2014年11月17日

乳頭亀裂・乳口炎にユキノシタ

141117_1031~03.jpg

母乳育児が軌道に乗ってしまえば、つらかったことを忘れがちで・・・
体験した母乳トラブルとその手当てについて書いておきます。

次女を産んだあと、入院中に乳頭亀裂を起こしました。
次女はお口が大きく、新生児にしては上手にガボッと食いつける子で
4年ぶりの授乳の刺激(摩擦?)にこちらが耐えられなかったようです。

ううぅ、痛いなー。
ピリピリ、ちくちく、ズキズキ。
だんだん授乳が辛くなってきます。

助産師さんにそのことを相談すると
「待っててね!ユキノシタを持ってくるから!」
と言って、ナースセンターに戻ってゆきました。

しばらーくして、小さなビニール袋に入った
ユキノシタの葉っぱを持ってきてくれました。
140515_0832~01.jpg
「みんなで裏側の白い皮をはがしてるの。
 どんどん作っておくからね!」

なんと、乳頭をくるむように傷口にあてるとのこと。
乳頭亀裂や乳口炎にはこの手当てをしているそうです。

ひんやりして気持ちよかったなぁ。
乾燥してきたら新しいものと取り換えます。
これを2日ほど続けたら、痛みがすっかり治まりました。

手間をかけて民間療法を施してくださる助産師さん。
西洋医学の病院において、不思議な存在だなぁと感じたことでした。


そうそう。
田舎(高知)にいた頃は、ユキノシタなんてどこにでも生えていて
天ぷらにしたり、薬にしたりと身近な雑草でした。

しかし、土浦の病院では、助産師さんたちが
「ユキノシタなんて今どきないからね、
 うちはスタッフが1人、ユキノシタをお庭に植えてあるから
 そこからもらってくるのよー」
なんて仰って、びっくり仰天。ホームセンターで苗を買うのだそうです。

退院後、夫に話すと「つくばでもそんなに見かけないよ」と言われ
ますますびっくり。

実家に相談して、そこらのユキノシタを根こそぎ送ってもらい、庭に植えました。冒頭の写真の通り、順調に育ってくれてひと安心。

妊婦さんは、身近なところにユキノシタが生えているかどうか
お散歩がてら探しておくといいかもしれません。


関連記事:乳腺炎にキャベツ湿布 おむつかぶれにオオバコ軟膏
・・・オオバコの「110いいね!」にたまげます。



* * * お知らせ * * *

・自然農のある暮らし、始めませんか?
15tsukushi_ban.jpg
つくし農園 2015年度プレーヤー募集開始!


・12/20(土)はゆったりと古民家で開催!
第21回 話す・聴く・気づきのワークショップ
「家族(親子・夫婦・一番近い他人)」


・秋冬は、土の中から滋養たっぷり野菜をお届けします。
自然農の里芋・菊芋・アピオス・生姜など 通販・直販受付中!


* * * まかない日記 * * *

141116_1421~01.jpg
これは!と思う里芋ごはんレシピが完成しました♪
近々雑草屋本舗でご紹介しますね。

素揚げのアピオスに塩をふり、ミニトマトも添えました。
揚げ物に使ったオイルでなす・ピーマン、下茹でしたモロッコいんげん・さやいんげんをオイル煮にし、蒸しキャベツを汁ごと加えてお醤油をたらり。和風アヒージョです。

夏野菜ももう終盤(まだ採れるとは驚きですが)。
霜が降りるようになり、これからは根菜が主役です。
今日もごちそうさまでした!

posted by miya at 14:45| Comment(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: