2013年09月03日

半断食日誌 1日目


朝食は食べず、びわの葉茶を飲みます。

昼食は10時。

・玄米1膳
・自家製ゆかり少々
・自家製梅干し1/2個
・びわの葉茶

「200回噛む」ことが意外に難しい。
気を抜くと飲み込んでいたりします。

お腹がすいているわけではないのに
あれが食べたい・これが食べたいと妄想が飛び交います。

今までコーヒーをがぶ飲みして、お菓子をほおばって
さんざん好きな物を食べてきたため
「食べたい」思考回路ができあがっているようです。

15時にもなると、お腹がきゅうきゅう鳴ってきました。
夕食は17時すぎの予定だけど、それまで我慢できるのか・・・
早くもくじけそうです。


びわの葉茶をちびちび飲んでやり過ごし、
家族の予定が重なって夕食は18時半。

空腹の私には魚を焼く匂い、お味噌汁の香り、
どれもが誘惑となって押し寄せます。


・・・そして。

1日目にして、早くも白旗をあげてしまいました。
「少しだけ」と言い訳をしながら。

これが深夜にとんでもないことに。



・玄米1膳
・自家製梅干し1/2個
・お味噌汁 ほんの少し
・高野豆腐の煮物 ほんの少し
・秋刀魚 ほんの少し

200回噛んで食べる意識は強まりました。
家族も一緒になってよーく噛んでくれます。

(でも、噛むことに集中すると会話がなくて寂しいです)


そして深夜。

強烈な胃の痛みに襲われます。


せっかく半断食モードに心地よく適応し始めていた胃腸が
悲鳴をあげていたのでした。

猛省して痛みに耐えました・・・。

ラベル:半断食 食養
posted by miya at 05:31| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: