2013年09月09日

田んぼ、ザリガニ騒動

夫は天然の滲み水だけで田んぼをやっています。

とはいえ、「自然農の中でも異端」だそうで。
自然農の本を読めば、確かにみなさん
水は張っているようです。


例年は梅雨時に苗が水没するかも!?
ってくらいに潤いある湿地だったそうですが   (→例年の様子
私が嫁いできた今年は空梅雨で
地面は夏の間じゅう、水がありませんでした。  (→今年の様子


水のない田んぼって・・・

雑草が伸びる伸びる!
ザリガニが悪さをするする!

苗と苗の間に分け入って、
鎌で草刈りをしていくんですが
まぁ苗を切ることよ、ザリガニ(きっと)。


ある日、無残に切り刻まれた稲に怒りを覚えながら
刈り進む雑草の向こうで、
ハサミを振り上げて威嚇するアメリカザリガニを発見!

「お前かぁぁぁぁぁぁ!」

ひっつかんで遠くの草むらに
とりゃ〜〜〜〜〜!っと放り投げました。

が、後で夫に
「投げただけじゃだめじゃない?」と指摘され・・・

あああ・・・
ヤツはきっと戻ってくる・・・(涙)


先週末は久しぶりに強烈な雨が降り
今日、初めて田んぼに水が張っているのを見ました。

130909_1018~01.jpg

きらきら光って、澄んでいて。
水の向こうは、たくさんの動植物がいました。

数々の草花はもちろん、きのこも、
いもむしも、バッタも、シジミチョウも、・・・

数えながら草刈りしていましたが
あまりに種類が多すぎて数えるのを諦めたほどです。



春夏に何度も臭いのきつい農薬が散布されて
散布の音がすれば慌てて洗濯物を取り込み窓を閉める・・・
秋冬はバリバリにひび割れた土。

そんな慣行農の田んぼとは異なり、
呼吸をして安らぐ、命を無数に感じる田んぼでした。

心も潤ったー!


130909_1032~01.jpg

神々しくほころび始めた、お米の花。
思わず合掌。


ラベル:田んぼ ザリガニ
posted by miya at 23:06| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: