走りに駆け抜ける。
P1060033hottanosakuato.JPG

あまりにも強い風に、くるくる舞い始めた。
P1060037hottanosakuato.JPG

P1060039hottanosakuato.JPG

風に背中を押してもらって、「進む〜進む〜♪」
P1060043hottanosakuato.JPG

 これが、芝生じゃなくて、定期的に刈ってはいるけど
 自然の雑草だらけっていう原っぱだったら、最高だね。

 中世ではこの地面は、何に覆われていたんだろうね。
 芝生じゃないことは確か。
 それも突き詰めて再現するような史跡、あるのかなぁ。
 でも、除草剤を使ってなくて良かったよね。

 遺跡、シンプルで素晴らしかったね。
 こういう所って、復元する人のポリシーが左右するよね。
 ここに来れて良かったね。

夫婦でそんな会話をしながら、史跡を出た。

P1060062hottanosakuato.JPG


* * * お知らせ * * *

今年は一気に掘るぞー!でも暑いぞー!

14potato_large_ban.jpg
自然農ジャガイモ2015 通販・直販
いよいよスタート!


なお、直売で陽に当ててしまうよりは、
なるべく通販でお届けしたいな〜と考えております。

では、また!
posted by miya at 09:24| Comment(0) | ふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: