2014年02月07日

頭痛に大根のすりおろし

明け方はマイナス8〜9度にまで下がった、ここ数日のつくば。
私は喉の痛みと、強い頭痛に苦しめられました。

夫が自然療法の本をめくりながら“手当て”をしてくれました。

──────────────────────────
【大根療法】 頭痛
──────────────────────────
大根おろしをガーゼに包み
額にあてておくと痛みをとります。
辛すぎるとしみるので注意。
(「家庭で出来る自然療法・東城百合子著」より引用)
──────────────────────────


さすがにつゆだくは目に入って危ないので
ほどほどに汁気を切ったものが適しています。

ヒヤッと冷たいし、ぴりぴり辛い香りがするので
私は更に手ぬぐいで包んでもらって、頭に鉢巻きをしてもらいました。

鉢巻きにすると、横になっても外れることなく
お腹の苦しい妊婦にはとっても良かったです。
(受験生みたいって笑われましたが)

これを一昼夜、適宜更新しながら過ごすと
ずいぶん楽になりました!

大根に感謝!
20140202minidaikon-thumbnail2.jpg


今回は熱は出ませんでしたが
大根療法でこの冬に活躍しそうなものもご紹介。

──────────────────────────
【大根療法】 解熱発汗の大根湯
(魚・肉の中毒の毒消し)
──────────────────────────
大根おろしをさかずきに三杯、
生姜おろし その一割、
しょうゆまたは塩少々(みそ汁より少しうすい味にする)
熱い番茶又は熱湯二合をそそいで一回に飲みます。

かぜの熱さましに特効があります。
肉・魚・貝の中毒の毒消しによい。
肋膜炎・結核虚弱者はいけません。

ふだん健康な人でも一日三回以上連用しない事。
あとでだるくなります。
(「家庭で出来る自然療法・東城百合子著」より引用)
──────────────────────────


季節柄、家庭に必ずといっていいほどある大根。
こうした手軽な素材で手当てできるのはありがたいですね。


参考書籍:



ちなみに喉はこちらのシロップで治りつつあります。
生姜と柚子がきくー!作っておいて良かったです!


さ〜今日は妊婦健診です。
順調でありますように。


posted by miya at 08:21| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: