2018年12月26日

クリスマス2018

暖かい南房総にも、もれなくクリスマスは訪れました。

IMG_0037Xmas2018.JPG

実は、クリスマスやら年末やらの買出しを考えていたんだけど
買い物メモを見た夫の

「・・・本当に必要なの?」

ですっかり目が覚め(笑)、
家にあるものだけで献立を立て直しました。

イベントだからと特別な買い物をする前に
家にあるものを見渡してみる、
そのひと呼吸だけでも、ずいぶん違うように思います。

気づかせてくれた夫に感謝です。  ⇒「小さな変革」関連記事はこちら


で、イブの夜。

子ども達がどうしてもケーキを楽しみにしているので
料理はなるべくさっぱりと。
IMG_9946Xmas2018.JPG

料理人生の中でこれは最強なんじゃないかと
ひそかに思っていたレシピ本、

読んでみたらほんとに素晴らしい本だったので
これを見ながらカレーやら蒸かし芋やら作りました。

hitsuyou_saishougen.jpg
白崎裕子の必要最小限レシピ ――料理は身軽に

白崎裕子

何を作っても美味しくて感動〜。
これはいつか、子ども達にも贈りたいなぁ。
行間も字も読みやすく、使いやすいです。



カレーは有機のにんにく・玉ねぎ・じゃがいもと
実家のトマト、ハヤトウリで作りました。
IMG_9953Xmas2018.JPG
調味料は塩とカレー粉だけなんて信じられない、複雑で豊かな旨み。
ううむ、東京カリー番長と双璧を成す味わいでした。

美味しいお塩でさっと揉んだ白菜に
夏みかんの果肉を混ぜ、オリーブオイルと黒胡椒。
IMG_9962Xmas2018.JPG

ぽっくり甘じょっぱい蒸かし芋と、旨くてほどよく辛いカレー、
さっぱり酸味のサラダの3品だけでしたが(あ〜楽チン!)
味のトライアングルが好評でした〜。
IMG_9957Xmas2018.JPG

さて、お待ちかねのケーキ。
今年は簡単アップルパウンドのレシピを倍量で作りました。

秋田のおばあちゃんが、私たち姉妹が産まれて以来
35年以上欠かさず送ってくれるりんごは、
赤りんご・青りんごを1つずつ使用。
IMG_9941apple_cake2018.JPG
シナモンパウダーもラム酒もなかったので、
なるべく早めに刻んだりんごにシナモンスティックを2本、
ぼきっと折り入れて、何度か混ぜておきました。

一時的なアパート暮らしで、
はかりも計量カップもケーキ型もないので、すべて目分量!

オーブンの天板にシートを敷いて、どーんと豪快なスクエアケーキに。
IMG_0002apple_cake2018.JPG
香れとばかりにシナモンスティックものっけて焼き上げました。
(やはりパウダーには敵わないけど、ないよりはマシだったかな)

焼く前は生地というより「りんごの集まり」(りんごだらけ!)だったけれど
焼けばしっとりジュワ〜、卵の香りもフワ〜、で大満足。
IMG_0005apple_cake2018.JPG
偶然にも前の日、義実家からの定例ギフトで卵が届いていたのでした。ほっ。

で、子ども達は・・・ そりゃもう大喜び!!
IMG_9970Xmas2018.JPG
半分はイブの夜にすっかり食べ、
半分はクリスマスの朝に取っておきました。


ドキドキの夜をなんとか寝かしつけ、翌朝。

親の心配をよそに、おおむね良い子と認定されたのでしょうか、
きちんとプレゼントが届けられていてひと安心〜^^
IMG_9974Xmas2018.JPG

2歳の長男には、小さめのお箸やモンテッソーリのおもちゃなど。
IMG_9997Xmas2018.JPG

4歳の次女には、蜜蝋粘土やそろばん?
あとは弟とお揃いで小麦粘土、絵本など。
IMG_9992Xmas2018.JPG

9歳長女には、本がたーくさん!!
リリヤン編みのキットもありました。
IMG_9990Xmas2018.JPG

サラとソロモンは私が一気に読破してしまいました。うーむ、いい本。
下のジム・ボタンのシリーズはなんとミヒャエル・エンデのデビュー作!
IMG_9991Xmas2018.JPG

大人は移住予定が乱高下、
精神的に波乱万丈のクリスマス前後でしたが・・・

子ども達が喜んでくれたので、よかったよかった。



* * * お知らせ * * *

いよいよ明日です!

12月27日
ひきこもりの為のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会

〜腰痛、頭痛、身体の不調をまとめて体質改善!


IMG_0039Xmas2018.JPG
では、また♪

posted by miya at 21:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする