2015年07月21日

秋田の夏(2) 海と蟹

秋田の道の駅には、
なぜかやたらと温泉が併設されている。

秋田ばばの家は海の近くで、道の駅も近くに複数。

この日は海で遊んでから温泉に入って帰ることになった。
レジャーが何かと集約している道の駅である。

P1050724umi.JPG

ざぶーん。ざぶーん。

P1050723umi.JPG

生まれて初めて海を見たとき、怖くてわんわん泣いたっけ。
波の音にさらわれそうで怖くなったのだ。

次女も、顔をくしゃくしゃにして夫にしがみついている。

P1050719umi.JPG

その向こうで秋田ばばとその娘たち(私の母とその妹)は
カニをほじくっている。今夜はカニの素揚げなのだ!

P1050733kani.JPG

母たちが子供の頃は、姉妹で海岸に来ては
カニをたくさん捕まえて、晩のおかずにしたそうな。


夫に次女を抱っこしてもらって、気がつけば・・・

ずいぶん入ってるね。

P1050734umi.JPG


少女のように清楚なおばに荷物をまかせ、

P1050730umi.JPG

狩猟系の母と私は目を爛々をとさせて海岸を漁る。

ずっとずっと遠く、
テトラのほうまで行ってカニと死闘を繰り広げた。


捕まえた大小のカニを手に戻ってきてみたら、
おむつ一丁の次女がべそをかいていた。

おむつで砂浜に置いてあげたら、砂まみれになって、
海で洗ってあげたら、泣いたんだそうな。

P1050741umi.JPG

してやったり、の夫の顔ったら!


砂浜を見下ろしながら温泉に入り、カニの傷を癒し、
秋田ばばの家に戻った。


カニが揚がっていた。

P1050763kani.JPG

小さいカニは食べやすいから、1〜2cmのも捕った。
大きいカニは欲が出て手を出したら、ハサミで逆襲された。

P1050762kani.JPG

生きたまま揚げられたカニの恨みを長女が表現。

食べると必ず誰かが「いでででで!はさまれたー!」と大騒ぎして
賑やかに夕餉を楽しんだのでした。



posted by miya at 21:31| Comment(0) | ふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: