2014年12月25日

比較しない幸せ

2月に長女(当時4歳)を家庭保育にしてから
はじめてのクリスマスを迎えました。

いやー、自由! 幸せ! 楽!


何と言いますか、保育園などでは情報の刷り込みが強く
家庭の方針とちょっとでも違うと摩擦が起こるわけです。

「**ちゃんちはサンタさんにプ*キュ*をもらうんだって!
 私もほしいなぁー」
が連日くるくると移り変わったり、

「(キャラクターもの)のケーキ買ってぇー」
なんて、保育園での情報交換によって物欲と食欲が大爆発。

イベント前の先生がヒステリックでとばっちりをくらったり、
「クリスマスツリーをまだ飾ってないおうちはかわいそうって言われたよ」
系の、“おたくはお子さんが可哀想”コメントを先生に言われることも。


それが今年は、何と比較するでもなく、誰かに批判されるでもなく
のんびりとクリスマスを楽しむことができました。

比較するところから不幸が始まる。
比較しなければ、今ある幸せがよく見える。 と思います。


庭で脱穀をしながら、焼き芋とみかんで軽くお昼を済まし、
ベリーの木にカラスウリと真綿でツリーの飾りをして。

畑つながりで2日間ご一緒したお客様の
穏やかで誠実な雰囲気に大いに影響を受け、
「よし、クリスマス商戦真っ只中のスーパーには行くまい、
 あの喧騒に飛び込まず、この穏やかな気分で楽しもう」と決めました。

じーじの送ってくれたカボチャでのんびりパイを焼き、
たまたま家にあったグルテンミートで唐揚げをして。

「毎日お腹いっぱい食べている私たちが
 クリスマスだからって大量に食べる必要はないかもね」
なんてしみじみ話しながら、
のんびりぼちぼち、イブの夕食を楽しみました。


サンタさんに指示された極秘任務も無事に終えまして
今朝はリビングで狂喜乱舞する長女の姿がありました。

個人的に今回のプレゼントのハイライトはこれ。

turubara.jpg
つるばら村のパン屋さん

茂市 久美子 (著), 中村 悦子 (イラスト)


ふと手にしたとき、あんまりたれかそさんに似ていて
ついつい私も没頭してしまうストーリーだったのです〜。

サンタさんからはこのパン屋さんのシリーズ2冊をいただきました。
娘はさっそく夢中で読んでおります。よかったよかった。


* * * お知らせ * * *

「クリスマスイブに里芋買う人はいねぇべ」
と夫が申しまして24日は直売なし。

その代わり、28日(日)が年末最後の直売です。
おせちに里芋・黒豆・大豆・生姜をお役立てください♪
雑草屋本舗 12月の直売予定


* * * まかない日記 * * *

昨日の晩ごはん。
141224_1752~01.jpg
間引き菜たっぷり味噌汁と、ごはん、白菜とデコポンのサラダ。

グルテンミートはぬるま湯で戻し、よく絞ってから
おろしたニンニク&生姜と醤油と水を混ぜたところに漬けこみ
片栗粉をまぶして米油で唐揚げに。これがめっちゃ美味しかった!

食後はカボチャのパイ。
蒸しカボチャを長女がせっせと潰してくれました。
141224_1835~01.jpg
いびつな形はお気になさらず。

パイ生地は地粉と塩、菜種油&米油、水でまとめ、フィリングはカボチャの甘みにメープルシロップを少々。こんな時でないと使わないので、冷凍庫で泣いていた残り物生クリームも加えました。つくいち仲間のみたらいさんの卵も。

美味しかったなぁ。ごちそうさまでした♪
posted by miya at 16:33| Comment(2) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワオ、以前お話されていた絵本ですね!!
chiちゃんが思う存分堪能した後、お借りできるか今度直接きいてみよっと♪

比べると、ほんと切りがないですね。
いろんな価値観があって、そうして世の中成り立っているのですものね。

Posted by たれかそ at 2014年12月25日 20:52
>たれかそさん

そうです!例の絵本ですー♪
今日も熱心に読んで聞かせてくれました。
きっと大喜びで貸してくれると思います^^

手の中の幸せ、しみじみありがたいですね。
Posted by miya at 2014年12月26日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: