2013年12月06日

もったいない2 熟し柿は調味料

熟しすぎた柿・・・
131205_1709~01.jpg
私は意地でもスプーンで食べていましたが、
夫はお砂糖の代わりにしていて、目からウロコ!

熟し柿は、中身をスプーンで取り出して潰しておきます。
種は最後に取り除きます。
131205_1715~01.jpg
甘〜い、とろとろのシロップみたいです。

これをお砂糖やハチミツ、みりんなどの代わりに
調味料として料理に使います。


昨夜は“野菜だけのすき焼き”をしました!

割り下には普通、たっぷりのお砂糖やみりんを使いますが
ここは熟し柿2個分だけでトライ。

割り下を作った時点では、お醤油が勝っている印象。
でも今日は野菜すき焼き!野菜から甘みを引き出しましょう。

参考にしたのは「わらのごはん」。
waranogohan.jpg
野菜の甘みをしっかり引き出してくれる
感動のレシピが満載の本なのです。

レシピ通り、じゃがいも、長ネギ、玉ねぎ、白菜、しいたけ・・・
野菜を敷き詰めて割り下をかけ、じーっくり弱火で甘みを引き出します。

野菜から出る水分と甘みで、だんだん割り下がちょうどよくなってきます。そこに糸蒟蒻、戻した高野豆腐や車麩なども追加しました。

お砂糖ゼロのすき焼き!!
鍋の下半分はお野菜がぎゅうぎゅう。
131205_1821~01.jpg
柿に感謝、お野菜に感謝。
想像をはるかに超えて甘く、ジューシー。


柿はほかにも肉じゃがなど、煮物によく使います。

汁気が多いので煮物がちょうどいいんです。
その分ほかの調味料や水分は加減すればOK。
 

最近は夫がお好み焼きソースにも柿を使用。

市販の(でも添加物が極力少ない)ウスターソースをベースに
柿やら何やら色々混ぜて煮詰めて作ってくれます。
131203_1855~03.jpg

ちなみに、お好み焼き本体も夫のこだわり満載。
いくつもの「もったいない」が隠されています。

それはまた後日。。。
posted by miya at 13:14| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: